2億円の治療薬に健康保険がきくと国民の負担は大きくなるのか

2億円の治療薬

超高額2億円の治療薬に、新たに保険が適用される

2020年2月26日のニュースは、高額な治療薬の話題でした。

1回の投薬で2億円以上かかるという、鳴り物入りの薬です。「ゾルゲンスマ」という注射液で、日本でも生産して健康保険が使えるようになる明るい話題でした。

明るいけれど、びっくりですね。

どんな症状?

9カ月前の2019年5月に、こんな国際ニュースがありました。

「人工呼吸器がないと、2歳まで生きられない筋萎縮症がある。その治療薬を、スイスの製薬会社が開発した」。

抗生物質ではなく、遺伝子治療薬です。これさえあれば1回で直るという。そして、1回212万5千ドルという高額なので、2月27日のレートで2億4370万円です。

個人では払えない金額!

それが日本で保険適用になった朗報というわけです。

3割の7311万円を患者側が払うかといえば、国保には自己負担限度額があります。ほとんど全額が、国民健康保険で支払われます。

しかしやはりというか、ある方向へ国民を引っ張るニュースが続出しました。「そう言うと思った」というお決まりのパターンです。

どう言う?

「難病の治療薬に保険がきけばありがたいけれど、金額が金額だけに、国民の負担と公平のバランスが課題として残りそうです」。

「高額の薬価が、財源に与える影響は果たしてどうなのかが問題です」。

これらを、3回くらい読み直してみてくださいね。

健康保険の薬価にも、財源論の勘違いが出まくって

「特定の人が超高額医療を用いて、貴重な財源から多額を一人で使い込む」。

「保険料が同じではアンバランスで、受益者に保険料を多めに納めてもらい、不公平感を気持ちだけでも是正できないか」。

報道はそう言いたげで、明るい話題にネガティブな暗い影を加えています。

2億円にびびっている感がひしひし

これが国民に浸透している、財源論という間違った思考です。

財源論とは、動物のオリに入れたエサのように、総量一定のお金を国民で分け合う前提の思想です。全体的に減って不足すると、奪い合いになります。

他人と自分の利益がぶつかる共食いの思想でもあるのです。誰かが多額を使えば、みんなが使えるお金が激減する不安が生じるのです。

一人だけいっぱい使うなよと、不満が高まるんですよ。

ありそうな不満

実際には国民健康保険は国の公的保険であり、政府がお金を生み、払っておしまいです。政府が無料で2億円を生んで保険の補てんにあてれば、終わるだけの話です。

誰かが珍しい病気にかかっても、制度どおり円を追加発行するだけです。お金はキーボード操作でヒョイと生めるのです。命の値段を考えるよりも短時間で事務的に。

目の玉が飛び出るほどの高額な医療費を誰かが使ったとしても、政府が打ち出の小づちを振って新たに造幣して、財政出動で支払えば誰も損しません。

要は公共事業みたいな?

一兆円以上の吊り橋と同じで、国の通貨発行権で即解決します。負担も返済もないのが、国際的な財政ルールです。

・ 独立国には通貨発行権が自然発生し、自国通貨だけは自在に増減できる
・ 独立国の国家支出は公債の発行でまかなわれ、余剰分を徴税で回収する

この基本すら知らないと、「写真を撮られた人は魂を抜かれる」みたいな迷信に走るはめになります。「治療薬で財源を抜かれる」と、焦って大騒ぎして叫んで。

マスコミに悪気はなく、知らないから迷信の通説どおり報道してしまうわけで。SNSでネットのデマを受け売りする人と、何か似ているみたいな。

「街にトラが逃げたから気をつけて」って言う警告と同じですね。

マスコミ報道が、ハンディキャップ差別を強めている?

病気の子や親に、世間が白い目を向けるようにと、険悪な雰囲気を生んでいる現実があるのです。国民の分断を広く起こさせかねない報道内容でした。

ネットニュースを見ても、次のような締めくくり方の報道が多くみられます。

「高額医療費の支払いが、国民の重い負担になる」。

「財源を圧迫して、国庫がさらに苦しくなる」。

これは従来型のフェイク報道のまんまですね。総量が決まっていてバリアブルではない「国の財源」というフェイクな思想を元にして、国民の不満をかき立てています。

実際には国が円を新たに発行して、それで払っているのです。国民の負担は妄想です。

もし多人数が使えば費用総額は爆上がりしないか?

その治療薬の値段に、最初から答が出ています。少人数向けだから高いのであって、多人数向けなら最初から1回9800円などでしょう。

推定した患者数で、開発費を割り勘にした計算なのでしょう。

ごく少数がまれな奇病にかかっても、巨額を投じられる現代文明の勝利なのです。

国民健康保険にケチがついた?

日本が誇る国民皆保険(こくみんかいほけん)制度は、健康で天寿を全うできたラッキーな人が、悲運な人の出費を分担して払う互助が発端です。この部分は人権先進国です。

だから高額医療を保険適用外にするのは、金が惜しくなった見殺しの意味です。そこまでなら比較的理解しやすいでしょう。

まだ何かある?

注意すべきは、日本の保険料が累進課税の国税に似ている点です。これまた、所得税並みに消費を減らす機能になっています。財源を形成する考えは間違いで、だから現に政府が国債発行して生んだお金を足しています。すでにやっていますから。

日本では、国税と国保保険料は同じものですよ。実際に国保支払いの総額は、昔からオーバーしていますから。今も貨幣を新発行して不足を埋めています。

普段からやっていた?

政府はゾルゲンスマの金額どころか、はるかに巨額をすでに国債発行で払い続けているのです。国民が毎月払っている保険料でまかなってなんかいません。

そうして政府負債をじりじり増やしていくことが、順当な経済成長なのです。

他に予算オーバーしてるものはない?

気象衛星や偵察衛星の巨額の経費も、宇宙名目で皆で出し合ったことはありませんよね。国の基盤の出費は、特別会計の方に入っていたりします。

国民の暮らしに欠かせない突出した経費は、政府が代わりにこっそり支払っていることを知らないと、高額医療費の受給者を悪者扱いしてしまうわけです。

苦情を言う者が出かねない?

高額医療を受けた患者宅に、電話をかける者がたぶん現れます。

「おまえ一人で保険金をがっぽり使いやがって」。

「2億円の価値がある人材のつもりか」。

「俺たちの血税を返せ」。

「非国民め」。

珍しい病気への差別だけが残る?

差別は、差別主義者が先導するわけでもないようです。

色々と知らない善良な人たちが、がっちりと差別ムードのコアを固めています。フェイク情報が大手を振るって、さりげない差別を広めて根づかせている構造です。

日本では、弱者は国家予算の負担だとみられています。これは財政の仕組みと相いれないフェイク情報であり、無意味に国民を分断しています。

何が一番悪い?

「税金で国の財政をまかなう」という真っ赤な嘘が、あまりに日本に広がりすぎているからです。お金を出し放題の政府が、国民のお金にしがみつくなんてあるわけなく。

2億円の薬価の話題では、きちんとした各種報道機関が、フェイク情報をけんめいに広めている実態がよくわかります。

報道機関は何を一番知るべき?

世界各国の政府には通貨発行権があり、お金を必要なだけ発行して使えることです。

記事→ 国税を何のために集めるのか

2億円の新薬など、高額医療は日本の保険制度を脅かします。という説明がフェイク報道だと日本では気づかれにくく、貧困化の原因になっています。
Photo: Photo by Kolar.io on Unsplash