【老害デマ】唯一の解決策は高齢者の集団自決←ジェノサイド悪人列伝

三丁目の夕日

日本では老害を叩く評論家が、テレビの人気レギュラー

テレビの経済番組で引っ張りだこの、売れっ子コメンテーターたち。

人気の秘訣は「老害」を叫び、高齢者を斬り捨てるヘイト発言です。働く中低年や若者の心を広くとらえています。

「老害が日本経済のガンだ」と言うと、国民に信頼され愛されます。

高齢者ヘイトに賛同する国民の思いは何?

「高齢者には手がかかり、お金が多く使われる」。

「限られたお金を高齢者が消耗し、僕らが使えるお金が減る」。

こう労働者は怒っています。

世界で日本人だけが高齢者を憎んでるね

若者にお金が回らないのは、高齢者の長生きが原因だとして、ネットでも高齢者を安楽死させる制度や、弱らせて死なせる妙案が提案されています。

テレビでも、高齢者は現役の負担だと報道してるし

「高齢者が増えれば国民の所得は減り、経済成長を阻害する」のテレビやラジオ報道は、国民を納得させ、高齢者を国民の敵とする空気をつくりました。

高齢者の医療費100%アップもそれか

所得が多めの高齢者に、ケガや病気で従来の2倍を払わせる政策変更です。

多くの労働者が「ざまあみろ」と、高齢者への仕打ちに肯定的です。

でも所得の没収は、悪い結果をまねく予感も

先進国の高齢者は、やり残したレジャーや研究や趣味に進出し散財を始めますが、日本の高齢者がお金を使わない理由は、病気の治療で破産する将来不安です。

それで家にこもって認知症になるなど、高齢者が本物の社会負担になるパターンです。

高齢者叩きの根は、財源論、貨幣のプール論、金本位制

世界で日本だけがデフレ不況を続けている理由と、世界で日本だけが高齢者を憎んでいる理由は、どちらも同じ理由です。

国がお金を使うと、お金が減り、底をつき破綻する、という勘違いの妄想です。

日本人の念頭には通貨発行の概念がなく、今あるお金を奪い合う前提で論じられる

上記のネット報道番組は2021年12月。出演者の「ついに言ってしまった」は「集団自決はベスト、でも倫理的にだめ」の意味ですね。

「高齢者は国民の負担」は、全員の認識が一致します。

この認識が、真っ赤な嘘なのです。

本当は逆で、高齢者が増えるほど経済が伸びるのです。

皆が正論とした「老人はお荷物」こそがウソか

「ご先祖を敬え」の、道徳、モラル、倫理、人権、優しさの問題ではない。

「あなたもいつかは高齢者になるでしょ」も関係ない話。そこは焦点じゃない。

経済原理の解釈が逆さまです。

大勢いた高齢者が減れば、減った分だけ経済衰退する ← 本当はこれが事実
よほど頭が良くないと、ついて行けそうにない

高齢者への補助金は通貨発行するので、「多く払うほどお金は増える」が正論です。

現代の「管理通貨制度」のメカニズムです。

「高齢者は国の負担だろ」「本当のことを言える風通しが欲しい」の思考は誤っており、実際は負担になる道理がなく、「本当のこと」ではなく「嘘のこと」です。

国民はお金を大きく誤解して、「言ってはいけないこと」「言葉がきつすぎた」と誤判定している。高齢者の敵視が続くのは、誤った貨幣観で理論武装したせい。

記事→ 財源論とは

記事→ 貨幣のプール論とは

記事→ 金本位制とは

政府が高齢者に出費すれば、この世のお金は逆に増えるわけね

政府は出費のたびに、いちいちお金を刷り足すのが、国際的な制度です。

高齢者のコストが多くかかるほどお金が増えて、経済成長して国民は富裕化します。

国が高齢者にお金を使えば使うほど、国民の時給が上がってサイフが厚くなります。

出費の必要性が、所得増と経済成長の起点になる。皆の思考と正反対が世界の事実

日本でのみ起きるお金不足は、企画されたお芝居です。

確かに日本だけ様子がおかしい

日本は世界の逆を行ってるわけ?

実は日本も外国と同様、国債発行で国をまかなっています。

現に高齢者にあてるお金は、政府が打ち出の小づちで追加発生させた円です。

日本でも、税金は財源でないのです。

財源は追加発行した公金、デジタル数字です。日本でも、そこまではやっている。

だったら日本だけ、なぜボロボロなの?

重税です。

母が子に母乳を100cc飲ませるのは、外国も日本も同じ。ところが。

日本だけは、子に飲ませた翌日100cc吐かせ、母の胸に返済する。

そうしないと母の母乳を使い果たして破綻する、という恐怖心で。

胸の中の母乳が底をつく恐怖か?

緊縮財政で母が授乳を90ccに減らし、子が90ccを返す重税が日本の異常性です。

「プライマリーバランス黒字化」は、子が91ccを返し、母を黒字にする異常性。

母が子にミルクを一滴も与えない節約の徹底が、「財政健全化」と呼ぶ異常性。

記事→ 税率の数字を他国とくらべる異常性

重税がやりたくて、ありもしない老害をでっちあげたか

ナチスの統治法です。『T4作戦』と日本の『老害集団自決』は発想が同じ。

選民思想は国民に強く訴えます。「こいつらがお荷物だ」と言う者はモテモテで、人気を得て旋風を巻き起こせます。いじめで求心力を獲得すれば、リーダー格になれるから。

お荷物扱いするフェイク絵図

人気のカリスマ論者たちは、高齢者叩きを競い合います。国民の拍手喝采を得て、テレビのレギュラーになれる。

国がつぶれかかっている時、つぶす側に味方するタイプが出世するのです。

イソップ物語のこうもりか

記事→ テレビの人気者が日本を破壊した

高齢者が過去につくったインフラで暮らす現役たち

老人ホームやデイサービスの利用者は、平均90歳前後です。二次大戦が終了した1945年に12歳の小学生でした。「昭和ひと桁」と呼ばれる世代です。平成天皇の世代。

高度成長の起点となった、進駐軍撤退の1952年に19歳。人生の門出の頃。

1964東京五輪と新幹線開通の時、31歳。業務に奔走した担当者でしょう。

『ジャパン・アズ・ナンバーワン』の1979年に46歳。実務の指導的な役割。

バブル初期の1986年に53歳。幹部や若い社長として日本を作り込んだ。

21世紀になって、ノーベル賞が多い世代。

まさに日本を大発展させた世代か

江戸の街は明治には持ち上がり、大正にモダン化(エレベーター導入)して戦前の昭和の光景となりました。戦後の焼け野原からの復興で、急いで建て直されました。

現日本の都市の光景は後の再開発であり、この世代が中心のデザインと監修でした。

ファッションのまちづくりも

日本初の高層建築は『霞が関ビル』の1967年、その時34歳。日本中の高層ビルを建てた世代でもあるのです。ガラス張りのモダニズムから、ポストモダンの表現主義まで。

インテリアを少しずつ変えリニューアルしながら、各地の人気スポットのファッション街も手掛けた世代です。

女性たちはエレベーターガールやバスガールはじめ経理や店員としても、やはり奔走したでしょう。皆で生産力を上げて、お金の大量発行を可能にして経済成長させました。

インフラを利用するだけの、今の新世代は恩知らずだね

金がからむと人は鬼になると、よくわかります。

働く現役と高齢者の意見は合わないけど

現役世代の不満はこう。

高齢者に補助金がかかるから、僕らの税の負担が増えて、生活が苦しいのだ

高齢者の不満はこう。

僕らの昔にくらべ、近頃の連中はがんばりが足りず、国の経済が落ちるのだ

両者とも知らないのです。お金を故意に減らす国策が、経済衰退の原因だと。

両者とも、税金は余剰通貨の廃棄だと知らないわけ。

増税とは、捨てるお金を多くする政策です。

多く捨てるからお金に困る。 ← w

誰かが国民分断を狙って、綿密に仕掛けてんじゃないの

1997年4月1日の緊縮財政と消費税増税で通貨削減が始まり、国民の実質賃金は減らされ続けています。動機は財務省の増税出世レースと、金融資本家のレントシーキングです。

後者は、新自由主義とグローバリズムによる、日本の解体と乗っ取りです。

レギュラーご意見番たちはアメリカ留学組が目立ち、外国に住居を移して日本をつぶして自分の肥やしにして平気。日本国民が苦しむのを、楽しく笑える立場です。

外国から日本を崩してくる彼らの笑顔を、国民は味方だと誤解しています。

記事→ 無駄な命の削減を、行動に移した若者

敬老思想を無視して、純粋にお金の損得で考えるなら、高齢者が増えるほど国の通貨発行が増えて、経済成長で好況となり、若者も所得増になります。
Photo: by Freeman Zhou on Unsplash