国会議員はタダでお金を発行する?打ち出の小づちはあった!

旧百円玉

打ち出の小づちを日本政府が振って、お金を出す手順

社長さんではなく、政府がお金を得る時も、やはり銀行が相手です。

その手順は?

まず国債を発行します。国会議員と財務省担当者が相談して。

誰かが買います。都市銀行や地方銀行が主です。外国政府も少し買います。

その購入代金が、政府に入ってきます。

そのお金で政府が民間から何か買い物をします。政府の財政出動です。

買い物の代金が国民に渡って、国民所得になります。

民間のお金の総額が増えて、GDPが上がります。

景気が上がります。

国債の正体は何?

国債は債券であり、一種の金融商品です。「国債」とは難しい単語ですね。音声で聞くと一瞬「国際」の方を浮かべたりします。

国債は皆さんも買え、必ず儲かるまれな例です。ノーリスク、スーパーローリターン。

政府の買い物って何?

国債を担保にしたお金で、カップ麺や靴下やオルゴールを買うのか。違うのです。

年金の半分を埋めたり以外には、土木系の建設が多いのです。ひとつは交通インフラの、道路や橋やトンネルなど。老朽化の交換や、地震への法律基準が変わった時の追加補強もあります。

地震や噴火や台風が多い日本なので、やむなく多額を払い続ける宿命で、多額を払うほど災害で亡くなる人が減ります。経費削減は、死亡者数と引き換える意味です。

貧困化との関係は?

国債発行が多いと裕福な国になり、少ないと貧困な国になります。

日本の貧困化は、国民が得るお金が減り、物を買わなくなる金回りの悪さです。解決法は、国債発行プラス財政出動が正解です。それ以外の方法は原理的に不可能です。財政出動で減税を併用するのが有効です。

幸いというか、災いというか、災害列島であることが、日本の国債発行を増やしています。その結果、GDPを押し上げて強国に仕立てています。災害防止がライフワークの職業が多くならざるを得ない、珍しい国が日本です。

確かにヨーロッパに津波は来ない

だから、土建政治を馬鹿にした頃の方が、暮らしが安定して未来も明るく感じたのではないですか。土建政治をやめて「コンクリートから人へ」を進めると貧困化して、暗い未来とケチケチした人生や、粗暴な国民性に変化していますよね。

全く何の不思議もなく、当然ですけどー。

国債の正体は、期日指定定期預金にそっくり

おもしろいのは、国債という債券の正体です。

国債を買う側にすれば、まるで定期預金の契約です。10年間預けると何カ月かごとに利息がもらえて元利合計が増えていく、期日指定定期預金とよく似ています。違いは、国債自体を市場で売買できる点など。

国債を買う常連客は主に日本国内の一般銀行です。つまり、都市銀行や地方銀行です。一般銀行という法人が、定期預金口座にお金を置いて政府に貸すかっこうです。

国債を買った側は得する?

政府は国債の販売代金として一般銀行の出資を受けます。それが介護や堤防建設などの国費にあてられます。

国債を買うたびに一般銀行の資産は減り、やせ細るかに思えますが、逆です。買うと必ず儲かります。

定期預金に10万円預けた人は、10万円を損したと思いますか。10万円を温存したと思いますよね。トントンどころか、利息分だけ得ですから。

国に奪われたのではなかった?

国債は償還(しょうかん)と呼び、後で返金されます。だから、買った一般銀行の資産はトータルで増えます。政府の保証人みたいになるだけで堅実にお金が入るから、売り出されたらぜひ買いたい。

そしてまた、日本の国債は利率が低い割には人気商品です。日本政府が世界一信用できる堅実さがあるからです。後で全額戻るし、利息をきっちり払ってくれるし。

利息の倍率である利率は、危ないやつがお金を借りるとぐんと高く、不死身なやつが借りるとぐんと低くなります。事故を起こしやすい車の方が、任意保険料が高くなるのと似た理屈です。

世界の目に、日本政府は不死身と映っているのです。

経済界で誤解される国債

ところで国債に関して、経済学者の多くはむごいほど、めちゃくちゃ勘違いしています。国民が所持するお金を、政府に又貸しした流用だと勘違いしているんです。

国債発行といえば、僕たち国民のお金を使い込むのをやめてくれーと日本人は思いますよね。これ、あまりにひどすぎる勘違いです。

具体的には?

ひとつは、国民が納めた税金で国債を用意して、国が使っているという勘違い。

もうひとつは、国民が預けた銀行預金をだまし取って、国の支出に回して穴埋めしているという勘違いです。

二つの勘違いが陰謀の書籍で力説されていて、国債を発行するたびに日本は貧乏になるという、現実と正反対の警告を唱える人がドバッと出てきたのです。

本当は全国の銀行が一枚かむようにして、円の金利を乱高下させない安全策なのに、それさえ気づかない人が多いのですよ。

利息で日本が倒れる陰謀論も聞くが?

中には、国債発行なしに政府自身が政府貨幣を直接発行すれば、買った一般銀行に利息を払わずに済んで節約になるなんて、救いがたいアイデアも出てきます。

利息も含めて国家がお金を発行して使うセオリーどおりだから、利息のお金がもったいないという不安は、お金の由来を最初から根本的に勘違いしています。

「国債発行にたずさわる職員の給与だけでも、もったいなくないか?」なんて声もありますが、その給与も国債発行で生んで出しているのです。

国民みんなが話に全然ついていけない?

宇宙のどこかに、日本国にお金を貸し出す宇宙人が別にいるみたいな勘違いです。

お金を借りるか盗む以外に浮かばず、発行元の日本政府が作り足すという概念が浮かばない思考の硬直が日本人に強いのです。

国民のお金を奪うズルではない?

あべこべです。国民に増やし与えるのです。

新しく造幣しています。国債発行したお金で政府が買い物すれば、日本全体はマネーの総量が増えてお金持ちになります。貧困と過労死と自殺、売春も児童虐待も減ります。

世になかったお金を、たった今新たに追加発行する打ち出の小づちですよ。

しかし国民は、あべこべに間違って解釈しています。自分たちが働いて納めた税金や銀行預金を奪われているのだと悩み、政府に出費削減を促している現状です。

「無駄を削減せよ」と。

その勘違いで日本は貧困化して、ついに原発も爆発しちゃいましたね。

日本人は、何と戦っているのですかね。

何と戦っているの?

ありもしない財源不足との戦いです。

政府がお金をいくらでも発行できると知らずに騒いだ、悲惨な戦いです。

日銀当座預金がわかれば、国債発行もわかりやすい

さて、政府が発行した国債を一般銀行が買えば、お金の流れはどうなるでしょう。

実は一般銀行も政府も、秘密口座を持っています。日本銀行の日銀当座預金です。国債の購入もその裏方でやりとりします。

それたまに聞く

日銀は一般銀行が顧客となる銀行です。三菱UFJや三井住友やみずほなどメガバンク(大型都市銀行)や、地方銀行も日銀当座預金口座を持ち、政府も口座を持っています。

一般人は日本銀行に口座を持てませんし、送金もできません。景品も配っていないし、コンビニにそのATMもないし。一般企業もまた、日銀に口座を持てません。

日銀当座預金は何をするもの?

日銀当座預金の役目のひとつは、銀行間の送金の調整です。A銀行の客がB銀行に送金すると、本当にB銀行にお金を送りつけるのではありません。

裏方ですよ。裏方の操作。

A銀行の日銀当座預金を減らして、B銀行の日銀当座預金を増やします。

ゲームのディーラーみたい

一般銀行間の差分調整を、日銀側でやるわけです。裏でちょこちょこと数字をいじって、あの銀行からこの銀行へ何円と、お金の移動を代理的に行っています。コンピューターソフトになっているでしょう。

国債発行と購入に際しても同じ。

A銀行の日銀当座預金を減らして、政府の日銀当座預金を増やします。

こうして政府は、A銀行からまとまったお金を借ります。政府はお金をもらったわけではありません。国債の代金は、後で政府からA銀行へ返すからです。

返す時のお金はどうするの?

いい質問です。

トンネル工事業者に払って、すでに使ってしまっていますよね。

また国債を発行するのです。

それじゃ自転車操業!

いい答です。世界各国の全部が、実は自転車操業なのです。

元来、経済とは自分の国内で、お金がぐるぐる回ることが基本ですね。デッドではなくライブ。日本もまた、自転車操業なのですよ。正常です。理想です。

止めずに回せば続く?

日本国内で出現させたお金で、日本の業者にトンネルを日本の山に掘らせて、日本人が毎日無料で通るという国内事業です。

国債の代金は銀行に戻るから、誰も何も失っていません。なのにトンネルが増えています。みなさんトンネルが増える資産ゲット分を、しっかり見落とすものですよ。

お金で物を買えた功績という、そこをコロッと忘れて、カッカしていますよね。

お金の喪失だけにひたすら執着する日本人?

政府のキーボード操作でこつぜんと出現させたお金は、この世に新たに生まれた「円」の追加分です。トータルでは、タダでトンネルを手に入れたも同然です。しかも大勢がご飯をいっぱい食べられる。おかわりもできる。おかずも多い。スイーツもある。

これが国内経済の基本プロセスです。

政府が国債を発行して得たお金で物やサービスを買い物すると、銀行は儲かり、企業や商店は儲かり、社員やアルバイトの所得も上がるのです。

そこにじゃまが入る?

都市伝説と偽書にだまされて、カッカしている国民がいるのです。

自分たちが働いたお金を、国に盗まれている被害妄想がネックなのです。

政府が使ったお金を、後で国民が賠償する関係妄想もネックなのです。

政府がお金を生む国債発行で、国民の何かが失われるとの素朴な勘違いが、平成以降の日本を不況にしました。お金を守ろうとして起きた貧困です。
Photo: 日本女子経済119番