現金給付が日本で決断できない謎=他の先進国はなぜお金を配れる?

日本製超望遠レンズ

現金給付へ話が進まない日本は、いったいどうしたの?

アメリカ政府は、新型コロナの経済対策費を、2兆2千億ドル出す命令を出しています。本日のレートなら242兆円です。ここに国民への現金給付も含みます。

人口がアメリカの2.6分の1の日本は、93兆円を国債発行で出してよいはずです。しかし最初はゼロを宣言しました。一切お金は出さないと。

今は10兆円ほどを言い出しました。

すくねー

日本では、なぜこれほどお金を出さないのでしょうか。

しかも途中で、和牛商品券、お魚券、旅行クーポン券、寿司券などが出てきて。

新型コロナで収入が消えた人たちを、なぜ救済しないで放置するのか。

それそれ

とは言っても、理由におよそ見当がついている方もいるでしょう。

日本は好景気とのふれ込みは嘘で、不景気でお金がないと国民は思っています。「国自体が金欠病だから、出すお金が足りないんでしょ」との認識が多いことでしょう。

ばくぜんとね

あるいは給付金などを国民がもらえば、穴埋め用に後でドーンと税金で持って行かれて、苦労するからいらないという、あきらめ方もあるでしょう。

お金がいらないのでなく、うっかりもらえば後のツケが怖いぞと。

そんなことが過去にあった?

あるわけなくて、国の金欠も、穴埋め増税も、そんな道理がありません。

過去を知らない若い人ほど引っかかって、妄想が広がりますね。

アメリカが出す経済対策費は、ドルの新発行なのだから

アメリカが242兆円も用意するのは、新たに発行するドルです。

米国債を発行して、ドルを新発行します。

お金を新たに発行します。

新たに。

古銭を集めるんじゃなくて?

連邦準備銀行(FRB)が、ドルを生む役です。俗に「ドルを刷る」組織です。

そこからドルをデジタル発行します。次に一般銀行から国民に配るだけです。印刷用紙や現金輸送車に出番はありません。

余談ですが、アメリカの高速道路が無料なのも、自動車税がなかったりするのも、ドルを発行して道路メンテ会社に払っているだけの話です。

遠乗りドライブしてもタダ?

そうすることで、国民全員が合衆国という国から、毎月毎月まとまった給付金をもらっているかたちになります。国民のサイフから減るお金に、道路使用料はないのです。

高速をタダで使えちゃう。このやり方を、俗に「ばらまき」と呼んでいます。

ばらまきが充実した国を、先進国と呼んでいます。

先進国ほど、意外に社会主義的なのですね。

北欧国がそうであるように。

日本がアメリカのようにできないのはなぜか

日本だけで特に目立つ、拝金主義が根底にあるからです。

どういう主義?

お金のブツ自体に値打ちがあるという信仰です。

値打ちがあるから、手放すと消滅する不安が強くなります。「カードとして切る」という発想が後退して、「宝物として大事に仕舞う」感覚が強まります。つかんで放さない。

この概念を実物貨幣論商品貨幣論とも呼びます。金本位制という経済用語もそう。

お金の物体そのものに、特別な値打ちが宿っているという思いです。お金を財宝と考え、宝石類や書画骨董の作品みたいに愛でる傾向です。

ほとんど宗教といえます。

それでお金を使うのをためらう?

実物貨幣論は財源論と混じっています。宝物は一定量しかない限定品として惜しみます。だから国債発行して93兆円のお金を新造すると、日本人は次のように考えるのです。

「93兆円は、僕らが払った税金の中から出した」。

「93兆円は誰かから借金して、子孫がツケを背負わされた」。

「93兆円は、僕らの銀行預金がこっそり引き出された」。

どうみても陰謀論!

日本人だけが、独特の陰謀説を信じています。お金がもったいなくて、もったいなくて、人の命よりも大切になっているのです。

それで年金暮らしの高齢者に白い眼を向けたり、税金を払わない障がい者を殺したりする発想へ発展しやすいのです。実行はしなくても、ネットではボヤキが非常に多いですね。みんなは弱者が憎いというより、コストカットしたい対象として見ています。

そういう国民分断だったのか?

誰かが訴訟で国に勝つと、大勢が不機嫌になります。国からお金が出て行った分だけ国の残金が減り、自分が払った税金がそいつに転がり込んだと勘違いしているのです。

ある業界に補助金が与えられると、自分に補助はいらない代わりに、他人も補助するなと怒りがわくのも、財源を守るために足を引っ張る反応です。

共食いの行動です。

なら日本人はアメリカをどうみている?

「アメリカ人は能力が高いから、産業全体で大儲けしたお金を蓄積している」と日本人は間違って認識していることでしょう。

貯金箱にため込んであった、在庫のお金を出すのだとてっきり思っていて。

「持ち金」の持ち出しだと誤解しています。備蓄金を放出するのだという誤解。

「さすが、アメリカには金があるなあ」と、「有り金」だと日本人は勘違いしています。

現実はそうじゃない?

今からお金を発生させるのです。さっきまでは、なかったお金を。

中央銀行がキーボードのボタンを押して。

備蓄金の取り崩しではなく、午後にでもマシンを操作してドルを新発行します。

アメリカが普段から裕福なのは、普段からこの方法で何かと多く発行しているからです。発行額と裕福度はだいたい比例します。

同じことをインドもできる?

アメリカにくらべてインドは、人口は4.1倍ですが、GDPは7.5分の1です。いわば国力の効率が30倍もアメリカが上です。

30倍の違いは何?

アメリカの方が、はるかに無駄が多いからです。

国の無駄がどう関係する?

100万円持ってインドへ行くよりも、アメリカへ行く方が、物やサービスがはるかに多く並んでいますよね。アメリカは遊ぶところだらけ。飲んで食べて、歌って踊って。

アメリカには、生きていくために必要のない無駄なものがやたら多いのです。だからドルを山のように発行しても、使い道が用意されています。

貨幣がだぶつかない?

お金を発行するだけなら、どの国でも無限にできます。しかし商品がないのにお金だけを増やしても、お金は紙くずと化しますね。お金を消化できないから。

お金が紙くずになる超インフレが起きる限界が、アメリカはとても高いのです。

物を買っても買っても、まだまだ商品があるという生産力の巨大さのせいで、大量のドルを国内にばらまいても紙くず化が起きません。

商品の量がお金を増やせる限界?

商品がなくならない生産大国アメリカでは、中央銀行がドルを新発行して何かをひんぱんに買い物できます。道路へも、インターネット関連へも、多額を出資できます。

それに対してインドでは、みんなが自国通貨ルピーを多く持てば商品が売り切れて、お金が紙くずになるから、常に少なくしか発行できません。国民を裕福にできないのです。

途上国だからか

途上国は、生産設備が少ないから企業の儲けが少ない。これがひとつあります。

もうひとつあり、同じ理由で政府がお金を発行するペースを上げられないのです。

それで中国は?

国内に生産設備をそろえて、第二のアメリカに格上げされました。中国共産党は自国通貨の人民元を大量に発行してばらまき、このうれしい助けで大卒初任給は平均55万円と、アメリカに並びました。

生産力を得た国は、キーボードでお金を多く出力できて、経済大国になれます。

働いたお金でお金持ちになるのではなく、貨幣プリンターでなるのが国の正攻法です。

日本はインドに似ているのか?

日本はアメリカに似ているのです。ああやっても、こうやっても、円の紙くず化がまず起きない極端な国が日本です。生産力がめちゃめちゃあるから。

たとえば一眼レフカメラの400ミリF2.8望遠レンズは、アメリカは作れませんが、日本は何社かが作れます。非球面レンズや、異常低分散ガラスを使ったハンドメイドです。

日本製は150万円ですが、他国が何とか作っても2千万円などになるでしょう。

日本人形も日本だけだし

ところが日本国民は、お金の仕組みを誤解しています。

「国がお金を使うということは、僕たちが働いてかせいだお金を国が盗み取って、偉そうに使ってみせている偽善行為だ」と、国をいちいち恨むのです。

悪者扱いされた国会議員たちは、こそこそ隠れて貨幣プリンターで円を発行して、国民が死なないよう図らっていますが、市民グループが発見して糾弾します。

「この議員は、国の無駄づかいをまた始めた」。

「お金を使う議員は、次の選挙で落とせ」。

あちゃー

日本だけお金の価値観がカルト化していて、だから日本ではお金の発行が急減し、国民の手元にお金が回りません。物やサービスが余って、貨幣価値が上がったデフレ不況です。

あげくに、児童や女性の貧困化です。オレオレ詐欺や少女売春に、国民も納得していて。

放置しているのは、国ぐるみ宗教化している証拠です。

最大の焦点は?

猛毒のサリンよりも大勢を殺せる、カルトの教えはこうです。

「税金で国の運営をまかなう」。

この嘘。

本当の正解は?

貨幣発行で国の運営をまかなう。

でもカルトの嘘の方が、まだまだ強い。貧困化をやめようとしません。

だからコロナウイルス対策もドケチ?

コロナ対策で93兆円の国債を発行すれば、市民団体から叩かれます。日本の財政を破綻させる国会議員を追放せよと。激しく思い込めば、そうにしかみえなくなるものです。

市民団体もまた、通貨発行権という概念さえ知りません。

お金を故意には増やせない勘違いで妄想して、政治行政を批判しています。

アメリカの模倣をそこだけできないのは、日本国民がお金を誤解しているからです。

新型コロナの危機で日本だけが国民への現金支給を渋るのは、国民が財源論を信じているから。お金を出せば国が倒れると、勘違いしているせいです。
Photo: Ferenc SzabóによるPixabayからの画像