30万円出さぬ馬鹿vs10万円受け取らぬ馬鹿=コロナ給付金の格言

運動会

たったの10万円ぽっきりに、大喜びする日本人の悲哀

貧困世帯だけに30万円の給付金を出す決定がくつがえされ、国民一人10万円に差し替えられました。ここに、未来を左右する問題が含まれているお話です。

報道ニュースは舞台裏に重点を置き、政治プロセスや権力闘争でクローズアップします。コロナで見込まれた自殺者数よりも、増えるか減るかには関心が薄く。

何が問題?

2020年の年収が600万円予定でボーナスも出る公務員5人家族は、0円だったのが50万円もらえることになります。妥当でしょう。

一方で夏に開くビッグイベントが中止になり、今の時点で年収0円が約束された独身者は、30万円の予定が10万円に減ります。

こういう想像力が皆さん落ちています。他人への関心も大事です。

ボーナスや遊ぶ金の話じゃないし。

そこで10万円を辞退する声があるが?

救いがたい勘違いちゃんです。辞退した分だけ、日本国内の経済が縮小するからです。

お金を使えば、人手に渡ります。この連鎖で経済が回ることを思い出しましょう。

お金は使っても消えない?

消える気がするのは、お金を宝物だと思っている誤認です。

貨幣をタピオカなど、資源や物産と混同しています。

不要なお金を国に返すとどうなる?

不要な人の分は貨幣発行を省くから、お金の合計量が減ります。減った分だけ経済規模の拡大を中止し、コロナの経済ダメージを残すわけです。

「自分の分を他人に回してくれ」では回されず、円の発行が減るだけです。

経済成長し損ねる意味になります。

これは、例の障がい者を消した事件と同じです。障がい者の死亡で削減された分だけ貨幣発行が少なくなり、わずかであれ貧乏国へ落ちる計算です。障がい者のコスト分だけ国が富むのが、現代の財政なのです。

ちなみに不要なお金を国に返すことを、一般に納税と呼びます。お金の削減です。

国は多く出費する方がいいのか?

出費が多いほど経済大国です。皆さんの思いと完全に逆です。

その出費は国債発行の造幣だから、小規模にとどめるほどGDPが下がり、国民が貧困化して詐欺や売春が増えていく道理です。

盗みや空き巣のブーム、強盗殺人や焼き討ちなども増える理屈です。

上級国民の都合に合わせた政治も、そろそろルイ16世の状態かもねー。

お金を国民が引き取らないとだめか?

10万円を辞退しないで、もらうのが正解です。そして普段は買わない何かを買って、20万円を使い切るのです。

倍返しで日本経済に貢献します。とにかくお金を止め置かずに、動かすこと。

困窮の程度にくらべ、10万円という少なさは何なのか

10万円を「すくねーぞ」と怒る声が少ないのは、財源論の思想です。

貧困家庭に30万円なのを、全員へ広げると10万円に減らすのは、財源論の害悪です。

財源論をざっともう一度

世界の独立国には通貨発行権があります。お金は出し放題です。国内に、自分の国のお金が枯渇する現象は絶対に起きません。もし起きたら、狂言の芝居です。

通貨発行権は「お金の単位」の著作権みたいなものです。自分が作った曲はどこでいくら歌っても、損害賠償を請求されません。出し放題、使い放題できます。

ところが通貨発行権を知らないと、国費は税金でまかなうという荒唐無稽な勘違いに走ります。皆で出し合ったお金を金庫にためて、皆で大事に使い惜しむ勘違いが財源論です。

財源論は、他人が貧乏になれば自分が裕福になれる、排他的な思想です。

財源論だとお金を神扱いする?

総量一定の誤解だから、人命よりお金を守れという、非人道的になります。人命軽視というより「人命も大事だが一万円札の保護に全力をあげろ」の信条です。

10万円の配布にもこの歪みは混じっています。10万円に所得制限を設けて、総額を低くおさえ込もうとしたのも、残量が減るのを防ごうとした財源論の勘違いです。

財源論が日本の貧困化の原因だった?

平成の貧困化はそれが直接原因です。間接原因として、グローバル化規制緩和などデフレ圧もありますが、主因は貨幣の削減でした。国内の安全が失われゆく途上国化現象は、総量一定のお金を守る歪んだ思想のせいです。

たとえるなら、自作曲は歌い放題なのに、歌えば怒られると思って歌わず、ジリ貧なのが平成の日本です。

ジリ貧とはこれのこと?

現実に全く歌わないのか?

コソコソと歌っています。

歌が減ってなくなるのを恐れて、歌う回数を惜しんで減らし、声も小さいのです。

歌わない政策は具体的に?

緊縮財政消費税増税です。

二つの共通点は?

財政健全化と称する、プライマリーバランスの黒字化目標です。

記事→ プライマリーバランスの黒字化とは

財源真理教への帰依は、具象思考と抽象思考の壁か

10万円に大勢が喜んだのは、みんな平等だからでしょう。

安堵した人が多かった理由は、給付額を少なくとどめれば財源の減り方を小さくできて、より多くの税金を国庫に残せると、大勢が勘違いしているせいです。

実際のコロナ現金給付は、キーボード操作でお金を新発行して貨幣の総額を増やすから、給付額が少ないほど国は貧乏にとどまります。みんなの期待とあべこべです。

当然、給付後に税で回収する指摘も妄想です。経済成長させておいて、すかさず縮小する必要性なんかあるわけないでしょ。

お金の温存は馬鹿?

現代の国際ルールでは、日本はお金を出せば出すほど、何もかもうまくいきます。

砂漠で遭難してのどが渇きすぎた人は、救出時に水を多く飲めば生還します。飲んだ後で同量の水を体内から出して返却し、改めて死んでみせる奇行はあまりないはず。

国際ルールって何?

変動為替相場制に準拠した自国通貨の発行は、絶対に破綻しない原理です。破綻とは支払い不能になる枯渇です。自分で出せるから、枯渇するわけがありません。

政府の負債は政府が埋めれば終わると、わかりきっているから埋めないのです。

難しく考えなくても、シンガーソングライターにとっての自作曲が、日本円なのです。

お金をプリントすればコロナは解決か?

しかし、国がためている貴重な有り金を守り抜く悪い冗談が、日本国を救済するブレーキになっています。国民同士は延々と共食いを続けています。

「お金は働いた時に生まれる財宝で、使えばなくなる」から思考が広がりません。

なぜ思考が広がらないのか

抽象思考の得手、不得手が関係するかも知れません。

たとえば美術鑑賞で、具象画だけが好きで、抽象画は嫌いな人が極端に多いのが日本国民です。外国人は抽象画も好きで、庶民も買って家に飾っています。

イマジネーションのあるなしか?

お金は財宝でなく、借用証書のチケットだという抽象性が壁でしょう。

1万円札を、限りあるレアメタル資源に重ねて崇拝する具象思考です。

外国の経済事情はどうなのか?

世界的に経済理論は間違いだらけです。間違い部分を外国では臨機応変に補正し、日本では間違いに従おうとする差があります。日本は間違いに忠実で洗脳的なのです。

常識で行動すると貧困化する。なら常識が違っていると考え直すべきが、さらに強く常識に添いとげて破滅へ向かう。その手の行動パターンは1941年でした。日米戦争から原爆にまで行った、日本人の往年の欠点なのですよ。それさえなければ、いいやつなのに。

「抽象美術はわからない」という意味不明の悩みがこれとそっくりで、もしかすると美術鑑賞にも、宗教的な思い込みや、教育による誤導があるのかも知れませんね。

記事→ お金を発行する操作手順は蓮舫議員の回に詳しい

現金給付10万円を辞退する発想は、財源論の典型です。全額を受け取り、何か変わった物を買い込みSNSで報告すれば、理想の経済貢献になります。
Photo: n-kによるPixabayからの画像