蓮舫ちゃん「国債は国民の借金だ」←政府の借金だろ←借金が最大の嘘

官庁会計システム

蓮舫議員「国債は国の借金だ」という問題提起

参議院の蓮舫議員が言った政府批判「国債は国民の借金だ」に対して、それは間違いだとネットで批判が出ています。

「正しくは政府の借金だぞ」という批判です。

「国債は国民の借金ではなく、政府の借金である」と、批判者は言いました。

本当はどっち?

国民の借金はもちろん間違いですが、正そうとした批判も実は間違っています。

誰も正解を言わない状態?

日本の貧困化を象徴するやりとりです。国会議員も国家財政の仕組みをほとんど理解せずに、勉強不足で空回りしたツケでしょう。

ネットの金融関連サイトの解説委員や、経済シンクタンク名誉教授による国債の解説も、ほとんどに致命的な解釈間違いが入っています。

日本が貧困化した理由は、カリスマ経営者たちが指摘する、国民の労働の非効率や縦社会や年功序列や、伝統の害や、引っ込み思案な性格や起業の消極性ではありません。

お金の由来を間違っていて、国の運転に失敗した自損事故的な貧困だとわかります。

政府が国債を発行する、具体的な手順をおさらいすると

財務省は、国民に向けて詳しく説明しています。

財務省のサイトはこうです。

国債とは国の発行する債券です。国債の発行は、法律で定められた発行根拠に基づいて行われており、大別すると普通国債と財政投融資特別会計国債(財投債)に区分されます。

この財務省の説明は間違いです。

財務省さえも間違っている?

財務省の職員がわかっていないかは不明で、執筆原稿の言葉が滑っていますね。

どこが?

国債は国が発行するのではなく、国の政府が発行します。

国と政府は別なのか?

国=国民+政府という略図になります。

まず国民がいて、国民から委託された特殊法人が政府で、合計して国という団体です。

その政府に、国会議員と財務省が含まれます。

だから短期国債は、財務省証券とも呼びます。

国と政府を分けて考えないと、今みたいに経済の仕組みが理解できません。

国民ではなく政府の借金になる?

しかも、借金という言葉からして間違いで、その誤解で日本が貧困化しているのです。

どういうこと?

国会議員と財務省職員とが国債を発行します。

国債発行こそが、真正の打ち出の小づちです。

なぜなら、そこよりさかのぼっても原資の実体がないから。

どういうこと?

国債の担保は、物でないから。強いて言えば、国力と信用が担保なのです。

だから帳簿上でバランスせずに、無から有が生じています。

取引材料なしにお金が生まれるわけ?

国債と呼ぶ金融商品そのものが、実は貨幣の一種なのです。通貨発行権と呼ぶ魔法で生み出されます。

その特殊な金融商品を、主に一般銀行が購入して、その代金を政府に支払います。

購入銀行は政府に一万円札で払うの?

日銀が裏方で操作します。日銀当座預金の購入銀行さんの口座から、政府さんの口座へと預金を移します。

日銀当座預金とは、一般銀行や証券会社など金融機関が置く口座です。ここにあるお金は昔はベースマネーと呼び、今はマネタリーベースの一種、日銀発行貨幣の準備金です。

日銀の定義では、日銀当座預金のお金は発行済みのお金とはみなさず、一般銀行の表側にある普通預金などと混ぜ合わせません。

だから蓮舫議員を批判する声の「国債の購入に僕らが預けた銀行の貯金が使われていて」という意見は、ごく初歩的な誤解です。全くの間違い。

購入銀行から政府に渡ったお金はどうなる?

政府さん名義の日銀当座預金(政府預金と呼ぶ)を、政府は引き出せません。

政府は日銀当座預金のマネタリーベースの一部金額を担保にして、一般銀行に指示して、しかるべき金額を企業や個人の口座へ、一般銀行から送金させるのです。

その時にも日銀当座預金を操作して、政府口座から一般銀行へ移動します。

このオンラインシステムを、ADAMS II(官庁会計システム)と呼びます。アメダスじゃないんですよん。

裏方のお金を表に回せないとすれば?

一般銀行から通帳記入するだけです。一万円札を受け渡ししません。

政府が国民から借金したとも聞くが?

それがさっきの典型的な間違いです。「国債の購入資金は国民の銀行預金」はフェイクの代表格です。それは財源論です。総量一定のお金を使い回しするだけの共食いですよね。どこかが増えれば、どこかが減る思想信条。300年前の発想です。

お金の発行は、何もないところからお金を発生させます。お金の追加作業です。1973年から全世界が完全にそのやり方です。

いわゆる「政府の無駄づかい」とは、お金を発行して財政出動するから、日本列島にあるお金の総量が増えています。無駄と呼ぶとフェイクです。

負担した誰かのお金がポコッと減ったり、移動した組み換え状態ではなくて。

つまり政府が国債を発行して使うと、GDPが増えます。国民はお金持ちになり、国全体が豊かになります。

いいことずくめ?

当然で、イギリス人が考案した時点で、巧妙にいいことずくめにしてあるのです。お金は金券ですから、刷れば損する愚策をイギリスの英知が考えると思いますか?。

国債発行と財政出動とで、国民は詐欺や売春から足が洗え、土砂崩れが減り、原発を爆発しにくくでき、通学路にガードレールもつきます。国内は裕福になります。

負担がないから、実体は借金ではないのです。借金という語がフェイクです。

国債発行は誰からもお金を奪わない?

誰のお金も減りません。実は拝借していないのです。

ならなぜ借金と呼ぶ?

だからフェイクだと言っています。経済用語のボキャ貧もあるでしょう。

政府側のバランスシート、貸借対照表の貸方に記入し、赤字計上する帳簿のルールです。過去の内閣で政治プロパガンダに使われ、妄想が広まりました。

猫にポチと名づけた混乱のような、大衆レベルのパニックです。

どう呼べばよいのか?

政府負債」の方が、誤解に走る人は減るでしょう。

要するに、貨幣発行金額のことです。経済成長した履歴です。

だから「政府赤字」は命名ミスで、「国民黒字」なら名が体を表すと言われます。

政府負債の金額が大きいほど、単純に裕福な国なのです。

まとめると?

「国の借金」「政府の借金」「政府赤字」「政府負債」「国債発行残高」「国民の資産」「民間の金回り」「裕福度」「国力」。これらは全て同じ意味を指します。

このお金は帳簿上は貸し借りでも、政府が国民に与え譲渡し、完了しているのです。

誰かが誰かに返すわけがないのです。

それで国の借金こと政府負債は、2019年の概算が、中国が6900兆円、アメリカが2300兆円、日本が1100兆円です。政府負債の世界1位、2位、3位は、GDPが2位、1位、3位であり、巨額なほど経済大国だというだけの話です。

政府負債が0円や黒字の国なんて、原理的にあるわけなくて。

さらにGDPが4位のドイツは、政府負債も4位につけていました。

国債発行した後に、政府と購入銀行に何が起きるのか

お金を生んで何かに使った後に、政府と購入銀行の関係はどうなるのでしょう。

国債を買った後は?

国債には償還(しょうかん)と呼ぶ期限があります。満期です。

購入銀行に金利を払い、満期が来れば政府は元本保証で、代金を購入銀行に返します。

国債を買った者には、後で全額が戻ってくるのです。ご存知でしたか。

つまり国債を買う側は、期日指定定期預金を預けたも同然です。

全額返すお金は誰が出す?

新たに国債を発行して返済します。借り換え。まるで更新みたいに。

新規の国債の売上金で返すの?

新規の国債でも返せます。

新規分が永久に増え続けないか?

増え続けないといけないのです。

ただ今の合計額は、永久に増やし続けます。絶対に。それが本道です。

いつまでかといえば、国がなくなる日まで。

わかりますか。

どういうことか理解できますか。

どうすれば国は延命できる?

国債を無限に増え続けさせれば、国がなくなる日は無限に延びます。

国債発行残高が増え続けないと、国家の経済成長が永続しませんから。

一人が人生で飲んだ水の量の合計が、今こそが過去最大であるのと同じこと。明日はさらにトータルの総合計が増えるのと同じこと。

わかりますか。

増加が止まった日に、その人は心肺停止していますね。もう水を飲まない。

振り出しに戻さないわけか?

国民が勘違いしているのはそこです。いつか総額を、全部返すという勘違い。

体重50キロの成人の体に、水は30キロ以上含まれます。その全量を水道局に返すべきとする妄想です。返さないと水道局が壊滅的な打撃を受けるという、激しい勘違いです。

その勘違い国民の中に、経済アナリストや大学の教授陣も含まれます。

この妄想が平成日本を貧困化させた、原動力そのものズバリです。それ以外に、何か別の理由があるわけではないのです。

日本の貧困化の理由が色々あると思っている人は、根本から勘違いしています。

でも無限に増えるなんて怖いが?

無限と無限大は違うのです。理系思考はスムーズでも、文系思考はポエムになりますね。人が生涯に飲む水の量は限りがないから無限です。しかし、無限大ではありません。

一人が海の水を飲み干して地球が干上がる心配は、普通はやらないものです。

素人ほど極論に走るから

昭和後半に日本が傾かなかったのは、国の借金を返す誤解が局地的だったからです。

新聞テレビの経済学者たちも、悲惨なほど勘違いしています。いつかは全てを返済して、きれいにする義務があるのだと、経済評論の顔役や重鎮たちも誤解しています。

なぜ経済学の秀才までが間違う?

経済学の教科書に、堂々と嘘が書いてあるからです。

財界の主席委員や名誉教授などの研究職ほど、日本を壊すのに必死なのはそのせいです。

政府の借金を全て返すと国の死?

政府が銀行から、何百兆円も借りた計算だとして、その期間に企業や国民は何百兆のお金を手にできています。

銀行通帳やサイフに入れて、飲んで食べて、買い物や投資にあてている最中です。巨額のお金が民間に広がり、ボールのパス回しみたいにぐるぐる回っています。

国民側にあるこのお金を、マネーストックM3と呼びます。

国債の合計残高を減らすのは、そのお金を国民から引き上げて消す作業です。国民がどんどん貧困化して、死んでいく理屈です。平成の過労死や自殺もそれです。

そういうことなのか?

「国の借金」「国民の借金」の言葉表現だと、債権と債務の関係が間違いです。

ならば「政府の借金」と言ったなら、表現が不適切です。

この借金の「合計残高」は絶対に返済せずに、逆に増やし続けないといけません。返してチャラに戻せば、国民の虐殺になります。

例の1100兆円のこと?

「国の借金1100兆円」「子孫に背負わせるクソな日本人」という、例のデマです。

1300兆、1500兆、2000兆と増やすのが正しいのです。900兆や800兆と減らすと、国民が次々と早死にして、人口も激減します。

だから今少子化なのか?

貨幣を減らせば、養える人数が減るに決まっています。素直に考えましょう。

少子化の急進も虐殺の一環であり、1997年4月1日から減らす努力へ転じたから、日本はコロナウイルスに感染する前からボロボロです。

「財政の逆走で起きた貧困化を、コロナに責任転嫁できてよかったね」という感じで。

それよく聞く

日本は中国にGDPで抜かれました。中国の躍進と、日本の自滅が同時並行でした。

中国の政府負債6900兆円に対して、日本の政府負債が1100兆円では、現役分の貨幣総額で太刀打ちできず、しかも減らそうと逆走しているからです。

それで陰謀論まである?

日本国をわざと衰退させて国民を一掃し、列島を空き家にして中国に明け渡す計画だとする陰謀説がそれです。

日本の少子化対策をやめて中国人を呼び込むのは、いったんネイティブ日本人を人口ゼロにして、東京を中国の地方都市に変える。ペキンが運営するトンキンへと変える計画手順どおりだ、という陰謀説です。

現に中国共産党は、日本列島は中国の土地だと、前から明言していますから。

実際には、単に日本人が上から下までお金の仕組みを知らないだけ。中国の上層部は実体経済をよく勉強して冷静だから、明暗を分けています。

日本はどうすればいい?

蓮舫議員の間違いをきっかけに、正しい財政を国民が知ることが望まれます。

180度逆に頭がついていくか?

お金が自由に発行できるなら、国税は何のために集めるのかという質問を、私立小学校の入試問題や、おもしろクイズにできそうです。

税金って何なの?

余剰貨幣の除去です。

何のために?

自国通貨が価値下落するペースを、ほどよいスローにとどめるために。

それ蓮舫議員を批判した者も絶対知らない!

国債発行の解釈間違いが伝言ゲームとなり、日本国をすみずみまで狂わせています。

すみずみまで狂っていないと、ここまでできないよねー

日本以外の国は、自国をここまでおとしめる、そんな信念も熱意もないのです。

国債発行は誰が誰に借金するのか。実は政府が打ち出の小づちでお金を発行しており、返済すべき借金ではありません。日本人も知るよい機会です。
Photo: by Dries Augustyns on Unsplash