未来子育て全国ネットワークはなぜ保育所問題を解決できないのか

LADY

保育所や待機児童の問題は、すでにカオスの状態

「未来子育て全国ネットワーク」の方が、ラジオ放送で最新の問題を訴えました。

まず保育園、保育所が足りない問題です。

1960年代から、日本は三世代でない核家族の社会ですから、働くママさんは幼児を預けなければいけません。この問題は1970年代から目立ちました。しかし保育所が少ない。

次に、保育所を建てにくい問題です。

場所がありません。みつかっても駅と反対の郊外だと実用になりません。しかも都市でも郊外でも、住民の反対運動が待っています。子どもの声や歌が耳にさわるから。

音以外に人も嫌いだし

ママさんの出入りもバタバタあわただしいし、周辺に駐車したりも起きて嫌われそうで。母も子もマイノリティーになっているせいで嫌われる対象になるわけで、母子への社会の理解はどんどん薄れています。

しかも運営されている保育所にも、悩みがあるのです。保母さんが本当に給料を全額もらっているのか、ブラックの不払い状態になっていないかも、悩みのタネです。

突然の保育園閉鎖や、いっせいの保育業ボイコット事件も実際にありました。

全ての原因は、解決の糸口が完全に間違っていて

そうした山積み問題の果てに、こんな方向のまとめ方で番組は終了しました。

「行政は現場の状態をよくみて、理解して適切な解決をお願いします」。

「保育所の改善にも、私たちの税金が使われるのですから」。

・・・・・・・

んー

・・・・・・・

んー

ニヤリとされた方もいらっしゃいませんか。「私たちの税金が使われる」って。その解釈のしかたを財源論と呼びます。間違った思想信条です。

国税は、支払いに使うお金ではありませんから。貨幣の安定のために集めます。原理的に財源なんかじゃないのです。国税は、政府にとって金目の物ではありません。

政府にとって、のどから手が出るほど欲しい国税なわけはなく。

もちろん都道府県市町村などの地方自治体は、国とは立場が異なり、地方税は域内の予算になります。でも本筋の問題は、国が自治体に渡す地方交付税交付金です。そのお金は税金ではありません。そのお金のつくり方は・・・

せーのっ

「打ち出の小づち、貨幣プリンター、通貨発行権と呼びまーす」。

正しい対処は、日本国内にある貨幣の量を増やすことです。通貨発行権で。

かっぱらって持ってくるのではなく、新たに作り出して足すのです。

お金を発行して投入すれば保育は完全解決か

それに対して財源論は、税金を備蓄した総量一定のお金を奪い合う、共食いの思想です。貨幣量を増やす概念がどこにもなく、単に今あるお金をどこに回すかの、イス取りゲーム方式ですよん。そんな分捕り合戦で、世の中がよくなるわけないでしょ?。

その間違った考えを持つ限り、カジノづくりなどおいしい利権がある陣営に、国の予算をあっさり持って行かれます。利権になりにくい保育は後回しになるでしょう。

保育は巨額の富を生まないから、レントシーキング、ロビー活動で負けます。

総額が一定の財源論から卒業しないと、保育はオワコン

そして今実際に日本では、その間違った財源論に沿っています。財源のお金を保育に回せば、穴埋めを高齢者に負担させる式の、食い合いの論法で話が進んでいますよね。

国民がそう信じているから、政治家がそのとおりに国民を苦しめてくれています。

「私たちの税金を大事に使って」と言ったとたん日本はおしまいで、高齢者と保育ママさんの、どちらの人に倒れてもらうか、辛酸をなめてもらうか、人生をあきらめてもらうかの、勝ち負けの争いになりますから。

現になっていて、保育は負け組なのです。

じゃあどうすればいいの

もし本気で保育を改善したいなら、次の言い方が正しい主張です。

「政府と財務省は国債を発行して、財政出動して保育分野に当てなさい」。

「ゆっくりしていないで早く」。

全員が座れるまでイスを増やすように、間違っているお上を指導するだけです。

お金を生めるんだから

「お金を自由に増やせるなんて、たまげたー」。

「夢のような話だー」。

「夢やがなー」。

なんて思っている方はいませんか。マネーがクリエイションされる国際金融ルールが初耳だとすれば、今から覚えても先進ユーザーになれるほど日本は遅れています。

世界中で採用されている積極財政という統治です。この正攻法は、高齢者と母子の両方をリッチにできます。別に、とっておきの奥の手や裏ワザじゃないんですよ。

いざという時の、伝家の宝刀なんかじゃないし。貧困のひの字も起きないように、先手を打つ政府活動なのです。貧困になるまで待って、なってから重い腰を上げるなんて、おかしいのです。

鳴り物入りのイベントではなく、普段さりげなくやるべきことです。どちらを切り捨てるかの非人間的な取り引きは、やらない方法に世界がなっています。

日本だけが逆をやっているわけ?

「私たちの税金でまかなっている」という架空の妄想を、国民が本気で信じているからです。民主主義ですから、その誤解の産物である財源論に沿って、ごていねいに日本を回してくれている政府がいるわけです。

国民の意向に従って、経済成長を止めて、貧困化させています。国民の望みどおり。

この貧困化は、国民がそうなるよう強く引っ張った貧困です。

引っ張った覚えないけど?

「国は無駄づかいをやめろぉぉぉっ」。

「あっそうですね、保育も無駄ですね」。

「子どもが嫌いな人には、全く無駄ですから」。

「保育の目的では、お金の新発行を中止しますね」。

・・・・・・・・

保育の問題は、結局は資金を干された業界の斜陽化です(ポツリ)。

財源論で日本が解体される?

プライマリーバランスの黒字化目標で、今はママさんが非優先なのです。ママさんを救ったとしても、プバ黒をやめない限り、泣いてもらう対象が高校生に替わったり、慢性病の人に替わったりと、被害者が入れ替わるだけです。

財源論だと、ママが安心して働くには、祖父母にくたばってもらう。日本だけがこれ。

「公的サービスを私たちの税金でまかなう」と言い続ける限り、税金を国民から際限なく取り続けながら、サービス縮小し続ける計算になります。

母子もいくらでも、どこまでも貧困化します。日本は世界から落ちこぼれます。

現になっていますね。

落ちこぼれってこの悪口?

「未来子育て全国ネットワーク」の悩みは、正しい解決法が簡単すぎましたー。

正解は、国債発行による政府財政出動でーす。

保育行政の暗黒は、地方役人の怠慢ではなく、貨幣不足で起きています。政府が財政出動しない思想信条のせいで、資金なき解決を強いられています。
Photo: by Jordan Christian on Unsplash