少子化だから不景気になった→原因と結果を逆にした嘘だし

日本の少子化

デフレ不況の貧困化が原因で、少子化が急進した順序

少子化の報道が、フェイクニュースとなる現象を考えます。

少子化は、子どもが最多になった戦後ベビーブーム以降続いています。

ベビーブームとは?

1945年に太平洋戦争(大東亜戦争)が終わり、空襲で亡くなった人も多く、戦地の男性は戻ってこなかったり、シベリア抑留とか。日本の人口は戦争で減りました。

しかし翌年から国民は前を向いたのです。1947年と48年に子どもが多く生まれました。後に堺屋太一さんが「団塊の世代」と名づけた、人口が特別多い年代の人たちです。ビートたけしさんもその世代ですね。当時は、小中学校の教室を急ピッチで増築しました。

その後は子どもは減った?

その後ゆっくりと出生数(しゅっしょうすう)が減りました。一般には、文明の発展で子どもが減る関係が表れます。途上国の出生数は多く、先進国は少ない現象は、世界人類の法則です。

だから、少子化の犯人は簡単には言えません。先進国では子どもが亡くなる率が低く長寿なので、多く産む必要がない説もあります。一人の子にお金がかかり、少数精鋭化するなども指摘されます。

今の少子化もその続き?

ところが昭和が終わって平成以降に、日本で世界の法則と違う現象が起きました。

結婚が目に見えて減り、男女とも独身が急速に増えた

結婚した男女には、子どもが2人以上いたりします。結婚しない男女には、子どもはいなくてゼロ同然です。未婚の男女の激増が、日本の少子化問題の核心です。

妻や夫と呼ばれる人が、割合も人数も減ったのです。

ということは、子育て支援金や出産への報奨金では解決しません。「出産3人目からお金あげます」では、2人産めた富裕層への優待プレゼントでしかないのです。

それ以前に、男女がいっしょになることが困難な時代です。原因は貧困化です。

貧困が全ての発端だった?
貧困だから結婚できない、だから子どもが生まれない

一方、結婚できた人は従来より子どもが多めです。

これらを平均すると、子どもの激減になる計算です。これが日本型の少子化です。

特に男性が非正規のワーキングプアだと、女性は結婚相手に選びませんよね。お金で苦労する人生はご免だし。子どもが犯罪に走るかも知れないし。

「結婚したい相手が見つからなかった」と、独身で過ごす女性が増えがち。彼女はたぶん出産しませんし。身寄りのないまま、介護を受けて老いていきます。

少子化の最大の問題は、因果関係が逆さまの解釈

次の言い方をよく聞きませんか。

「少子化だから、その分だけ物が売れなくて当然だ」。

「人口が減っていくのだから、経済も縮小して当然だ」。

これらは起きた順序が逆です。

先に起きたのは、物が売れず、経済成長せず、男女全員の所得が減ったこと。

そのせいで結婚したくてもできず、子どもどころではありません。一人でも食べていけない危機です。独身のまま歳をとるハメになった、が正しい順序です。

現に「独身貴族」という言葉は、死語も同然です。

みんな順序を反対に考えてる!

「少子化を解決して景気を上げよう」。

これって、結果を変更して原因を修正しようとしていますね。「病気を治せば、生活習慣も直る」とか「手足のかゆみを止めれば、蚊はいなくなる」みたいな。

なんで若い男女は貧困化したの?

バブルから軟着陸せずに墜落して、逆走した緊縮財政と消費税増税で物が売れなくなったのです。物をつくる会社で働く男女は、賃下げにあいました。

少子化は何かの原因になる以前に、貧困の結果です。富裕だった国がその後に貧困化すると、出生率が激減する文明の運命です。昔のローマでも起きたでしょう。

この反論ならドヤ

よくある反論がこれです。「貧しい途上国は、女性1人に子どもが10人もいる。日本も貧しくなれば10人子どもを産むはずだ。逆に減るなら、貧困は少子化の原因でない」。

この「貧乏子だくさん説」は統計を無視しています。貧しい途上国と、貧しい先進国は結果が違う「現実」があります。前者は多子、後者は少子になると数字に出ています。

現実がそうなのを払いのけて、僕の理論が正しい式の論法ですね。

机上の空論てやつ?

先進国では野原にバラック住宅を建てただけで、建築基準法違反で摘発されます。だから途上国なら用意できる子どもが入る家さえ、先進国では用意できませんよね。

先進国では、子どもを売って換金すると違法だし。

先進国は縛りがガチガチで、国民は勝手なことができません。

先進国ではお金がないと生活が成り立たず、日本は助け合い社会も崩壊済みです。何しろ自己責任がモットーの変な風潮ですから。

年収と生涯未婚率のグラフ

少子化問題が分析も解決も、収束せずに荒れるのはなぜ

現代日本の少子化の原因を突きとめにくいのは、利害です。

デフレ不況が原因で少子化になったと説明すると、お上への当てつけになります。

口に気をつける必要なんかあるの?

事実を正直に言えなくなる理由もまた、貧困化です。

少子化が激しくなった原因と、原因を隠ぺいする原因は、同一の原因なのです。

忖度(そんたく)の語が流行りましたね。相手を気づかう気持ちです。お上を気づかい、盾突かない人が激増したのは、ひとつは貧困化で気持ちが萎縮したメンタルです。

もうひとつは守りの姿勢です。財源に接近して共食いに勝ちたくて、権力に身を寄せようとする霊長類の本能です。

日本の少子化は権力者の政策ミスで起きた人災なので、そこに触れて批判すると権力者から報復を受けて、仕事を干されたりします。それが怖くてみんな嘘を言う。

話をそらせて、少子化の犯人は若者だとする説明が増えるわけです。典型が、若い男性の草食動物化という言い方です。

草食化は少子化の原因をはぐらかす口実?

優しく消極的で行動力のない若者像です。意欲がないから女性にアタックしない。軟弱で押しの弱い男性たちが、少子化の原因だという話がやたら出回りました。

ついには「婦女暴行するくらいの勢いを持て」なんて失言した議員だかが、辞任しませんでしたか。適齢期の人たちの気おくれ行動に、どうしても責任を負わせたいらしく。

経済の失策で少子化がアップテンポで進んだ因果に、触れまいとした忖度ですね。典型的な「利害配慮型フェイクニュース」です。

若者は弱者だから犯人にされる?

本当は強者が犯人なのに、弱者に責任転嫁する言葉の細工です。

当の若者は、結婚式の費用も、一家の生活費もない以外に、昔と違いません。

「若者が搾取されてビンボーで、結婚できずに子どもがいないんだろ?」の一言が禁句になっている、さびしい日本の報道です。テレビでしゃべったら、飛ばされる。

ホント、皆が口をそろえて同じこと言う

「結婚せずに一人で生きて行く若者たちは、新しい哲学を持っていて、昔と時代は変わりましたね」などと、テレビ評論家も詭弁に努めています。

要するに御用学者となって、自分の食いぶちを死守したい。テレビに出られなくなるか、それとも大きい仕事をもらえるかの分岐点で、大勢が後者を選ぶわけです。

平成の少子化急進の最大の特徴は、実態を皆で隠して隠してする必死さです。

まともに説明して、多子化へ持って行こうとする者が現れないのです。

インフレ好況と違いデフレ不況は、汚れた人生へ転身する者をより増やす効果もあることがわかりますよね。「貧すれば鈍する」の、あるあるパターンです。

新哲学を切り開いた若者もいるのか?

んなわけないでしょ。昔の若者よりお金に困っているだけ。これは、高齢者の貧困化にもいえます。

平成9年4月1日からの緊縮財政と消費税増税で、故意に少子化を急進させました。

不況の結果、少子化と人口減になったわけか?

不況が原因で、少子化や人口減が進んだのです。みんなの思いとは逆です。

実体経済を観察すればわかることです。ゴルフ用品やアルトサックスや高級オーディオや高級ウィスキーがパタッと売れなくなった理由は、少子化とは違いますよね。

売れない理由はバブル後の給与カットです。銀行が資金回収しようと融資を止めて、貸しはがしした結果の、各企業の賃下げが原因でした。

あの時、市中のお金が300兆円減ったのです。当初は政府が正しく補い、ところが途中で逆走に切り替えたので、当たり前のように貧困化し、少子化が急進しました。

その1990年代後半は人口がまだ増えていて、つくり話と合わない現実ですよね。

デフレ不況の所得減で結婚できる男女が減り、出生率が下がったのが日本の少子化です。何とか結婚できた女性の出産数は、逆に増えているのです。
Photo: PexelsによるPixabayからの画像