国の無駄づかいを減らすほど貧困になるすっきりした理由

財務省の復讐劇

お金を使えば使うほど戻ってくるのはなぜか

女子高生でしたか、インタビューに答えました。ラジオ放送。

「みんながお金を使えば、ぐるぐる回って景気がよくなりますから・・・」。

日本に向けた処方箋は、それだけの話です。

ハイ、すっきり。

お金が回る意味

女子高生が見通したものは何だったのか。

お金を使えば受け取った人も使う、その連鎖反応です。連鎖反応がバンバン起きるほど、景気がよくなります。

一万円札の所有者が次々変われば商品は次々売れ、国の経済規模GDPが拡大します。

お金を使うと手元から消えます。でも受け取ったラーメン店や靴下店やオルゴール店に、逆に現れます。一万円札が動けば、3人がラーメンや靴下やオルゴールを入手できます。

でも買うカネないし

確かに今、ない袖が振れず、少ないお金を使わず大切にとっておきたい心理が国内に充満して、一万円札の移動がゆっくりです。

お金が貴重に思えて、買い渋りや買い控えする。この心理を不景気と呼び、それが集まり物が売れにくい現象をデフレと呼びます。不況です。

その分かれ目は、国民にお金を与える政治をやっているか、やめているかです。

国民の働きぶりはどう?

働き方は関係ありません。全体のお金が不足して分け前が減るわけで、同じ働きで時給が下がる問題です。

商品はだぶついていて、行列に並ばずに買えます。なのに購入金を持たない人だらけで、客の行列ができない。商品は在庫の山。この現象をデフレと呼びます。

お金は使えば消える感覚

お金は使えば減る、失われる、なくなる、消える考え方は完全な間違いです。

女子高生はそれを見破っています。

お金を使えば消える感覚は自己中?

買い物し合えば、お金はぐるぐる回ります。消えたりせずに。

紙幣に住所氏名を書いて、戻って来る日を待つ子どもがいて、遠い県から電話がかかってきたと、ラジオの電話リクエストで得意げでした。

DJは紙幣への書き込みは犯罪だと、説教に終始しましたが。

ミクロ経済はパーソナル、マクロ経済はソーシャル

あたしは靴下を買いました。という局地的な話が「ミクロ経済」です。みんながあらゆる製品を買いました、が「マクロ経済」です。

女子高生の発言は「ミクロでなく、マクロで考えようよ」の意味です。

「お金を手離さないと、経済はため水のようによどむ」。

「お金を使って流水の動きをつくろうよ」。

の呼びかけでした。

ケチにさせたのは誰?

犯人は通貨削減政策、国民からお金を減らす政策でした。

順を追うと、バブル後に首脳は焦り、銀行に不良債権を処理させました。すると、融資の返済で国内のお金が減りました。その時、政府は財政出動を増やして補うべきでした。

念のため財政出動の意味は?

各国の政府は、自国通貨を必要なだけ発行できます。国のお金不足は、お芝居です。

政府はお金を発行して、買い物します。二段階を、財政出動積極財政と呼びます。

しかし日本政府は、財政出動を増やさず、逆に貨幣減らししました。

消費税増税ね

池の水で考えます。

池に水が足りず、魚がアップアップの状態だとします。

水中の酸素が減るし、水が浅すぎて魚が横倒しで弱ってきたシチュエーションです。この異常事態を、人はどう解決するか。

一押しは、水を増やすことです。バケツやホースでジャージャー入れて増やす。

誰でもわかるし

ところが1997年からやったことは二つ。

「あえて水を増やさない」。

「逆にくみ出す」。

具体的には?

増やさないのは、財政出動の縮小

減らすのは、消費税の増税

財政出動しないと水が浅いままで、根性がある魚でも生存が困難になります。

それだけでなく、減った池の水をくんで持ち去った。消費税増税です。

増税は間違ってた?

増税は、純粋にお金減らしです。

国民が持つお金を減らすインフレ抑止策です。その必要もちゃんとあります。バブルなどで好景気が行きすぎた超インフレ時に、お金を使えなくして物価の高騰を防ぎます。

家の便器を金メッキに替えるぜいたくが蔓延すると、買い物をストップさせないと、円の価値が下がるのです。ストップ策が消費税増税で、消費を冷やす氷の役で生まれました。

増税はお金を減らして消費を止める目的です。「物を買うな」の警告です。

みんなの思いと全然違う!

みんなの思いは福祉の充実ですよね。それ完全に嘘ですから。

福祉は増税で切り捨てになります。現になっています。

国の無駄づかいは、日本経済のプラス要因になる

日本政府が逆走して国民は被害者だという、それだけでしょうか。

国民は政府に向かって「無駄づかいをなくせ」と要望しています。

ところが政府は役立たずの買い物をしても、景気は上がるのです。

どんな無駄づかいでも?

昔、大蔵省の職員が変なファッションバーで遊んで、事件になりました。

「ノーパンしゃぶしゃぶ」と大衆雑誌で話題になって。

聞いたことある

でもその無駄づかいもバーの所得になり、バーの従業員が買い物を増やします。GDPの片隅で貢献していたのは事実です。省庁の運営は、貨幣プリンターのお金だし。

くだらない下ネタの金づかいでも、マクロ経済は潤いました。こうしたでたらめな出費をなくせば、意外にも経済は右肩下がりに悪化します。

でたらめが野放しの時代の方が、国民の所得は高くて裕福でした。国力もずっとあった。理屈と実態が一致し、全く考えさせられます。

族議員がうごめき、官公庁の好きにした時代が左(オレンジが日本企業)

昔の方が日本企業強すぎ

行政のクリーン化で、日本は貧しくなりました。

クリーン化が足りないのではなく、クリーン化するにつれて落ち込みました。

大蔵省の事件で改革して日本は傾いたし

国民が官僚の無駄づかいを強く批判した後、官僚は居直ったかも知れませんね。中央政府も生きた人の集まりだから、感情があります。復讐心もあるのです。

「国が本当に無駄づかいをやめたら、どんだけ国民が苦しむか、今にみてろ」。

「政府が無駄をなくせば、国民が大勢死ぬ現実を、肌で感じさせてやる」。

「いつか近いうちに皆殺しにしたる」。

「このうらみはらさでおくべきかー」。

昭和の無駄づかいさえ、まだ少なかったわけか

女子高生の「みんながお金を使えば」は、有意義な使い道かは関係ない話です。

くだらんことに使っても、経済は右肩上がりで伸びます。

逆に政府がお金を有意義に使い始めてから、日本はどんどん貧困化しました。

お金を無駄に使えば消えてなくなるのは個人で、逆に増えまくるのが国全体です。日本国民は無駄の削減を目標として、理屈どおり経済を壊しました。
Photo: difisherによるPixabayからの画像