日本で打ち出の小づちを振ってお金を生む上限は何円まで?

打ち出の小づち通貨発行権

日本円の打ち出の小づちは、いくら振っても大丈夫?

「消費税を減税します」「撤廃します」と聞けば、ほとんどの日本人は次の心配をすることでしょう。

「減った財源をどう穴埋めするのか」。

全く無駄な心配です。

貨幣プリンターに決まっているからです。国際社会の常とう手段です。

実は皆さんの認識は逆なのです。

本来なら、国の支出の全てを貨幣プリンターで新発行して、一部を国税として回収する手順です。回収した税金を捨てずに還流させているだけの話で、財源を確保するために徴税するわけではありません。

それがどう誤解されている?

財源を確保するために徴税するのだ、という妄想が財源論です。

「国民に税金を差し出させて、国の予算をつくる」。

みんなそう思ってるけど?

この筋書きは間違いです。米や銀を徴税した、昔の感覚の時代錯誤です。

この時代錯誤なお金を、実物貨幣商品貨幣とも呼びます。しかしこれだと、国はどうかしたはずみですぐに崩壊します。

そこで貨幣を書類に変えて、政府の判断で増減を自在に行える方式へと、人類は変えていました。それを信用貨幣と呼びます。途中で変えたと知らない人がすごく多いのです。

各国には通貨発行権が存在します。貨幣プリンターとなる打ち出の小づちがあるのです。

打ち出の小づちは無限か?

貨幣プリンターで発行できる限界はあるのか。ありません。タネ切れはありません。

しかし、これ以上お金を増やすと多すぎて値打ちが下がる、その目安の上限はあります。それはどう決まるのでしょうか。

日本の政府支出240兆円は多いのか

日本政府が年間に出すお金は240兆円です。そのうち通貨発行は90兆円前後で、打ち出の小づちを振り続けているのは確かです。億ではなく兆です。

仮に打ち出の小づちで毎年90兆円出すとしても、なぜ9兆円や900兆円ではなく90兆円なのか。何が理由で90兆円という規模に落ち着いているのでしょう。

激増させたらどうなる

いっそ毎年の政府支出を現行の240兆円から、5倍の1200兆円につり上げて、通貨発行金額も1000兆円などに激増させたら、日本の貧困化は一発で消えるのではないかと考えられますよね。

そうしない理由は何なのか。日本政府は何を恐れて、毎年の通貨発行を1000兆円へドカンと増やす勇気が持てないのか。

いったい何を基準にして、国債発行の額を決めているのか?。というより、何を基準にするのが本来の正しい方法なのか?。

果たしてその答はいかに

国内の生産力です。

商品を日に何個作れるかが、お金を刷る上限になるのです。

貨幣プリンターでお金を発行する上限は、国内の生産力

生産力とは、たとえばタコ焼き屋さんが一日に何個焼いてお客に渡せるかです。一日300個は楽に焼けますが、3万個は難しいでしょう。3000万個とかは全く無理。

貨幣が増えてふところが温まったお客たちは、多種多様な商品をたくさん買います。タコ焼きも間違いなくたくさん売れます。おいしいから。

2千個しか焼けないのに、注文数が3千個あれば、供給が不足します。買えない人が続出して、タコ焼きはレア化します。すると希少価値で、タコ焼き1個が値上がりします。物価が上がるということは、貨幣の価値は下がったわけです。

この物価上昇、つまり貨幣価値の下落がインフレーションです。インフレ

年間の物価上昇割合、そのパーセント数がインフレ率です。

インフレが起きたらだめ?

実は大歓迎です。ほどよいインフレだと経済成長して、皆の給料や報酬やバイト料が上がることで、目に見えて裕福になるからです。

そのありがたい範囲があります。インフレ率が年に2から4パーセントなら、商品不足はほどほどで、値上がりはゆっくりです。増産を促し、年間の経済成長になるわけです。

一人のたこやき職人が手を早く動かすのではなくて、たこ焼きコンロを増やして、職人も増やすかたちでの増産です。

これが、適度なインフレという理想の状態です。

インフレは理想なのか?

物価が上がるのがなぜ理想かは、物価以上に所得が上がるからです。見落としやすいのですが、人件費も物価です。事故死した慰謝料、命の値段も物価です。

その適度なインフレに届かず、インフレ率がマイナスに割り込めばデフレで、経済成長とは逆に経済縮小します。平成中盤以降の日本が、このデフレです。

オーバーなインフレならどうなる?

お金の増え方が急激だと、買う人が増えすぎて供給がさっぱり追いつきません。すると物価上昇率が年10パーセントなどに高まり、商品不足に陥り値上がりが極端になります。20パーセントや100パーセントなどに。これが超インフレです。

超がつくインフレとて、飢え死にが増えるデフレよりはましです。でも、物価が無駄に上がりすぎて不便です。

そのように、無駄に物価が上がるのは、貨幣が多い割に商品が少ない場合です。

つまり生産力が低いとインフレになりやすく、お金の発行がすぐ限界に来ます。

そこを誰もが誤解しているような

貨幣が多いだけでは超インフレになりません。商品が少ない時になるのです。

実は、日本はたちまち増産できる器用な国で、世界一インフレが起きにくいとされます。

何か具体的な例は?

たとえばバブル時代の1989年に、キヤノンやニコンの一眼レフカメラの高級レンズが爆売れした時がありました。300ミリF2.8望遠レンズなどが、半年も生産待ちになりました。しかし結局増産できて途中に値上げしませんでした。価格は50万円前後のすえ置きでした。

300ミリF2.8望遠レンズは日本とドイツだけが製造販売でき、ドイツの製品は日本がOEM生産や部品供給しています。何でも速く多く製造できて、超インフレ(貨幣の暴落)になりにくい日本です。

世界中で特に日本は、打ち出の小づちを多く振れます。政府負債は1100兆円と、世界三位につけているわけです。一位は中華人民共和国、二位はアメリカ合衆国です。

超インフレが起きる国は、生産力を喪失しているケース

インフレになりやすい国は具体的に?

ジンバブエのように、工場の急増や従業員の増員が無理な国では、打ち出の小づちを少なくしか振れません。多く振って貨幣を増やしすぎる、その限界がすぐ来るのです。

300ミリF2.8望遠レンズを製造できないジンバブエでは、日本製を輸入しても以前の価格を保てず、10倍や100倍の高額に上がってしまいます。

インバーター式かまど炊き炊飯ジャーや、反射式天体望遠鏡やデジタルシンセサイザー、電動アシスト自転車や水素自動車、レーザーカッターロボットやマイクロコンピューターチップや、人工衛星や小惑星探査機。

それらをホイホイ増産できる日本のようには、ジンバブエは打ち出の小づちを触れないのです。だから経済規模も小さいままです。

お金の発行は無限にできるのに?

中国やアメリカや日本を真似て、ジンバブエ政府も打ち出の小づちを振れば、多額のお金を好きなだけ発行できます。各国の自由です。

でも皆で商品を買うと、補充する工場がないのだから、お金の価値が暴落します。じきに超インフレになってお金が紙くずになります。タコ焼き1個が1兆円とか。

生産力が経済規模なのか

日本の円は世界一安定している、その裏づけは商品全般の生産力です。

つまようじから宇宙船まで、さっさと増産する設備と人材がいて、買おうとすれば早く買えるから、お金がだぶつかないのです。だから日本はお金を1100兆円も発行できます。

むしろ逆に生産力が余っているから、日本はまだまだお金の増刷が足りなくて貧困化しているのです。1800兆円は必要でしょう。

1990年代終わりにさっさとお金を増やしていれば、福島原発が爆発した原因も除去できていた可能性が高いのです。

そういう理屈なのか?

生産力が大きい日本では、もっとお金を多く刷っても超インフレにはなりません。

それで、国際的な大事件が起きると、世界のFX投資家たちはドルやユーロを売って円を買うのです。円は世界で一番暴落(イコール超インフレ)が起きにくいから、円に換えてやり過ごせば自己資産が温存できると、投資家も知っているからです。

「円が買われて、円高になりました」という報道は、中東の地域紛争が起きても、すぐにラジオから聞こえてきます。

インフレ率の予想は計算式で出せる?

今年より来年の景気が上がるかどうかは、数式計算では出ません。景気を上げる原因と、下げる原因の程度を考えた疑似計算がせいぜいです。

経済学界に数式計算への信仰があり、国民の消費動向を踏みつぶしやすいのです。

政府による貨幣発行量の上限は、その国の生産力で決まります。各商品の増産が素早い製造強国では、貨幣を多く発行して経済規模を大きくできます。
Photo: timokefotoによるPixabayからの画像