経済は嫌いだし関わりたくない!→ほらね貧困化が止まらない

競馬

読者が少ない経済と、多い経済の、二種類の経済

「経済関係ニュースは目に入れたくない、嫌い、関係したくない」。

そのせいで日本が貧困化しているというお話です。

経済アレルギーか

経済ブログも動画も大衆人気がありません。経済関係は閲覧回数が少ないし、反響もわずかです。

ところがネットで最もアクセスが多いジャンルも、同じ経済です。株の投機、FX、仮想通貨の投機。資産を増やす財テク。儲かる商材。それらも経済です。

もうひとつの経済?

言葉は同じ「経済」でも、「経世済民の国家経済」と「一攫千金の金儲け経済」は人気が大違いです。国づくりは不人気で、金儲けは大人気。経済の語の二面性です。

投機経済ファンが急増した起点は、バブル時代の株ブームでした。企業の業績が平凡でも株価だけは上がったあの頃です。銀行ロビーで何時間も、株価の電光掲示板を見つめる人がいました。今は平成デフレ不況で所得が減り、働き口も減る中、切実な株人気です。

一方、暮らしを傾けた緊縮財政消費税増税の話は、読者が非常に少ないのです。

経済アレルギーは、国全体の経済に関して強く現れます。

だから日本国民が貧困化した理由を全く知らなかったり、自分であらすじを作って早合点している人がとても多くいます。

少子化のせいで貧困化したとか、経済人さえがでたらめを言ったりして。

日本経済の話題に、国民みんなが注目しないのはなぜ

日本で経済の話をすると、いかがわしい人に思われる不安です。

「自分は経済にだけは関わりたくない」の反応が出てきます。経済と似た立場は、日本では競馬や競輪かも知れません。

「あんたそんな変なことやってんの?」と白い目でみられる感じ。欧米のお金持ちの遊びも、日本では底辺層の悪行に扱われています。

ださいイメージ?

経済に関わると、おしゃれな人に見えませんね。ファッショナブルでスタイリッシュな、ルックスのよさや好感度は、経済関係者とは逆方向とされます。

経済には清潔感がなくて、不潔な印象があります。不健康。

ケイザイなんて、口にするだけでイメージダウンです。

日本人は個人主義だから?

「アメリカ人は社会主義で、日本人は個人主義」という研究がありました。

これは従来の先入観「アメリカは個人、日本は団体」と逆だと言い出した研究です。

そもそも国の経済の仕組みに関心を持つと、時の政権に話が及びます。政治家とは別に「経済家」がいたりせず、経済も政治家が決めるからです。

政治嫌いが経済嫌いにスライドします。

アンチ政治で経済も巻き添え?

政治に関わりたくない、選挙の投票に行かない人の多さが関係します。政治が不潔だから経済も不潔だと、重ねてしまいますね。

このブログサイトも最初にご覧になり、現政権を叩いて支持政党を宣伝する、選挙運動の工作だと思われた方が多いでしょう。

経済は、触らぬ神みたいな。でも・・・

「政治経済なんて大っ嫌い」は、非常に強い政治信念です。立派な偏向です。それ自体が激しい主張で、ゴリゴリと固まった思想信条でしょう。

政治への不信は?

政界の裏にある闇だとか、他国の資金団体との黒いつながりとか。

しかも右翼や左翼に分類されたり、反社会勢力に近づく気までしませんか。

だから経済に絶対に関わりたくない人は、独身女性が特にそうでしょう。国家の枠組みだとか、世界の変革だとかが、最も似合わない層です。

理解できないのではなく、理解したくない。その件にタッチしたくない、頭から嫌いで、関係を断ちたい。目をそむけたい。

わかる

自分の考えを持って社会に意見する女性は、日本では特別に嫌われますし。自意識だけでなく、他人の目にもイメージダウンです。闘う女は、めんどくさいやつというか。

事なかれ主義は?

日本に、次のような意識はあるのかも知れません。

「黙って上に従えば、それがひどい間違いであっても、責任は上にあるから」。

数字が苦手な理由は?

もちろん算数や数学嫌いの線でも説明できるでしょう。

数字やグラフはビジュアルでわかりやすいにしても、頭は疲れます。経済に首を突っ込むのは、こりごりになりそうで。

海外の義務教育では、経営の側面からお金を説明して、生涯の基礎知識にする授業もあるそうです。人生にお金は大事だから、我流で妄想はやめようというわけかなー。

お金が不衛生だった一昔前の、負のイメージもある?

珍説として、赤痢やコレラや腸チフスが流行った、戦後の不衛生時代もあるかも知れません。百円札や千円札は誰が手にしたかわからず、汚いから警戒されました。

お金に触ったら、手をせっけんで洗いなさいという時代です。この指導が、お金の世界は汚いから関わるなの教えに混線したかも知れません。

保健の次元での不衛生が、ダークビジネスに通じるみたいな。

さかのぼると、欧州にユダヤ金融差別がありました。お金の貸し借りは、怖いし汚いと。戦争する二国に、同じ金融会社が融資するなどです。「世界の戦争は巨大金融企業が企画したビジネスだ」という陰謀説です。

経済って裏が汚いわ、の人生訓になりやすいのです。

汚い→回避→知識ゼロ→だまされる

その結果、風説と迷信が普通に広まっています。

たとえば政府が消費税率を上げれば、国民の手元に残るお金は減る理屈です。養える国民の合計人数は減ります。

だから、デフレ不況下での消費税は殺人効果を発揮します。

しかし知識ゼロでは「増税で人口が減る」正常思考が困難です。「増税で国のお金が増えれば、子どもも増えるかも」と逆を信じてしまいやすい。

いかにももっともらしいし?

「若者が変な気を起こして子どもをつくらず、人口が減った。人が減れば買い物も減り、経済が落ちて当然だ」と、因果を逆にした者が続々と現れました。

「いじめられて自殺した子のせいで、いじめ事件が増えた」的なロジックで、「少子化で経済が落ちた」のフェイクをご意見番もよく言いますね。

本当はどうなの?

緊縮財政消費税増税で、国民のサイフに入る貨幣を減らして、そこから日本はあらゆる分野のあらゆる次元で、何もかもが縮み続けています。

皆が経済嫌いを続けると、日本経済が乗っ取られる可能性もあるのです。

どゆこと?

A業界を増税して、B業界を減税する場合。これはA業界が生んだ儲けを、B業界の儲けに移動する「富の移転」です。B業界からの政治献金や利益供与で実行されます。

八百長よりひどいー
日本で経済の語が敬遠される理由はいくつもあり、筆頭はお金は怖いマイナスのイメージです。皆が経済話に触れるのを怖がり、貧困化を直せません。
Photo: by Sheri Hooley on Unsplash