【文藝春秋】財務省の次官が日本人を倒す目的や動機は?

財務省の次官が雑誌に書いた、日本財政破綻論とは

月刊『文藝春秋』2021年10月号に、現役の財務次官がタイトル「今のままでは国家財政は破綻する」を書きました。

来たる衆議院選挙の告示前に、各政党がコロナ対策費で何兆円出すかを競っていました。競争の全てを「ばらまけば日本はおしまいだ」と、ばっさり否定した記事です。

世界で日本だけはお金を増やすなと?

日本以外の国、アメリカや中国やEU国などは、すでにお金を発行して国民にばらまき、コロナ禍でデフレに落ちかかった自国経済を立て直しました。

遅れた国もお金を発行したのは、国際金融基金IMFが勧告したからです。「各国は最大限通貨を発行せよと」と。

日本以外はばらまきで富裕化してた?

日本も円をばらまけば、同様に経済を立て直せます。

コロナで大半が所得減で、平成デフレ不況が恐慌になりました。企業の逸失利益と国民の生活費も補償すれば、失業自殺やテロを防げ、買い物が増えGDPの墜落も防げます。

その国民救済を食い止めるために、「ばらまけば破綻する」と警告しました。

その警告は真っ赤な嘘のフェイク論です。「腹が減った時に飯を食えば、飢え死にする」式の、あべこべのダマシです。

記事→ 日本財政破綻論とは

外部→ 日本財政破綻論を早くに否定した団体もあった

財務次官の訴えは、金本位制+実物貨幣のフェイク論

現代の国家財政の手法は「管理通貨制度」です。

扱うお金が「信用貨幣」です。

・ 各国の政府は通貨発行権を持ち、自国通貨を供給する役目を負う
・ 政府が自国通貨を発行すれば、国民所得が増えて経済成長となる
・ ただし支給で通貨が増えすぎると、通貨の値打ちが下がりすぎる
・ そこで余剰金を徴税で捨て、通貨の増えすぎをペースダウンする

管理通貨制度の財源は公債です。

税金は財源ではないのです。

財務次官は政府に管理通貨制度をやらせまいとし、他国のようにはコロナ対策を打てなくして、国民が一人でも多く死に、企業が一個でも多く倒れるようにしました。

国民は怒らないのか

何の話かわからず、チンプンカンプンです。

国民は自分が殺されかかっているとは気づきません。事態が飲み込めず、オレオレ詐欺の被害者の状態です。所得減に疑問も持たず、貧困化に納得しています。

日本以外は所得増なわけ?

国民の勘違いは何か?

国の無駄をなくして、企業を改革すれば、経済成長すると思っています。

本当は?

政府が自国通貨を発行してばらまけば、経済成長します。

まるで反対ではないか?

お金とは何か。国民は黄金だと思っています。総量が一定。

本当は?

買い物券です。国のサインが入った書類。発行し放題です。

勘違いの核心は何?

国民はお金を天然資源だと思っています。低収入の弱者を殺せば、国から一万円札が失われるのを防げてリッチになると信じ、庶民を締め上げる政策に好感を持ちます。

財務省が省ぐるみ、日本を滅ぼしたがるのはなぜ

ナチスのケースと同じです。

1945年のベルリン陥落後に、連合国はナチスの幹部を追跡してとらえ尋問しました。

言い分を聞いた連合国は、あぜんとしました。

ナチスはよっぽどユダヤ教を憎んでたの?

逆です。どの幹部も「上から評価され出世できた」と語りました。

真面目で仕事熱心な、普通の凡人だったのです。

指示に忠実に、人事評価に沿って行動したという。

罪を軽くする弁明にはみえず、本心の吐露だと解釈されています。

出世のための殺人だった?

家庭を大事にして、妻や子を愛する気持ちが、大量殺りくのモチベーションでした。

一般に、人が残虐になりきれるのは、何かを大切にしている時です。

ユダヤ教徒を殺せば快感だったのでなく、殺せば順調に出世できた。

省内と世間からの、ウケ狙いでした。

財務省内では、増税に貢献した者が出世するそうで

お金をばらまかない国は、経済成長しないので、税収が減ります。

その税収不足を理由に税率を上げた手柄で、出世できる慣習です。

国の財源は税金だという迷信を悪用か?

出世するには、国民を貧困に落とす必要があるのです。

殺し屋は、殺しが楽しみではなく、ほうびが楽しみです。

国民はそこを見落としている。

消費税を廃止したくないのは、廃止すれば経済がみるみる好転し、いくら鈍い人でもだまされてきた過去に気づくからです。気づくチャンスを国民に与えたくない。

文藝春秋の騒動で、国民の反応は?

アンケート調査では、国民の半数以上が財務次官の虚言を信じています。

二次大戦に匹敵する洗脳の強さです。

非正規で解雇され線路に身を投げた女性も、洗脳されたままあの世へ行きました。遺族も「あの子は気が優しい以外に取り柄がないし」。

違う。本人の優しい性格が原因でなく、政府のばらまき拒否が原因です。

殺されると聞いても皆まんざらでもないようだが

困窮していない者は、困窮者を除去すれば税金が助かると信じ、弱者の死を問題視しなくなります。「困窮者は自己責任だ、消えちまえ」と。

日本だけのデフレ不況は、国の支配権をめぐる内戦であり、国民はクーデター側について経済をいっしょに壊すのにけんめいなのです。

日本「だけ」というのが引っかかるけど、他国はどうなの

日本の経済低落と貧困化はロスチャイルドの陰謀でなく、財務官僚の扇動と国民の貨幣思想とが一致団結し、徹底的に経済をつぶし続けたせいです。
Photo: by Chester Ho on Unsplash