国の無駄づかいを減らすほど貧困になるすっきりした理由

財務省の復讐劇

お金を使えば使うほど戻ってくるのはなぜか

女子高生でしたか、インタビューに答えていました。ラジオ放送。

「みんながお金を使えば、ぐるぐる回って景気がよくなりますから・・・」。

日本に向けた処方箋は、一口にそれだけの話ですよね。

ハイ、すっきり。

お金が回る意味

女子高生が見通したものは何だったのでしょう。お金を使えば受け取った人も使う、その連鎖反応です。連鎖反応がバンバン起きるほど、景気がよくなります。

一万円札一枚の所有者が、短時間に次々変われば、商品は次々と売れています。その合計が経済規模GDPです。

でも買うカネないし

確かに今、ない袖が振れず、少ないお金を使わず大事にとっておきたい心理が国内に充満して、一万円札の移動がゆっくりです。

お金は貴重で、買い渋りや買い控えの気持ちが大きい。この心理を不景気と呼び、それが集まって物が売れにくい現象をデフレと呼びます。

その分かれ目は、国民にお金を与える政治をやっているか、やめているかです。

国民の働きぶりはどう?

皆が力んで働いたかは、関係ありません。同じだけ働いても時給が下がった問題であり、なぜ下がったかは、国民の側にお金が不足して分け前が少ないから。

商品はだぶついて、行列に並ばずに買えます。なのに購入金に余裕がなくて、客の行列はできません。商品は在庫の山。この現象をデフレと呼びます。

お金は使えば消える感覚

お金は使えば、減る、失われる、なくなる、消えるという考え方は、完全に間違っています。女子高生はそれを見破っています。

しかし間違い行動の大人が周囲に多すぎるから、首をかしげて発言したのでしょう。

カネは使っても消えない?

「お金は債権と債務の記録である」という、本質論は置いておきましょう。知るべきは、お金は使っても減らない性質です。買い物しても、社会全体で減りません。

お金は消耗品ではなく、記録用紙だから。

お金を使うと手元から消えます。しかし支払いを受けたラーメン店や靴下店やオルゴール店では、逆に現れてきます。そっちでは増えます。支払った人の視界から消えても、受け取った人の視界には現れています。

一万円札1枚が動くだけで、3人がラーメンや靴下やオルゴールを入手できています。

消える発想は自己中?

支払いをやり合えば、お金はぐるぐる回ります。捨てられず生き続けます。

「金は天下の回り物」。

昔の人はいいことを言いますねえ。

紙幣に住所氏名を書いて、戻って来る日を待つ子どもがいました。遠い県から電話がかかってきたと、ラジオの電話リクエストで得意げに語りました。DJは、それは犯罪だと説教に終始しましたが。

ミクロ経済はパーソナル、マクロ経済はソーシャル

あたしは靴下を買いました。という局地的な話が「ミクロ経済」です。みんながあらゆる製品を買いました、が「マクロ経済」です。

女子高生の発言は「ミクロでなく、マクロで考えようよ」の意味です。

「お金を大事につかんで離さないと、経済はため水のようによどむ」。

「お金を使って流水の動きをつくろうよ」。

の呼びかけでした。ミクロだと自分だけが大事だから、ケチになります。

ケチにさせたのは誰?

犯人は国民からお金を減らす政策でした。

順を追うと、バブル後に首脳は焦り、銀行に不良債権を処理させました。すると、融資の返済で国内のお金が減りました。その時、政府は財政出動を増やして補うべきでした。

念のため財政出動の意味は?

各国の政府は、自国通貨を必要なだけ発行できます。つまり国の公的なお金が足りないと嘆くのは、狂言か、ものを知らないかです。

政府はお金を発行して買い物します。その二段階を、財政出動積極財政と呼びます。

ところが日本政府は、財政出動を増やさず、逆に貨幣減らしをやりました。

消費税増税ね

池の水で考えます。水が足りず、魚がアップアップした状態だとします。

水中の酸素が減る上に、水が浅すぎて魚が横倒しになって弱ってきたシチュエーションです。この異常事態を見ている人は、どう解決するか。

一押しは、水を増やすことです。バケツやホースでジャージャー入れて増やす。

誰でもわかるし

ところが1997年からやったことは二つ。

「あえて水を増やさない」。

「逆にくみ出す」。

何と、水を増やすホースを止めて、反対にひしゃくで水をくみ出し始めました。

具体的には?

増やさないのは、財政出動の縮小

減らすのは、消費税の増税

財政出動しないと水が浅いままで、根性がある魚でも生存が困難になります。

それだけでなく、減った池の水をくんで持ち去った。消費税増税です。

増税は間違っていた?

増税とは、国民が持つ貨幣を減らすインフレ抑止策です。減らす必要があるかといえば、あるんですよ。バブルなどで好景気が行きすぎた超インフレ時に、貨幣を減らして物価の継続上昇を食い止めます。

家の便器を金メッキに替えるぜいたくが蔓延すると、買い物をストップさせないと、円の価値が下がるのです。そのストップ策が消費税増税です。消費を冷やす氷の役で生まれたのが消費税です。「あまり買うな」の警告です。

増税はお金を減らして消費を止める目的で行うものです。売れなくする目的です。

みんなの思いと全然違う!

みんなの思いは福祉の充実ですよね。実は福祉は、増税で切り捨てになります。

日本人はそこが理解できない?

増税は物が売れないよう、お金の動きを止める目的で行います。

消費を冷やすのだから、GDPは小さくなり、福祉も小さくなります。

国の無駄づかいが、日本経済のプラス要因になっていた

日本政府が逆走して国民は被害者だという、それだけでしょうか。

国民は政府に向かって、無駄づかいをなくすよう要望しています。

実は役に立たない買い物をしても、消費行動として景気が上がる力になっています。

どんな無駄づかいでも?

昔、大蔵省の職員が変なファッションバーで遊んで、事件になりました。

「ノーパンしゃぶしゃぶ」と大衆雑誌で話題になって。

聞いたことある

でもその無駄づかいもバーの所得になり、バーの従業員が買い物を増やします。GDPの片隅で貢献していたのは事実です。省庁の運営は、貨幣プリンターのお金だし。

くだらない下ネタの金づかいでも、マクロ経済は潤いました。こうしたでたらめな出費をなくせば、意外にも国は悪くなります。

でたらめが野放しの時代の方が、国民の所得は高くて裕福でした。国力もずっとあった。理屈と実態が一致するから、全く考えさせられます。

官公庁の好きにした時代が左(オレンジが日本企業)

昔の方が日本企業強すぎ

行政のクリーンで、日本は貧しくなったのです。

クリーン化が足りないのではなく、クリーン化するにつれて落ち込みました。

大蔵省の事件の後に日本は傾いたのだし

国民が官僚の無駄づかいを強く批判した後、官僚は居直ったかも知れませんね。中央政府も生きた人の集まりだから、感情があります。復讐心もあるのです。

「国が本当に無駄づかいをやめたら、どんだけ国民が苦しむか、今にみてろ」。

「政府が無駄をなくせば、国民が大勢死ぬ現実を、肌で感じさせてやる」。

「日本国民を絶対に許さないからな」。

「いつか近いうちに皆殺しにしたる」。

「このうらみはらさでおくべきかー」。

現実と合ってる!

「同じ80万円を使うなら、マッサージチェア以外にあるだろ」程度の話だったのです。しかし国民はマッサージチェア代80万円は、自分たちが納めた税金で買ったと誤認して、大蔵省の無駄づかいを叩いたものでした。

「税金ではない」と政府高官は言っておらず、皆が税金の意味を知らなかったのです。

マッサージチェアの80万円は、原理的に貨幣プリンターによる造幣なので、販売店を受け皿として国民側の所得が増えて、かすかに庶民はリッチになった計算です。

女子高生の「みんながお金を使えば」は、有意義な使い道かは関係ない話なのです。

お金を無駄に使えば消えてなくなるのは個人で、逆に増えまくるのが国全体です。日本国民は無駄の削減を目標として、理屈どおり経済を壊しました。
Photo: difisherによるPixabayからの画像