2億円の治療薬に健康保険がきくと国民の負担は大きくなるのか

2億円の治療薬

超高額2億円の治療薬に、新たに保険が適用される

2020年2月26日のニュースは、高額な治療薬の話題でした。

1回で2億円以上の、鳴り物入りの薬です。「ゾルゲンスマ」という注射液で、日本でも生産して健康保険が使える明るい話題でした。

明るいけれど、びっくりですね。

どんな症状?

9カ月前の2019年5月に、こんな国際ニュースがありました。

「人工呼吸器がないと、2歳まで生きられない筋萎縮症がある。その治療薬を、スイスの製薬会社が開発した」。

抗生物質ではなく、遺伝子治療薬です。これさえあれば1回で直るという。そして、1回212万5千ドルという高額なので、2月27日のレートで2億4370万円です。

個人では払えない金額!

それが日本で保険適用になった朗報です。

3割の7311万円を患者側が払うかといえば、国保には自己負担限度額があります。ほとんど全額が、国民健康保険で支払われます。

しかしあるニュースが続出しました。「そう言うと思った」のお決まりのパターンで。

どう言う?

「保険がきくのはよいが、高額だけに、国民の負担と公平のバランスが課題です」。

「財源に与える影響は果たしてどうなのか」。

健康保険の薬価にも、財源論の勘違いが出まくり

「特定の人が超高額医療を用いて、貴重な財源から多額を一人で使い込む」。

報道はそう言いたげで、明るい話題にネガティブな暗い影を加えています。

2億円にびびってる感がひしひし

これが国民に広まった、財源論の間違った思考です。

飲み会の会費のように国民からお金を集め、国の予算にする間違った解釈です。

財源論が間違っている理由は、お金を使う政府が、お金を発行する役だからです。

政府はお金をいくらでも発行できます。知らなかったでしょ。

記事→ 財源論とは

財源論は、動物のオリのエサに似て、総量一定のお金を皆で分け合う思想です。全体量が減って不足すると、奪い合い、殺し合います。

互いの利益がぶつかる共食いです。誰かが多額を使えば、残りが減る解釈です。

一人だけいっぱい使うなよと、不満が高まりますね。不満は妄想です。

実際には国民健康保険は国の公的保険です。政府がお金を生み、支払っておしまい。

国民が払うわけないのか

そんな国は日本だけ。

誰かが珍しい病気にかかっても、円を追加発行するだけです。電子機器でヒョイとお金を生みます。命の値段を考えあぐねるよりも素早く、事務的に。

目の玉が飛び出る高額な医療費を誰かが使っても、政府が打ち出の小づちを振って新たに造幣して、財政出動で支払うだけ。だれも払わず、負担せず、ツケを背負わない。

要は公共事業みたいな?

一兆円の吊り橋と同様、国の通貨発行権で即解決です。負担も返済もあるわけなく。

・ 独立国には通貨発行権が自然発生し、自国通貨だけは自在に増減できる
・ 独立国の国家支出は公債の発行でまかなわれ、余剰分を徴税で回収する

この基本すら知らないと、「写真を撮られた人は魂を抜かれる」みたいな迷信で狼狽します。「治療薬で財源を抜かれる」と、ヒステリーを起こして大騒ぎ。

マスコミはやっぱり騒ぎました。

「街にトラが逃げたから気をつけて」の、SNSのデマと同じですね。

マスコミ報道が、ハンディキャップ差別を強めている?

病気の子や親に、世間が白い目を向けるよう、マスコミが国民を分断させています。

ネットニュースにも、こんな締めくくりが多い。

「高額医療費の支払いが、国民の重い負担になる」。

「財源を圧迫して、国庫がさらに苦しくなる」。

従来のフェイク報道と同じで、総量固定のお金をイス取りゲームするつもり。

もし多人数が使えば費用総額は爆上がりしないか?

治療薬の値段に答が出ています。少人数向けだから高いわけで、多人数向けなら最初から1回9800円などでしょう。

推定の患者数で、開発費を割り勘にした計算です。

ごく少数がまれな奇病にかかっても、巨額を投じられる現代文明の勝利です。

国民健康保険にケチがついた?

日本が誇る国民皆保険(こくみんかいほけん)制度は、健康で天寿を全うできたラッキーな人が、悲運な人の出費を分担して払う互助が発端です。この部分は人権先進国です。

注意すべきは、保険料は累進課税の国税である点です。保険料の正体は税金なのであり、消費のブレーキ役です。だから現に、政府が国債発行してほぼ同額を足しています。

つまり保険料や年金積み立ては、本来はゼロが正しいわけね

国税と国保保険料は同じで、医療費の総額は納めた保険料をはるかオーバーしています。今も新たに通貨発行して不足を埋めて、造幣で保険支援をやっています。

政府はゾルゲンスマの金額どころか、はるかに巨額をすでに国債発行で払い続けているのです。国民が毎月払った保険料の範囲でまかなってなんかいません。

現時点で国のおごりが半額だから、国民は「自助できてる」とうぬぼれちゃだめ。

ゾルゲンスマ対象者の立場に、現に国民全員がいて、通貨発行で救われているわけ。

他に予算オーバーしてるものはない?

気象衛星や偵察衛星の巨額の経費も、宇宙名目で出し合いませんね。国の基盤の出費は、特別会計の方に入っています。

暮らしに欠かせない突出した費用は、政府がお金を刷って出していることを知らないと、高額医療費の受給者を悪者扱いするわけです。

苦情を言う者が出かねない?

高額医療を受けた患者宅に、電話をかける者がたぶん現れます。

「おまえ一人で保険金をがっぽり使いやがって、2億円の価値がある人材のつもりか」。

「俺たちの血税を返せ非国民め」。

珍しい病気への差別だけが残る?

知識がない善良な人たちが、差別をあおる側です。フェイク情報を広めて根づかせて。

「弱者は重荷だ」と嘘を広め、国民が差別するよう仕向けた引率役がマスコミでした。

本当はマイナスの負担でなく、プラスの成長要素に自動的になります。あべこべ。

何が一番悪い?

「税金で国の財政をまかなう」「国費は国民負担」が真っ赤な嘘です。お金を出し放題の政府が、国民のかせぎが欲しいわけがない。円の不足はお芝居です。

政府には通貨発行権があり、発行したお金は政府の借入金ではなく、自己資金です。

税金は財源でないのです。

最も大事なことは?
・ 国が出して補った保険料は造幣となり、国の経済成長になっている
・ 国民が払った保険料と窓口料金は通貨廃棄となり、経済衰退となる

国が薬代や医療代金を出せば出すほど、国は経済成長します。

国はお金をいちいち発行して、増やしてから民間に支払います。

結果は、医療費が増えるほど経済成長します。

国民の理解と、あまりに正反対すぎ!!

記事→ 国税を何のために集めるのか

2億円の新薬などの高額医療は、保険制度を脅かさないのです。アメリカの高速道路と同様、国民健康保険は政府財政出動なので、経済成長します。
Photo: Photo by Kolar.io on Unsplash