コロナだからお金を出すべき→管理通貨制度だから、が正しい理由

コロナで国民が困窮しても、お金を出さない日本政府

日本以外の先進国では、お金をばらまいて経済を支え、国民のホームレスや自殺や餓死を防いでいます。

しかし日本だけはばらまき拒否で、自殺や餓死が増えるにまかせています。

ばらまき拒否が、雑誌『文藝春秋』の財務省次官でした。

ばらまき競争で日本は破綻するぞ、と

日本国民は、記事内容がフェイクだと気づかず、ばらまき反対に同調しました。

国民の言い分は・・・

・ コロナが原因で働かない者に、無料でお金を進呈するのはずるい
・ 働かない者は理由が何であれ、生きる価値はないから死ねばよい
・ 低所得の人間が早く死んだら、そこに税金を使う必要がなくなる
・ 僕が払っている税金も下がり、勝ち組の暮らしは楽になり嬉しい

「えっ、ひどい理屈だ」と一瞬思った人も、程度の差はあれ似た感覚でしょう。

税金が下がってくれるなら、人口がいくら減ってもよいと思っているはずです。

人口減がそんなにやばいなら、途上国の低所得層を移民させて補えば足りると。

今ほど日本国民同士が憎悪し合い、殺意を持ち合っている時代はないほどです。

猫などを殺して、本番へはずみをつける者もいるほどひどい。放火も目立つし。

コロナで国民が困窮しているから、お金を出せの論法

「いやいや、お金をばらまくべき」の論法がこれ。

今は、コロナでみんなが経済的に苦しんでいる。だから政府はお金を発行して、公共事業や給付で国民にばらまいて、当面は経済を支えるべきだ。

人道的な面から正しく聞こえますが、根本は一応間違いです。

通貨発行を最終兵器と考えてる?

「追い詰められて生きるか死ぬかの瀬戸際なら、苦しまぎれにお金を発行するのも大目に見てよかろう」の意味ですね。

「非常事態に限って、お金を発行してもよい」と。

訳ありの時だけ国債を出せるという?

コロナ禍の中、政府に干され亡くなる哀れな国民を、救う気持ちは確かに正当です。

しかし財政の基本に照らし、間違った理屈の正しい答です。誤解に基づく正解。

「コロナだからお金を刷り、コロナ収束でやめる」は間違いです。

国の財源は通貨発行であり、税金は余剰通貨の廃棄

国の財源はそもそも国債です。

普段から毎日。

コロナや地震に関係なく。

税金は財源ではないのです。

コロナの条件つきで、通貨発行するのは間違い?

通貨発行は奥の手や、伝家の宝刀や、最後の決戦や、おぼれる者のワラや、苦しまぎれのブチキレや、やぶれかぶれとは違います。

現に日本でも、毎年次々と国庫短期証券や国債は発行され続けています。

国の予算は、いつも、どの時代も、新たに刷り足した新造分の自国通貨を使います。

国債発行は苦しまぎれのチョンボの裏ワザだと、皆様は勘違いしている
何かにたとえると?

国債は飲み水に似ています。

砂漠から救出された時だけでなく、家でも少しずつ水を飲み続けますね。炎天下の危機の時だけでなく、平時にも年がら年中飲みます。

生きている限り、飲んだ量の合計リットル数は無限に増やします。

増えないなら、すでに遺体か火葬場です。

「普段は飲んではならない水を、砂漠では飲んでよい」は間違った考えです。

国債は出し続け、増やし続けるのが正解ね

国の財源は、政府が発行する自国通貨で全額まかないます。

全額です。

政府はお金を次々と新発行します。

すでにあるお金を集めて使い回すのでなくて。それをやるとむごい重税になります。

それ言うと、税金は何なんだと、からむ者が出てくる

国の予算の全額を国債で出し続けると、国民のマネーストックがたちまち増えすぎます。商品が買われすぎて品不足になります。通貨価値が落ちます。

そこで前年に増えたお金の一部を、翌年に回収します。これが徴税です。

回収金額だけ国債の新発行を減らす会計処理で、税金は捨てる計算です。

こうして予算をフルに用意できて、でも増分は予算額より小さい数字にとどめて、過剰な金余り現象を防ぎます。イギリス金融界が開発し、世界がならう方式です。

記事→ 税金は捨てるお金

でも日本だけは違う?

日本は通貨発行よりも多い税金をかける、間違った思想です。

記事→ 間違った思想がプライマリーバランス黒字化目標

それで先進国で唯一、貧困へ転落しています。

唯一だなんて大げさな、他に落ち目の国はないの?

コロナの非常事態ゆえに通貨発行するのでなく、現代国は普段から通貨発行だけが財源で、税金は捨てるお金です。日本以外はこの管理通貨制度です。
Photo: by manu schwendener on Unsplash