お金のばらまきが成長戦略だと気づこう:幸せの青い鳥はどこ

幸せの青い鳥

日本人はお金のばらまきに反対し、成長戦略を求める

政策に一過言ある人の主張。

「政府は、ばらまきなどの人気取りはやめて、成長戦略を進めよ」。

よく聞くわ

「ばらまきは一過性で、無駄にお金を失うだけ」。

「成長分野や企業に投資すれば、将来性が高い」。

「選択と集中だ」。

もっともらしく聞こえるけど?

完全に間違った、反社会的な言動です。

現代は、政府がお金を国民にばらまいて経済成長させます。

管理通貨制度」と呼びます。

・ 政府が消費や出資を行うと、直接GDPに加わり、その時点で経済成長する
・ 政府が国民に給付したお金で、国民が消費するとGDPになり経済成長する

これに背を向けた日本だけがデフレ不況で、貧困化して不幸です。

日本だけ、という確証はあるの?

日本国民は今も、経済成長させる方法を知らない

世界の現代の成長戦略は、お金のばらまきです。

特に先進国は、お金のばらまきが成長戦略の核心であり、成果は露骨に出ている
ばらまきはそんなに大事なこと?

ばらまきとは、買う客の側に、買うお金を持たせる仕込みです。

企業は買い手がお金を持った前提で、作り運び、店に並べます。

買う側が貧乏だと、誰も買わんか

政府が国民に自国通貨を持たせ、あとは市場原理にまかせます。

国民は良品を買うから、競争でイノベーションも起きるのです。

成功した例は?

2020年からのアメリカも、2人の大統領のドルばらまきで、コロナ不況を脱しました。

ばらまきの穴となる徴税をふさぐため、トランプ政権はまず減税しました。

公共事業・失業給付・国民給付で、トランプ政権の2020年5月のインフレ率0.1%から、バイデン政権の翌年10月に6.2%へと、コロナ前より景気を上げました。

日本が難解な成長戦略をこねくり回し、インフレ率マイナスなのを尻目に。

日本、アメリカ、中国の成長ぶりをチェックしよう

アメリカと日本の、金銭感覚の違いはどこ?

日本はばらまき拒否で、減税も拒否、自国通貨の削減と所得減を進め、デフレです。

・ 米国 = 客に金を持たせれば、商品は必ず買われ、経済成長するはずだ
・ 日本 = 企業に改革させれば、商品は必ず売れて、経済成長するはずだ

二国の主義はどう違うか。

・ 米国 = 買う者が市場をリードする(金がない者は、商品を買わないのだ)
・ 日本 = 売る者が市場をリードする(金がない者も、商品が優秀なら買う)

結果はこう。

・ 米国 = 経済成長
・ 日本 = 経済衰退
日本は企業を叩く政策ばかりだし

結果は企業幹部が部下を叩く、ブラック企業の一大ブーム。

世間は「社長が馬鹿で社員がナマケモノのサボリだから、売れる物をつくれずにいる」の固定観念に閉じこもっていて。

「だって、きちんと物をつくった企業は伸びてるし」と信じています。

伸びた企業もあるの?

伸びたのは輸出企業です。

輸出先の国は政府がお金をばらまいて、国民が買う金を持っているからです。同じ商品が国内で売れないのは、日本政府はばらまかないので、日本国民に買う金がないから。

客が金欠なら、売る努力は無意味です。

魚のいない池で、釣り人の腕を磨いても、結局は釣れないから。

日本の経済戦略は、夢みる子どもか

日本国民は「成長戦略」なる魔法のレシピを、政治に求めます。

野球漫画の「消える魔球」、ボクシング漫画の「ブーメランテリオス」「ゴッドイリュージョン」みたいに、奇策や秘術で解決したがる。

でも今、口で言えない成長戦略は、脳内妄想です。

日本で求められる成長戦略は、幸せの青い鳥です。

青い鳥の正体は、ばらまきか

世界が皆やり、日本もやりかけたばらまきが、イノベーションの原動力です。

・ 米国 = ばらまきと減税のみやるから、あとは国民はご自由に → インフレ好況
・ 日本 = ばらまきと減税のみ許さない、あとは国民はご自由に → デフレ不況
日本がばらまき断固拒否なのはなぜ?

お金の意味と機能を、完全に勘違いしています。

ばらまいた分だけ残りのお金が減るのだと、まるきり勘違いしているのです。

日本では「税金が財源だ」の嘘が広まり、「税金を役立つことに使え」という見当違いの願望でこり固まっています。

税金を「使うお金」と誤認し、だから無限に増税する。すると国民は買う金を失う。

記事→ 日本経済がおかしい焦点

財源を心配する時点で勘違いか

国の財源は、国庫短期証券か国債か財投債です。

使えば残りが減るのでなく、増えます。

税金は財源ではありません。

記事→ 国の財源は国庫短期証券だ

世界の成長戦略は、自国通貨のばらまきです。資本主義では、お客の購買でデザイナーやメーカーや運送やショップが成長し、経済発展するからです。
Photo: by Mariko margetson on Unsplash