高齢者は老害となって日本経済を悪化させているのか

AT車踏み間違い事故

世界の各国で、日本だけで嫌われているのが高齢者

世界各国では敬老は常識で、高齢者は手厚く大事にされます。日本は逆で、老害という語が出回っています。AT車の踏み間違い事故でもよく出てきます。

AT車の事故原因は、こちらで解明した本を出しています。アート分野の本です。

企業プロダクトデザインの文脈で、絵など芸術表現が人に伝わらない反語表現の難解さにヒントを得た説明です。あまり売れないアート分野だから、車業界に伝わりませんが。

ともあれ、世界で日本だけで老害という悪口が広まっています。

なんで日本だけ?

世界で日本だけがデフレ不況だからです。貧困化に加えて、格差社会の痛みが年齢差別と合流して、国民を分断しているわけですね。

お金が少ないと、何かと憎しみの感情が芽生えますし。

昔は老害と言わなかったの?

バブル時代には、老害という概念は特にありませんでした。平成に老害をあおったのは、実は絵でした。働く世代が下から、高齢者をかつぐイラスト図です。

昭和時代はみこしをかつぐように、10人で高齢者1人を楽々と持ち上げました。

平成になると6人で1人です。年月を経て4人で1人、3人で1人、2人で1人と、支える人数が減っていく図です。1人で1人となると肩車です。

だんだんトップヘビーに変わります。下でかつぐ中年以下が耐えきれずに、しんどそうな表情に変わっていく絵でした。上では高齢者がニコニコして、働く世代の苦しみが対比的に強調されています。

あの絶望感はすごい

ところがあのイラストは、財源論を元にしたフェイクだったのです。

政府の大きい仕事のひとつに、国民にお金を供給するマネージメントがあります。

国はお金を発行できるのです。

日本なら円を出し放題ね

国はお金には困らないのです。国のお金は枯渇しません。

高齢者にかかるコストは、政府が貨幣を発行して使えば解決します。

お金を新たに発行すれば済むのです。

それを隠した上でこしらえた、一種の作り話が財源論です。財源論とは税金をため込んだ国庫があり、そこから分け合う間違った思想です。

高齢者の経費はお金を新発行して財政出動して済むのに、若者が負担する計算になる迷惑な話へと、ウソをついた図版でした。

図版にみんながだまされたわけ?

高齢者は迷惑な存在だから、若者たちよ怒れと指示する絵でした。

若者の敵は老人だと、教え込む絵でした。

世代間の憎しみを、かきたてる絵でした。

国民を分断させる絵でした。

国をつぶす絵でした。

図版はウソだと、高齢者が若者に説かないのはなぜ?

その問題が高齢者にあります。

高齢者が敬われる理由は、現役時代に国を築いた先輩だからでしょう。

新幹線や道路や、新宿のビルを建設したのも、今の高齢者です。40年前は40代だった。建国の父と母と言われるべきは、高い年齢の全員があてはまります。

一方、高齢者の望ましい姿は、物知りで知恵があるという頼れる存在です。

高齢者は何でも知っている?

日本経済が傾いて国民が貧困化し、国際的な地位も落ちた原因を、すぐに説明できる知識力が高齢者に期待されます。

勘違いした中年や若者に向かって、高齢者がさっと解説できればよいのです。国家経済の秘密を高齢者に言って欲しいわけです。

高齢者はまず何を言うべき?

「各国は自国のお金だけは、自在に刷り足せるのじゃ」。

「お金の全体量は固定せず、政府が故意に増減できるのじゃ」。

「増やしたお金は帳簿上の赤字で、誰かに返す借金じゃないわい」。

「お金を国民に順調に渡し、渡しすぎたら増税すれば、貧困化は起きないのじゃ」。

「高齢者が増えるほど、発行総額が増えて、若者までもお金持ちになるのじゃ」。

しかしそう言わずに黙っている?

政府は貨幣を発行して全員を裕福にする役目の特殊法人だと、高齢者は知らないのです。代わりに財源論を信じるありさまです。

高齢者が国家財政のカラクリを黙っているから、「国のお金がないない詐欺」が横行しています。消費税増税と呼ぶ、株主と輸出企業へみつぐ寸借詐欺も横行します。

資本家が政府を買収する行動が、大流行中の時代だとも知らないし。

財源論だとお金は使えば減る理屈だから

財源論で解釈すると、お金は常に不足して奪い合いのケンカが絶えません。

他人が滅べば自分の取り分が増える、共食いの人生観になります。国民同士の憎しみ合いが国民性となり、個人の性格の悪さに表れます。第一に嘘つきが横行します。

共食いに勝つ心構えが、自己責任論の思想です。「人権も大事だが、財源も大事」という妄想したジレンマで、人権侵害が平気になっていくのが財源論の教えです。

それで高齢者は死ねと?

ネットでは安楽死の法制化が叫ばれ、高齢者を早く消せる国に変えたい気持ちが掲示板に出回っています。相模原19人の障がい者削減と同じで、税金ドロボーたちを早く天国へ送りたい民意が高まっています。

その財源論を、今の高齢者たちは打ち消さずに、若年層に広めている始末です。

持病を持つ高齢者、幼児を持つママさん、勉強して身を立てたい生徒、火災で焼けた文化財の地域担当者が、お金を奪い合うのです。財源が枯渇する架空の作り話を元に。

国民の間では、本来いらない生存競争です。

高齢者はなぜ、日本経済に関する知識がゼロなのか

新聞とテレビしか見ないからです。

経済の一般論が間違っている経済学の不備があります。それが日本が斜陽化している根底の理由です。

世界はテーブル形だという信念が、今の経済学ですから。ボール形だと教えてやっても、「アホか、裏側にいる人が逆立ちになって落下するだろ」から議論が進みません。

一般論をこんせつていねいに語る新聞やテレビをいくら覚えても、日本を悪くする片棒をかつぐしか高齢者にできていないわけです。

結果と一致してるし

高齢者は発言力を活かして、政府にこう言います。

「国の無駄づかいをもっと削減したまえ」。

結果は、高齢者の医療費上昇です。自己負担1割が2割に上がりました。国の出費は通貨の追加発行を伴うから、減らせば個人のサイフから吐き出すハメになります。

国民の財布を厚くするために政府が新発行するお金を、「無駄づかい」と批判して削減を要求するから、国民のお金は増えずに経済縮小します。

無駄づかいが多い他国にくらべて、ビンボーになりますよね。

お金を高齢者に無駄に使えば理想だった

国が無駄に払うお金とは貨幣の新発行であり、国民所得、つまりGDPが増えます。

そうだということを、高齢者が若輩たちにガツンと言うべきなのです。なのに、若輩たちと声をそろえて無駄づかいを批判して、貨幣発行をやめさせて貧困化にけんめいです。

見事に願いがあべこべ

こうして、子育ても教育も、物理や医学の研究も、日本は貧困化の一直線です。

国の経費削減とは、国民のポケットマネーで払わせる仕打ちの意味だから。

やっぱり老害じゃん?

「国の無駄をなくせ」と言う、その勘違い発言が老害だと、若者は指摘すべきです。

なのに若者は、高齢者にかかる医療や介護コストが無駄だと誤認し、僕らのお金が投じられるのは困ると怒り、あべこべの理由で高齢者を恨むわけです。

皆は、高齢者の医療や年金をカットしろと叫びますよね。それは貨幣の追加を減らす意味だから、GDPが縮んで若者も高齢者も仲良く貧困化して、日本はもっと傾きます。

高齢者の医療自己負担1割が2割に増えたら、若者が製造した製品を高齢者が買わなくなる玉突きが起き、若者も貧困化します。若者の願いとはあべこべに。

焦点はどこ?

日本政府が円を発行できるという、国際社会のルールです。

これを知ったとたんに、何もかもがひっくり返ります。政府がお金を使うということは、円を発行して国民の手にねじ込んで渡す意味ですから。

やれやれ

今の日本の悩みは、他国人が同情しないコントです。他国は自国通貨を適宜発行して無駄づかいしてルーズで、それで景気はよいのだから、日本の苦しみはお笑いです。

笑い話なのに、日本人だけが恐い顔で、高齢者をひたすら叩いています。働かないやつが死んでくれたら、自分にお金が回ってくると期待する財源論の宗教です。

国からお金がなくなるパニックで、共食いする修羅場が日本の姿です。

他国に理解者はいない?

デフレ不況の日本以外の国はインフレ好況だから、日本の苦悩を理解できません。日本だけが珍しすぎる奇病だから、相談相手がいないのです。

相談相手がいない日本だけの奇病

老害の語はバブル時代にはなく、平成の大不況の間に流行語になりました。高齢者が老害を返上するには、不況の原因を正しく言える知識も必要です。
Photo: by Jean-Philippe Delberghe on Unsplash