就職氷河期世代の若者は緊縮財政で貧困化したとおりの人生観

就職氷河期

就職氷河期世代より若い年代は、どっぷり緊縮財政人生

昨年大卒だった新入社員は、だいたい消費税増税の1997年生まれです。

生きてきた時間の全てがデフレ不況下です。この悪影響を考えます。

緊縮財政による削減、節約、コストカット、そしてお金を最優先する切り捨て社会だけを体験しています。庶民が好景気で楽しく暮らした時代が直前にあったのに、その片鱗すら知らずに不景気が普通だと思っているわけです。

本当は異常事態なのに、これが正常なのだと誤認した人生のスタートです。

実際さめているから

時代の空気どおりなら、小スケール、ローな気分。小志恒例化というか。

中東生まれの子どもが、戦場暮らしを前提に人生設計するようなものですかね。

別に悪口ではなく、ディスカウント、バーゲン、シェア、ミニマルです。百円ショップなどが暮らしの中に多い、それが時代変遷でハンデになるかも知れません。

一流品をデザインする仕事には向かないなど、進路の制約なんかも。

バブル世代と氷河期世代の溝

そんな氷河期世代以降の目に、バブル世代の馬鹿に楽天的で前向きな者たちが、うざいと思えるでしょう。不況時代のみ知る限界であり、景気が人の心を染める対比です。

だってこれなんだから

日本とアメリカの逆転だけじゃないし

若いカリスマ経営者の全員に共通するのは、右肩下がりの経済を大前提としたアンチ無駄の精神です。新自由主義経済のグローバリズムへ、過剰適応しています。

自己責任論の概念がなかった好景気の世代とくらべて、他人を蹴落とし、相手に損をさせて滅ぼすことで自分が浮かばれると植えつけられた、陰惨な身の上なのです。

何が不利かといえば、自国の経済成長に後向きで、物否定で達観した重く暗い心境が原点の沈みキャラです。こういうのは意外に利いてきますから。

世界の歴史は波のように入れ替わるし

実はブラック企業の上司も、三分の理を主張していました。

「最近の若い社員は、作業のまずかった点を指摘するだけで誹謗中傷に傷ついたと、出社拒否するんだよ」「若者は気持ちが小さくってね」。

誰がそんなに委縮した性格にしたのでしょう?。

犯人はデフレ不況ですよん。所得が下がるだけで、人の性格はひどく暗くなります。

日本だけが縮み指向でケチケチだと、気づけない悪循環

そんな若者たちが全然知らないのが、日本が貧困化している原因です。

勘違いの信仰が原因です。

日本では、中央政府が持つ貨幣プリンターを使わず封印する、奇妙な思想とコンセプトが大流行しています。熱病ふうでもあり、宗教的みたいでもあり。

政府の黒字を目指す」という目標がそうです。内訳は狂気ですよ。

政府が国民に与えたお金を、政府の赤字として計上する事務処理が現行制度です。イギリスが考え出して、世界がならっています。もし本当に政府が黒字になれば、国民は赤字になる道理です。

国民の赤字って何?

国民が手にしているお金や資産を、政府が回収して廃棄する意味です。

単純に庶民は破産します。日本中の男女は、身ぐるみはがれるわけです。

政府負債が全部消えた日に、国民はパンを買うお金もなく死んじゃっていますよね。政府が国民に渡したお金を、渡していない状態に戻すことが政府黒字ですから。

でも、そもそも・・・

政府って何者?

政府は国民の分身です。国民の代表がメンバーだし。政府は外敵じゃなくて。

そこの奥様方、この仕組みで世界各国が運営される中、日本だけ23年逆走中だとご存知でしたか。だから国民がいくら働いても経済成長せず、未来がロックされています。

日本を正常化するには、国民がまず次の本質論を知ることでしょう。

緊縮財政で日本は小さく縮む」。

無駄づかいで日本は大きく伸びる」。

今の常識と見事に逆か

しかし、デフレ不況の中に暮らすと、気落ちして心も沈んでいるから、発想の転換をする気力もなくジリ貧に甘んじるわけです。心が折れた状態です。

そのマイナス側に突出した縮み思考だと、「無駄づかいのせいで貧困化した」式の誤った迷信から出る機転も困難です。メンタル崩壊で思考力まで低下するから。

もうみんな心の余裕がないから

企業の上司も部下も、まさかそんな因果が自分を巻き込んでいるとは思いません。それで社内でも、上と下のいがみ合いが常態化して疲れています。

近ごろの社員はみんなおかしいと、お互いに恨み合いながら。「みんな限界だ」と。

見ようによっては、ばっかみたい。

夢と希望を持った若者は、海外を目指して旅立つけれど

当然、創造的な仕事をやりたい若者は、海外脱出を着々とすすめています。

創造性というものは付加価値であり、今の日本では無駄と呼ばれる範囲内にあるのです。既成の概念を超えるような創造的な仕事は日本に居場所がないから、海外で羽ばたこうというわけです。

外国へ出て行く日本人は、日本の良さを世界に広めるエバンジェリストが目的ではありません。ほとんどが亡命の目的です。日本にいると自分が発揮できずにつぶされる予感が、かなりの割合ではないでしょうか。

沈みゆく泥舟から逃げるのは、カチカチ山ですね。

泥でない舟は乗っ取れる?

誰でも考えることですが、故意に経済成長しないようロックがかかっていたり、ワーキングプアを一人でも多く増やして搾取するようにと、株主目線の財界に忖度した法律が次々と決まる国には、できれば住みたくないわけです。

中高年はその回避ができないから、泥舟でも住み続けます。すると今度は、海外から日本への移住を狙う国があるかも知れません。

デフレで価格破壊した日本の国土を全て買い取ってしまえば、国の所有権が「実質的に」移ります。「形式的に」日本であっても。

そんなことは日本人の念頭にはないのかも知れませんが、仕組みはそうなっています。戦争とは領土の争奪戦であり、21世紀の戦争は火薬をあまり使わないで、人の移住で占拠する戦法になるでしょう。

北海道がそうらしく

新自由主義経済で浮かれたグローバリズム国を、ナショナリズム国が狙うわけです。国家会議と軍が打ち合わせして、連携しながら。

通信機器ジャックやサーバー乗っ取りがよく言われますが、どうせ乗っ取るならやっぱり本命の国土ですよね。土と水を奪う。すごく話がずれてしまいました。

日本の貧困化は、日本を動かす次世代の頭脳を育て損ねたり、海外へ流出させています。そんなことにかまう気になれないほど、国内は貧困気分です。
Photo: PexelsによるPixabayからの画像