戦後の日本を貧困化させる法律がこれ:財政法4条はジェノサイド

なぜ財務省が日本経済を壊したがるか、動機を示す動画

財務省が日本経済を壊す『平成ジェノサイドジャパン』の動機が説明される動画です。

なぜ日本を弱体化させ、貧困化させたがるのか。女性の自殺を増やしたい理由。

動画で「戦後レジーム」のカラクリが説明されます。レジームとは「政治体制」です。

「失われた30年」のセルフジェノサイドで国民の生命と財産を削減し、貧困化を進める財務省の狙いは何か。何が目的で、日本をつぶそうと必死なのか。

二次大戦の日米戦争の敗戦が、日本貧困化作戦の起点

日米戦争で無条件降伏した日本を、進駐軍が占領しました。GHQとも呼びます。

敵国日本をアジア最貧国へ落とす目的が「財政法4条」です。「通貨発行権」をはく奪する条文があります。1947年(昭和22年)の施行です。

国の歳出は、公債又は借入金以外の歳入を以て、その財源としなければならない。
但し、公共事業費、出資金及び貸付金の財源については、国会の議決を経た金額の
範囲内で、公債を発行し又は借入金をなすことができる。
どういう意味?

普通国債発行を禁じ、外貨借入も禁じる意味です。建設国債は例外で許可します。

何が起きる?

そもそも国が成長するのは、政府がお金を発行するからで、お金とは国債を指します。

国債発行こそが、国民所得を増やし、売買を盛んにし、企業を富ませる成長戦略です。

お客が多く買った企業が、アイデアを製品化でき、イノベーションに成功します。

それをさせない法律なわけ?

お金を増やせなくして、経済成長をゼロに仕向けた悪意の法律です。

経済成長をよくてもゼロ、普通ならマイナスで衰退させる法律です。

だからジェノサイドの効果か

「ノーモア・パールハーバー」のペナルティーに従い、コロナで大勢が窮乏になろうが、国会議員に救済を拒否させ、逆に増税で締め上げて、線路に身を投げさせます。

身投げブームが続いていますね。

その布石があれ?

「ジコセキニン」「ジジョ」「ミヲキレ」。

国民も財務省といっしょに、日本経済破壊に必死だった

国民もまた「国債を出すと財政破綻する」「税金は財源だ」の嘘を信じています。

国の金庫の一万円札が減るのを防ごうと、協力してきました。

やることなすこと、全てが貧困化促進てわけ

「政府の赤字をなくせ」。

「公務員を削減しろ」。

「貧困者を切り捨てろ」。

「福祉は国の負担だ」。

と叫ぶ国民が続出しましたね。

どの叫びも、通貨発行して国民にお金を渡すのを阻止するから、全員がビンボーに。

国民は今も改められない?

「日本企業の社長が馬鹿だから」。

「年功序列の老害を排除しろ」。

「日本人の労働は非効率だ」

「若者の草食化が悪い」。

と、関係ない方向へ話がそれていくばかり。

日本人はどこまで狂い続ける?

今も続く「コロナ給付金に反対」「社会主義に反対」「資本主義も終わり」「日本も戦争しろ」「戦争に勝ってお金をとろう」と、国民の頭の中はグチャグチャ。

国民は、政府が100兆円を発行すれば、国民が100兆円を払うと全く勘違いしています。この論法だと、年収500万円の人は、徴税も500万円です。

おかしいと気づけってわけ?

ブラック企業の人権侵害は、エサを減らされた動物の共食いなのです。初期の猫殺しから始まり、路上無差別テロや、放火殺人が小さなブームになっていて。

「失われた30年」は33年目で、ますます過激に暴走中です。

この令和のヤケクソな内戦を止めようと、何人もの国会議員が立ち上がりました。

二次大戦の戦後は続き、平成令和に敗戦のツケが回ってきて、若者の生命が消されて新しい命も生まれず、高齢者も晩年に不幸に落とされました。
Photo: by Jonathan Borba on Unsplash