資本主義の限界と終わりは、コロナ以前の歴史に突破口があるよ

月の岩

資本主義はもう限界に来たという、カリスマ論者の極論

最近ネットのカリスマ論者が唱えるのが、資本主義の限界です。資本主義はもう終わり。

その根拠とした現象がいくつかあります。

ひとつは、世界の富裕者8人が、世界の個人資産を合計した半分を持っているとの、極端すぎる富の偏在です。8人は、報酬に見合うほど世界に貢献したわけでもないし。

近年の背景は、世界同時不況です。先進国がおしなべて経済成長が小さくなり、一般国民がまとめて貧困化している傾向です。ヨーロッパ全域が特にだめ。

EU加盟の元西側国の低調に注目

日本だけは衰退し続けているし

日本は長い年月デフレ不況です。全員を満足に食べさせることができず、コロナウイルスに対しても有効打が打てません。所得が消えても補助する気もありません。

日本では、飢饉の前兆といえるような口減らしが最初に起きたのは、子どもです。新生児を予防的にカットしたのが、少子化の急伸でした。

ブラック企業もひどい

国内のいがみ合いや殺し合いは、貧困化と連動しています。路上無差別テロで、国民同士の共食いも起きています。殺人事件の人数も、令和元年に最高記録を更新済み。

日本を見ても、世界を見ても、資本主義はもう無理なのだと。次の主義が必要だと。そして次の主義がどこにも見当たらないから、人類はもう終わりではないかと。

世界が終わるような言い方が、カリスマ論者たちに増えています。

世界は、資本主義にあいそをつかしたと。

現代の資本主義が不調となった理由は、とても簡単

実は昔から、資本主義の限界は何度も言われてきたのです。特に20世には、対案探しが増えました。もっと新しい経済構造へ移行すべきだと。

よく批判されるのは銀行制度です。金利で儲ける金貸し屋など廃止しろという意見です。銀行が倒産して整理されるのを、心地よく感じる人も多いようで。

日本の貧困化は、金利支払いの負担のせいだという、壮大な妄想もそれです。

銀行悪人説は確かに多い

そうした論で、常に見落とされているのは、やはり歴史的な経緯なんですね。

皆さんは歴史をとらえないで、今の現象にカッカしている面がありますよ。

過去に何かあった?

よく聞く、この言い方に注目できます。

「資本主義は1970年代までは機能して、先進国は裕福だった。しかし1980年代からおかしくなってきて、21世紀になればもうヨーロッパもボロボロで、賞味期限をすぎた」。

「だから資本主義はおしまいで、別の経済を考える時が来たのさ」。

もっともらしいが

ところがどっこい、資本主義はおしまいなんかじゃありません。

さっきの意見の中に、ヒントがあるのです。

どういうこと?

1970年代と80年代の、はざまに何があったか。その話が抜けています。

その時期に、実は明確な区切りがあったのです。

それを忘れたらだめ。

どういう区切り?

ケインズ理論から、新自由主義への交替です。

しんじゆうしゅぎ。

このターニングポイントを見落としていませんか。

二つはどういう違い?

目に映る現象は、アメリカのアポロ計画から、スペースシャトルへの変更でした。大金を使えた時代から、節約時代への転換を、70年代から80年代にかけてやりました。

スペースシャトルは、繰り返し使うリユース方式ですよね。

まだわからないんだけど

ブロガーやユーチューバーたちは、昭和末期のバブル時代から平成時代を経た、今の令和時代までを観察しています。

ところがその直前に、資本主義のやり方を180度変えていたのですよ。

資本主義にも何種類もあって、たとえば旧ソ連の計画経済も資本主義です。計画経済型の資本主義を共産主義と呼ぶから、共産主義は資本主義の反対語ではありません。

それで日本で何があった?

新自由主義経済を日本で取り入れたのは、1980年代の前半でした。民営化の波です。

「三公社五現業」という言葉が、報道で飛び交ったあの頃の話。

たとえば国鉄民営化電電公社民営化という大改革でした。前者では死者も出ました。

あれはそんなデカい話だった?

民営化の目的は、貧困化です。貧困化と言えば「?」ですが、要はデフレ圧です。

景気を冷やす時代に変えた?

政府財政出動の通貨発行を減らして、民間のマネー・クリエイションを増やす転向です。それがケインズ経済から、新自由主義経済への転向です。

政府をなるべく排除して、民間だけでお金を回す経済活動へと変えるわけです、民間には貨幣プリンターがありませんから、切り詰めた経済に変わります。

節約です。経費削減、コストカットの時代です。

カルロス・ゴーンみたいな?

昭和の昔は、コストカットにあまりうるさくなかったですよね。いつからか、すごくうるさくなって、コスト削減が人生の目標みたいになりましたよね。

日本国有鉄道も、日本電電公社も、列車運賃や電話料金で価格競争していませんでした。それを競争社会に放り込むと、物価は下がるのです。

すると国民経済は縮小します。財源論の共食いと似ています。

もちろん当時の日本人は、自分たちを貧しくする方向だとは知りませんでした。

国民の無知はどこだった?

物価が2割下がれば、給料が3割下がる実体経済の摂理です。

今それが終点に近づいた?

新自由主義経済は、空調でいえば冷房です。低成長時代です。

そうして今になって経済が冷え切れば、暖房に切り替えるスイッチがあるんです。

冷房を続けて室内が寒くなれば、暖房に切り換えれば解決します。冷房を続けておいて、寒くて住めないからと建物を取り壊すのは早計です。文明の解体はあわてすぎです。

資本主義にも大きく二種類ある、簡単すぎる結論

日本の平成時代にやった財政モデルを、もう一度シミュレーションします。

「政府がお金を出して、国民に与える」という行動を、

「母が母乳を出して、子どもに与える」にたとえます。

マネー・クリエイションを、ミルク・クリエイションにたとえます。

平成になれば母は何をした?

母は母乳を子に飲ませます。

翌日に子から母乳を返してもらい、母の赤字をなくします。

母のミルク損失を、取り返して黒字化するわけです。

プライマリーバランス黒字化目標ね

この思想信条が、平成日本の資本主義でした。もちろん異常な資本主義です。

貧困化させて、大勢を過労死や自殺や餓死に追いやったわけです。理屈どおりに。

なぜそうしたのか?

経済学が間違っていたからです。

具体的に?

母が出した母乳のキログラム数の合計が、母の体重の9割に達すると、母は死ぬと信じられたからです。

どういう経済学なの?

政府負債がGDPの9割に達すると、国が財政破綻すると書いた本がありました。フェイク本だと指摘する経済学者は、世界に何人もいたのですが。

日本でフェイク本だと指摘したのは、他分野の人です。指摘を、経済界は無視しました。

母が授乳しても実は死なないのか?

出したミルクのキログラム数がいくら増えても、母は死にません。

その証拠に、「国の借金」と偽った「政府負債」は、日本はGDPの2倍を超えています。とっくに財政破綻して終わり、劣等国へ下落しているはずが、国債は超低金利のままで、超高信用のままです。

「狼が来るぞ」の声だけが、50年近く日本に響き渡っています。

現実のデータがあべこべを示している?

クリエイションに、破綻する上限などなかったのです。

子どもが健康に育つことを指して、「母が破綻する危機」と呼ぶフェイクだったのです。

日本は偽書にだまされました。

しかしすでに授乳制限して、子どもを栄養失調や虚弱体質にさせて、飢えさせ犠牲を出した後です。責任問題やメンツが今度はからむのです。1997年からの23年間のことです。

たった今もやっている?

これから犠牲者の数を増やしていく決定が、2019年10月の消費税増税でした。

その結果、名目GDPが7.1パーセント減になりました。実質どころか、名目までが。

腰が重かった報道までが「日本が増税後に福祉を切り捨て始めた」と地域の問題を指摘し始めた直後に、コロナウイルスで話がごちゃごちゃになった成り行きでした。

経済の暖房はどうやるのか?

資本主義のタイプをもう一度、180度反転させます。

国民の所持金を減らす政策から、増やす政策へ転換します。

緊縮財政と消費税増税をやめて、積極財政と消費税0パーセントにひっくり返します。

23年間逆走していたのを、今から順走へと切り替えるのです。

今はまだ逆走中です。貧困化を進めている最中です。

より多くが死ぬ方向を、堅持しています。

赤ちゃんの餓死を続けています。

1980年頃の区切りは何だったのか?

1979年にイギリスのサッチャー首相が、イギリスを新自由主義経済に切り替えました。

思想信条の論文リーダーはミルトン・フリードマンで、アメリカのレーガン大統領が同調して、世界経済をデフレ型に変えていたのです。

税率でインフレ率を上げ下げできる基本原理さえ、人類はまだ知らなかったから。

当時は成功したのか?

その実験場が、1984年のロサンゼルスオリンピックでした。オリンピックを民営化しました。スポンサー企業という言葉が前面に出てきましたよね。

男子陸上の、カール・ルイス選手のオリンピックといえる大会でした。東側諸国が参加しなくて、日本のメダル数も多かったあれです。

ロス五輪は、カネ、カネ、カネで成功したのです。あらゆる物ごとにプライスカードを貼って、金銭価値で何もかもを測る時代の幕開けです。

ずいぶん昔のような気も

その陰で、儲かる人と搾取される人の差が広がり、社会不和とテロが増えていきました。

日本はその後、日本銀行の公定歩合操作でバブル好景気が始まり終わったのと、2008年のリーマンショックとで、話がごちゃごちゃになりました。

今は、新型コロナウイルスでごちゃごちゃ。日本が23年間転落している理由を、起きてまだ2カ月のコロナが隠してしまっています。

新自由主義は何がやりたい?

小さな政府です。

新自由主義経済は、基本的にお金以外の価値観を嫌っており、政府が困っている人を助けることを不正とみなすのです。公の援助や補助を嫌うのです。

だから日本でも、ベッドや人工呼吸器や医者や看護師を1997年から削り続けています。経済団体も予備という概念を無駄だと叩いて、削れ削れと政府を糾弾してきました。

お金が神だから、医療の備えを削減して、神を守り抜く思想信条です。

ここでも財源論か?

病院を減らせば病人が病院へ行けなくなり、国全体の医療費が下がる計算です。病院なる施設を廃止すれば、医療費をゼロにできる理想郷です。

ゴキブリが家に増えるのは、エサがあるからだという発想です。

だからコロナで騒いでいる最中にも、病院の削減計画が新たに発表されましたよね。日本国民は何となく聞き流したり、ニュースを覚えていない人も多いでしょう。

日本は安全なのか

もう余裕はなく、新型コロナウイルスで起きる医療崩壊は、新自由主義らしい結果です。間違って全世界で病気が流行れば、各自の自己責任でしょという、お気楽な宗派です。

日本に病院がなければ、外国の病院に入院すれば済む話でしょと。

そのお金が払えないのは、あなたが勉強もせず、まじめに働かないからでしょと。

きつー

医療体制を縮小していく危険性に、医学会で警鐘が鳴らされました。でも国民は、外車を持つなど所得の多い医者を敵視し、彼らの失業を喜ぶ心理もあったのです。

将来新型ウイルスで、医療を受けられずに火葬になるのが自分だとも知らずに。

外部→ 全世界を破壊したのはミルトン・フリードマンだと指摘した女

資本主義の終焉を言う若い論者は、資本主義が大きく2種類あり、今はデフレ型だと知りましょう。経済成長させるインフレ型や、混合型もあります。
Photo: WikiImagesによるPixabayからの画像