【無税国は可能か】財源でない税金をなぜ集める必要がある?

クアラルンプール

無税国などない→国がお金を生めない証拠だ、の論法

国の政府はお金を発行できます。政府だけは、お金を増やすも減らすも自在です。

政府だけは。政府だけ。政府。

この事実に、皆はどう反応するでしょうか。

喜びそうなものだけど

拒絶反応が起きます。

「だって俺がお金を発行したら、俺は億万長者じゃんか。そんな身勝手を許せる?」。

「仮に人間にお金がつくれたら、無限につくって、世はお金の山だろ」。

そんな人が好きな証明法

「もし国がお金を発行できれば、無税にできるでしょ」。

「でも、どの国も税金をとっていますよね」。

「お金を発行する権利などないから、税金を集めます」。

「こんな簡単なこともわからないなんて、本物の馬鹿でしょ」。

国の通貨を決めて、一本化させるための税金

妄想は自由ですが、各国はお金を生めます。

「まさかそれはあり得ない」と信じない人が非常に多い。「国のお金が底をつかないよう福祉を切り捨て、国民の飢え死にもやむなし」の空気が日本に濃い。

しかし妄想は自由ですが、各国はお金を生めます。

だから、税金は財源ではないのです。

なら、なぜ税金をとる?

まずは、通貨の宣言です。

円以外のお金を使えば、納税時に外国為替の手続きが生じます。

コンビニがリンギットで売買しても、その通貨はマレーシアの国税しか納められません。日本の国税は円だから、両替が必要です。

それでは不便だから、日本国民は円での売買に収束します。リンギットでの取引をやめる気持ちに、みんながなります。

円を使うのは偶然じゃなかった?

税金の単位が、国内の標準通貨になります。

米ドル、ユーロ、人民元、英ポンド、円。世界五大通貨の国が無税国を目指せないのは、通貨を一本化してトータル管理する利便性です。

「先生、もとい、宣誓、日本国の通貨は円です!」。

納税義務が貨幣の信認であり、円を捨て去る国民は日本に現れません。

円を増やせば信認が失われる破綻説こそが、妄想デマでした。

通貨の増加ペースを、スピードオーバーさせない税金

国税には双璧の大きい目的があります。お金のだぶつきを減らす通貨の間引きです。

独立国はお金を刷れます。政府が毎年支払う240兆円を、国債発行で全て新造できます。

今ならキーボードで「ポンポンポン」。

予算総額と同額だけ、お金を発行してかまわないの?

実はだめです。国の財源は公債発行なので、予算100兆円なら100兆の発行が本来です。しかし予算全額を発行すると、お金が増えるスピードが速すぎます。

そこでお金で買える商品も増産して、需給を釣り合わせます。ところが。

商品の増産より通貨発行がハイペースすぎてぶっちぎると、商品が買いつくされてレア化します。すると、お金はだぶつきすぎて価値が落ちすぎます。

屋台のタコ焼きが連日30分で売り切れ、1個が100円に上がれば、円は下がりすぎ。

円の価値を保つために、円を間引くわけか

円の値打ちの急落を防ぐために、爆買い可能なお金持ちから少しずつ円を返却させます。全額ではなく一部を少しずつ。「与えては一部だけ返させる」回転を毎年続けます。

一部だけ返すなら、スローテンポであれ国内のお金は増えますよね。この増分が経済成長なのです。政府がお金を発行して物を買えばGDPは直接上がり、これが経済成長です。

経済成長するかしないかは、皆が苦労して働いたかは関係なく、政府の通貨発行が徴税にくらべてどれだけ多いかで決まります。

そこ絶対みんな誤解してる

日本人のほぼ全員が、お金が増えるのは人が働いた時だと思っています。

日本からお金が減るのは、労働者がサボるからだと、勘違いしています。

本当は、政府が出したお金を国民が分け合う順序です。虫かごに入れるエサの量が政府の通貨発行に相当します。虫かごの中にエサを用意するのは、虫たちではない。

政府がお金を出せば、経済成長するグラフ

労働がお金を生む思想は、労働者の自尊心?

日本人は、お金は貴重な天然資源で、働いて獲得する。働くことの尊さが、お金の意味に混線しています。つまり、お金の生まれ方を全然知らない。

本当は「銀行が発行すれば、お金が生まれて増える」だけ。労働では増えない。

国の経済が傾いた時、働き方を変えても無効です。造幣を故意に減らせば、国民をいくらでも金欠に落として弱い立場に追い込められます。

日本で続けていることは、これだったのです。

みんなはチンプンカンプンみたい

その証拠に、バブル時代の日本人は遊びまくり、自由で伸び伸びしていました。低賃金で命を削って早く死ぬ者はいなかったしー。令和の働く奴隷とは違いすぎ。

バブル時代は社員同士で年に56回ほど、様々な飲み会で街に繰り出す生活でしたから。交際範囲が広い人はその倍でした。

今のような「飲み会は無駄な時間だからご免だ」は、貧困化の金欠の集団心理ですから。社内の仲が悪い殺伐とした国民性へと、政府がお金を減らして変えたのです。

路上テロや放火もその流れ?

お金の発行を減らすだけで、人々を心のすさんだ冷血漢、鬼や悪魔に変えられます。

消費税はジョーカーを育成した。

日本で続けていることは、これだったのです。

みんなの認識はでたらめか

爆買いできない貧困家庭に納税させると、企業は物が売れなくなります。失業者のお金も手放させる消費税は狂っています。

税金は景気の悪化が主目的です。極端に景気が良すぎて絶望した時に増税します。

近所がスーパーカーだらけ、別荘ブーム、街も観覧車が続々建造され、金余りで家の便器に金メッキする頃が、重い腰を上げて増税する時です。

今は増税する時に全くみえないが

破産や飢え死にや貧困自殺が増えたデフレ不況で、ガツンと増税していますね。

予算金づくりで徴税すると勘違いし、国民が手にするお金を全力で減らし、若者を必然性のない貧乏に落とし、墓に入れて満足している日本国民の悲哀(続く)。

本当を知ればキレる国民も、何も知らない間は笑っていられるわけ。

確かに笑える

税の役目は、自国通貨指定や景気調節です。「税金が財源でないなら、無税でよいのでは」は、財源なはずだと信じ続ける人のみ思いつく理屈です。
Photo: by Azlan Baharudin on Unsplash