経済学者が言わずに国民に隠している大事な秘密情報とは何か

経済の秘密

ほとんどの国民が知らない、経済の重大な秘密情報とは

経済学者には、国民に教えないようにした、ある秘密の約束事があります。国民への入れ知恵を避けている、それは何か。ジャーン。これです。

「政府だけが、打ち出の小づちを持っている」。

「国民がそのお金を受け取り、国が成り立つ」。

もう知ってるけど?

「政府が発行して民間に渡した金額は、GDPに加わり経済規模が拡大する」。

「大卒初任給は米中とも月55万円で、政府が貨幣発行して民間給与となる」。

「日本の大卒初任給が19.5万円と低いのは、政府の貨幣発行が少ないから」。

それらも全部知ってる

政府はお金をつくれます。貨幣プリンター、通貨発行権と呼びます。

お金を増やす時は発行して生み、減らす時は徴税して捨てます。

これを「管理通貨制度」と呼びます。

お金をつくれる「特権」と言う以前に、政府とは国民に貨幣を供給(サーブ)する役目を負った特殊法人を指すのです。

評論家はちゃんと知ってるんだ

ところが、「これが国際的な統治ルールさ」の説明を、経済評論家は国民にやりません。だからこのサイトで初めて知って、半信半疑の方もいませんか。

「えっ、お金って、各国が好きに出していいわけ?」。

メジャーな経済学者や論者は、通貨発行権を国民に説明しません。

いったいなぜでしょうか。

ジャーン、日本の外交力を低下させるため

経済学者にも思想信条があります。世に事実を伝えない部分があります。

思想信条とは、政府がお金をつくり出す国際的な財政手法への不信と不満です。マネー・クリエイション、信用創造という銀行制度自体を罪悪視しているのです。

その目的意識に、外交力の非力化があります。

なんじゃそりゃ?

外交力の支えとなる、ミリタリーの縮小です。軍事力。

戦闘機や戦車や戦艦やミサイルを作るのを、止めたい。そこで兵器を買う資金づくりを、国民にも嫌って欲しい意図です。つまり軍縮する思想信条です。

どういうこと?

戦艦を建造する時も、保育所を建造する時も、どちらも同じ貨幣発行です。

国民を軍備に反対させるには「軍事予算に子育て予算が食われて、あなたは子どもが持てないぞー」のビビらせ方が効果的です。「戦車と我が子のどっちを取りますか」と。

各分野でお金を奪い合い、共食いするよう持ち込む。

それで財源論のデマを故意にあおり、市民に財政出動に反対させ、戦車もロクに買えない貧しい国へ仕向ける作戦です。

政府への忖度じゃなかった?

日本を倒そうとする政府に、経済学者が忖度して、協力し合って日本沈没に尽力しているかにみえますよね。実際は学者の深層心理は、反政府主義なのです。

「政府の軍拡を止める理想のためには、国民を貧困にして墓に入ってもらいます」と。

政府を疑ってるから?

学者たちは、日本国政府を恨んでいます。うらみ。

原因はわかりきっていて、両親や祖父母の世代が第二次世界大戦の日米戦争の時に、南方での戦闘と各都市の空襲で多数が殺されたからです。身内の死だけは、年月を経ても風化しませんから。

戦争の費用も、子育て費用と同じ手続きで、通貨発行して支払うから。

説明されたらスラスラ入ってくる

税金で軍艦や保育所を建てたりするわけなく。税金はあくまでも市場にだつぶいた余剰金を回収する、自国通貨の間引きです。

戦後は、まだ終わっていないんですねー。

軍事を遠ざけるために、国民に犠牲を強いる神経

軍備が増えるかも知れない、その可能性を消すために、国民の貧困を選ぶという、価値の優先順位があります。

別に貧困にする意地悪でないし、7人に1人の児童が飢えておもしろいわけでもなく。

「国会議員は戦争をしたがっているにちげーねー」と、経済学者たちは思っています。

経済学者に限りません。だから1951年の日米安保はともかく、60年と70年の安保更新は、大学の教官たちも安保反対だったものです。

今なら、どういう手があるか・・・

ジャーン、「戦争マニアにお金を生ませるな、生んでも寝かせるお金にとどめろ」。

異次元金融緩和のこと?

寝かせて国民の手に渡さない。例の日銀当座預金のマネタリーベースで終わらせたあれ。

マネーストックとなり国民が使いGDPとなる、それを阻止したのもそれかもねー。

景気を上げるふりだけして、上げずに終えた、あの奇妙なリフレ行動のことです。

リフレってよく聞くけど

平成の後半に、日本政府は380兆円もの国債を発行して、日銀に「お金の素」として待機させました。デフレ不況の中、借りる企業はなく、景気は悪いまま。当たり前です。

景気を上げるには、政府が発行したお金で政府が買い物(財政出動)します。

それを省いた「画竜点睛を欠く」がリフレ行動です。

給食室で給食を大量につくり、取り置いた。生徒には渡さないようにした。

経済学者の多くは、国家経済の真実探求や、国民の幸せに関心があるわけでもなく。経済関係者に、変に冷たい人が多いと感じませんか。

それで経済つぶしをやる?

経済成長を止めて、弱小国へ縮小させたい意識の共有が実際にあります。議論が白熱すると、それを言い出して食い下がる者が出てきます。強い具体性はなくても、ばくぜんと胸の内にあるみたいですね。

日本をアジアで一番弱くしたい。真珠湾攻撃をやらせるな。

第二次世界大戦から遠ざかりたい思想信条、心情。亡き人への誓いです。

それで謎が解けた

「お金は政府がつくって、国民に間接的に渡すんだよ、どの国もそうだよ」。

「自国オリジナル通貨を持つ日本は、お金が減って困ったりしないんだよ」。

「税金は財源ではないのだよ」。

という知識を、国民に伝えません。

国民はテレビを信じるだけだし?

次のような国家経済の基本を、国民に知られたくない。

「軍艦と保育園は、どちらも政府財政出動で建造するのが常識さ」。

「お金が足りないなら、政府の円発行で裕福になり、負担ゼロさ」。

「政府が発行したお金は、政府の借入金ではなく、自己資金だよ」。

「お金を発行できる上限がだんだん上がるのを、経済成長と呼ぶ」。

「明治以来、日本はどんだけお金を発行したか (約4000万倍)」。

代わりにどう言う?

「日本にはお金がないぞ、使えば減って破綻だ」。

「政府が出費を増やすと、国は倒れ君らはおしまい」。

「ツケを子孫に残して背負わせ、将来きっと恨まれるぞ」。

「日本が経済成長する余地は、絶対に永久にないと知れ」。

ウブな人々をワナにはめ貧困化を進めて、国力をそぎ落とす熱意です。一人でも多く飢え死にして、人口が減る方向へ持って行くのです。

国民を干上がらせる方向で別の思想と合流か

国の借金を返すためには、緊縮財政消費税増税が正しい」と、デマを流します。

デマが功を奏して日本だけが貧乏国になった

同じ二次大戦の敗戦国ドイツも、その影を引きずっていますよ。

ドイツはうまくやって経済成長しているけど

ドイツのついでに言うと、国民を貧困にすると、ヒトラーを求める心理が生まれます。

学者はヒトラー出現はOKなの?

ヒトラーがなぜ登場したかを、大勢が誤解しています。差別主義だと勘違いしています。ヒトラーが伸びた最大の原因は、1930年代の超デフレ、あの世界大恐慌でした。

時のヒトラーたちの出発点のセリフは、令和の日本とそっくり。

「皆を貧困にした既得権者の、既得権をぶっ壊せ」。

この殺し文句は「既得権を奪う既得権攻撃」なのに、国民は聖人君子とみて心酔します。

日本を壊した政治家は人気でブームになりました。日本を直そうとした政治家は、みじめに失脚しています。興味深いあべこべ現象です。

通貨発行権を隠してまで国を倒す、日本の特殊事情は二次大戦です。国全体を貧しくして反戦を維持する、ジェノサイドの思想信条が見え隠れします。
Photo: by Ocean Biggshott on Unsplash