消費税減税を嫌う中二病で日本経済が倒れゆく÷甘えと自己責任論

キャンディ

甘えという問題が、経済を悪化させている日本の国民性

際どい話ですが、消費税はあるアフリカ国に残る風習、女子XXと似ています。

その手術をやめろという理由は、痛いからではなく、やるメリットが妄想だからです。

ところがそこに、男子のある種のロマンが加わります。

今度はどういう話?

国際政治評論家や社会批評家は、国民性の違いを比較文化論として、欧米対日本の優劣で語るのが好きですね。

「欧米人は新しく洗練され、日本人は古くさくて野暮だ」がよくある展開です。

締めくくりも、「日本人は心を入れ替えて、欧米人に近づこう」が多かったみたいです。

そのひとつに、土井健郎さんの『甘えの構造』という本がありました。読者はこう受け取ったものです。「日本人に特有の甘えの心理を、少しでもなくそう」と。

それが今の日本経済で、致命的な国民性になっています。

甘えてしまうのが問題か?

逆なのです。

甘えの態度ではなく、甘えをなくしたがる態度です。

甘えをなくそうとして、失敗している奇妙な問題です。

それが経済を悪化させている?

ひとつが自己責任論です。「国や組織を頼らず一人で生きろ」の、孤立主義的な勇ましい主張です。従来よくあった連帯責任への反動みたいに。

自己責任を声高に言う人こそ、ちゃっかり他人を利用してべったり甘えているのに、経済弱者をとっちめる攻撃に使われています。互助否定のマウンティングです。

所得が減るにつれ、日本は甘えをなくすこだわりがブームで、欧米を個人主義と想定し、打ち勝とうとします。それで日本の隠れキャラ、非人間的な残虐性が表に出てきて。

見殺しの美学です。助けて自分もやられたら損だという、時代の空気です。

世界はそんなにドライなの?

欧米国は案外、国民同士が助け合います。

日本のギスギス殺伐とした人間風景は、貧困化と自己責任論の相乗効果ですよね。日本人だけが冷淡に、鬼になりたがってきた平成と令和です。

鬼が増えすぎた日本。

鬼がカリスマの日本。

甘えをなくす男気が、増税を好み、減税を嫌う中二病へ

税金が安くなれば、暮らしが楽になります。苦労が減ります。

収入から、経費を引いて、控除を引いて、所得税と保険料を引いて、家賃と光熱費を引いて、それで正味の手取りかといえば、さらに消費税で1割減る。

正味の手取りからも、さらに重ねて持って行かれるから、当然貧乏になります。

だから当然、消費税率が下がれば暮らしは楽になり、余裕で物を買えるようになります。そこから経済復興がスタートするはずなのです。

ところが?

「減税で楽になるのは甘えだ」。

「甘えは排除すべきだ」。

「己に厳しい生き方を自分は選ぶ」。

そう来るのです。脊髄反射みたいな。

税金の本来の役目は、景気が良すぎたら増税して、景気が停滞したら減税します。デフレだと大減税するのがセオリーです。

金余りだと差し出し、金欠だと免除だから、納税は本来苦しくない理屈です。

その本道に逆らって、景気が悪いのに増税するヒーロー意識で、社会を壊して悦に入ってしまうのです。

痛そうな俺イカスだろの中二病?

痛みがより大きい方が正解だと、道徳で考えてしまう勘違いです。

満たされない不服な方に天からのお導きを読み取り、ロマンに走る。そんな日本的なひねくれ思考です。

「水を一切飲まずにどれだけ長時間走れるか」。

「高温のサウナに何分がまんできるか」。

みたいな、自己の精神鍛錬に熱中する、求道的な心理暴走です。

ブラック企業の精神論にそっくり

負担や重圧や苦痛を、精神を高める教材とみなし、ありがたがる。ありがたがらない正常な人をさげすみ、マウンティングするヒロイズムです。

政府と国民は、税金で対立しない関係になっていたとは

コンフォートこそが国全体を裕福にするのに、生き地獄が正道と思う屈折した思想です。酒が飲めない者に飲ませて、死んじゃうのを喜ぶ感じ。その程度で死ぬやつは、死ねばよいという論法で。

これを税金でもやっちゃう。

それで大勢が死んじゃう。

気持ちが死ぬとかじゃなくて、亡くなって火葬になる。遺骨になる。

精神主義あるある

「お金を払いたくない甘えた人に限って、減税を言い出す」。

「払う税金がないなら、つくらないのは人として終わってる」。

「自分は払いたいですよ、たくさん払いますよ」。

「減税を言う甘ったれよりも、自分は自分に厳しいタイプです」。

「減税に逃げる腰抜けと違い、逃げない自分は身も心も強くたくましい」。

「先天性異常や重病や大けがや高齢で国に頼るなんて、自分はあり得ないです」。

「減税は軟弱なポピュリズムで、増税は硬派な男の甲斐性です」。

「自分こそ善良な正義の人です」。

「お国のために多く捧げます」。

「あなたとは違うんです」。

「払わない非国民は死ね」とくれば、ありゃりゃ、相模原の19人刺殺がモロそれだったじゃないですか。

税金を払わずに使うだけの障がい者に、財源論に基づき正義の鉄槌をくだした口減らしの実行が、刃物を手にした犯人でしたね。まあ、今その話じゃないし。

忍耐強いせいで経済が悪化する?

「重いコンダーラ、試練の道を」という昔のアニソン的な人生観が、日本人の良い一面ですが、これが国税だと散々な国難を招きます。税制は軽いコンダーラが理想です。フットワークの軽さが、そのまま経済成長につながるから。

故意に経済を落としてあえぐマゾヒズムの、何が生きがいでしょう。

国税は国が使う財源ではなく、貨幣のだぶつき防止で、蛇足のお金を間引いて廃棄する大事な作業です。超インフレ抑止の仕込みが徴税の機能ですよん。

だからデフレ不況の時に税金を多く納めると、市中の貨幣(マネーストック)を適正より減らすことになり、国を毀損する反社会行動に当たります。

普通の感情のままが正解だった?

国家財政の原理は、本来は政府に対しても国民に対しても、ごく優しいのです。

増税をぎりぎりのせめぎ合いで考える時点で、全く勘違いしています。

そこを詳しく

金余りの国民は、税金をがっぽり持って行かれても、破産の恐怖はありませんよね。その時、国家としては金余りで超インフレを招く恐れで、税金をがっぽりとる財政局面です。

金余りの国民と、国民から金を回収したい政府は、衝突しない道理です。

逆にデフレの時は?

金不足の国民は、税金が少ないと助かりますよね。その時、国家としては金不足のデフレで企業倒産したり、他国に国土を奪われる恐れで、税金をとらない財政局面です。

金不足の国民と、国民の金を増やしたい政府は、衝突しない道理です。

政府と国民が衝突したら、アフォってこと?

もう一度まとめます。

インフレ好況の時には、
・政府は、市場のお金を減らしたいから、増税して国民の手から回収する
・国民は、その時ちょうどうまいことに、お金を余るほど持っている
デフレ不況の時には、
・政府は、市場のお金を増やしたいから、減税して国民の手へと残す
・国民は、その時ちょうどうまいことに、お金が足りずに困っている
経済がどんな状態でも、政府と国民はケンカせず、反りが合い、ウマが合い、波長が合う仕組みなのです。

なのに、政府と国民が「税を出せ」「余っていない」と衝突して、どちらの望みをかなえるかのジレンマが生じたり、スパルタ式になれば、勘違いか狂っているとわかります。

「身を切るべき」と言う者は、他人に身を切らせる教祖様だとわかるのです。

政府には通貨発行権があって、国債発行が財源です。だから安定してとれる税金は、その発想自体が頭がおかしいわけです。

それで日本以外は好景気なわけ?

そのトラブルに斜めに入ってきて話を曲げる主張が、これ。

「増税の痛みが、男を強く鍛えるんだ」。

「なよなよした女々しい快楽主義者が、めそめそと減税を言い出す」。

「貧困の解消など大衆迎合を言い出す者は、軟弱すぎて信用がならん」。

「死の苦しみからのがれたい、そのヤワな根性が気に食わん」。

勇ましい中二病です。

世界で日本だけが唯一おかしい、何か証拠でもあるわけ?

耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、という日本の美徳も、国税の解釈を正し損ねる時間帯をいたずらに伸ばす逆効果となり、日本経済は悪化中です。
Photo: Photo by Mong Bui on Unsplash