金回りをよくする方法

金回りをよくする方法

携帯電話料金を下げてデフレ貧困化を進める政策ってどうなの

携帯電話料金を下げる政策は、1990年代に流行った価格破壊万歳の再来です。料金が下がれば助かるという、その貧困な境遇こそが問題なので、デフレを強める間違った政策の典型といえるでしょう。
金回りをよくする方法

三本の矢のアベノミクスが交代すると日本経済はどうなるのか

アベノマスクの総理が持病を理由に辞任表明し、日本の不景気が29年目に入ることが確定します。実は経済を右肩上がりに変える手は簡単ですが、そうだと理解及ばないと当然いつまでもできません。
金回りをよくする方法

ブランド米づくり農家を初任給55万円に上げる作戦を考える

緊縮財政と消費税増税で経済を壊した日本をよそに、アメリカと中国は逆の手で景気を上げています。その積極財政をどこに投じるかを、米づくりで考えてみます。
金回りをよくする方法

生活保護がワーキングプアより裕福になる逆転が日本病の核心

働けても生活保護を受けろ受けろと、背中を押すオピニオンリーダーがいます。心理学的にどういう意味でしょう。働くより爆発的に得する、現代日本をからかうアイロニカルな意味を含んでいませんか。
金回りをよくする方法

30万円出さぬ馬鹿vs10万円受け取らぬ馬鹿=コロナ給付金の格言

給付を30万円から10万円に下げて起きる影響に、上から下まで鈍感になっています。そもそも10万に下げることが当たり前に思えるだけでも、常軌を逸しているのに、気づかない国民性は何なのか。
金回りをよくする方法

JGPジョブギャランティープログラム対ベーシックインカム

JGP、ジョブギャランティープログラムという新しい概念は、失業をなくしながら経済発展させる一石二鳥で、実は太古からあります。現代の先進国で実現可能かは、国の運営のうまいへたに左右されると考えられます。
金回りをよくする方法

消費税0パーセント案=自由民主党の若手議員の提言を読み解こう

自民党議員の一部が消費税0パーセントを提言しました。野党が5パーセント案を画策中にです。日本は貧困化しすぎて、消費税0でも正常に戻れない計算なので、まず5つの政策を点検しましょう。
金回りをよくする方法

消費税廃止で0に下げても手遅れ、マイナス35パーセントが効果的

消費税を廃止して10パーを0パーに戻しても、毀損された日本の国力は戻らず衰退だけは続ける計算です。そこでマイナスの消費税で、さびついた日本の消費を取り戻す案です。
金回りをよくする方法

消費税0パーに戻せばインフレ好景気のバブル時代に戻れるのか?

消費税を廃止してなくして、財政出動でその金額をそっくり貨幣発行すると、日本はハイパーインフレになるのか。そのシミュレーションは実はまじめな組織がすでに済ませていました。
金回りをよくする方法

バラマキをやめて日本経済が傾いて貧困化や少子化が進んだニャン

政府がお金をばらまくと、国民は激しく反発します。ばらまくお金が自分たちの血税だと勘違いして起きる、思想の内戦が起きているのです。国民はお金がどう生まれて、どう流れるかを知らないせいで、お金の総量が一定だと思って反発するのです。
金回りをよくする方法

宇宙開発は税金の無駄づかいか:小惑星探査機とアポロ月面着陸

宇宙探査や開発は税金の無駄づかいだと言われます。実は180度逆で、宇宙開発によってデフレ不況はなくなります。ならばなぜ元々の大国しか宇宙開発を目指さないかは、ロケットを飛ばせる腕を持つ資源と人材がない悪循環です。
金回りをよくする方法

政府財政出動、バラマキ、財政健全化の三つで、悪魔はどれか

デフレ不況時の正攻法である政府財政出動を、誰が妨害するのか。貧困対策を始めた総理大臣は複数いたのに、国民がお払い箱にした過去がありました。国際機関や外国政府が日本をつぶす陰謀以前に、国民が日本をつぶし続ける現実があります。
金回りをよくする方法

就職氷河期世代の若者は緊縮財政で貧困化したとおりの人生観

就職氷河期とはバブル後の1995年以降、高学歴でも就職できずフリーターやニート化した者が多い社会問題です。業務の基礎訓練から外れて家族も持てません。本気の解決を誰も思わないのは、25年経てもデフレ不況が続いているからです。
金回りをよくする方法

経済波及効果って何?日本ではちゃんと活用しているの?

日本の民間に残る伸びしろのひとつは、経済効果への消極性です。誰かが新たな商売を始めた時、商売を汚いと思う心が、不景気を助長しているのです。商売を楽しむ気持ちになれば、マクロ経済を多少でも押し上げる力になるのです。