相模原19人刺殺事件の死刑判決→犯人の心の闇は何?

やまゆり園

相模原やまゆり園19人刺殺事件で、よく言われる心の闇

今日2020年3月16日が、相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」19人刺殺事件の一審判決でした。2016年に起きたテロ事件で、負傷も含め46人です。

背景は日本の貧困化です。

闇があります。

被告の様子が変だし

闇は国民の側にあります。

貧困が原因なら、貧困者が富裕層を襲うはず。2001年の池田小学校に斬り込んだ犯人がそれ。しかし相模原は、何と勝ち組が加害者です。

何かがねじれてる?

事件の動機に優生思想がひそみます。あちこちで語られるとおり。

もうひとつ、国の借金1100兆円もひそみます。これは誰も語りませんね。

国の財政を健全化させようと、一肌脱いでくれた事件

優生思想は、生きる価値がある人と、ない人に選別します。

価値がない人は、淘汰されて当然だ、同情されず文句も言えない、の論法です。

立派な人は淘汰されず、生きる権利が上だという、平成に流行した優生思想です。

立派とは、所得が高い意味です。要はカネ。

意外にみんな自覚がないとか

努力不足の人への励ましでなく、敗者を助けず見放すお別れの言葉として「自己責任さ」とよく言います。滅びなさいの念押し。自分を恨めの意味です。

この自己責任論は、財源論と合流しています。

出た、財源論

財源論とは、国民が払った税金を財源として、国の出費をまかなう特殊な思想です。特殊ですよ。間違っているから。税金は財源ではありません。

特殊であれ、日本人は正しいと信じていますね。

被告もそう信じています。

国民の疑問は、なぜ彼が弱者をそこまで憎むのかでした。

被告は国家の損失を憂慮したのです。私憤でなく正義感。だから総理大臣に意見書を渡すために、国会議長の元へ出向いたし。

確かにそれがあった

被告と国民は財源論で意見が一致し、財源論のロジックが日本人の心の闇なのです。

「税金を納めない人が多いと、国の出費をまかなえず、借金で日本は破綻する」。

国の借金1100兆円ね

働かず税金を納めない人を、被告は減らそうとしました。

1100兆円を減らそうと。

人材の価値がない人間を始末して、国費をコストカットして日本を上向かせようと。

義賊のつもり?

「障がい者の生活費をみんなで出してやるのも限度がある」の空気を読んで、現役世代を救おうと立ち上がりました。みんなの役に立ちたい。彼は国民から愛されたかった。

財政破綻を防ぎたいし、国の赤字を減らしてプライマリーバランスを黒字化したい。

「僕が財政を健全化させてやる」と一肌脱いで、必殺仕掛人になりました。

19人を刺殺した被告と、日本国民が向き合えない理由

被告の本心は、自分が攻められるのは不満で、本音はこうかも知れません。

「待って、皆さんは国のお荷物である障がい者を、ネットで訴えましたね」。

「働けない人間を食わせる負担に困っていましたね」。

「介護と養護で税金を使い切り、財政の危機だとマスコミも言いましたね」。

「政治家も国の赤字を減らそうと、支出削減に奔走しましたね」。

「子孫に1000兆円の借金を残し、一人800万円を皆で嘆きましたね」。

「経済評論家も、近く日本は借金で財政破綻すると断定しましたね」。

「それらを抜本解決しようと、僕はがんばりお荷物の軽減を行いました。なのに皆さんはてのひらを返して、僕を非難するのはなぜですか?」。

なぜなの?

「独立国には通貨発行権があるから、政府がお金不足で困りはしないよ」。

「将来返す借金なんて日本に最初からないし、子孫へのツケなんてあるわけない」。

「手がかかる仕事が発生すれば、そのつどお金を発行するのが現代だよ」。

「国の出費を削減すると、経済縮小して国全体が貧乏になるんだよ」。

「1000兆円を1300兆、1500兆と増やせば、日本経済は上向いて正常化するんだよ」。

「財政が破綻する危機は嘘、財政健全化の必要は嘘、全部嘘だったんだよ」。

「おまえさん一人、日本経済の嘘を真に受けて、だまされていたんだよ」。

「報道のあおりデマに、簡単に引っかかったバーカ」。

と、国民は言いたいところです。

でも言えない。

なぜ言えない?

被告と同じで、いまだに国民もだまされているから。

国民は被告を、180度逆から正面切って論破できません。両者の顔は向きが同じです。

事件全体も、裁判も、歯切れが悪い理由です。

判決文の「被告は障がい者に差別意識を持ち」が切り口の報道では理解不能です。流血の惨事は障がい者の軽視でなく、重大視だから。胸や首を刺して惨殺しているし。

軽くあしらった意地悪とは違いすぎて、話がぐちゃぐちゃにからまります。

「わからない事件だった」と、皆が首をかしげるのがその表れです。

日本国民の間違った知識の部分に真の動機があるから、分析し損ねるわけです。

モヤモヤは国民側にあるわけか?

国民のばくぜんとした本心がこれ。

「障がい者がいないと確かに税金が助かるが、さすがに殺害は犯罪だからだめ」。

ジレンマでとらえてる?

「障がい者は、いないに越したことはない」は、被告と一致します。

「障がい者が消えて欲しいのは、やまやまだ」と。

障がい者が国の借金1100兆円を増やす害だという認識で、被告と国民に共通認識のきずなができています。

傍聴席の人々もそこは同じ、裁判官も同じ。マスコミも同じ。

それどころか、障がい者の味方となって被告を非難する善良な人でさえ、「確かに障がい者は国民の負担だが、でも命は大切なんだ」の論法です。

「お金より人命が貴重だし、少人数だから金銭負担を大目に見て」と言う方向。

はれ物に触るみたいに

お金と人権の優先度で説得するこの論法は、根本的に間違いです。

そもそも、誰の負担でもないから。

障がい者を支える資金は、国民がかせいだ賃金ではなく、通貨の造幣なのです。

そこか?、そこが焦点か!

それで人権や倫理で障がい者を擁護しても、国民の心に響きません。

障がい者の人権をいくら聞かされても、経済の将来不安に全く答えていない

国民の隠れた反論はこうです。

「世の中きれいごとだけでは、国の財政は破綻すると思います」。

「差別するつもりはないけど、財源を使うだけなら区別します」。

「建前はともかく、本音では誰もが障がい者はじゃまでしょ」。

実はじゃまではない!?

それらの思いは財政の原理に逆らい、本当は障がい者が減ると経済が縮みます。

19人の生活費を政府が発行せずに済めば、その分GDPが小さくなり、経済は右肩下がりに落ちるメカニズムです。国民の思いとはあべこべです。

色々あった方がいいわけ?

政府には通貨発行権があり、円の枯渇はあり得ません。足りないと追加発行して使えば、景気が上がるだけのことです。他国は普通にやっています。

障がい者に手厚くお金を使えば使うほど、通貨を多く発行するから、日本の全国民がよりリッチになるのです。

内需が多い国ほど、経済大国になりやすい。

だから土建立国の頃は、お金に困らなかったわけか?

国の経費を節減したとたんに、転げ落ちるように貧困化したのはなぜか。

国の出費は、自国通貨の円を追加発行して、お金の総量を増やす方式だからです。

・ 現代国家の出費は、通貨発行でまかなう方式である
・ 高齢者や障がい者のコストは、円を追加発行して支払い行使する
・ 追加発行された円は、若者や健常者の手にも渡り、経済成長となる

しかしこの原理を国民は知らず、税金で国の財政をまかなう財源論を固く信じています。「健常者の税金で、障がい者のコストを負担してやる」式の間違った思いです。

その大前提が、全くの間違いです。

完全にあべこべ。

そういうことか

「殺せばまずいが、いなくなれば国のお金が助かる」と、国民は今も勘違いしています。コストカッター役の被告を完全否定できず、歯切れが悪いのです。

被告と国民は、財源論と日本財政破綻論を妄信する同士です。

日本の借金1100兆円を、返すと勘違いした同士。

お金は使えば減ると誤解し、優生思想を抱く同士。

それが事件に残された心の闇か

「心の闇」は「税金を財源だと思っている勘違い」です。

現代の「管理通貨制度」と「信用貨幣」を、福祉業界は理解すべきです。

記事→ 国税が財源なわけがない道理

記事→ 消費税は福祉の財源を偽る宿命だった

記事→ 国の借金1100兆円はある目的のデマだった

記事→ プライマリーバランス黒字化って何のこと?

相模原のやまゆり園19人刺殺の死刑判決以前に、多くが理解できずに狂人扱いしました。事件の闇である優生思想の根は、国の借金1100兆円です。
Photo: SichiRiによるPixabayからの画像