【税金は財源でない】財源論の呪いから日本は出られるのか

たんす預金

最近見かける財源論とは何か、正しいか間違っているか

財源論という語がよく出てきます。意味はこうです。

・ 国には金庫があり、税金をためている
・ 国の運営は、国民が納めた税金でまかなう

国がお金を使う時「財源はどこ」「使えば減る」が財源論です。

公費を住民が負担する、これが財源論。

財源論は誤りです。国の財政はこの方法ではありません。

正しい方法は?
・ 国の運営は、政府が発行した自国通貨でまかなう
ならば税金は何?
・ 徴税は、市場に余りすぎたお金を間引く廃棄作業
財源論だとお金の総量を一定と考える?

吐いた息だけを、吸って生きていきます。

誰かが息を吐かないと吸う気体がなく、他人が深呼吸すれば自分が吸う分が減ります。

なるほど

財源論で解釈すると、税金が60兆円集まれば、来年の予算は60兆円です。

高齢者にいくら、若者にいくら、子育て家庭にいくらと、分配します。

財源論方式だと、国の経済はすぐ崩壊します。

余裕がなさそうだが

財源論だと、地震や台風で自粛すれば税収が減り、予算が減りデフレになります。助け船がなく、デフレスパイラルで国はすぐに滅びます。

お役所の発想になります。「国民に重税をかければ、国のお金が増えるぞ」と。

重税で国民はどうなるの?

死あるのみ。

手取り減少、貧困、飢え。フランス革命と同じ。

途中で、お金をタンスの引き出しにしまうでしょう。

お金が動かず、経済が縮小し、慢性のデフレ不況です。今の日本にそっくり。

まともな国の財政は、税でまかなう財源論と何が違う?

違いは、貨幣量の可変性です。

お金の全体合計を計画的に増減します。

誰が?

政府です。

パイが足りない時に分け方を変えず、パイを追加して足りない場所にあてます。

そこを詳しく

お金は民意で増やして減らしてが自在です。

働けば増えるのでなく、政府のコンピューターのボタンを押せば増えます。

政府は家庭のサイフとは違うってこと?

家庭でお金を発行できません。家の中を探してください。家のどこにも円を発行する設備がないはずです。しかし政府にはあります。お金を必要なだけ発行できます。

政府はお金を発行できる。家庭はできない。

政府は家庭と違って、円を増やせるのです。

家庭はそれができません。

政府には、円を増やす権限があります。

家庭には、円を増やす権限がありません。

お金を政府は作れます。

お金を家庭は作れない。

造幣が政府には可能です。

家庭には不可能です。

政府は打ち出の小づちを持つわけね?

通貨発行権です。

・ 家庭から支払うお金は、誰かにもらったか、借りたか、盗んだお金である
・ 政府から支払うお金は、政府自身がボタンでデジタル発行したお金である

政府だけはいくらでもお金を刷れます。景気が落ちれば刷り足します。

奥の手ではなく、普段からそうする国際的な仕様です。

だから日本政府は円で破産は絶対にありません。破産を言い出せば、お芝居です。

ここに、ものすごい誤解が集中し、理解及ばぬ人も多く、エリートの踏み絵です。

確かに想像を絶する

各国の政府はお金をつくれる権利どころか「ちゃんとつくらんかーい」という義務です。つくるのをおこたると、国全体が貧困化します。今の日本にそっくり。

まず、子どもの給食費を払えない家庭が目立ち始めます。

牛肉やオレンジなども買わなくなります。外国に約束した貿易目標を達成できず、他産業の首を差し出す罰を外国から受けます。

財源論だと無限に増税するわけ?

財源論に従うと、減税できる日は来ません。国民に必要な公共物は多いから。

洪水が起きないよう川底を掘り、堤防を高くしたい。しかし財源論方式だと納めた税金の範囲だから、金欠で工事は省かれ、台風のたびに水びたしでしょう。

道のガードレールも足りず、通学する児童は車にひかれます。

化学や生物学の研究開発費も欲しい。地震ももっと調べたいし。

財源論だと何もできない

財源論では、今あるお金が全財産だから、どこかに回せば、どこかを削ります。

政府が化学の補助金を増やすと、生物学を補助金カットし、そこまでの研究成果を外国へ安く手放します。バイオ企業を外資に投げ売る。

高齢者の福祉費用を若者に出させる、シーソーゲームやゼロサムゲームです。オリの中で限られたエサを奪い合い、仲間の体を食う動物みたいに。

メンタルをやられそう

国民は世代間や階層間で分断が進み、憎悪が高まります。

路上無差別テロや、放火殺人も起きるでしょう。

お金の奪い合いで、暴力がしだいに殺し合いへ至る。今の日本にそっくり。

自分以外はみんな敵?

財源論では、免税の人は国民の敵です。弱者を憎む社会になります。

適者生存で、人の価値に差をつける優生思想へ必ず向かいます。

相模原19人刺殺は、財源論が導いた優生思想、口減らし殺人でした。

日本人の特性「足の引っ張り合い」は、他人を落とせば自分の取り分が増える、財源論に沿ったキャラクターです。

日本人の陰湿な面は、島国よりも財源の奪い合いと関係が深いでしょう。

列島をオリの中に見立て共食いする、その方便が自己責任論ですね。

今の日本の財政は、財源論に完全に忠実か

今の日本では、国会議員も財務省も財源論で徹底しているのか。

まず、日本政府は国民に毎年240兆円を支払っています。

なんでそんなに多いの?

GDPが世界3位だからです。人口が多く長生き。国土は山あり谷あり川ありで、世話がやけるから240兆円。

地震や台風もあるし。本州も北海道も入れ替わり立ち代わり噴火して、九州は毎日噴火しているし。そんな国はヨーロッパに少ない。

平和主義だから海外にお金を配ることも多く。友好国が多いと交際費がかさみます。

アジアのリーダーだったのは関係ある?

アジア各国の台風情報は、日本の情報です。日本は気象衛星「ひまわり」の稼働コストを発行できたからです。Yahoo天気は、気象データにすごいコストと年月もかけています。

気象情報を毎日ネットで無料で見られるのは、政府が円を発行して払うからです。

年間の正味の通貨発行額はいくら?

240兆円に国税還流の数字60兆円も含みます。残りの180兆円はどこから来たお金か。

180兆円に、集めて再配分する国保や年金も含みます。

180兆円の半分の90兆円が、国債発行による円の追加発行です。

国債発行の90兆に対して、税収は60兆。

差の30兆は増税で埋めろと騒ぎそう

「30兆円が税収不足だー」と、国民からとるのが財源論の妄想です。

総量一定だから、もっと息を吐けと言い出す勘違い。

「窒息死する弱者は、社会のお荷物だからくたばれ」と叫んで。

それ日本だけ。他国はそう考えません。30兆は国民の所得増分で、経済成長です。

政府がお金を出せば、経済成長するだけの話だった

今の30兆を40兆50兆と広げたら、全て解決するわけ?

たったそれだけの話で、差を縮めたら何もかも悪化します。今の日本にそっくり。

日本と正反対の国はどれ?

日本と正反対の国はいくつある?

通貨発行90兆円と税収60兆円は、差を広げるほど富裕国になります。なのに差をゼロにして、国の経済成長をなくす宗教的な信仰が財源論です。
Photo: by Julian Hochgesang on Unsplash