就職氷河期世代の若者は緊縮財政で貧困化したとおりの人生観

就職氷河期

就職氷河期世代より若い年代は、どっぷり緊縮財政人生

昨年大学を卒業した新入社員の多くは、消費税増税の1997年生まれです。

生きてきた時間の全てがデフレ不況下です。この悪影響を考えます。

緊縮財政による節約、削減、コストカット、お金が最優先の切り捨て社会だけを体験しています。庶民が好景気で楽しく暮らした時代が直前にあったのに、片鱗も知らずに不景気が普通という背景です。

正常な国を知らず、体験がない。異常事態を正常と誤認した人生です。

実際さめてるから

時代の空気どおり、小スケール、ローな気分。小志恒例化。

中東生まれの子どもが、戦場暮らしを前提に人生設計するような感じですかね。

ディスカウント、バーゲン、シェア、ミニマルです。百円ショップが暮らしの中に多く、それも生涯のハンデか。一流品をデザインする仕事などの進路は制約されます。

バブル世代と氷河期世代の溝

そんな氷河期世代以降の目には、バブル世代の馬鹿に楽天的で前向きな者が、うざい。

だってこれなんだから

日本とアメリカの逆転だけじゃないし

若いカリスマ経営者に共通するのは、右肩下がりの経済を大前提としたアンチ無駄の精神です。新自由主義経済のグローバリズムへ過剰適応しています。物を買うなと。

自己責任論で他人を蹴落とし、相手に損をさせ滅ぼせば自らが浮かばれると教えられた、陰惨な身の上です。

バブル時代と正反対に、冷血で残虐な方向へシフトを強いられ。心根が冷たく、無条件な優しさがなく、薄情で打算的。

レイシズムやヘイト行動も?

人権侵害や差別主義、優生思想や選民思想、命の選別に自然になじんでいて。

陰気でネガティブで、自国の経済成長に後向き、物否定で達観した、重く暗い闇の心境が原点の沈みキャラです。

幸福を罪悪視する。好景気を否定的にみて、庶民の暮らしの悪化に納得し、他人の幸せを呪う疫病神の役回りです。幼少期に形成された土台は、生涯の制約になります。

日本がかかえた負のエネルギーね

ブラック企業の上司も、三分の理を言います。

「最近の若い社員は、作業のまずい点を言うだけで誹謗中傷に傷ついたと、出社拒否するんだよ」「若者は気が小さくってね」「能力も低いよ」。

誰がそんな人に育てたのでしょう?。

犯人はデフレ不況ですよん。

デフレ不況だと所得減で気落ちし、心が折れます。メンタルが崩壊して思考力も落ちて、発想転換の気力も失せます。人心はすさみ放題。貧すれば鈍する。

日本だけが縮み指向でケチケチだと、気づけない悪循環

国家財政の考え違い、人災で日本は貧困化しています。

人災とは「責任者は誰か」の形式的な意味ではなく。

一人の男が日本を壊し始めました。女じゃない。

具体的に?

各国政府は自国通貨が不足すれば、自在に追加発行できるから、お金不足は起きません。「国のお金が足りない」はお芝居です。

・ 政府の出費は、通貨発行した上で行われる
・ 国が無駄づかいするほど、経済は拡大する

みんなの感覚と見事に逆か

政府が発行したお金は市場を回り、民間の給与や報酬で分配されます。

政府が通貨発行をやめれば、国民を干上がらせ皆殺しにでき、若者がやられました。

国のコストカットは殺人処方箋ね?

国のコストはお金を発行して払うので、コストが多いほど国民は裕福になります。

政府が国民に与えたお金を、政府の赤字で計上する事務が現行制度です。イギリスが考え出した財政手法です。万一政府が黒字になれば、国民は赤字になります。

国民の赤字って何?

国民の破産です。

国民が持つお金や資産を、政府が回収して捨てます。日本中の男女は、身ぐるみはがれ、ある者は飢え死に、ある者は自殺、過労死、強盗殺人や特殊詐欺も。

政府は大赤字が正しいのです。日本は黒字にしようとして、氷河期を招きました。

政府って何者?

政府は国民の分身です。国民の代表がメンバー。政府は外敵ではなくて。

この仕組みに反して、日本のみ23年逆走中です。国民がいくら働いても経済成長せず、労働者が次々と火葬場に送られています。そうなって当たり前なのです。

死の逆走ニッポン

夢と希望を持つ若者は、海外を目指して旅立つけれど

若者は緊縮財政と消費税増税が貧困の原因とは知らず、だから政府批判はこうです。

「国の無駄をなくせ」。

「国の出費を小さくして、経済の動きを止めろ」。

なにしろ「今後の日本は落ちるだけだ」と断定した身で、自らの信用を高めるには経済の好転は不都合であり、おとしめる言動に努める残り人生になるわけです。

笑えばいいのか、泣けばいいのか

負のサイクルから脱して、創造的な仕事をやりたい若者は、海外に脱出しています。

創造性は付加価値であり、今の日本では無駄と呼びます。既成の概念を超えたり創造的な仕事は日本に居場所がなく、海外なら羽ばたける可能性が開けます。

外国へ出て行く日本人は、日本の良さを広めるエバンジェリストではなく、大半が亡命でしょう。日本だと能力を伸ばせず、つぶされて終わる予感もあるし。

現に国会ではワーキングプアを一人でも多く増やし、搾取する法律が目白押しです。

残された日本はどうなる?

中高年は泥舟に乗り続けます。すると日本への移住を狙う外国が出てきます。

デフレで価格破壊した日本の国土を買収すれば、国の所有権が移ります。形式的には日本でも、実質は他国が自国領に見立てて支配できる21世紀型の戦争です。

日本の土と水を取る作戦は、北海道で進められています。

氷河期世代の救済はできる?

今も非正規で浮いた者は公務員に組み込み、子の世代へつなげる必要があります。これは簡単で、やらないと後世に世代断絶が起きて日本の苦難は拡大します。

氷河期世代を雇うお金は、外国が日本各地の資産を買い叩く資金と同じ。

自国通貨の追加発行」です。円を造幣します。コストはタダです。

んっ、タダってどういう意味?

日本政府が百万ドルを手に入れるには、百万ドル分のドルが必要です。

日本政府が1億円を手に入れるには、ゼロ円分の円で済みます。無料です。当たり前。

日本の貧困化は、日本を動かす次世代の頭脳を育て損ね、海外へ流出させています。この解決は簡単で、政府が通貨発行して弱い部分に投入するだけ。
Photo: PexelsによるPixabayからの画像