志村けんさんが新型コロナで死去|グローバリズムの曲がり角が迫った

志村けんの眼鏡

日本の喜劇王、志村けんさんがコロナでまさかの死去

タレントの志村けんさん(70)が新型コロナウイルスに感染して亡くなり、続報ニュースがどんどん増えているところです。

ザ・ドリフターズで才を磨かれ、傑作番組『8時だよ全員集合』をいっそう盛り上げたのがキャリアのスタートでした。『バカ殿』『変なおじさん』など多彩な出し物で、他国からも「日本の喜劇王」と呼ばれるそうです。

窮地の先輩や後輩へこっそり支援していたエピソードが多い人が各業界にいますが、芸能界では志村けんさんがそのタイプで知られます。

次の10年で何を見せてくれるか、多くが楽しみにしていたレジェンドでした。

芸能界全体がすごい嘆き方

その不幸を受けて、新型コロナの深刻度が増幅されました。発生源と疑われていた中国憎しで、日本にいる中国人バッシングになりかかっています。

しかし世界中の中国人は、各国の法律や制度に従って暮らしているにすぎず、一人一人を恨んでも筋違いです。では、皆は何を問題視すればよいのでしょうか。

あれか?

考えたいのは国境の機能です。日本に広がった思想のひとつが新自由主義経済で、もうひとつはグローバリズムです。世界を自由に解き放ち、ひとつにまとめる考え方です。

グローバリズムは、人・物・金の移動を自由化して、国境を廃止して世界経済をひとつの価値観で統一する、宗教的な経済理念です。

よく聞いたのが「地球市民になりたい」。これがグローバリズムです。

全体主義の思想です。

不労所得で儲けるには株価が最も大事だから、それと衝突する文化の違いや民族の共同体や連帯感はじゃまになります。それらを消す裏の目的がグローバリズムです。

グローバリズムには、非人間的な面が強く表れます。

具体的には?

たとえば日本語を停止すれば、日本独自の思考法を消せるわけです。欧米人と同じ尺度で人間一人ずつに値段を平等につけられますね。それがグローバルな思想です。

地図に引いてある国境を事実上なくすために、地域文化や民族の連帯を切って回ります。切ってなくしたいひとつが入国制限です。

外国人労働者の急拡大は?

島国の国境を低く下げていく移民政策が、EU国のように感染ルートを放任した失策に近いとの見方はできるでしょう。

グローバルに移民を増やしたので、国民が感染しやすくなったと。東京にいた志村けんさんは、その点は不利だったかも知れません。

貿易がスルーなら、防疫もスルーだとは、世界的に軽視されていました。

日本経済がデフレ不況だから、コロナに対して非力

志村けんさんは、自分が貧困だから経済活動を強行したわけではありません。逆にコロナ不況に対抗して、お金を使おうと出歩いていたように思えます。

ところが、日本全体を覆っている平成デフレ不況の貧困化が、コロナへの全般的な対応を多少でも弱めていることは確かです。

他国が積極財政と減税で好景気だったこの23年間に、日本だけが緊縮財政と消費税増税で逆走して、必然性のない貧困化を自作自演し、微生物に弱い体質に落ちました。

コロナ以前から国が傾き続けて疲弊した状態で、コロナにやられているわけです。

日本だけが以前から疲弊していたと知っとこうよ

貧困の関係のしかたは?

マスクを高く売って儲けたい人の多さも、貧困の表れではありませんか。

お客となる貧困生活者たちは、10枚2000円に上がったマスクなど買えないから、保菌者となっても仕方ないしと妥協して、ウイルスを広げる側に回る理屈です。

「自分が感染しても、給料と貯金でできる範囲でやったのだし」と。

「保菌者の僕から他人へ感染するのは、他人の自己責任でしょ」と。

要は平成30年を経て、日本人はもう投げやり。

貧すれば鈍するってやつ?

「お金がないから、できることは限られる」という言い訳が、今の日本で主流です。

国がお金を使えば、経費をまかなうために増税になるという勘違いを、今も皆が堅持したままコロナと戦っているわけです。

日本のような勘違いがない他国とくらべて、日本は「Too little, too late」です。

対策が小さすぎて遅すぎる?

コロナ対策の手を抜いて税金を浮かせて、コロナ後に財源を多めに残しておきたいという間違った財源論が、コロナ対策を省かせています。

各国の政府は、最低1個の打ち出の小づちを持っているから、コロナ対策のお金は無限に出てきます。そうだと知らない人は、コロナ対策を減らそうと必死になるのです。

必要なだけ、お金を新たに発行できるとも知らずに。

日本以外は、そうやっているとも知らずに。

日本も実は、ひそかにやっているとも知らずに。

日本政府は、どこで平成30年の過去を挽回すべきか

日本がやるべきことは、グローバリズムがスタートした時からの、逆走的な貧困化作戦から順走に転換することです。イギリスやアメリカはそれを始めていますしね。

最初が消費税撤廃です。これで毎年90兆円の円発行は110兆円に増やし、60兆円の徴税は40兆円に減らし、物が多く売れる国へとスイッチを入れ替えます。

自分でわざと貨幣を減らしておいて、当然起きる売れ行き不振を嘆いてみせる、23年も続けたお笑いコントをそろそろやめる時です。

他国からみれば喜劇の日本民族貧困化は、そろそろ終わりが近い。

消費税の穴埋めで法人税は増税?

それだと株主がブーブー言うから、消費税を0にした分そっくり、通貨発行権で円を増やすだけです。そもそも法人税と消費税の付け替えは、財源論の思想信条ですから。

もう知られていますが、消費税を増税するたびに、法人税を減税してきました。法人税の計算法を所得税と混同する人が多すぎて、誰からも文句が出なかった盲点でした。

国民はそのトリックにだまされたとしても、せっかく消費税をやめた時に、金持ちの税を単純に高く戻すのは、やっぱり財源論の勘違いなのです。

税の取り合いをしない?

政府出費の年間240兆円は同じでも、歳入の消費税分を、貨幣発行に替えるだけです。

与党からも出た、コロナ不況で生活費が入らない補てん案も、復興国債の発行で用意するのです。復興国債です。増税でなく国債ですよ。復興税は、財源論の勘違いですから。

3.11の後に導入した復興特別所得税は、バカ殿並みのお笑い失政なのです。

所得補てんまで加えて、2020年は340兆円ほどの政府出費がおすすめです。インフレ率と実質賃金上昇率を継続的にチェックして、インフレ率を高めます。

その後は?

ふだんから適度にお金をばらまいて、国全体に無駄を多くしてゆとりをつくることです。株主の利益はコストカットではなく、増収で生むように発想を入れ替えます。

プライマリーバランスの黒字化目標という、不思議な新興宗教のかたちをとったジェノサイドは、人間以外の生物が介入してネタばれしました。

記事→ 消費税の役目を日本人は全く知らない

志村けんさんのコロナ感染死去は、デフレ不況下で常勝する有名人が、世界の貧困化政策の牙にかかったかにみえます。グローバリズムの結末です。
Photo: by Kari Shea on Unsplash