消費税は社会保障にあてる財源か:福祉は口実で実は別の目的

ディスコクラブ

消費税の機能は、超インフレを食い止める即効薬

税金は財源ではありません。

消費税の機能は、超インフレの抑止です。

副作用や二次的効果ではなくて、主目的です。

どういう理屈?

20個500円玉のタコ焼きが1000円に上がれば、500円では半分に減ります。500円玉の価値、購買力が落ちました。お金のありがたみが減りました。

これが全商品で続くのをインフレーションと呼び、物価が上昇、お金の価値は下落。

これがひどくなると、政府は物を売れなくするために増税します。

大勢が金満で踊って爆買いし、遊びほうけた時代には消費税も有効です。

消費を悪とみなすわけ?

税率が上がると、国民は物の割高感に冷や水をあびせられ、踊るのをやめます。あれこれ買いまくる数を減らし、買い控えます。この荒治療で物価を安定させます。

消費税でなぜ景気を落とせるかは、消費行動への懲罰だからです。ダイレクト感。露骨。買う店頭で反則金を払わせ、消費は罪だと思い知らせ、買わない心がけを指導できます。

払う金額がリアルタイムにわかるだけに

消費税を1パーセント上げても、物ががっくり売れないのは、ママさんは知るはず。

給料が同じで、138円のお菓子が140円に上がれば、暗い気持ちですよね。安いお菓子に替えたり、買うのをやめます。

この庶民へのイジメ効果を、超インフレを叩く毒薬に使います。

消費税が誤解のデパートとなり、キリキリ舞いする日本

「何の話か全然わかりません」という方もいませんか。

消費税ほど誤解しまくりの税金もなく、石を投げれば誤解した人に当たります。

世界初の消費税はどうだった?

売買税は、古くアジアの大陸にありました。でも欧州では比較的新しいのです。

初導入はフランスの1953年らしく、今年で67年です。輸出企業へ補助金を与えるトリックが目的だったようです。いわくつきの呪われた税金です。

他人のお金で私腹を肥やすダマシが消費税の始まりで、反社会的な税制でした。

福祉の財源と信じるのは日本人だけらしく?

「消費税は福祉の財源であり、高齢者介護や医療や子育ての予算になる」。

「社会保障のコストを、国民に広く薄く負担してもらうため」。

これらは嘘です。

ならば社会保障や福祉コストはどこから?

貨幣プリンターに決まっています。

財源を気にした時点で、感覚が逆さまです。

そもそも、税収より予算がはるかに多いのが人類の経済史です。均衡しません。

国の財政で入と出は均衡させず、現にどの国も均衡していません。

税収がそのまま予算なら、タコが自分の足を食べる状態です。そのタコは体重が増えず、体格が拡大しません。むしろ死んでしまいます。

国民は何も知らないし

知らないのではなく、間違いを覚えて固めています。「福祉の財源だー」とか

だから福祉の切り捨てが進むのです。

国税の4機能のうち、悪行のけん制が消費税です。酒税やたばこ税と同様、購入の妨害。

消費税はデフレ目的で存在します。「お金が惜しい」と不買の心理にさせる目的で。

納税時に消費税は捨てられます。最初から所得減らし、経済縮小が目的です。

消費税を正しく理解した国は、アメリカ合衆国

消費税の役目を理解した国は、意外にもアメリカ合衆国です。

合衆国には国税の消費税がありません。そのココロは、自由主義経済で消費を冷やすのは愚かだから。属国じゃあるまいし、誰も自国の首を絞めて不幸にしないもので。

代わりに、各州に地方売上税があります。

アメリカでは州に消費税がある?

おもしろいのはその特徴です。州ごとに率が違います。大都市がある人口の多い州は高めで、地方の過疎の州は低めです。ゼロの州もあります。

そして税率が5.42パーセントや、8.67パーセントなど半端な数字です。洲ごとに物価のインフレ率をみて、微調整するからです。

さらに、時々税率が変更されます。上げたり下げたりします。税率は、好景気なら上げ不景気なら下げます。

好景気は金余りだからお金を多く没収し、不景気は金欠だからお金の没収を中止します。

州税ならではの特殊性は?

国税でなく地方税である点も大事です。ニューヨーク州、カリフォルニア州、テキサス州などの役所に、ドルの貨幣プリンターはありません。州は日本なら県に相当します。だから売上税は州の財源のプラス分になります

アメリカとくらべ、日本の消費税の勘違いがわかります。日本の消費税は国税が大部分です。全国一律。キリのよい数字。上げ続けるだけで、下げない。

恐ろしいことにデフレの時に、国のお金が足りない理由で消費税増税しました。

デフレなら減税するのが、人類の常識なんですけど。

減税して減った分は何で補うのか?

ほらまた。

減税分を埋める財源で不安になる人は、財政を全くわかっていません。

貨幣プリンターで、自国通貨を造幣するに決まっています。

自国通貨を国費として使い、多すぎた部分に徴税する順序です。その年の余り金を年末に回収して捨てるのが税金です。

「減税して減った分を通貨発行で補う」の発想自体、話が逆さまです。

その部分がわかりにくいが

人間にたとえましょう。

人は排泄して減った分を、補う目的で食べるのではないですよね。

食べる物は、その排泄物でもありませんね。

逆さまだと、他に害はあるのか?

国費を税でまかなうと、金額が足りません。ものすごい貧困になります。

しかも、何円取るべきか基準が決まらないのです。

入と出の二つのパラメーターがイコールだと、規模をどう決めるのか。よく考えてください。何を基準に、いくら徴税するかが決まりません。

何が起きる?

景気の調節弁の役が壊れ、役人の増税実績になります。

誰かを痛い目にあわせたり、縁故者へのお手盛りが税制に混じります。支配者特権で庶民を締め上げたり、ネット批判への報復で増税するなど、人情に流れます。

差別やレイシズムが課税に混線します。消費税は定率の人頭税だから、上級国民の所得税を貧困者の消費税で負担させる「所得移転」に悪用されます。

現にやっている。

税金の役目はコペルニクス的転回みたい

日本語Wikipediaの消費税を見ても、間違った説が並びます。

都道府県市町村のサイトにも、税金は虚偽説明ばかりです。

税金のロジックは、ある人には簡単すぎるし、別の人には死ぬほど難しいのです。消費税は自頭や教養の創造力を要求し、入学試験や入社試験に使えそうです。

税金は社会にだぶついたいお金を捨てる目的で集め、納めた時点で廃棄されます
日本だけ税金がおかしい?

国力があった頃でさえ「なぜ日本人は貧しいのか」と欧米から問われましたよね。

答は、税金を財源だと勘違いして、過剰に重税だから。

待って、国民を誤解させてだまし取り続けたわけ?

それが新自由主義経済です。

消費税はまずフランスで悪用されました。輸出益税が欲しい財界が、国民所得を大企業へ吸い上げるコースです。増税するほど儲かる立場があります。

消費税は反社会的なので、政治献金してでも増税を切望するビジネスがあります。

「福祉の財源」の羊頭狗肉を信じた国民は、政商が太る肥やしの役に回されています。

消費税は超インフレを防ぐための、買い物への懲罰です。好景気なら税率を上げ、不景気なら下げ、国民の富裕度と貧困度を急に変更できる税金です。
Photo: Michael WinklerによるPixabayからの画像