税金は捨てるゴミだと理解するのは案外簡単ではある

ゴミ箱

国債発行が国の財源だから、税金は使う金でない

現代の財政の仕組みはこうです。

政府が発行したお金で国を運営し、そのお金が企業に回り、国民の給与へ回る

これを「管理通貨制度」と呼び、記号化したお金を「信用貨幣」と呼びます。

ところが日本人の大半は、あべこべに考えています。

国民が企業で働いてかせいだお金を一部出し合い、集めたお金で国を運営する

このひっくり返った、間違った思考を財源論と呼んでいます。

記事→ 財源論とは何か

中学生でもわかる話が欲しい

税金を廃棄しているメカニズムは、意外に簡単です。

予算が100兆円だと、本来は100兆全てを公債発行で造幣してまかないます。

しかしそれだと毎年100兆増えて金余りで物が売れすぎて、商品が底をつく。

そこで60兆は昨年発行したお金を回収して、予算に混ぜます。

そして今年分の発行は、100兆ではなく40兆に減じます。

減じた分は「今年の新発行から捨てた」か「昨年の発行済みから捨てた」のどちらか。

どちらにしても、60兆を捨てています。

昨年の回収分と新年の発行を相殺するわけか?

新発行を60兆減らす会計操作で、税の60兆が消された理屈です。

つまり税額が廃棄処分されました。

本来の発行分を60兆減らして、お金が増えるペースを100兆でなく40兆に下げる。

こうして国内の余り金を削って、商品不足、超インフレを予防します。

税金は後で捨てるのでなく、集金時に自動的に消える

税金の正体はゴミです。

皆さんが税金を納めると、手放した瞬間に廃棄されます。

税金を捨てるなら、納税者は役立たないわけ?

自国通貨の価値下落防止で、お金を捨てて貢献しています。

もし政府が円を発行して国民に渡す一方だと、毎年一直線にお金が増え続けます。

でもお金の使い道である、野菜や衣服や家具や自動車など商品は瞬時には増えませんね。人口もポンポンと、ネズミのようには増えませんね。

そこで、商品を増産する時間かせぎで、消費にブレーキをかけます。

ブレーキとして、世にだぶつきすぎたお金を廃棄するのが税金です。

徴税をゼロにしたら、ブレーキが利かない?

完全な無税だとお金があり余ります。商品が買われすぎて物価が上がりすぎるから、お金の価値が落ちすぎます。超インフレです。

そこで「商品増産よりは、お金の発行がやや多い程度」へ政府が調整し、軽めのインフレを保ちます。目安がインフレ率2パー以上、4パー以下。

爆買いに使われる恐れのある過度な余剰金を、間引いて捨てます。

だから余剰金のない貧困層に課税する国は、勘違い税制が一目瞭然。富裕者が公に寄付しても全額控除しないのは、徴税目的のはき違えが丸わかり。

国民が働く目的は、国債発行を徐々に多くするため

国の事実上の財源は、新発行する自国通貨です。

それだけは絶対に否定できない?

政府は通貨発行権を持ち、発行済みのお金は政府には金銭価値がありません。

政府が自国通貨を欲しがる道理がなく、しがみつくわけがない。

政府にとって、税金は金目の物ではないのです。

税金がゴミなら労働の意味も変わりそう

ワーカーが働いた、そのがんばりはお金を生みません。お金の発行と関係がない。

現代の国では、政府が発行したお金をワーカーが分け合います。ワーカーの実質賃金上昇は、政府が決めます。

だから政府がお金を発行する国ほど経済成長するわけか

ワーカーのがんばりはどこへ消えた?

通貨発行できる上限が高くなる条件の、生産力を生んでいます。

生産力が国力になるのか?

生産力が高いと商品の枯渇は遠のき、政府が国民にお金を多く渡せ、GDPが増えます。

多く発行したお金は企業の社員の所得として、多く山分けされます。経済大国化です。

それを政策にすれば理想では?

中国政府がやっています。

積極財政と減税です。

工場誘致で生産力を上げて人民元をばらまき、国民を底上げして才能を伸ばして。

中国の人が今がんばれるのは、中国政府が人民元をばらまくからです。行動範囲も、働き甲斐も拡大して、不採算な未来技術の実験にも手を出せます。世界をリード。

アポロ時代のインフレ好況作戦を、中国が再現中です。

記事→ アポロで月を目指したアメリカが裕福になった仕組み

無限に増税する日本は置いてきぼり?

「消費税ゼロはいいけど、財源はあるのか?」と言う人は、全く勘違いしています。

「特別な裏ワザでゼロにできるのか」などと、考え方がひっくり返っているのです。

税金が大事にされ、人間がゴミ扱いの、あべこべが日本です。

ゴミ扱いとはこれか?

税金を財源とすればこうなる悪い例

好況アメリカのインフレ率2.6パーセントに対し、日本はマイナス0.4パーのデフレで、通貨発行できる余地は世界最大。これを宗教がじゃまします。
Photo: by YONEKEN. on Unsplash