日本国の借金1100兆円が嘘と知られるまでが長かった

マネー・クリエイション

日本の借金1100兆円で、子孫が地獄に落ちる警告は嘘

よく聞く話がこれです。

・ 日本の借金は1100兆円あり、国民一人当たり870万円
・ 4人家族なら3480万円

「あなたの一家は、その額を今すぐ返せますか」。

「借金を今返さずに、ツケを子孫に背負わせて平気ですか」。

「あなたは罪深い、人間のクズです」。

そりゃ顔面蒼白になる

国民はめちゃくちゃ縮みあがりました。日本経済も縮みました。

国民は借金を減らそうと焦り、その行動のせいで貧困化しました。

少子化が一気に急進して、原発は爆発して、取り乱した者の19人刺殺や36人焼殺の事件が連鎖。それどころか『主婦の友』は休刊。さあ、えらいこっちゃ。

どうしよう、どうしよう

縮みあがる人はピークを超えました。主婦も「1000兆円の借金はウソか」と理解し始めたからです。

なぜ理解できたの?

政府がお金を使うのは、誰かに支払う意味です。

誰に支払うの?

受け取るのは国民です。国外でなく国内。よそでなく、うち。自分が勤める会社だったりします。自分がもらうなら泣きません。

まだわからない

政府の出資でトンネルを掘ります。飛騨トンネルや関越トンネルとか。消耗品ではなく、子孫がトンネルを通るたびに時間短縮の恩恵を受けますよね。

しかも子孫は建設費を請求されません。私たちも清水トンネル代を請求されません。

過去の土木建造物の代金を、子孫が請求された例は皆無で、見え透いたデマです。巨額を投じた新幹線も、今300円で乗れちゃうし。

トンネル費用を出すのは誰?

政府の打ち出の小づちです。国債(国庫債券)を発行して生み出す通貨です。

1964東京オリンピックではドル借金だったから、IMFなどが返済相手でした。

しかし円の国債は自国通貨なので、返済相手がいません。借りていないから。

自国でお金を発行して、自国の業者からトンネルを買う。それで完了です。

「国の借金1100兆円」は虚偽です。突っ込みどころが多くて、馬鹿すぎるウソを笑う間に、主婦層を不安にさせて貧困化を進めました。

日本の財政の危機は、漫才やコントのネタに使えそう

破綻の予感は実はあるのです。漫才みたいですが。

「日本の財政は危機的で、近く破綻する」の警告が、初めにありき。

お金がなくなることが財政破綻だから、皆でお金を使うのを差し控えました。使わないと減らない、小学生らしい理屈です。

そうしてお金を使うのを皆がやめた結果、何が起きたでしょう。

よほどの大事件が起きた?

みんながお金を使わなくなったのです。

なんで?

お金を使うのを、みんながやめたから。

みんながお金を使わないようにすれば、お金を使う人はいなくなる。

それ、トートロジー?

お金の動きが止まることが、経済の死ですよね。

お金を使わないことを不景気と呼んで、経済縮小と呼びますね。

当たり前すぎて反応できん

経済縮小とは、お金を使わない意味ですね。

なるほど、ていうかアホでしょ

経済を縮小したせいで、経済が縮小しました。

その後、無理心中や少女売春が流行りました。理解できてスッキリ、今夜は眠れそう。

お金を使わない心がけで、こんなになっちゃったー

警告がよけいだった?

「近く破綻する」がないと、日本は景気がよいままという、おもしろい話ですね。

危ないと叫んで派手に飛びのいた。実は危なくないのに。飛びのいた先で車にはねられ、天に召されたギャグです。

日本の貧困化は、核心が笑い話だと知っていました?。

日本は黒字国だというエールは、1100兆円に関係なし

「日本は借金で破綻する」を否定する論も、実は間違いだらけです。

嘘を暴く側にどういう嘘が?

「日本は他国に貸しているお金が世界一多い」。

「国際収支が黒字だから大丈夫だ」。

よく聞く話だけど

借りたお金が多くても、貸したお金も多いから、チャラになる話です。

赤字だけでなく、黒字も見よ、の助け舟。温かい声援、フォロー。

日本は世界一の金持ち国だから、借金がいくらあっても問題ないと。

やれやれ一安心

関係ない話にそれています。

1100兆円は円ですよ。JPY、日本円です。

日本政府が好きに発行できる日本円を、誰かに返済するわけがない

「国の借金」という言葉が、最初からフェイクです。

最初の前提さえがウソ?

1100兆円は大半が政府が発行した貨幣です。お金を国民に与えた合計金額です。

正しくは政府負債であり、国債発行残高とも呼びます。

通貨発行実績なのです。

厳密には正反対?

手柄を罪だとし、成果を汚点としたフェイクです。

国は借金していません。政府側の帳簿では、会計処理上は赤にするルールです。

赤字という語につけ込み、悪意で話を曲げたのです。

サラリーマンでない個人事業主で青色申告の方は「あれとか」とピンとくるはず。緑色で印刷された貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)というあれ。

国民は借金なし?

なし。ないのです。ウソだった。

国民の実感が正しかった。今流行中の、架空請求詐欺ですね。

先の「対外黒字が大きいから大丈夫だ」へ戻ると、そもそも毒でない食品を食べた人に、「君の体は丈夫なのだし」の励ましは不要です。

それなら、赤字の数字を減らすとどうなる?

1100兆円を1000兆、900兆、800兆と減らせば、貨幣削減、経済縮小、貧困化です。

ただ今発行中のお金を回収して、国民が身ぐるみはがれていく理屈なのです。

国民の全財産を廃棄する行動です。

わかりますか、この理屈。

わかりますか。この意味。

国民は無一文になる?

国民は亡命する前に大勢亡くなります。国外脱出や退去できない人も多いから。

1100兆円は外国に借金したのではなく、政府の貨幣発行です。借り物じゃない。

単に記帳の約束事か?

いいですか。お金を発行した者、団体。

その主体が負債にならないと、ノートブックに表現できません。お金を生むヒーローは、赤字をかかえたかたちになるロジックです。

その赤字を借金と呼び変えた?

詐欺師がよくやる手口です。

「消防署の方から来ました」って。消防署員にみせかけて、単に方角だった。

日本人は大勢、まんまと言葉にだまされました。オレオレの時代、タイトル詐欺の時代です。だまされても気づかない時代でもあるし。

SNSで広がった「熊本の市街にトラが逃げた」のデマと似ていますね。だまされた人数は「国の借金」の方がずっと多いから、デマが国民に勝ち越した状態です。

政府と国民はシーソー関係?

現在1100兆円の預金や札束を、政府とは対称的に国民が持っているわけです。

失ったのではなく、国民は今すでにがっぽり得ています。

国民は何で大金を持ってるの?

政府があげたからです。

あげる金を政府はどこから得たの?

打ち出の小づち。貨幣プリンター。通貨発行権

税金は財源ではないのです。

話について来れますか?。

これを、母子の関係で考えてみましょう。

子育てにたとえる?

母親の母乳を赤ちゃんが飲んだとします。飲んだ量のうち、今も赤ちゃんの体内に残っている母乳は、何ccか。それが1100兆円に相当します。

1100ccあるかは不明ですが。一部はタンパク質が赤ちゃんの体になっています。それが道路やトンネルに相当します。1年たてば、体格が大きく重くなりますね。

母は母乳を他人から借りず、自前です。だから母は母乳を他人に返済しないのです。返済不能のデフォルトと呼ぶ破綻が、母には起きないのです。

ミルクをドイツに返せなくなった、ギリシャのようにはなりません。

当たり前すぎる

母乳代は無料です。粉ミルクを買えば有料ですが、自分でミルク・クリエイションしたらタダです。そして、赤ちゃんが後で母にミルクを返済することもありません。

赤ちゃんは大きくなってから、母に母乳を返さないのが普通ですね。

当たり前すぎる

ここを勘違いしやすい。というか、日本人はいっせいに勘違いしています。

母乳の返済義務が、子孫にのしかかるデマが、国の借金1100兆円のデマです。

ミルク返せってどんな母なんだ?

授乳した母の身体が、しぼんでゼロになる破綻は考えないものです。

逆に母乳をケチると、赤ちゃんは飢えて倒れる。危険性はそっち。餓死。

このミルク・クリエイションが、マネー・クリエイションと同じです。

日本が貧困化した原因はデマだった?

奇妙な考えにとりつかれ、自ら経済をつぶした民族は日本人だけでしょう。

その借金破綻の脅しがウソだったと、母たちにばれ始めました。

外部→ 自国通貨建て国債は破綻しないと言い出したのは誰?

日本の借金1100兆円は虚言で、政府負債と呼ぶ通貨発行の現役分の総計です。現役分とは、国民が預金や札束として今現在持つ資産を意味します。
Photo: Adina VoicuによるPixabayからの画像