自動車税が高すぎる日本:高さではなくて取る理由がずっこけ

自動車税は財源論

自動車税が高すぎる問題を、正しく分析した論は皆無

自動車税が高すぎる問題を、国民は誤解しています。

自動車税の問題は、実はひとつだけあります。

徴収している間違いです。

高すぎることだと思っていた!

日本は自動車王国です。メーカー数も多いし。このシチュエーションでは、車が国内で多く売れるほど国の経済は調子づきます。

ところが車に重い税金をかけて、わざわざ売れ行きを落としています。車の購入をやめる理由は車両価格や駐車場代よりも、かさむ税金が負担な人も多いのだし。

自動車王国から脱落しやすくした、奇妙な設定です。

それは確かによく聞く

国産車メーカーは、国内の売れ行きが小さいから、輸出でがんばっています。しかしもし国内で多く売れたら、開発費を国内で調達できて、先進技術リーダーにもなれます。

たくさん売りたいし国の威信もかかった製品に、特別な税金を高率でかけるのはなぜか。売れ行き不振に向かわせておいて、不振を嘆くのは何なのか。

やはりあれ?

財源論の思想で動いている疑いです。税金を国の支出金とする勘違いです。

車は財源論の総本山?

日本のデフレ不況と貧困化や少子化急進は、ユダヤ系金融コンツェルンや世界共産主義者の陰謀でないことがわかります。

日本人が綿密に打ち合わせて、経済を悪化させる工夫をこらした実態が、自動車の税金でよくわかります。

自動車税が変に高すぎる理由は、意外にわかりにくい

『007ダイアモンドは永遠に』というイギリス映画は、アメリカを舞台にしました。だからボンドカーは「マスタング・マッハワン」という、2ドアクーペ車でした。

左右のうち片方の2輪だけで走行する、スタントシーンが世界初らしく。

当時6600ccのV8エンジンで、日本にも輸入されました。そしてその自動車税は当時、年間14万8500円だったそうです(日本語版Wikipediaより)。

ぜいたく税の物品税に準じたと思われます。親子どんぶりが140円くらいの頃ですかね。

今も高いの?

今なら、6600ccの自動車税は年に11万円です。まだ変に高いですね。

高額にした意図は、国税の4つの機能のうち「貧富の格差の縮小」「悪行のけん制」の2つが主と考えられます。「車はぜいたくで危険な国民の敵」式の昔の庶民感情でしょう。

記事→ 国税の機能

税の高さはどうにかならない?

日本の自動車関連の税金は、少しずつ下げれば済む話ではありません。

自動車取得税やガソリン税に、さらに消費税がかかる「二重課税」も些末です。

本当の焦点は?

財源論の思想が問題です。税金は財源ではないのに、財源だと勘違いしています。

年に一度の自動車税は「一般財源」の扱いであり、車検ごとの重量税は「道路特定財源」と区分が違います。

しかし見てください。「財源」の語が、まんま使われているではありませんか。

マジで財源て書いてある!

もろに財源論ですよ。隠れた思想どころでなく、堂々と言っちゃってますね。

税金を資産と見立てる、ひっくり返った財政ミスです。

自動車税は目的税として、財源論の勘違いが支えてきた

財源論とは、税金で国をまかなう壮大な勘違いで、総量一定のお金を皆で分け合い、不足すると奪い合う仕組みです。この共食いの思想で自動車の税制が考えられています。

自動車税収が減ると、保育所の月謝を値上げして補い、沖縄の首里城再建への補助金を削減したり、バイオ技術を中国に売り払って資金づくりするのが、財源論です。

「あちら立てれば、こちらは立たず」と、国家財政を家計簿で考える勘違いです。

それ危ない話?

財源論の思想で国を運営すると、慢性的に貧困化します。

すごく大きい話では?

昔から日本人「働きバチ説」がありました。国民に金銭のゆとりがない国でした。

国にはお金があるのに国民は貧しいのが、戦後の日本の特徴でした。

それだよ

フランス人やドイツ人やアメリカ人より働きすぎと言われ続け、長時間就業と残業で過労死する日本人は、なぜ貧困か。これは、バブルの裕福な時代にも言われ続けました。

「日本の家はウサギ小屋」から「ニワトリ小屋」に言い換えられた頃の話です。

日本側は逆切れして

日本の生活に余裕がない理由を、日本人は理解できずじまいです。

内部からは「日本人の働き方は非効率」と、仕事ぶり批判が出ました。この指摘は間違いです。間違う理由は、今の日本が貧しい理由と同一です。

じゃ正解は何?

簡単な話で、国民の所得と手取りの落差が大きすぎます。

んっ、んっ、どういうこと?

まず収入金額がありますね。年収ってやつ。

そこから必要経費を引けば、所得額が出ます。

さらに控除を引けば、課税される所得金額が出ます。

そこに所得税がかかって払った残りが、いわゆる手取り金額になります。

それがどうしたの?

日本人はその手取り金額を、車を買う時にフルには使えないのです。

自動車関連の税金を払う分目減りして、ワンランク下の貧乏人へ落ちるわけです。

手取りが手取りではなく、そこからさらにまた、賃金を減らされていくわけです。

買い物した時に貧困化するわけ?

最終的な所得からさらにさらに、消えていく税金が大きいから、国民は多くの時間をタダ働きして生きている理屈です。

行きすぎた徴税だから、庶民の暮らしは欧米より貧弱になる計算です。

つまり、政府が税を無意味に回収しすぎています。

しかし財源が足りな、あっそれが嘘か?

通貨発行権があり、貨幣プリンターで金券を発行し放題の独立国が、年貢米のように徴税するのは狂気の沙汰です。

本来の国税は、国民に渡った貨幣がだぶつかないよう回収する、無駄金の間引きです。

そんな隠れた効果もあるとかじゃなくて、間引きしないと自国通貨が機能不全を起こすと昔の人が気づき、貨幣価値の安定のために国税が発明されました。

そもそも国の資産づくりは、税金ではなく国債で行うのに。

それを知らずに日本は暴走中?

日本では車を買うお金まで回収して、買えないように仕向けてきました。その結果、売れ残った車をカーディーラーが自社登録する慣習のアホらしさ。

貨幣不足で買えなくして、車が売れない悩みなんて、頭だいじょぶですかー。

それで日本人は遊ぶ金がない?

他国と年間所得が同じでも、自動車を買うと日本だけ隠れ出費で貧困化します。

自動車以外に家具や天体望遠鏡も買いたくても、家具代や望遠鏡代が自動車の税金で消えてしまいます。すると家具業界や、望遠鏡業界が売れなくなり、伸びませんね。

音楽コンサートも、3万人集まってよい大物スターなのに8千人しか集まりません。車の各種税金で取られ、レジャーに当てる余裕が欧米より小さいからです。

買う自動車も、安めの下位モデルになりがちです。

なぜ税をとりすぎるのか?

財源論の間違った思想です。この思想の延長が、日本財政破綻論です。

母が母乳を乳児に飲ませると、母の体から失われたミルクが、乳児が将来返せないほどの総重量となるから、いずれ家族が破綻する予測が日本財政破綻論です。

危険回避で「母は乳児に飲ませるミルクを減らせ」「できればゼロで」が日本財政破綻論です。乳児は発育不良になるのに、信じ込む日本人は1000人中993人です。

税金を財源と考えたら馬鹿?

政府は昔から貨幣プリンターの意味を誤解して、財源論で税制を設計してきました。この無意味に巨大な徴税が、世界にくらべて暮らしが粗末に落ちる理由でした。

国力にくらべて貧困なのは、税金をいくら取るかの基準が間違っているからです。

そして平成時代の貧困化や少子化は、この重税が招いたデフレが理由だったのです。それ以外に、何か別の理由があるわけではないのですよ。

他に色々な理由があると、勘違いしたエリート論者が多いですけどね。日本人はシャイな性格だからとか、起業精神がないとか、英語がへただとか、そんなわけネーから。

なぜ今も税金の理解者がごく少数なのか?

戦後は西側諸国がインフレ好況だったからです。日本政府はひそかにIMFからドル借金して財政出動して、その経済成長で満足できていました。高度成長もそうです。

しかし日本はバブルがはじけて、事後処理を誤りデフレ不況になりました。一戸建て家族が軽自動車に買い替えるケースが激増しています。

日本だけが300年前の感覚で重税をかけています。貨幣の正体も知らずに、税金は国の貴重な資金だと勘違いして、国民からできるだけ多額を取っている暴走です。

そもそも国の資産づくりは、税金ではなく国債で行うのに。

無意味な重税で一国だけが単独暴走する光景がこれ

日本の税制の勘違いは自動車関係に集中していて、最初から財源論で組まれています。日本の特産品である高性能車も、国内では伸びない仕組みです。
Photo: by Stan Diordiev on Unsplash