日本財政破綻論とは何:ノストラダムスの大予言並みのブーム

日本財政破綻論

日本が財政破綻すれば、国は破滅し崩壊して民族自決か

平成時代に流行した言葉のひとつが「破綻する」でした。

かっこよい響きですが、誤読も多かったのです。ロックするカギ「錠前」の「錠」と似ているから「はじょうする」と読む人がいました。はたん。

「日本はいつか破綻します」は重大発言に聞こえて、ゾクゾクするぜー。

破綻て、どういう意味?

立ちいかない行き詰まりです。将棋なら、詰んで負ければ破綻でしょう。

財政破綻は、外貨借金の返済不能の意味です。

外国に、外国のお金を返せなくなる意味。

外国に、外国のお金ですよ。

外国。

国内じゃなくて、外国。

がいこく。

たとえばギリシャはIMF、ECB、ドイツからユーロを借りました。そして約束の日に返済できず、経済用語でデフォルトが起きた。これが破綻です。

財政破綻した国は消えるの?

国はあり続け、国民も住み続けます。何かで弁済します。

延滞金として利子を上乗せするとか、他国から借りて回すなど。領土を占領されるなど、物納の懲罰もあるでしょう。

だから誰も外貨を借りたくないのです。

日本は多額のお金を借りてるが?

ほーら、間違えましたね。さっき、あれほど言ったのに。

 「日本の借金」は外貨でなく自国通貨を指し、デフォルトする確率はゼロ

財政破綻する恐怖は、単純な勘違いです。

日本の財政宗教は三大宗派があり、複雑にこじれている

経済宗教は「財源論」「日本財政破綻論」「ハイパーインフレ厨」に大別できます。

実際の原理 財源論 日本財政破綻論 ハイパーインフレ厨
お金の誕生 誰かが借金 国民の労働 企業の活動 経済活動全般
お金の意味 借用証書 財宝 資産 自由行使権
コロナ給付 国債発行 税金から捻出 国債発行 まちまち
国債の役目 通貨の発行 認識なし 税金を補う補助 税金を補う補助
税金の役目 余剰通貨回収 国の財源 国の財源 国の財源
財政規律は インフレ率 お金の量 政府負債対GDP お金の量
何が悪か デフレは悪 政府支出は悪 国債発行は悪 インフレは悪
貧困はなぜ
起きたか
貨幣の削減
無駄減らし
労働の非効率
無駄づかい
労働者のさぼり
無駄づかい
労働者が馬鹿
無駄づかい
貧困対策は 造幣と減税 個人の努力 企業の努力 自己責任
日本の破綻
は何を指す
生産力の衰退 税不足で破産 借金が返済不能 物価が130倍
インフレ率
過度の要因
生産力の低下 国の無茶 お金の発行 お金の発行
今から何を
すべきか
デフレ脱却 無駄の削減 財政再建 日本から脱出
1100兆円
の負債は
通貨発行残高
負債を増やせ
子孫へのツケ
負債を減らせ
政府の赤字
負債を減らせ
国の借金
負債を減らせ
高齢者や
障がい者は
GDP成長の
一因となる
財源の無駄で
国のお荷物
財源の無駄で
国のお荷物
財源の無駄で
国のお荷物
目指す国は 災害に強い国 中世国家 北欧国 欧州国
主な信者 まちまち 国民の95%
議員の85%
大物経営者
財界人
カリスマ金融マン
政府諮問委員
経済評論家
カリスマ金融マン
グローバリスト

個々に当てはまらず、ばらつきも当然あり、内部矛盾も起きます。

たとえば財源論貨幣発行がない前提です。一方、ハイパーインフレは貨幣発行オーバーだから、両方信じると矛盾し、破綻論同士が打ち消し合って破綻します。

日本が財政破綻しないのは、変動為替の自国通貨だから

日本の国債は円建ての証券です。ドイツ政府が1兆円の日本国債を買う時、為替作業込みの円で日本側へ支払います。

10年後の償還日に、日本政府はドイツ政府に円で返します。ユーロでなく。

その円を日本側はどうやって用意する?

円は自国通貨だから、日本政府は1兆円を新たに発行し、ドイツ政府へ元金の払い戻しを行うだけです。次の10年の国債で。

それを長年1000回やって、合計残高が1000兆円でも、政府は1000兆円の令和小判でもデジタル発行して、日銀へ送れば完済です。

小判での返済は本当にやるの?

政府と日銀は身内だから、儀式も不要です。

政府負債を1500兆、2000兆とマイナスの絶対値を上げれば日本は正常化します。数字が国の経済規模です。

人間にたとえれば、長生きするほど食べたご飯粒や、飲んだ水が多いようなもの。

しかも災害が多い日本は大柄です。プロレスやサッカー選手が多く食べるように、日本は地震や台風や火山噴火へ備えるお金が多く必要です。

当然、後でご飯粒や水を体から出して返却する発想を、やらないものです。

ドイツが日本政府を信用する背後に何がある?

日本の生産力であり、円の使い道が豊富だと紙くずになりません。

タコ焼きからグランドピアノや水素車まで、新幹線も小惑星探査機も素粒子加速装置も、ヒョイヒョイ作れ増産も高速です。お金をやたら増やしても、だぶついて値打ちが下がる超インフレが非常に起きにくい。

そんなこと全然知らなかった!

借金が返せずデフォルトした例は、全てが「外貨」です。

どの国? いつ? 何が起きたの? 敗因を教えてー
ロシア 1998年 ドル借金を返済不能 自国ルーブルが固定相場制だから
ギリシャ 2011年 ユーロ借金を返済不能 外貨相当のユーロを借りたから
アルゼンチン 2014年 ドル借金を返済不能 途上国病で、外貨を得る産業不足
レバノン 2020年 ドル借金を返済不能 内外戦争で、産業不足で通貨不足

日本財政破綻論は、円建て国債とドル借金がごっちゃの妄想です。変動為替相場制の自国オリジナル通貨だと、破綻の可能性はゼロです。

一方の超インフレでお金が暴落した例は、全てが「生産力のガタ落ち」です。

どの国? いつ? 何が起きたの? 敗因を教えてー
ドイツ 1920年 年平均物価が2千億倍 敗戦で都市と生産設備はガレキに
日本 1946年 年に物価が4倍 全国の空襲と原爆で生産設備は灰
ジンバブエ 2008年 年に物価がほぼ無限倍 事前に白人排除で生産力を喪失済み
ベネズエラ 2019年 年に物価が2万6千倍 石油輸出依存で国内産業育成が手薄

ハイパーインフレ厨は、工場と従業員が不足して起きる超インフレを、貨幣増量で起きると偽った引っかけです。最初からだます目的のフェイク、虚言です。

生産力が一番大事か?

国力とは生産設備と作業者の充実、そして人口です。所持金ではなくて。

手が器用な日本人には有利です。しかも一朝一夕のニワカ製造業でなく、レナウンのように明治時代からあり、前身は徳川の江戸時代からありました。

ならなぜ財政破綻説が流行する?

日本人は貨幣を財宝、有限の資源と考えるから、無から有が生まれる発想ができません。国が使う金は借りたか奪ったか、後めたいと感じるのです。

コロナ給付金で一人10万円で合計13兆を手にすると、「発行」の日本語を飲み込めず、盗品と受け取るのです。ミスターXに13兆返さないと、後で殴られるつもりで。

お金を大事にしすぎか?

財宝とまでは思わない人も、お金は味噌やしょうゆと同様、使えば減ってなくなるから、使わない心がけが肝要だと思い込んでいます。

それで政府が水害をなくそうと河川の工事を行うと、お金の無駄だと国民が怒り出すわけです。国庫のお金が減るよりは、洪水でおぼれ死ぬ方が安くつく計算で考える。

マスコミも責任は大きくない?

「コロナ給付金の財源が心配です」とニュースで言うたびに、働けない者への差別感情が高まり、国民の分断が進みます。

本当は給付額が多いほど新発行して有り金が増え、貧困が消えます。なのに後で弁償する悪事と受け取り、それでみんなが貧しくなるわけです。

みんなが貧しくなるって、これのこと?

日本の破綻をあおって誰か得するの?

1973年から26年売れ続けた『ノストラダムスの大予言』の経済版です。

「貧乏人に配る金は、君が働いて納めた税金だぞ、怒れ怒れ」と嘘でけしかけて、うぶな大衆同士を対立させます。ベストセラーを生むドル箱ビジネスです。

「地震で街にトラが逃げた」と似て、危機を叫ぶと儲かるのです。

「トラの嘘にだまされるな」と叫ぶ者は、売れないし人気も出ないでしょ。

税金は財源でない。日本国債はデフォルトせず。ハイパーインフレの確率は世界一極小。財政破綻論は大衆の無知を利用し、恐怖で調教する商戦です。
Photo: Gerd AltmannによるPixabayからの画像