携帯電話料金を下げてデフレ貧困化を進める政策ってどうなの

携帯料金値下げ

携帯電話の契約料金引き下げは、間違った政策の典型

携帯電話の料金で、結論はこうです。

正しい考え方 → 携帯料金を据え置かせて、政府が日本の景気を上げる
誤った考え方 → 携帯料金を下げさせて、価格破壊を進め景気を下げる

携帯料金が高いのは当然です。日本人がまとめて貧乏になっているからです。直すべきは貧乏の方ではありませんか。

貧乏に合わせて、経済を縮小させるのではなくて。

景気を上げるのが当たり前なはずで?

皆さんは、おそらく物価を誤解しています。

日本は1990年代から、価格破壊を進めて国の経済が斜陽になり、海外から格下にみられました。日本の自滅行動を察知した隣国たちから、歴史と領土を攻められました。

当時のテレビのバラエティー番組で、繰り返し広めてきた願望がこれでした。

・物価が下がれば、失うお金が助かり、幸福になる
・助かったお金は、チリも積もればで、裕福になる

つまり、お金をなるべく使わずに大事に温存する。その寝かせたお金が資産となり、お金持ちに昇格するという勘違いです。

結果得たものは、他国とくらべた経済縮小でした。インバウンドと呼ぶ途上国型ビジネスモデルへの依存体質がそうで。海外の目に、物価が変に安くて爆買いしやすく、土地も楽に買える国に変わってしまいました。

日本の各種の資産を、外資へ売り払う方向だったのです。具体例は、パソコンメモリーや液晶画面の製造技術でした。お家芸をはぎ取る、未必のワナでした。

番組は何かを見落としていたわけか?

売る側が貧乏になる計算が、コロッと抜けていました。買う側の都合だけ考えて。

実は売る人と買う人は同じ地域の人々で、同じ家族や、同一人物なのです。

そこが今も理解しにくいが

たとえば父が携帯会社の社員だとします。その娘が携帯をより安く買えるほど、父はより貧しいワーキングプアになる道理です。

半額に下げて倍に売れ行きが伸びても、利益は倍に届くわけがないから、従業員の賃下げと解雇は必須です。

娘は電話契約料の安さに喜んでも、父の給料が減って、差し引き貧乏になります。

経済規模を大きくすることが、国を運営する永遠の正解

日本人が総じて間違っているのは、経済規模を縮めて小さく縮小し、ミニスケールへミニチュア化すれば、お金が減るのを止めて豊かになり、国力が上がる思い込みです。

日本人の考え方は次のとおりです。

・お金は、働けば生まれて、買い物などで使えば消えるのだ
・お金を生むのは会社員であり、消すのは使ってしまう遊び人だ
・支出して消す愚行をなくせば、あとは働くだけお金がたまる

物質文明をなくせば何も買わずに済み、働いた収入が全て手元に残ってお金持ちになれるという感覚が、日本的な思想なのです。経済縮小にあこがれる理由です。

ギャグどころか、本気でそのつもりの人が多い現実・・・

パターン分けして考えましょう。

A国 = 携帯会社の父は、ワーキングリッチで高所得。娘は携帯を高く買う。
B国 = 携帯会社の父は、ワーキングプアで低所得。娘は携帯を安く買う。

住む人にとっては、こんな違いです。

A国 = 物価が高いのはイヤだが、給与報酬も高いので、苦にならない国
B国 = 給与報酬が低いのはイヤだが、物価も低いので、苦にならない国

どちらも苦にならず、トータルが同じと思う人が多いのです。

いるいる

実は、国の格と発言力に差が出ます。

A国 = 経済規模GDPが大きいから、先進国として経済大国に定義される
B国 = 経済規模GDPが小さいから、途上国として貧困国に定義される
外国にくらべて自国だけが小さく縮むからか?

それもありますが、まだあるのです。

給与報酬が下がっても物価も下がれば、トントンだと多くは思っているでしょう。実際は所得の増減は拡大するのです。増幅するアンプでも仕込まれているかのように。

A国 →  物価が3割上がれば、給与報酬は4割上がる
B国 →  物価が3割下がれば、給与報酬は4割下がる

実質賃金に差がつくのです。

A国 → 物価の高さ以上に所得が上がり、消費が活発に = インフレ好況
B国 → 物価の安さ以下に所得が下がり、消費が冷える = デフレ不況

要するに、インフレ好況の国は金持ちで、デフレ不況は貧乏です。

自分より下とくらべて、心の充足を得られはします。でも他国から見ると、貧者の集まりです。シャープ社やパイオニア社を日本企業が買えなかったように。

それで、外国人が日本の土地を爆買いしています。

北海道がそうらしくて

大阪都構想も典型で、国際金融資本(ロスチャイルドを指すのでなく)が大阪市を植民地化して、外国人が居住する香港ふうの経済特区へと変える金融ビジネスが想像できます。もちろん東京に敗れて、離反する筋書きです。

それで市の公的資産を外資へ売却し、自治を壊す手順から始めるわけです。その前段として、まず大阪市に混迷と貧困をもたらし、住民を無力化します。新型コロナ騒動に乗じたショック・ドクトリンです。

日本国民は、何をやれば景気が上下するかも知らないみたいだし。

大衆ってそんなもんでしょ?

エリートの話です。上層の人々が物価を下げるデフレをやりたがり、逆走中です。

その証拠に、携帯電話の重役たちは次の言い方をやりましたか。

「政府が価格統制するなんて、市場原理に反している」
「安売りすれば経済縮小するから、我々は価格破壊を防ぎ雇用を守ってきた」
「企業が解雇や設備縮小するようし向ける強要は、資本主義の破壊だ」
「政府が価格を指示するのでは、まるでソ連や共産国の計画経済だ」
携帯業者が口をつつしむのは、報復の仕打ちが怖いから?

登場人物の全員が、資本主義の仕組みにチンプンカンプンなのです。

実は資本主義とはどういう方法論なのか、皆さん全然知らないわけです。

知らない人は普通は、意見を持たないものですよん。

それなら携帯電話業界を、今後どう改善すればよいのか

携帯料金を改善するには、次の順序がオーソドックスでしょう。日本経済を上げるなら、インフレ率を上げる積極財政をとります。

1.携帯会社に対して、政府財政出動を行う
2.政府出資で、速度アップなどサービス向上させる
3.料金を据え置き、実質的値下げとする
4.政府財政出動を他分野にも広げる
5.所得が上がった国民にとって、据え置き料金は負担軽減になる
6.右肩上がりに経済を回復させて、市場原理にまかせる

価格を下げずに通貨発行で整備と開発を行い、民間が続くのが資本主義です。

価格を下げ合って共食いするのは、資本主義もどきです。それだと統制経済です。

財政出動を社会主義だと批判する声もあるが?

新自由主義側のアジテーションがそれです。最近の公務員叩きもそれ。

世界中も日本も、政府財政出動は当たり前にやっています。EU国の中央銀行(ECB)もコロナでお金を増やしています。世界は減税ラッシュ。減税は財政出動と同時です。

アメリカと中国が経済大国なのは、中央銀行の財政出動の力です。

やらない方針の日本さえ実はやっています。税収は60兆円、国債発行は90兆円。超過分が経済成長で、それが小さすぎて貧困化しているだけの話なのです。

日本が危ないのは、「税収は無限に拡大、国債発行を0兆円に縮小」の自滅を、国民が信じたカルト状態だからです。

なぜ新自由主義の人は政府の通貨発行を止めたがる?

国民健康保険や国民年金を、国に主催させないよう仕向けて、民間が引き受けて証券会社に上場します。持ち株会社や外資系ファンドの株主が、世界の富を独占する目的です。

上級国民には不労所得の願望があり、庶民が働いた成果を働かずに巻き上げたい。

だから新自由主義者は、福祉国家を糾弾して、福祉制度を中止させるように批判します。日本のネットにも非常に多い。相模原19人刺殺も、新自由主義が主犯といえます。

それを国民が喜ぶヤケクソ状態?

実際に国営企業の欠点を糾弾して壊したのが、郵政民営化でした。300兆円の郵便貯金が外資のジャンク債に流れる結果で、焦った新会社では簡易保険の不正勧誘が起きました。株主が儲けをあおるから、末端の職員は鉄砲玉になるよう追い込まれます。

「年収800万円の郵便局長たちの既得権を壊せ」のデマに。日本人は引っかかりました。オレオレ詐欺の巧みな言葉に、あっさり引っかかるのと同じ流れで。

国民は郵政民営化に大賛成したので、起きた事態に今も向き合えませんね。郵便局が不便に変わり不正が増えたニュースを、あまり聞きたくない沈んだ気分です。

日本は経済ばかりにこだわりすぎだとよく聞くが?

逆です。

日本だけが、国の経済を捨てている珍しい国なのです。

日本国民が経済を捨ててきた証拠はあるの?

これも日本を捨ててきた証拠かもね

今の日本がやっている、規制緩和、構造改革、民営化、価格破壊、福祉の整理は、どれも日本の強みを捨てて、イラクのように分断して解体する逆走です。

この国家破壊は最初にイギリスが始め、アメリカが続き、日本は遅れました。

国鉄民営化の時も信州ワイド周遊券が消えたし

近年に英米は破壊を中止し規制を取り戻しました。破壊の中止も日本は遅れているから、国際金融資本の縁故者が日本を狩り場として狙い撃ちにしているわけです。

大衆やエリートが財政のからくりを知りガードすれば、侵食を防げます。

記事→ 大阪都構想がおもしろがられるわけ

外部→ 大阪都構想のタネ明かしがこちら

携帯電話を値下げする政策は、価格破壊によってデフレ不況を強め、日本経済を右肩下がりへ傾け、国民所得を減らして、領土を失う方向の努力です。
Photo: by Egor Vikhrev on Unsplash