ベーシックインカムは誤解のデパ地下だ|財源を探す勘違い

デパ地下

ベーシックインカム論争は、財源論をこじらせまくり

ベーシックインカムへの誤解もまた、日本ですさまじいものでした。誤解していない人が見当たらない状態でした。誤解、曲解、勘違い、邪推。

全員で嘘を吠えまくった、フェイク情報の大合唱でした。

皆さんは大丈夫ですか。

どこをどう誤解?

財源論という勘違いです。

国内のどこかに国庫というコンクリートかデジタルの金庫があって、そこに国民が納めた税金と海外から得たお金をためて、国の予算とする間違った思い込みです。

最初のベーシックインカム考案者は、財源論が主義でした。実物貨幣が惰性した時代錯誤でした。20世紀以降の設計なら当然、信用貨幣管理通貨制度で考えます。

20世紀のある時点から、独立国には原理的に財源という概念が存在しません。

税金は財源ではないのです。

それを知らない人は、アナクロな財源論で考えてしまいます。

財源論の説明をもう一回

税金を集めて財源とする思想が財源論です。

国が国民の資産を没収し財源とする、領地から米を集めた時代のやり方です。

財源論では、動物のオリのエサのように総量一定のお金を皆で分けます。

ゴリラのハナコに与えるバナナを増やす時に、ピーコのバナナを減らすのが財源論です。エサを新たに供給せず、すでにあるエサを移動して都合します。

ピーコが死ねば、ハナコのバナナが増える思考です。奪い合いと共食いです。

相模原の19人刺殺の動機がこれです。弱者がお荷物で、強者も共倒れになるから、正義の鉄ついをくだした事件でした。

弱者を間引き、強者が通る道をあけさせた。財源論から導かれた選民思想です。

財源論の思想は「赤子間引き」や「うばすて山」へ向かいます。

ベーシックインカムでも同じ勘違い?

よくある疑問が、次の二つです。

「国民にお金を配る、その財源はどこ?」。

「金持ちの金を、勝手に貧乏人に配るな」。

もろ財源論で、オリの中にあるバナナの奪い合いの思考ですね。

外部→ この立派な弁護士サイトも、一番最後はバナナの奪い合いのまんま

だったら配るお金は誰が出すの?

せーのっ。

「打ち出の小づち。貨幣プリンター。通貨発行権です」。

・ 各国政府は自国通貨は自在に発行でき、自在に増減できる
・ 発行量が少ないと貧困化が起き、多いと富裕化が起きる
・ 物理的に無限に発行でき、運用上はインフレ率2パー以上8パー以下が良好
・ 理論的に、デフレ不況は経済思想の間違いで生じる

ベーシックインカムは、国の通貨発行権で、新たに発行するデジタル通貨です。

誰かのお金を借りたり、奪って転用する使い回しではありません。

お金持ちの資産を当てにしたり、支える奴隷を雇い入れません。

誰のお金も使わずに?

お金を新たに発行します。

貨幣を新規につくり出します。

新しい貨幣です。

誰の負担もなしに?

そう。

新発行。わかりますか、この意味。

しんはっこう。

かき集めずに?

新しく出すの。

政府がお金を新発行して、それを政府が使うのです。

原資や貸担保なしで。

返さなくていい?

借りたお金でないから、返すわけがありません。

返す相手がいないのだし。

現に、自国通貨を自国に返した国はありません。

・ ベーシックインカムは、納税者がお金を出すのではない
・ 原理的に大口納税者は、一人もいなくてよい
・ 現状に、ベーシックインカムを付け足すだけでよい
・ 自国通貨を発行して、全員に8万円などを給付するだけ

お金はいくらでもわいて出るのが、独立した先進国

政府には、お金を発行する義務があるんですよ。権利以前に義務なのです。

「どこからお金を持ってくるのか」。

「お金が底をついたらおしまいだ」。

こんな勘違いで空回りです。「僕らが納めた貴重な税金なのに」は、無意味な怒りです。

配っていないから。

なら納めた税金はどこへ行った?

捨てたに決まっています。

国税の目的の筆頭は、余剰貨幣の間引きです。

国税をとった時点でインフレ率の調整は終わり、自動的に廃棄されます。

もっと簡単な話にできるか

家庭になぞらえると、水道の蛇口が通貨発行権に似ています。キッチンとバスとトイレで水を取り合いしませんよね。

トイレの便器や、金魚ばちの水を差し出させて、ご飯を炊きませんよね。

ある時、風呂を2回わかしたせいで、ナベに入れる水が不足して、そうめんをゆでることができなくなって、パンを買いに走った悲しい経験は、ありましたか。

あったような、なかったような

家事の水は総量が固定せず、使う時に増やせます。底をつかず、枯れない前提です。

お客さんを4人招いた日に、トイレへ行く回数制限をかけたりしませんよね。しょんべんしたくてもがまんするよう、呼びかけませんよね。

ベーシックインカムを、コストカットで設計する間違い

嘘っぱちの話は、ブログやユーチューブでもまき散らされています。

「国民に配るお金は、国民から集める」。

「国民に毎年152兆円配るなら、税金を毎年152兆円とる計算だ」。

2019年でも国民に90兆円配り、税金を60兆円とっていますよね。出す分と戻る分は、同額ではありません。

それどころか今は配る90兆円が少なすぎて、とる60兆円が多すぎるから、貧困化して詐欺や売春や無差別テロが横行しているのに。

決定的な知識は何?

国の政府は、お金を必要なだけ発行できます。いくら巨額でも。

・ 国が存続する限り
・ 他国に侵略されない限り
・ 商品が枯渇しない限り (←通貨価値を落とさずに発行できる上限が決まる)
行政コスト削減が目的なのはどう?

ベーシックインカムのメリットでよく言われるのが、行政のコストカットです。いわゆる行政のスリム化。公務員を減らせる期待です。これも財源論の壮大な勘違いです。

年金制度を廃止して、ベーシックインカムのお金を確保するとか、悪い冗談です。年金にさらに上乗せするだけの話です。

年金を削らない?

年金が22万円だった高齢者は、ベーシックインカムの8万円ももらえて、30万円などに増えるだけ。増えたお金で、天体望遠鏡や高級自転車や、大塚家具や現代アート絵画でも買えって話。音楽イベントへ足を運べって話。

中国人やアメリカ人が、今やっているように。

日本以外の先進国が、普通にやってきたように。

まずは風呂へ入る回数を増やして、服もよく洗濯しなさいって。不潔な節約をやめて。

国民健康保険は廃止になると聞くが?

経費削減は、もろ財源論の勘違いです。「あとは自分のお金で、難病を直したいなら高い保険会社に入れ」は、通貨発行権がない前提の弱者淘汰です。

そもそも国保は税金に相当するから、景気の調整用に今のまま続けます。

公務の経費節減は目的じゃない?

21世紀のベーシックインカムのひとつの目的は、人工知能AIがまねく知的労働の大失業に向けた最低限の衣食住補助です。国が『北斗の拳』になる崩壊を防ぐため。

餓死して遺体で発見される人や、信用金庫に押し入って、わざとつかまって刑務所で飯にありつく、ひどい追い込まれ方の人権侵害をなくす福祉です。

正しく運営すれば、全員のバナナが増えるわけか

それを日本語で経済成長と呼びます。

日本も含む文明国には、お金を自由に出す通貨発行権があります。だから足りないお金を市中からかき集めるなんて、お笑いコントです。足りるまで発行するだけ。

国内の足りないお金は、いくら巨額でも発行する方式に、世界がなっています。

日本以外の世界では、江戸時代は終わっていました。

国民が理解することも大事か

相模原19と同じ思想のままベーシックインカムへ進むと、高齢者に白い眼を向けたり、障がい者に危害を加える風潮が強まるでしょう。

交通事故の後遺症で働けなくなった人を、国民が袋叩きにする根拠が財源論です。

「おまえが働けなくなると、おれの税金が上がる」。

これ真っ赤な嘘で、世界は通貨を発行してお金の量を増やして、福祉に使うだけ。

みんなの想像と違いすぎる

少し前は、果たしてできるかと、入と出を計算する者が続々と現れて。何円配るために、何円税金を集めるかと。

増えて喜ぶハナコと、減って悲しむピーコとの、不公平や損得の不満ばかり。

管理通貨制度を理解した経済学者はいても、テレビに出してもらえない状態でした。

記事→ 相模原19人刺殺事件の心の闇はあれだった

ベーシックインカムはAIが仕事を奪う不安で意識されました。新たにコロナウイルスが仕事を奪う不安が生まれたので、各国で実験が始まりました。
Photo: by Jordan Madrid on Unsplash