家庭と政府は何が違う?貨幣プリンターと通貨発行権とは何か

貨幣プリンター

国が出費を節約する意味が、どこにもないのはなぜか

ないどころか、節約や経費削減で国は貧困化します。

ええーっ、節約すれば貧困化する?

昨日の説明のように、日本政府は国民に、毎年毎年240兆円投資しています。国民はそれを基盤として経済活動を行い、2倍以上の540兆円へとふくらませます。

540兆円は世界3位のGDPで、だから日本は隅に置けない存在です。世界から称賛と批判とも多い国です。

だったら、政府がどんどんお金を配って、国民がありがたく受け取り、食いつないでいるようなものではないか。政府が親で、国民は子ってわけ?。

みんなそう思うはず

それで理想です。そうするのが先進国の現代資本主義であり、現にやっています。

だとしても、そのお金はどこから持ってきたのか。誰かのお金を借りたり盗んだのかと、疑いも出ます。

まさか天から降ったり、地からわき出るわけないし

そのまさかなのです。

お金を生む国際的な制度

お金がわいてくる仕組みが、国際的に決められています。法というより自然発生権です。

国のお金は、打ち出の小づちを振って、無から有を生みます。

さっきまで世に存在しなかったお金を、突然出現させます。幻や蜃気楼ではなく、実際に皆さんが手にして物品と交換されています。

打ち出の小づちは、貨幣プリンターのかたちをとっています。

何それ?

「一万円札を刷る印刷機なの?」。

「昔の大蔵省印刷局のこと?」。

「今なら財務省の何とかというあれ?」。

「独立行政法人の国立印刷局だったっけ?」。

それも含みますが、円単位の貨幣を電子出力するコンピューターです。

「お金を勝手につくってよいのか」「犯罪にならないのか」と思われるでしょう。ほら、お札をカラーコピーして支払い、色が変だと店員が気づいて逮捕される男がいますね。

紙幣の反対語が貨幣なの?

貨幣は英語で「マネー」「Money」です。日本語の通称は「お金」です。

貨幣に含まれる最大勢力は預金通帳の電子マネーです。他に紙幣、お札と硬貨、コインがありますが、硬貨は厳密には貨幣と異質の疑似金貨グッズです。

よく「貨幣」と言えばカキクケコの音なので、硬貨、コインと混同しやすいですよ。実は通帳や一万円札も貨幣です。

紙幣は日本銀行が発行します。硬貨は政府の指示で国立造幣局が発行します。ところが預金通帳は、第三の方法で生まれるのです。

お金を生み出せる神様の役目は、皆も使っている銀行

お金を新たに発行できる者は、世界中で決められています。各国の銀行です。

銀行が自主的にお金を発行するのではなく、誰かが銀行から貸りた時にお金が生まれる制度です。考えたのはイギリス人です。

大事な点は、在庫のお金を貸すのではなく、新たに貨幣を発行する点です。銀行に預けてある貯金から工面するのではありません。

ここは人類のほぼ全員が勘違いしています。勘違いしていないのは主に、方法を確立したイギリスの銀行マンたちです。

なぜ勘違いだらけなの?

各国の教科書にウソが書いてあるからです。各国民はウソを学ぶから、ウソを信じたまま生涯を終えます。

銀行自身が口座を置く場所は、日本銀行という中央銀行です。政府だけは日銀からお金を出してもらいます。そのお金が240兆円にたくさん含まれています。

政府とは誰?

中央政府は国会議員と、官僚組織の合同チームです。

日本の「円」は日本で勝手に決めて、世界から信用を得ているお金の単位です。考えたら当たり前で、円を生む責任者は外国や宇宙の遠方ではなく、東京にある中央政府です。

独立国には貨幣プリンターがあるのです。これを「通貨発行権」と呼びます。

世界のお金を作り放題?

日本にある権利は円の支配だけです。米ドルやユーロや人民元や英ポンドは作れません。作れば通貨偽造の国際犯罪です。

アニメ漫画の『ルパン三世』に、各国のニセ札を作る印刷所を隠しているお城が出てきましたね。『カリオストロの城』だったっけ。

家庭は破産し国は破産しない、その違いは通貨発行権

ちなみに、貨幣プリンターは家庭にはないし、企業にもありません。

つまり家庭や企業は、お金が枯渇して破産があり得るのです。怖いですねえ。

しかし国だけは破産しません。

お金が減れば貨幣プリンターで新たにプリントして加えるだけ。お金を適度にだぶつかせておけば、国家は安泰です。それだけの原理です。

よく国を家庭にたとえるけど?

こういう言い方ですね。

「月給30万円の家庭で、生活費が毎月40万円だったら破産するでしょ」。

全くの間違いです。

それもウソ?

完全にウソです。国は破産しません。

円の著作発行権は日本政府にあり、打ち出の小づちに該当します。

絶対に自国通貨は破産しないのです。

使うお金が予算をオーバーすればどうなる?

生活費が毎月40万円に増えたら、月給に当たる予算額30万円を40万円に上げたら解決です。以前より10万円多くプリントするわけです。政府が通貨を多めに発行して、国民の生活費として多めに与えるだけの話ですね。

自らがお金を出す立場なのに、不足して困るとか、お笑いコントじゃないですか。

国民が使うお金を、国民の意思で代理人の政府に用意させる制度なのです。

でも調子こいて増え続けない?

「予算40万が45万、50万、60万と増えていかないか、心配で心配で」。

わかります、わかります。机上の論だと、国の予算240兆円が将来増えると、すごい落とし穴にはまりそうで、胸騒ぎが起きるのはわかります。

机上の論だと泣きます。

ところが、現実世界だと笑います。

予算がどんどん増えたらどうなるの?

答は、予算が増えた結果を経済成長と呼びます。

・ 経済成長の定義 = 名目GDP(国内総生産の金額)が前年より増えること
・ 政府は通貨発行権でお金を新たに作り足し、合計を増やして予算執行する
・ 政府支出が前年より増えると、その金額が名目GDPに加わり経済成長する

だからどの国も、調子こいて国の予算を増え続けさせたいのです。

調子こいた状態を、好景気と呼びます。

いつも調子こいた国を、経済大国と呼びます。

そういうこと?

40万、50万、60万と、お金の使い道が増えれば御の字です。GDPが上がります。

経済大国の順位が上がります。

日本も世界第2位に返り咲き、銀メダルに昇格。応接セットや天体望遠鏡や大型セダンや出窓付き一戸建てを、各家庭が楽に買える時代に戻れます。

各国には、自国通貨を出力する貨幣プリンターがあります。だから、お金は国内に不足しません。国にお金がないぞと騒ぐ者は、悪人かアホです。
Photo: Oliver MenyhartによるPixabayからの画像