経済学者が言わずに国民に隠している大事な秘密情報とは何か

経済の秘密

ほとんどの国民が知らない、経済の重大な秘密情報とは

経済学者には、国民に教えないようにしている、ある秘密の約束事があります。国民への入れ知恵を避けている、それは何か。ジャーン。これです。

「政府だけが、打ち出の小づちを持っている」。

「国民がそのお金を受け取り、国が成り立つ」。

もう知ってるけど?

「大卒初任給は米中とも月55万円で、政府の貨幣発行量が民間給与に反映する」。

「日本の大卒初任給が19.5万円と低いのは、政府が発行する貨幣が少ないから」。

それも知ってる

政府はお金をつくれます。貨幣プリンター、通貨発行権と呼びます。

お金をつくれる「特権」と言う以前に、政府というものは国民に貨幣を供給(サーブ)する役目を負った特殊法人を指すわけです。

評論家はちゃんと知ってるんだ

ところが、「これが国際的に採用されている統治ルールさ」という説明を、経済評論家は国民にやりませんよね。だからこのサイトで初めて知って、半信半疑の方もいませんか。

メジャーな経済学者や論者は、日本政府の通貨発行権を国民に隠して伏せています。

いったいなぜでしょうか。

ジャーン、日本の外交力を低下させるためなのです

経済学者にも思想信条があります。社会制度の事実を、あるがままには皆に語れない部分があります。

思想信条とは、政府がお金をつくり出す国際的な財政手法への不信と不満です。マネー・クリエイション、信用創造という銀行制度自体を、罪悪視しているのです。

そこから突出した目的意識として、外交力の非力化があります。

なんじゃそりゃ?

外交力の支えとなる、ミリタリーの縮小です。軍事力。

戦闘機や戦車や戦艦やミサイルを作るお金を食い止めたい。兵器にストップをかけたい。そこで兵器を買う貨幣づくりを、国民にも嫌って欲しいという意図です。つまり軍縮する思想信条が混じっているのです。

戦艦を建造する時も、保育所を建造する時も、どちらも全く同じ貨幣発行です。

そういうこと?

国民が軍備に反対するよう心理的に操作するには、「軍事予算に子育て予算が食われて、あなたは子どもが持てないぞー」というビビらせ方が効果的です。戦車と我が子のどっちを取りますかと。共食いするように持ち込む。

それで財源論のデマを故意にあおって市民に財政出動に反対させ、戦車もロクに買えない貧しい国へと仕向ける作戦です。

政府への忖度じゃなかった?

日本を倒そうとする政府に、経済学者が忖度して、協力し合って日本沈没に尽力しているかにみえますよね。実際は学者の深層心理は、反政府主義なのです。

「政府の軍拡を止める理想のためには、国民を貧困にして墓に入ってもらいます」と。

政府を疑っているから?

学者たちは、日本国政府を疑っているというより、恨んでいます。うらみ。

原因はわかりきっていて、両親や祖父母の世代が第二次世界大戦の日米戦争の時に、南方での戦闘と各都市の空襲で多数が殺されているからです。身内の死だけは、年月を経ても風化しませんから。

戦争の費用も、子育て費用と同じ手続きで、お金を生んで支払うわけです。

戦後は、まだ終わっていないんですねー。

軍事を遠ざけるために、国民に犠牲を強いる神経

軍備が増えるかも知れない、その可能性が生じるくらいなら、国民の貧困を選ぶという、価値の優先順位があります。

別に国民を貧困化させる意地悪が主目的ではないし、7人に1人の児童が飢えて特におもしろがっているわけでもないのです。

「国会議員は戦争をしたがっているにちげーねー」と、経済学者たちは思っています。

経済学者に限りません。だから1951年の日米安保はともかく、60年と70年の安保更新は、大学の教官たちも安保反対だったものです。

今なら、どういう手があるか・・・

ジャーン、「戦争マニアにお金を生ませるな、生んでも寝かせるお金にとどめろ」。

異次元金融緩和のこと?

寝かせて国民の手には渡さない。例の日銀当座預金のマネタリーベースだけで終わらせ、マネーストックとしてGDPに入るのを阻止する異常行動も、それかもねー。

景気を上げるふりして、上げずに終了した、あの変なリフレ行動のことです。

リフレってよく聞くけど

平成の後半に、日本政府は380兆円もの国債を発行して、日銀に「お金の素」として待機させました。民間企業が各銀行から融資を受ければマネー・クリエイションされますが、デフレ不況だから借りる企業はいません。景気は悪いまま。当たり前の空振りです。

景気をよくするには、そのお金で政府が買い物(財政出動)する必要があります。それを省いたのがリフレ行動です。

経済学者の多くは、国家経済の真実探求や、国民の幸せに関心があるわけでもないのですよん。経済関係者に、変に冷たい人が多いと感じませんか。

それで経済つぶしを?

経済成長を止めて、弱小国へ縮小させたい意識の共有が実際にあるのです。議論が白熱すると、それを言い出して食い下がる者がよく出てきます。強い具体性はなくても、ばくぜんと胸の内にあるみたいですね。

日本をアジアで一番弱くしたい。

第二次世界大戦から遠ざかりたい思想信条、心情のようなものですか。

それで謎が解けた

「お金は政府がつくって、国民に間接的に渡すんだよ、どの国もそうだよ」。

「自分の通貨を持つ日本は、お金が減って困ったりしないんだよ」。

という知識を、国民に伝えたくないのです。

国民はテレビを信じるだけ?

「軍艦と保育園は、どちらも政府による無償の財政出動で可能なんだ」。

「適正インフレ率を保てば、国民は裕福になるんだ」。

「国内のお金が足りないなら、中央銀行が刷るだけの話で、罰なんかないよ」。

「お金を刷れる上限がじりじり上がるのを、経済成長と呼ぶんだ」。

「明治以来、日本はどんだけ経済成長したと思ってるの」。

これらの国家経済の基本を、国民に知って欲しくないわけです。

代わりにどう言う?

日本にはお金がないぞ、使えばますますなくなるぞ、政府が出費を増やすと国は倒れて君らはおしまいだぞ、子孫にツケを背負わせて将来恨まれるぞと、ウブな人々をワナにはめて貧困化を奨励して、国力をそぎ落とす方向になります。

国の借金を返すために緊縮財政消費税増税が正しい」と、デマを流します。

デマが功を奏して日本だけがこうか

同じ二次大戦の敗戦国ドイツも、その影を引きずっていますよ。

ドイツはうまくやって経済成長してるけど

ドイツのついでに言うと、国民を貧困にすると、ヒトラーを求める心理が生まれます。

学者はヒトラー出現は恐れないわけ?

ヒトラーがなぜ登場したかを、大勢が誤解しています。差別主義だと勘違いしています。ヒトラーが伸びた最大の原因は、1930年代の超デフレ、あの世界大恐慌でした。

出発点のセリフは常にこれです。「既得権者が皆さんを貧困にしている」。この殺し文句を聞いた国民は、唯一の正しい人が現れたと心酔するものなのです。日本でも同じ。

将来のツケをなくすべく貨幣発行を減らすと、経済が下落して民衆が爆発します。そして将来へ多大なツケが回る、歴史のおもしろパラドックス現象ですね。

通貨発行権を隠してまで国を倒す、日本の特殊事情は二次大戦です。国全体を貧しくして反戦を維持する、ジェノサイドの思想信条が見え隠れします。
Photo: by Ocean Biggshott on Unsplash