宇宙開発は税金の無駄づかいか:小惑星探査機とアポロ月面着陸

宇宙ロケット発射

宇宙開発の高いコストは、実は国民の税金を使わない

宇宙開発のニュースは明るい話題です。

日本では、種子島からやや太平洋寄りにロケットを打ち上げます。ロケットも領空侵犯する恐れがあるからです。国際宇宙ステーションへの物資運搬、気象衛星や通信衛星、小惑星探査機はやぶさシリーズも宇宙開発です。

ところが日本では、宇宙開発の反対派が意外にいるのです。天を侵す不安もあるのでしょうが、最大の理由は税金の無駄づかいです。

「そんなお金があるなら、宇宙なんかに使わずに、貧困対策に使ってください」。

言うと思った

出ましたねえ。財源論というやつです。総量一定のお金を、各分野が奪い合うという思想信条です。お金をこっちに回せという共食いですね。

難しい話のような

簡単すぎて、あくびが出ます。

答を先に言うと、宇宙開発を進めるほど、貧困が薄まって裕福になります。

そもそも、お金は国民の一存で増やせるのです。他国は増やしているし、実は日本も増やしているのです。

日本もちゃんとやっていた?

日本は増やし方を故意に縮小して、取り合いに終始したから貧困化しました。

そもそも、お金がないことを貧困と呼びませんか?。

宇宙開発費用はどうやってつくる?

宇宙開発は、集めた税金で行うのではありません。

政府が国債発行して、中央銀行から発行した新造貨幣を投じて行うのです。

お金を使う時には、奪ってこないで増やすのです。通貨発行権と呼びます。

なら税金は何のために集める?

貨幣の価値がぶれすぎない、インフレ対策とデフレ対策です。

買い物ブームで商品が不足し、貨幣が余った状態をインフレと呼びます。過度なインフレだと貨幣価値が下がりすぎるから、増税して貨幣を減らします。

逆に商品が余って、貨幣が不足するとデフレと呼びます。減税して貨幣を増やします。

こうして適正インフレを維持すれば、貨幣の価値があまり上下せず安定します。

宇宙開発の必要性は、人類の絶滅を防ぐための地球脱出

ここで経済の話から大きく外れて、宇宙へ行く責務を考えてみます。

宇宙開発は、国威高揚以前に人類の誰かがやらないといけません。簡単に言えば人類の絶滅を遅らせるために、地球脱出が念頭にあるのです。

太陽は約50億年で使えなくなり、地球は滅びます。太陽が晩年にふくらんで赤色巨星となり、地球の位置を超えるほど半径が大きくなり、地球は太陽に落ちて溶けます。

というのは冗談で、その時の太陽は質量が減って、万有引力低下で地球は太陽から離れてしまいます。ただし、灼熱地獄で生物はいなくなっています。

50億年ならのんびりできそうですが、それより早く太陽の恒星成長過程で、地球に寒冷化と温暖化が起きます。最も近い未来に迫る危機は、地球の間氷期終了です。

それ聞いたことある

今の地球は氷河期と知られ、その途中の寒のゆるみが間氷期です。間氷期のスタートは、人類文明のスタートにだいたい一致します。令和の今も間氷期なのです。

世界の文明をさかのぼると、1万数千年前あたりより昔は、人類の痕跡が激減します。痕跡が増える境目が、氷づけマンモスの頃に前後し、間氷期のスタートと推定されます。

間氷期が終われば、一応人類は死滅します。温暖化と違い、寒冷化は植物や野菜も生育しないから、草食系の家畜も全滅します。草が茂る温暖化と違い、死の世界です。

人類だけでなく地球が終わる?

そこで宇宙へ出る計画があります。技術がない国民は絶滅します。SF映画ならロケット乗っ取りや、スパイがハイジャックするバイオレンスアクションになりそうで。

その時に、若い男女が結ばれたり、倦怠期の中年夫婦がよりを戻したりするわけですが、たぶんその前に世界大戦が起きるでしょう。

日本は何ができる?

日本初の人工衛星は1970年で、以後かなりの数のロケットを打ち上げています。軽い人工衛星は重さ30キロ、最大は輸送コンテナのこうのとりの16トン以上。

外国の人工衛星打ち上げも受注していますが、人を輸送する技術はまだないのです。宇宙開発費を激増させる必要があるのです。

アメリカのアポロ計画が、ソ連のルナ計画に勝った理由

過去の宇宙開発のお金も、打ち出の小づちで新造しました。マネー・クリエイションして現行貨幣、マネーストックに加えることになります。

だからロケットを打ち上げても、誰のふところも痛まないのです。ロケットを打ち上げるたびに、貨幣を新発行した額だけ、国民側がつかむ額が増えるからです。

宇宙開発が盛んになると、いつもどおりラーメン店に通勤する人も裕福になります。

それ絶対に理解の壁になる

お金を使う政府が、自らお金を生むなんて、すっごく違和感があるでしょう。

親が肩叩き券を作って子どもに渡し、親の肩を叩いてもらう場合を考えます。

それが可能になる条件はあるのか?

子どもに肩を叩く力が必要です。券と引き換えて渡す商品です。

子どもの商品供給能力が高いほど、親が券を多発できることが焦点です。

商品供給力がキモ?

子どもに体力があると、朝昼晩でも肩をたたけます。供給能力があるほど、券を多く増やしても消化できるのです。すると券が多めでもだぶつきません。

宇宙開発も同じで、自国に材料と技術と、精度よく量産できる工場があれば、貨幣を多く発行できます。こうして内製化で、ロケットが実質無料で手に入るわけです。

国内だけで売買を完結させるわけか

貨幣を発行する前提条件として、国内に必要な商品開発力は2種類あります。

ひとつは政府から発注を受けたメーカーが、ロケットエンジンを作る力です。

もうひとつは、ロケット代を直接や間接に得た国民が買い物する商品、家具や楽器や望遠鏡やバイクや高級料理を、各メーカーが作る力です。

ルナとアポロの差もそこにあった?

ソ連のルナ計画に遅れたアメリカのレインジャー計画とアポロ計画が、なぜ人類月面着陸の競争に勝ったか。アメリカ国内にはお金の使い道があったからです。

つまり、アメリカの方が金券を多く出せました。

「アメリカの方が金持ちだったから」はあいまいな言い方です。ソ連も自国通貨ルーブルを大量に刷って、アメリカより多額のお金を持つのは可能でした。でも売る側の商品生産力が追いつかないと、お金は紙くずになります。

だからお金をアメリカほどは刷れず、資金不足に泣きました。宇宙関連技術自体は、ソ連の方がかなり進んでいたのに。

ソ連のお金不足は、自国製の家具や楽器や望遠鏡やバイクや高級料理がないせいです。

統制した社会主義国よりも、退廃した民主主義国に財力がある道理がこれです。

現ナマの資金力とは別の話なの?

所持金の大小ではなく、これから新たに刷れるお金の大小が勝負なのです。

アメリカ国民はアポロ計画のために、重税で貧困化などしておらず、正反対に裕福になっています。

何でも製造できる生産力を支えに銀行がマネー・クリエイションしたから、宇宙へ行けば行くほど地上の人々は所得が上がりました。

日本人の感覚と完全に正反対だ

お金持ち国とは、お金が多い国ではなくて、工場や研究所が充実した国です。

商品を多く作れる国です。アメリカがそれ。

日本は世界2位でしたが、平成に中国にくだされ3位に落ちて、4位ドイツにも差を縮められています。お金を刷り足すことを罪悪視する、宗教的な勘違いが日本の敗因です。

ケネディー大統領は知識があった?

宇宙開発費は民間をぐるぐる回り、アメリカ全土をリッチにしました。たとえば車です。

1970年前後のいわゆるアメ車は、豪華で美しいスタイルを誇り、モータリゼーションの黄金時代として今も動画サイトの花形です。ソ連に同等の商品はありません。

結局アメリカ国民は何を負担したの?

宇宙開発の資金をつくるために、アメリカ国民はたくさん負担しました。

「高所得で裕福になれた、その引き換えに色々な物を買う」という、行動の負担でした。買い物を楽しむ負担を強いられたのです。

大きな家に住み、家に美術を飾り、大きな車に乗り、たくさん食べて運動し、スポーツ観戦して、映画やミュージカルを観て、コンサートに行く負担です。

ジェット機で国内旅行して、国立公園や博物館を見学して、国内のリゾート地を次々と回って、高級ホテルに宿泊する負担です。

国民にぜいたくさせたらお金が増えるわけか?

宇宙開発費は、政府が発行したお金です。それで民間企業から物を買います。民間企業の従業員は儲かって、そこからお金が国民に広く回ります。町のレストラン従業員さえが高給になり、みんながお金持ちになります。

そのお金が余ると価値が下がるから、与えた多額のお金を惜しまずに皆でどんどん使い、売り物をどんどん作れという、国民に課せられたノルマです。

「飲んで食べて、歌って踊って、何でも買って体験して、エンジョイしろ」と。

「お金を使ってエンジョイしないケチ野郎は、国外追放だ」と。

日本への当てつけかよ

日本人もアメリカの各界のソサイエティーに迎えられると、節約して貯蓄する貧乏暮らしを禁じられたものです。「大きい家に住め」「車は大きいのを買え」と。

「お金は多くやる、だから回りの人を真似て、多く使うように」と。実話です。

宇宙開発にお金を使うと、国内のお金は減らずに逆に増えます。しかし総量一定のお金を分け合う勘違い哲学が現れ、アポロの勢いは後退しました。
Photo: by SpaceX on Unsplash