相模原19人刺殺事件の死刑判決→心の闇はどこにある?

やまゆり園

相模原やまゆり園19人刺殺事件で、よく言われる心の闇

今日2020年3月16日が、相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」19人刺殺事件の一審判決でした。2016年に起きたテロ事件で、負傷も合わせて46人です。

事件は日本の貧困化が背景で、原因です。

バブル時代なら起きない事件ですよ。

そして、事件には闇があります。

被告の様子が変だし

闇は国民の側に残っています。被告ではなく。

貧困が原因なら、貧困者が富裕層を襲った事件と思いますよね。2001年の池田小学校に斬り込んだ犯人がそれで、しかし相模原はそのタイプと違うのです。

相模原では何と、勝ち組が加害者です。負け組が復讐したのではなくて。

この事件はねじれています。

どこがどうねじれているの?

事件の動機に、優生思想がひそんでいます。それは、あちこちで語られていますね。

もうひとつ、国の借金1100兆円もひそんでいます。こっちは誰も語りませんね。

そう、この解説ページは荒れます。

国の財政を健全化させようと、一肌脱いでくれた事件

優生思想は、生きる価値がある人と、ない人に選別します。

生きる価値がない人は、淘汰されても文句が言えない、淘汰されても同情されない、淘汰は当然だ、淘汰されろ、という論法です。

立派な人になれば淘汰されず生きる権利を得るという、平成に大流行した思想です。

立派とは、所得が高い意味です。要はカネ。

意外にみんな自覚がなかったりして

努力不足の人を励ますだけでなく、敗れた人を助けず見殺しにする、お別れの言葉として「自己責任だしね」とよく言います。滅びなさいの念押し。自分を恨めの意味です。

この自己責任論は、財源論と合流しているのです。

出た、財源論

財源論とは、国民一人一人が払った税金を集めて財源として、国の必要経費をその国庫でまかなう特殊な思想です。特殊なんですよ。間違っているから。

でも特殊であれ、普通の日本人はこれが正しいと思って信じていますよね。

被告もそう信じているのです。

被告も。

国民の疑問は、なぜ彼は弱者をそこまで憎むのかでした。

その答は、被告が国家の損失を憂慮したからです。私憤ではなく正義感です。だから総理大臣に意見書を渡そうと出向いたし。

確かにそれがあった

被告と国民は、財源論で意見が一致します。同志ですね。

日本人の心の闇とは、財源論から導かれる次のロジックです。

「税金を納めない人が多いと、国の出費をまかなえず、借金で日本は破綻する」。

国の借金1100兆円ね

働かず税金を納めない人を、被告は減らそうと動いたわけです。

1100兆円を減らす方向へと。

人材の価値がない人間を始末して、国の財源のロスを減らして、国費をコストカットして日本を上向かせてやろうと。

被告は財政を健全化させようと一肌脱いで、必殺仕事人になりました。

国民が心の底で思っている、ある思いを、被告は民意と受けとめたからです。

国民のどういう思い?

「障がい者の生活費を出してやるのも、限度があるんだよ」。

この空気を読んで、現役世代を救おうと立ち上がりました。みんなの役に立ちたかった。彼は国民から愛されたかったのです。

日本の財源の枯渇財政破綻を防ぐために。国の赤字を減らして、プライマリーバランスを黒字化しようとして。

少々手荒だけど、日本を何とかしてやりたい熱い思いで。

19人を刺殺した被告と、日本国民が向き合えない理由

被告の本心では、自分が激しく攻められるのは不満なんです。

彼の本音はこうかも知れませんね。

「待って、皆さんは国のお荷物である障がい者は消えろと、ネットで訴えましたね」。

「働けない人間を食わせる負担が増えてきて、皆さんは困っていましたね」。

「介護と養護で税金を使いすぎて、財政が危機的だとマスコミも言いましたね」。

「政治家も国の赤字を減らそうと、経費削減に奔走しましたね」。

「子孫に1000兆円もの借金を背負わせ、一人あたり800万円を皆で嘆きましたね」。

「経済評論家も、やがて日本は借金で財政破綻すると断言しましたね」。

「それらの問題を抜本的に解決しようと、僕一人でがんばりお荷物の軽減を行いました。それなのに皆さんはてのひらを返して、僕を非難するのはなぜですか?」。

なぜなの?

「独立国には通貨発行権があるから、政府がお金に困ったりしないんだよ」。

「将来返すべき借金なんて日本に最初からないし、子孫へのツケなんてあるわけない」。

「手がかかる仕事が発生すれば、そのつどお金を発行するのが現代だよ」。

「障がい者がいた方が、自国通貨を多く発行してGDPが増えるって知らないの」。

「国の出費を削減して縮小すると、国全体が貧乏になるんだよ」。

「1000兆円を1300兆、1500兆と増やせば、日本経済は上向いて正常化するんだよ」。

「財政が破綻する将来危機は嘘、財政健全化の必要性は嘘、全部嘘だったんだよ」。

「おまえさん一人、日本経済の嘘を真に受けて、だまされていたんだよ」。

「報道のあおりデマに、簡単に引っかかったバーカ」。

と、国民は言いたいところです。

でも、被告に言えないのです。

どうしても言えません。

なぜ言えない?

被告と同じで、いまだに国民もだまされているから。

だから国民は被告を、180度逆の立場から正面切って論破できません。両者は顔が同じ方へ向いています。

事件全体も、裁判も、何とも歯切れが悪いのは、これが理由です。

判決文の「被告は障がい者に差別意識を持ち」を切り口にした報道では、理解不能です。流血の惨事は、障がい者の軽視でなく重大視だから。

軽くあしらった意地悪とは違いすぎて、話がぐちゃぐちゃにからまります。

「わからない事件だった」と、皆が首をかしげるのがその表れです。

日本国民の間違った知識の部分に、真の動機があるからです。

モヤモヤは国民側にあるわけか?

国民もまた、被告と同じ勘違いを今も続けているからですよ。それはこう。

「税金を多く払う者は、財源づくりに貢献している」。

「それに引き換え、税金を払わない者は財源の負担だ」。

「払わない者がいると、国の運営が行き詰まる」。

「払わない者は、存在がじゃまだ」。

そういうことか

財源論を元にした優生思想を、国民と被告の両方が共通して胸に秘めています。障がい者が多いほど財源がよけいに減って困ると、誰もかれもが思っているわけです。

国民のばくぜんとした本心はこうです。

「障がい者がいないと確かに税金が助かるが、さすがに殺害は犯罪だからだめ」。

ジレンマでとらえている?

「障がい者がいないと、国が助かる」という前提は、被告と国民で一致します。

「消えて欲しいのは、やまやまだ」は一致するのです。

障がい者が国の借金1100兆円を増やす害だという認識で、被告と国民に共通認識のきずなができています。「障がい者は、いないに越したことはない」と。

それどころか、障がい者の味方となって被告を非難する善良な人でさえ、「確かに障がい者は国の負担だが、でも命は大切なんだ」という論法なのです。

この論法は、根本的に間違っています。

そもそも、負担ではないから。

そこか?、そこが焦点か!

だから人権や倫理で障がい者を擁護しても、国民の心には響きません。「財政のじゃまには違いない」という大前提だけは、人権意識を高めても取り除けていないからです。

障がい者の人権をいくら訴えても、国民の将来不安に全く答えていない

だから、国民の隠れた反論はこうです。

「世の中きれいごとだけでは、国の財政は破綻すると思います」。

「差別するつもりはないけど、財源を使うだけの困り者は区別します」。

「建前はともかく、本音では誰もが障がい者はじゃまと思っているでしょ」。

本音で国を守ろうとして、優生思想に走った?

その思いは財政の原理からみて間違っており、本当は障がい者が減ると経済が縮みます。

もう一度言います。

本当は障がい者が減ると、経済が縮みます。逆です。

みんなの不安とは逆なのです。

色々あった方がいいわけ?

19人の生活費を政府が発行しなくても足りるようになり、その分のGDPが小さくなり、経済は右肩下がりに落ちるメカニズムです。国民の思いとは全くあべこべなのです。

「障がい者は国庫の負担になる」の時点で、財政の原理と逆さまです。

独立国の政府には通貨発行権があるから、日本で円の枯渇はあるわけがないのです。不足なら追加発行すれば、景気までが上がってくれます。他国は普通にやっていて。

何かと出費がかさむ方が、経済が上向く原理か?

かさむ出費は、自国通貨である円を追加発行して、貨幣量を増やす方式だからです。

・ 現代国家の出費は、通貨発行でまかなう方式である
・ 高齢者や障がい者のコストは、円を追加造幣して支払い行使する
・ 追加造幣された円は、若者や健常者の手にも渡り、経済成長となる

しかしこの原理を国民は知らず、税金で国の財政をまかなう財源論を固く信じています。健常者の税金で、障がい者のコストを負担してやる式の、勘違いの妄想です。

だから、障がい者を邪険に扱う気持ちがくすぶり続けています。

障がい者を支援する人たちさえ、税負担には違いないと思っているかも知れません。

そのスタートの大前提が、全くの間違いなのです。

そういうことだったのか

「殺せばまずいが、いなくなれば国のお金が助かるのは確かだ」と、国民は今もばくぜんと勘違いしています。コストカッター役の被告を完全否定できず、歯切れが悪いのです。

被告と国民は、財源論日本財政破綻論を妄信している同士だということ。

日本の借金1100兆円を、返金するのだと勘違いしている同士だということ。

これが、この事件に残された心の闇です。

障がい者を守る人たちは、闇の正体は「国税への誤解」だと知るべきでしょう。

記事→ 国税が財源なわけがない道理

記事→ 消費税は福祉の財源を偽る宿命だった

記事→ 国の借金1100兆円はある目的のデマだった

記事→ プライマリーバランス黒字化って何のこと?

相模原のやまゆり園19人刺殺の死刑判決以前に、多くが理解できずに狂人扱いしました。事件の闇である優生思想の根は、国の借金1100兆円です。
Photo: SichiRiによるPixabayからの画像