税金を財源にしないなら日本はどう変わる→所得倍増と納税爆下げ

たこ料理

日本に山積みの難題は、お金を追加発行すれば解決

1年延びた2020東京オリンピックまで20日。

国民は政治の無策を猛批判しています。

でも無策の原因は、国民です。

「国が出すお金は、僕たちの税金だ」という勘違いで、お金をひたすら消した
どういう意味?

わからないでしょ?。だから貧困なのです。

国の財源は税金ではなく、自国通貨の発行でまかなうのが正常です。

日本だけ異常。あべこべ。

だから貧困。

外部→ イングランド銀行が説明するマネー・クリエイション(PDF)

まるきり逆か

日本の「失われた30年(1992~)」は国際的にも知られます。

うち「デフレ不況の24年(1997~)」は、次の二つが原因です。

・ 緊縮財政  = 政府の通貨発行権を故意に捨て、市場のお金を減らす
・ 消費税増税 = 買い物する通貨を故意に捨て、家庭からお金を減らす

民間に出回るお金を故意に減らせば、一人当たりの所得は減って当然です。

国民が貧困化して、企業の業績が伸びず、雑誌が休刊になっても当然です。

原発が壊れ、トンネルが崩落し、川があふれて大勢が水死しても当然です。

1997年以降、何をやるべきだった?

日本が24年間やり続けた「財政の健全化」の逆が正解です。あべこべ。

21世紀に中国共産党が行った財政や、2021年6月のアメリカのバイデン政権の計画を、1997年4月1日に日本が始めればよかった。

・ 政府と中央銀行が、国債を多めに発行して、自国通貨を多く国民へ送る
・ 通貨を増やす効果を打ち消さないよう、消費税3パーセントを0に下げる
・ 通貨をあまりに持ちすぎた高所得層の余剰金は、累進課税で捨てさせる
・ 政府負債(国債発行残高)を永久に増やし続け、右肩上がりを維持する

政府がお金を出せば経済成長するグラフ

アメリカや中国はできて、日本ができないのはなぜ?

皆さんのガンコな迷信です。

・ 財源論       = 税金が財源だから、無限に増税し続けろ!
・ 日本財政破綻論   = 国の借金が返せないから、お金を使うな!
・ ハイパーインフレ厨 = お金を発行すれば、紙くずになるだけだ!
・ 財政モラル真理教  = お金の発行は神の冒とく、天罰がくだる!

記事→ 財源論とは

記事→ 日本財政破綻論とは

やがて勝ち組に重税がかかり、「財源=税金」に殺されると気づくでしょう。

消費税35パーでは済まない?

財源論だと、所得の44パーセントの徴税が、スタート地点になる計算だから。

理論的に将来の税率は100パーを超えます。

「財源=税金」はタコが自分の足を食べて腹を満たす理屈です。

永久に体重が増えません。

むしろ減り続ける。あべこべ。

コロナ前の中国、アメリカ、日本の経済成長ぶりをくらべたら

税金を財源にしないなら、ハード面で何が変わる?

体重が増え続ける国は「財源=通貨発行」です。他国は皆そっちです。

日本が他国と同じことをやればどうなる?
1 インフレ率が2から8パーセントへ高まり、常に好景気になる

インフレ率0のデフレ日本が晴れて2パーセントを超えるのは、超えるまで通貨発行するからです。今後はインフレ率2パー以上を財政規律とします。

物が売れない右肩下がりの経済縮小は終わり、インフレ好況の好景気が続きます。

2 納める税金が大きく軽減され、国力が大きく増強される

政府からの出を入より大きくして、身を削りお国に捧げる犠牲も殉死も不要です。国民が毎年払い捨てる納税額は、劇的に小さくなります。

政府が増やすエサを食べるタコは、自分の足を食べず、弱って死にはしない。

3 全員の給料や報酬やバイト料が上がり、結婚する男女も子どもも増える

経済成長が解禁され、昭和のようにGDPが拡大し、所得が増えます。底辺層は中流へ、中間層は上流へ、億り人は二億り人へ、全階層の所得が増えます。

若い男性の所得も増え、生涯独身は減り、結婚と子どもが増え、人口が増えます。女性が景気調節でポイ捨てされず、活躍できる基礎ができます。

4 国保や年金が破綻する確率が、完全にゼロになる

国保や年金は、今も通貨発行で半分出します。50パーを60や70に上げ景気を上げることが可能になります。「年金は破綻する」のデマは根拠を失います。

日本の国保と社会保障は、持続可能な福祉として注目されます。新自由主義で福祉を捨て没落中の北欧国も、日本をお手本として学び直すでしょう。

5 高速道路の利用料を無料にできる

高速道路を無料にでき、企業と個人とも経済余裕が出ます。出張費や運輸費がかさんだ、ビジネスの国際ハンデは消えます。

車やバイクが30メートル落下する低い手すりの道路や、天井が崩落するトンネルも総点検できます。命よりお金を重視する風潮は後退し、安全第一の放棄を撤回できます。

6 洪水で家が流され、住民が水死するケースが激減する

税不足であきらめた災害対策を、あきらめずに済みます。水害や風害や雪害や、原発爆発に甘んじる無力は消えます。お金と人命をはかりにかけた時代は終了。

財源が税金でないなら、住民の安全を切り捨てず、手抜き防災から足を洗えます。

7 過去に日本文化を充実させた、地方の時代が戻ってくる

政府が地方交付税交付金を削減し、地方を締め上げて破産させる動機は消えます。中央と地方が共食いするゼロサムゲームは終わり、日本全土はまんべんなく発展できます。

将来起きる東海地震や、富士山の噴火で被災した東京住民は、整備された地方へ速やかに分散滞在できます。全員が破産や廃業を免れ、首都圏が持続可能に変わります。

8 日本企業の株式が、国際市場で値上がりする

バブル時代の1989年に、日経平均株価は38900円でした。令和の2021年には3万円の壁で横ばいレンジ相場です。各企業がいくら創意工夫しても、金欠の国民は製品を買わず、業績が伸びないからです。

税金を財源としなければ、国民の可処分所得は増えて物とサービスが売れ、株のPERは良好となります。バリュー株もグロース株並みに伸び、新興ベンチャー企業も次々と東証に上場し、IPOからプライムへのスピード出世でにぎわい、NYダウにも負けません。

税金を財源にしないなら、ソフト面で何が変わる?

日本人の性格や、国民性にも変化が表れます。

9 足を引っ張り合う動機が消えて、勝者と敗者の骨肉の争いがすたれる

税金を財源にしなければ、お金のイス取りゲームは終了します。所得格差で恨み合わず、他人の増収を、自分の減収と受け取る反発や被害妄想は消えます。

「貧すれば鈍する」やモラルハザードは止まり、高齢者や障がい者や芸能人叩きも終わります。薄情で冷淡な優生思想、人権侵害、差別意識や好戦傾向、テロ願望も薄れます。

10 モンスター、ブラック、パワハラ、オレオレが流行らなくなる

上司と部下のパワハラ、親会社の下請け虐待など、弱者攻撃はすたれます。国民が分断され、排撃し合うトレンドは、財源論とともに消えます。

お金で不自由する人が減れば、無差別テロや自暴自棄の粗暴は時代錯誤になります。特殊詐欺で食いつなぐ若者も減り、カタギの仕事に戻れます。

11 国は被害者を切り捨てず、責任のがれしない誠実さで世界の美談へ

「広島長崎の被ばく」「四日市ぜんそく」「水俣病」「血液製剤エイズ」「アスベスト」「ワクチン副作用」「障がい者優生保護」などで、国の責任回避は不要になります。

賠償すれば通貨発行で国は豊かになり、暮らしは上向きます。財源保護で政府が鬼と化す必要は消え、被害者を泣き寝入りさせるドケチのメリットはなくなります。

12 企業をやみくもに改革し、統廃合や解散させる国力損失も曲がり角

業界再編や企業改革の動機は、デフレ原因の誤認でした。故意にお金を減らした市場では企業が走っても伸びず、リストラや廃業に無駄に追い込まれました。

改革すべきはグラウンドであり、産業のかき混ぜは中止。国民が購買力を持てば、企業は昭和並みに伸びます。貧困を悪循環させた改革ごっこは、理屈が立たなくなります。

13 レジャーやエンタメに使うお金が増え、芸術立国へ向かう

そこそこ売れたJポップも、平成にファンが消えました。経済低落と重税で、熱烈ファン以外はコンサートへ行けずじまい。演劇や個展、見本市も行く金銭余裕がない。

税金を財源としなければ国民の手取りは増え、レジャーやエンタメに足を運べます。芸術分野でクリエイターが育ち、国全体の創造力にはずみをつけるでしょう。

14 固有の文化や文化財、伝統的な産業などを、外資へ投げ売らずに済む

博物館や美術館の収蔵物の手入れが不能、修復も不能、空調代が不足など、施設の貧困化はなくなります。収蔵品を売り払うほどの資金難は、瞬時に解決します。

防犯や火災設備の削減で文化財が汚損や焼失した過去を改め、通貨発行を財源とする国際標準に従えば、最新設備とセキュリティーの購入が容易です。

15 日本の技術、特許、頭脳、技能者、作物のタネなどの海外投げ売りも減る

金欲しさに資産を海外資本へ投げ売り、食いつなぐケースが激増しました。通貨発行でまかなう裕福な外国が、税金でまかなう貧しい日本を、刷ったカネで買い叩いています。

円欲しさに資産を手放す苦境は、公費を通貨発行する正攻法で消えます。高い技術を安く買った外資が、日本に製品を高く買わせる仕打ちも、円の発行で避けられます。

16 公務員、議員、皇室を、税金ドロボーと非難する論拠が消える

公務員や議員や皇室と国民が対立する理由は、「俺たちの税金だ」の妄想でした。公金が通貨発行と知られたら、公と民の敵対感情はこつ然と消えます。

お金に困らない特権階級に石を投げた。血で血を洗う精神闘争。分断された国民はいがみ合い、呪い合い、殺し合った。この不幸な平成時代に終止符が打たれます。

税金を財源としなければ、徴税は軽くなり所得は増え、経済は右肩上がりに戻ります。粗暴に荒れた国民は温厚に戻り、先進文明国の鑑へ向かいます。
Photo: by Alex Knight on Unsplash