新型コロナ感染が日本でなぜ増え続けるのか→お金のカルト宗教

コロナと現金配布

なぜ1日のコロナ感染者が、減らずに増えているのか

日本では、1日のコロナ感染者数はまだ増加の途上です。今後ネズミ算式に指数関数的に増えるかも知れず、未来の復興を語れる時期が来ていません。

明らかに暗くなっています。

国民には、コロナ感染で亡くなるか、貧困で亡くなるかのジレンマが起きています。

今起きている日本の空回りを分析してみましょう。

なぜコロナ感染者は増えている?

国民が相変わらず働いているからです。

必要物資と関係ないレジャー産業も。外国では閉鎖した料理店も、日本では営業中です。近所のカラオケ店からも、昼間は歌声が響いています。

職場に出かけて労働するから、3密の濃厚接触をなくせていません。接触機会を減らす目標8割を、7割に落としてもまだ届きません。

なぜ無理に働くのか?

働くのをやめれば、生活費が入ってこないからです。

会社が賃金保証すればよいのでは?

決めるのは労働者ではないから、その言い方は無効です。

しかも時給で働く者は、自宅待機すると所得が1円もありません。

働き方改革で、月給以外の人を内閣で法制化して、日本中に増やした後だし。

平成デフレ不況の消費税増税法人税減税の同時履行で、労働者の銀行預金は上場企業の株主へ所得移転を済ませています。昭和と違って、労働者には蓄えがないのです。

消費税不況が忘れられている?

コロナ直前に、世界はインフレ好況でしたが、日本だけはデフレ不況でした。

コロナ以前の10月に、世界で日本だけ単独で、貧困の5番底に来ていたのです。

コロナで6番底。

コロナ直前のマスコミは、消費税10パーセントで地方で福祉の切り捨てが激化したと、報道し始めていたではありませんか。早くも、どうでもよくなっていますね。

なぜ企業も政府も、一般国民の所得を保証できないのか

コロナ休業していない業界も、所得はこれから減っていきます。

会社にも収入が少なくしか入らないから、お金に困っています。倒産する恐れもあるし。

銀行から融資を受ければだめ?

無利子で3千万円借りても、後で3千万円を返せない可能性が高く、踏み倒す前提でないと借りにくいのです。夜逃げの準備も必要で、不動産を売り逃げする事前の手配に時間がかかるのが普通です。

世界で日本のみ23年間デフレ不況だから、家も売れません。買えるのは外国人です。

国が現金を配れば済むのでは?

それが唯一の正解です。

しかし外国はそれで解決しても、日本では難しいのです。

日本だけは激しく渋り、ごく少額にとどまるから、生活困窮や破産が増えます。

なぜできない?

世界中で日本だけに、特別な宗教があるからです。

日本にある経済宗教は、実は宗派がいくつもある

日本だけ、昔から強い信仰があります。

お金を使えばなくなる、という勘違いの教えです。

ガソリンを使えばなくなるのと、お金は同じだ、という誤認識です。

使わなければ資源は減らず、あとは働けばお金持ちになれる妄想の思想信条です。

なぜその妄想をやめない?

本人は妄想だと思っていないからです。

ひとつの宗教が日本を縛っている?

ひとつだけではありません。

国民と政府は、似た勘違い宗教でも、宗派が異なります。

国民はどんな宗教?

「国が配るお金は、僕たちが払った税金だ」という誤った宗教です。

「お金を配らなければ、財源は守られて裕福になれる」という勘違い。

「在日外国人や水商売に配らなければ、節約できて国庫が助かる」という妄想です。

政府もそれと同じ妄想か?

さすがに政府は、国民のような初歩的な勘違いはしていません。

国が配るお金は税金なわけはなく、新たに追加発行する円だと政府はわかっています。

その政府はどんな宗教?

国が配るお金は新発行する円だが、後で返済が必要だという誤った宗教です。

返済できなくなれば財政破綻して、日本はたいへんなことになるという勘違い。

今の世代が返済しないなら、将来の世代が請求されるという妄想です。

いつ誰が誰に請求するの?

さあ。

請求された国はあるの?

人類史上、皆無です。

なぜ誰も請求しない?

自国通貨は自国で発行し、自国政府が自国政府に請求する、というお笑いコントだから。

なぜ国民と政府の妄想は一致しない?

それぞれが別の教育を受けているからです。

大衆か要人かで、習得した都市伝説の種類が異なります。

両者は通貨発行権を知ってる?

国民は知りません。知らないから、税収イコール国家予算だと勘違いしています。

一方の政府は知っています。現に貨幣プリンターで、円を毎年90兆円発行しています。しかし国民には伏せています。

なぜ外国に同じ妄想がない?

基本的にお金は使えば増えると、外国の人は知っているからです。

使ったお金を、受け取った者が次々使う連鎖が、国の経済規模だと知っているから。

日本人とは感覚が正反対です。

だから結果も正反対なのかしら?

経済か人命かのジレンマをよく聞くが?

コロナ感染で亡くなるか、貧困で亡くなるかのジレンマが、そもそも妄想です。

「ジレンマ」で扱う時点で、根本的な勘違いとわかります。

超有名カリスマご意見番も、「コロナ対策は国家財政を死なせるか、人を死なせるかの、究極の選択だ」とジレンマを唱えていますが、単なる脳内妄想です。

日本のオピニオンリーダーは、うそつきだらけです。

破綻だけは絶対にない?

お金をメチャクチャたくさん発行すれば、経済の立て直しとコロナ感染の減少が、同時にぐんぐん進むだけの話です。

「お金を出せば、命は助かるが、財政は死ぬ」は真っ赤な嘘で、出せば両方同時に助かるのが現代の財政です。初歩的すぎる引っかけですよね。

「経済を守りすぎて、国民の命を守らない政治だ」の批判は、理屈がおかしいのです。

そこをもっと詳しく?

よくみてください。理解できるまで何度も読んでください。

・給付額が多い = GDP回復で経済回復、国民は給付で休めて、感染死しない。
・給付額が少い = GDP減で経済は下落、国民は金欠で働き、感染死が増える。

経済と人命の両取りか、両方失うか、最高と最悪の二択ですよね。

だから実は一択です。

お金と命の同時救済か、同時放棄か。その板ばさみに悩むのは妄想です。

「政府は経済を重視して人命を軽視している」は間違い判定で、一方が軽視なら両方とも軽視の状態なのです。

だのに、みんなでひたすら迷い続けるわけ?

経済と人命に競合はないのに、競合すると皆は勘違いしています。半分ずつ助けようとする不徹底で、コロナ封じ込めはザル状態です。

「命よりは少しだけ、お金の方が大事かな」という、間違った落としどころです。

どうみてもそういう空気だし

日本独自の宗教観では、お金は手放すと取り返しがつかない貴重なお宝です。コロナ対策は常に委縮して、Too little, too late、へ向かいます。

お金を使うまいとするその妄想の内訳が、国民と政府で異なります。独自の宗派を各々が堅持しながら、感染対策をあいまいにする奇妙な平行線なのです。

そのスキに2020年4月18日の今日まで、着々とコロナの増え方が加速してきました。

記事→ 国税を徴収する目的の迷信

記事→ 国債発行を罪悪視する迷信

日本でコロナ感染が増え続けているのは、労働の出勤を止められないからです。労働者が金欠なのは、国ぐるみお金の機能を勘違いしているからです。
Photo: by Icons8 Team on Unsplash