国債の複雑な手続きはなぜ必要?:政府貨幣を直接発行したらだめ?

国債発行はまるで自動車のエンジン

国債を発行する、銀行が買い、日銀に戻す、めんどくさ

国が困窮者を助けるお金は、国債発行した新造貨幣です。

ところが国民は、そのお金は自分が払った税金だと勘違いしています。だから、困窮者を助けずに切り捨てて、出費を浮かせて欲しいと心の底で思っています。

新自由主義経済の、福祉敵視コンセプトと同じ論理です。

こうした勘違いをまねく大きい原因が「国債」です。こくさい。

国債発行が複雑なせいで、国民も議員も優生思想や差別主義を強めており、人間らしさを取り戻すことが難しい。このお話です。

まずは、何が異常かを知るグラフ

国債って複雑怪奇だよね

「日本政府は無駄づかいが多く、いつかお金が底をつく」。

「国の借金を返さないと、日本に未来はない」。

「子孫にツケを残す日本人は、クズ人間の集まりだ」。

聞き飽きた!

こうしたドタバタ狂騒をみて、革命児はこう考えました。

「国債という、複雑な手続きを廃止すればよくね?」。

「政府が直接お金を発行すれば、後で返さなくて済むだろ」。

「日本銀行は天下りの温床で、株主が誰かも公表しないし、廃止しろよ」。

政府貨幣に切り換えろと、元金融マンのプロの主張

銀行や証券に勤めた金融マンから転身したカリスマ論者たちは、同じ願望を持ちます。

「日本のお金を、政府貨幣に切り換えよう」。

「国債は廃止、日本銀行は廃止、一般銀行もつぶそう」。

仕組みをシンプルにするわけ?

目的はこうです。

「政府、日銀、市中銀行の三組織で、国債を回すカラクリが問題だ」。

「ややこしさを隠れみのにして国民をあざむく、闇の利権を断とう」。

ふむふむ

「国債で発生する金利は、チリも積もれば山の既得権だ」。

「国債をやめて、政府が直接発行する政府貨幣に変えれば、金利負担はなくなる」。

「日本銀行の介在も省けば、不景気は終わり、国民を豊かにできるのだ」。

「政府貨幣に切り替える革命が必要だ」。

その主張を動画で見たことある

主張の支えは時代錯誤な、実物貨幣論、商品貨幣論、金本位制です。

現代の信用貨幣論と、管理通貨制度について行けない姿です。

具体的に?

政府が一億円のお金を生むには、一億円を負担する宗教なのです。

実際には無料です。

宗教家の革命児の願いはこれです。

政府がお金を借りる現行方式をやめて、政府が直接発行する方式に改革したい

借りて返す時の金利負担にお金を吸われたから、社会が貧困化したとの論法です。

それの何がおかしい?

政府は今だって、お金を借りてなんかいません。

明治時代から一貫して、円は政府貨幣なのです。

彼らは、政府が借金して使い回していると信じています。「税金で国の支出をまかなう」と同じ間違いで、つまりは財源論です。

記事→ 財源論とは

お金の「発行」という単語がネックか?

「お金を発行する」という言葉は「お金を借りる」ことを指しません。

「通貨の発行」とは、貨幣を借りて調達する意味の日本語ではない

政府が円を借りてきて出すなら、貸す者はなぜ円を持っているのか。政府が生む前に先に円を持っている、その円は何なのか。

著作発行権を政府が持つ円を、政府が発行する時に、政府は誰に代金を払うのでしょう。誰に頭を下げ、誰の尻の下に敷かれる?。誰の支配を受ける?。

『自国通貨』をよそからレンタルする政府って、頭が変です。気が狂っています。

日本政府に日本円を貸す者など、この世にいませんから。

ごめん、まだ理解できない(泣)

鈴木さんが名刺を千枚発行する時、他人から鈴木名刺を借りて、後で返しますか?。

名刺のことはわからないし

音楽を作曲する人の背後に、別の作曲者がいる前提になっています。

『現代のベートーベン』のスキャンダルみたいに。

国債の発行は、お金の量を激変させないアイデア

お金の話が井戸端会議から国会審議まで、素人のたわごとにとどまる原因は、マネタリーベースとマネーストックの混線です。

東大を出た国会議員たちも、お金の仕組みを全く理解できずにいます。

お金にも色々あるわけ?

円やドルやユーロがある話ではなく、機能のカテゴリーが複数あります。

カテゴリーは主に二つ。

マネタリーベース = 日銀当座預金にある裏方の準備金や、紙幣など
マネーストック  = 銀行預金の数字が中心になる、国民が持つ資産

この二つと、日銀当座預金の語が出ない話は間違っているから、相手にしても無駄です。

お金を発行する手順を、もいっぺん

日本政府は国庫短期証券を発行し、この時点で打ち出の小づちは振られました。

国庫短期証券の応札銀行がすぐ決まるか、日銀の臨時引き受けで、日銀側で日銀当座預金の政府預金に、マネタリーベースをデジタルで増やします。

このボタン操作で、お金の発行は終わっています。

それでしまい?

これだけで、13兆円の特別定額給付金は、政府口座に用意されました。

政府はこのマネタリーベースの日銀当座預金を使って、国費を払えます。

しかし日銀サイトに記されるとおり、これは「国民のお金」とは違います。

お金は用意されても、くすぶっている。貨幣ではあれど、通貨未満として待機している。それがマネタリーベースの日銀当座預金です。

国債がまだ話に登場してないけど?

金利の問題があります。金融出身者が大好きな、金利という概念です。

日銀当座預金にあるマネタリーベースは、政府口座に加えた分だけ合計が増えています。すると銀行金利が下がります。自動でなく手動で下げますが。

お金が大きく増えると、金利が変動します。

その解決が先なのか?

日銀当座預金の政府口座が増えた分だけ、別の口座を減らしてやればよいわけです。

わかりますか。この理屈。

どれか銀行の日銀当座預金を、同額だけ減らせばよい。凍結して使えなくする。

凍結中に持たせる、何か引換券を用意するのです。

あっ、その引換券が国債か?

国債と呼ぶ証券は、お金を生んだ後で、追って発行されます。

でも最初に国庫何とかの証券を、すでに出していたが?

だから、打ち出の小づちは二度振るのです。

一度目は、「お金の素」を政府口座に増やすために、国庫短期証券を発行します。

二度目は、日銀当座預金の金利を変動させないために、国債を発行します。

ややこしくても、最短距離か?

元金融マンは、政府がお金を借りるのをやめて、自ら発行すべきだと提案しています。

そんなことは、昔も今もやっています。政府は今でさえ、誰からもお金を借りません。

政府貨幣に切り替える主張は、政府がお金を借りていると勘違いしているだけ

政府の自己資金なのに借りたふりをする理由は、お金の量が変わると金利が変わるから、ライブなお金を証書と引き換えて、デッドに寝かせておく補整処理なのです。

・ 現代の通貨は、すでに政府貨幣であり、借入金でなく自己資金である
・ 打ち出の小づちの正体は、政府財務省が発行する国庫短期証券である
・ 合計増が招く金利変動を防ぐために、日銀当座預金の一部を凍結する
・ 凍結した銀行に国債を渡して、銀行の日銀当座預金を期限まで預かる
・ 日銀当座預金を預かる作業を、素人が「国の借金」と騒ぎ続けてきた
元金融マンは木を見て森を見てない?

お金の発行は、自動車のエンジンと似ています。揮発油を燃やすだけ。しかし補助装置がごちゃごちゃで複雑です。

ディストリビューターや進角装置、冷却循環やサーモスタットや、発電機やリミッター、省エネの燃料カット機構やら、排気ガス吸収触媒とか。ホースや配線だらけ。

目に飛び込むのはキャブレターのエアクリーナーケースで、キャブレターに加速ポンプと呼ぶ別系統の燃料噴射装置も。

使う液は、燃焼と冷却に大別されます。それを分けて考えないから、燃料50リットルと水6リットルを混ぜて、56リットルを燃焼させるヨタ話になるわけ。

特別定額給付金や、持続化給付金も二段階だった?

国民は2020年5月や6月に10万円、法人事業者は200万円以下を受け取りました。大阪市は公務員を減らしすぎて、7月以降でしたが。

10万や200万のための国債発行は、7月でした。国債の入札の前に、お金は皆さんに届いていました。国庫短期証券が生んだお金です。

でも銀行から借りたふりであれ、人々の銀行預金では?

ほらほら、ほらほら、ほらほら、また木に竹をついだ話ですね。

市中銀行が日銀に置く日銀当座預金は、マネタリーベースです。国民の手にない。

一方、個人が市中銀行に置く銀行預金は、マネーストックです。国民の手にある。

エンジンの水と油。絶対に混ぜない。

あれ、やっぱりややこしい!

話を進めます。貧困の解決コースは二つあります。

・ 政府がマネタリーベースを担保に買い物し、相手業者経由で国民に渡す
・ 会社社長が市中銀行から融資を受ければ、国民のマネーストックへ渡る

ところがデフレ不況だと、政府のばらまきだけが有効で、社長の投資は無効です。

なぜなら、国民が商品を買わないデフレだと、社長は増産どころか減産し、投資をやめるからです。むしろ社長は破産して、夜逃げや自殺する時間帯です。

デフレ不況の日本を正常化するには、積極財政と消費税廃止以外に不可能です。

現に「失われた30年」です。無視してもだめ。

銀行をなくせない理由もそれか?

街の銀行は、政府がお金を生む輪の中にいます。通貨発行のパートナーです。銀行業は、昔から全く誤解された業界でした。社員の半分さえ、通貨の意味を誤解していて。

外部→ マネー・クリエイションの解説ペーパーを読むのが先決(PDF)

『現代のお金づくり』と、はっきり書いてあります。又貸しする話ではなく。

政府の通貨発行は、国債よりも前に発行する国庫短期証券です。追って発行する国債は、日銀当座預金の合計額を激変させずに金利を保つ後処理です。
Photo: by Tim Mossholder on Unsplash