経済波及効果って何?日本ではちゃんと活用しているの?

クリスマスケーキーの経済効果

経済波及効果がよく起きるのは、スポーツ選手の勝利

経済波及効果という言葉をよく聞きます。略して経済効果とも言います。

テニスの大坂なおみ選手がグランドスラム(四大大会)で初優勝した時に、経済波及効果が表れました。

大坂なおみ選手が使ったテニスラケットを、指名買いする人が増えたのです。メーカーにも問い合わせが集まりました。

よく聞く話で

2018ソチオリンピックでは、スピードスケートの小平奈緒選手で話題になったスポーツサングラスです。フレームの色が黄色とオレンジで左右違う、あのタイプが販売店で売り切れました。高くても売れました。

買わないはずの人も買うようになり、販売数のトータルは目立って増えます。ムードに刺激されて、違うメーカーのラケットやボールやサングラスも売れ出します。

東京五輪でもあるか?

200日後に迫った2020東京オリンピックでも、経済効果は必ずあります。スタジアム建設や種目別競技用品の購入など、直接的なもの以外の買い物が増えます。

サービス業者として食い込んだ、内輪のお友だち企業に限りません。近隣のかき氷店なども売り上げアップになりますから。

オリンピックがない年よりもお金の動きが大きくなって、一応はGDPが上がる要因になります。イベントの影響が直接、二次効果、三次効果と、マクロ経済として広がるのが経済効果です。イベントが赤字でも、周囲に収入が生まれるのが普通です。

各種イベントが多いほど、好景気の好循環が期待できる

イベントが恒常化した地では、チケット売り上げ以外に、地域全体に経済効果が常にあります。バスや電車が増えて、駅ビルの商店街も拡張され。それも込みの経済規模が、普段のアベレージとなっています。

定例イベントは、むしろやめたら不景気になります。途絶えて不景気になる例が「オリンピック不況」と呼ばれる、建設特需が喪失した経済縮小ですね。

目立つ例が、東日本大震災で各地で自粛した花火大会でした。

尺玉やスターマインなど打ち上げ花火は夏の盆の前後の開催が多く、慰霊行事でやってもよかったのですが、結局やめた地域が多かったのです。

賛否でもめたようで

悲しむべき時に楽しむイベントは不謹慎だと、苦情があったそうです。花火主催者は匿名電話を無視できませんでした。

実はこの部分で、日本に困った国民性があります。

経済活動に対して、常に風当たりがあるのです。お金を御不浄、不潔な悪行の一種に受け取る感覚がひそんでいます。

一例は、商業イベントへの儲け批判です。

クリスマスのケーキや、バレンタインデーのチョコがよく糾弾されています。マシュマロデーとなれば、もう散々で。

ハロウィンもそうか

宗教的な由来とずれていることへの批判はわかります。そこに、お菓子を売る商売はだめでしょという声が多いのです。ネットでも「ケーキやチョコレートを買うのをやめよう」と、経済活動を食い止める呼びかけ投稿がよくあります。

「買わないよう気をつけろ、絶対に業者に儲けさせるな」と、断固として購入を阻止する声が集まります。

儲ける人間を罪人とみなし、こらしめてやりたい気持ちが行動になっています。

他人の商売を失敗させて、赤字で敗退するように仕向けたい願望です。

他人が収入を得る行動を、心底憎んでいる激しい勢いです。

売買をストップさせ、お金の動きを止めたい思い。

なぜそうなる?

ひとつは「お金は使えばなくなる」の思考でしょう。

お金を使う場は商店であり、商店をなくせばお金を使う道が閉ざされ、するとお金の喪失が防げて守り抜いて温存できる考え方です。

「商売人がいるから、使う馬鹿が現れ、世のお金が減る」式の経済縮小願望です。

営業妨害?

他人の所得アップがうらやましいのもあるでしょう。

経済をミクロでみて、マクロの視点が抜けています。食品店が儲ければ、文具店の儲けが減るような、お金をシーソーゲームや綱引きでイメージしているような。

お金の全体量が固定している前提?

動物のオリの中にあるエサと同様に、他が得たら自分は減る恐怖感です。

誰かが儲かれば、そこにお金が集まった分だけ、自分からは逃げていくという、サイズが固定したパイを奪い合う考えが日本にしみついている疑いです。

共食い。

だから他人の商売が失敗するよう祈るのが、日本人の特質とされます。国民性として指摘される足の引っ張り合いは、「お金とは何か」の間違いが根底にあります。

ゼロサムゲームの感覚ね

実際にはケーキやチョコレートでお金が動けば、回り回って無縁の人にも経済効果は巡ってくるのが、マクロ経済の現実です。

ネットで悪く言われるAKB48の握手券付き音楽CDさえ、嫌いでラジオを消す人にもCDの経済効果が及び、収入増になるのが実体経済です。

商売に好感を持たない感情も、経済停滞する一因か

中華人民共和国から日本に来ている人たちは、商売が目的です。よく言われるのは、彼らはお金が好きです。お金を動かすのが好きで、商戦や商機を考え話すのも好きです。

そして対照的に、日本の一般人はその手の話題が嫌いです。マネーに自分が関わることをダーティーとみています。汚いし怖いし。

お金に深入りしないことで身ぎれいに保つ、そんな日本的な道徳があると感じます。経済にタッチすれば、計算高くずる賢いタイプに映る心配かも知れません。

「君は経済に詳しいね」と言われたら、人聞きが悪いみたいな。

経済アレルギー?

「国の経済」と「商業」が分化されず、あらゆる解釈が感情のまま、もつれています。

業者が引っ張るクリスマスやバレンタインデーの作戦を見破れたつもりでも、緊縮財政にはコロリとだまされています。

キンシュクザイセイ?

通貨発行を停止しお金を増えなくして、増税でお金を減らすという、経済縮小です。

オリの中のエサを減らす意味で、しかし日本人の大半が「お金を温存できて国がリッチになり、暮らしが上向く」と、全くあべこべに勘違いしています。

あべこべの結果がこれ

国内で大勢が自殺したり、領土を攻められるのはなぜか。何と何がどういう因果関係かを見破るには、マクロ経済という概念が必要です。

マクロでみた日本はすごい

日本で業者がイベントを行うと、金儲け主義の悪行としてよく批判されます。実際はお金を動かす行動なので、経済効果が出てGDPが上昇します。
Photo: by Eiliv-Sonas Aceron on Unsplash