プライマリーバランス黒字化目標は現代版ジェノサイドの意味

日本政府のプライマリーバランス黒字化とは何か

この語を知る人よりすごいのは、「プライマリーバランス黒字化」の言い方です。

これは、XXXみたいなものだから。

何だ何だ?

少し前に、庭で草取りした女性に異変が起きて、緊急入院しました。医者は不審に思い、女性の体を調べました。そして首に小さな粒を見つけました。

あずき大以下のマダニでした。皮膚にかみつき、注入される病原菌のしわざでした。引き離すと女性は回復しました。各地の事例がニュースになり、死亡例も報告されました。

ほ乳類の命を奪う一匹のマダニの経済版が、プライマリーバランス黒字化です。

してその正体は?

これは帳簿の話です。会計の簿記です。ぼき。

プライマリーバランスは基礎的財政収支です。バランスとは「Balance」で、つり合い、均衡、差し引き、残高など意味が広い。

自営業の確定申告は白色と青色があり、青色は緑のインクで印刷されます。貸借対照表と呼ぶ複式簿記の集計用紙がバランスシートです。

バランスシートの左に借方、右に貸方の記入欄があり、かりかた、かしかたと呼びます。

金の貸し借りのこと?

借と貸の語は記号です。増えた事項を借方に、減った事項を貸方に記入します。

そしてここが大事で、お金の出入りのたびに左右に異なる記述を同時に書きます。複式簿記とはそのダブル記入です。年間合計が左右等しくなり、違えば誤記やもれです。

バランスシートを90年代から政府も作成し、集計結果がプライマリーバランスです。

歳入 - 歳出 = プライマリーバランス
※ 歳入には国債販売収入を入れない。歳出には国債関係コストを入れない。
赤字よりも黒字が良好に思えるけど?

日本政府は赤字でないと話になりません。

政府のプライマリーバランスでは、順調に赤字を増やすのが正常です。順調に。

なぜ?

赤字続きは、通貨が追加発行され続ける状態だからです。

追加分が経済成長だから、追加しないと経済成長が止まり、貧困化します。

黒字国はあるの?

プライマリーバランスが自動的に黒字の国は、サウジアラビア、クウェート、ロシアなど資源国です。せっせと働かずに食っていける国です。

日本のように資源が乏しいと、正反対に物づくりと内需の国に向かいます。先進文明国は赤字額を競います。

先進国の政府は赤字が正しいわけ?

政府が順調に国内投資する状態だから、国民が黒字なのです。

現に、明治以来の日本経済は赤字を順調に増やしてきました。平成に狂い出した。

政府が金を出す国ほど、経済成長するグラフ

政府の赤字は永久に返さないのか?

誰が誰に返すのでしょう。ちゃんと答えてください。

赤字を騒ぐ者は、そこで黙るのです。必ず黙ります。

急に口をつぐんで、何も言わなくなる。

言えない闇があるからか?

正解は「返すべき相手がいないから」。世界で返した例がない。

政府が国債発行して生んだお金は、政府の借入金ではなく自己資金です。

「国の借金で子孫は地獄」はデマなのです。

プライマリーバランス黒字化は、なぜ国民の虐殺か

政府のプライマリーバランスを黒字にすると、国民が赤字になります。

国民の赤字の意味をもう一度?

国民の所得が減り、貯金が減り、腹が減りやせていく現象です。小柄に育つ。

・ 国費を税金でまかなうはめになり、国民は自らの肉を切り取り食べる
・ 体重が永久に増えず、体が成長せずに弱って死んでいく

政府のプライマリーバランスの黒字化目標は、デフレ不況の恐慌を故意に起こし、全員を飢えさせ死なせる理屈です。国民の粛清、ジェノサイドにあたる奇妙な行動です。

今は死者数がまだ少なくね?

今現在、飢えて死ぬ人が日本に少ないのは、政府が黒字化に失敗しているからです。

不本意ながら国債を発行し、国民は命をつなげて、まだ死にきらない。

そして黒字化できない政府を、マスコミは批判します。早く達成せよと。マスコミは国民を殺す目標に賛同し、あおり立てます。1930年代の報道に似ています。

でもそんな政策あったっけ?

プライマリーバランス黒字化目標の具体策は、緊縮財政と消費税増税です。

・ 緊縮財政とは、通貨の新発行を減らし、国民所得を減らす政策
・ 消費税増税は、発行済み通貨を廃棄し、国民所得を減らす政策

虐殺になぜ誰も反対しない

皆チンプンカンプンだから。何の話かわからない人は、文句を言わないもの。

日本以外はどうしてる?

日本以外は、自国を貧困化させて国力を下げるメリットがないのです。

普通の国と異常な国の違い

身近なものにたとえると?

母乳と赤ちゃんの関係です。

ほ乳類の母親からは、出産後に赤ちゃんのエサとなる母乳が出ます。母乳は出る一方で、出した合計のリットル数は増え続けます。母は母乳を失う一方です。得たりしない。

母は赤字続きでも、倒れたり亡くならないのはなぜか。母乳を身体内で新たにつくり出すミルク・クリエイションだからです。

合計30リットル出ても、体重が30キロ減りはしません。

母を黒字にする目標か?

ある日母が400cc飲ませて、翌日401ccを赤ちゃんから返してもらう。

これがプライマリーバランスの黒字化です。

赤ちゃんは死んでしまいます。

なぜ日本人は、狂った行動が平気になった?

知識がない。情報弱者。

オレオレ詐欺も、見抜いた人と気づかない人の差は、劇的に開きますよね。

不吉な赤字の語にだまされたわけ?

赤字の語にブルッてパニクり、恐怖デマを信じた集団ヒステリー状態かも。

外国にも、赤字の嘘を信じる経済学者はそれなりにいます。ただし日本と違って反論する学者も多く、主導権争いで負けきらず、日本ほど狂い方が目立たないのです。

日本は目立ちますね

なぜ日本だけが異常にパニクる?

バブルの反動です。

昭和末期から平成初旬のバブルが、90年代前半ではじけたからです。冷静さを欠いた金融庁は、90年代半ばに銀行に貸しはがしさせ、マネーストック削減で墜落しました。

同じくマスコミがあおった価格破壊で労働賃金が下がり、国民に赤字の語へアレルギーが起きたのでしょう。国民はもてあそばれ、根拠のない貧困で亡くなっています。

国ぐるみの勘違いか?

年輩は、1941年の日米開戦を連想するでしょう。

近い過去では、スポーツの飲み水がそうでした。

1970年頃には、運動する時には水を飲んではいけなかったのです。クラスで配るプリントや、PTAの配布物などにも、運動中の給水は体調を崩すと明記されました。

だから小学校のソフトボールチームや、中学校のサッカーなども、試合中は水を飲むのが禁止でした。運動が終わってから飲みましょう、と指導しました。

今とは全く逆だったんだ

今はスポーツドリンクがあり、練習中も試合中も水と塩分をとり、発汗不足の体温上昇を防ぐ方法が確立されています。でもその前は、水分補給はタブー。

死亡原因が当時の日射病か熱射病、今の熱中症だと知られたのも、後のことです。

騒ぎにならなかったの?

その時も逆走しました。水を飲むなの徹底が強まりました。

子どもたちを殺す方向で親御さんも団結し、後で考えたらすごい。

未必の子殺しか

当時の足腰を鍛えるトレーニング「うさぎ跳び」も、その後に消えました。

人類は勘違いで、あべこべに逆走するものですよー。

スポーツ小僧に仕打ちする国際陰謀なんて、当時もなく。

ただただ、国民は人体の仕組みを知らなかったのです。情報弱者。

一匹のマダニのように、それだけの話だったのかと、犠牲の後でわかるのです。

今は犠牲が多すぎないので、まだわかっている人が少ない。

プライマリーバランスの黒字化目標は、平成大不況の諸悪の根源です。赤字が大きいと裕福な経済大国ですが、日本は黒字を目指して貧困化しました。
Photo: by Rachel on Unsplash