消費税は廃止か0は必須:定額給付金10万が正味9万9百円だし

ピアノのある家

勘違いで欧州を模倣した消費税、廃止は歴史の必然

独立国には通貨発行権という当然の権利があり、自国通貨を必要なだけ造幣できます。

造幣。ぞうへい。お金をつくること。

つくって使えば、回転中のお金は合計が増えます。GDPのこと。

お金をつくる特殊法人を「政府」と呼びます。

それ国民は知らないし

日本政府は円を必要に応じて、好きなだけ、いくらでも、必要なだけ、どこまでも多く、たくさん、山のように、どっさりと、いっぱい、滞りなく発行できます。

造幣できる金額は物理的には際限なく、実務的には上限があります。あらゆる商品を製造して店で売る総合力です。工場と店が多いほど、造幣を増やせます。

それも知らないし

インドより人口が少ないアメリカなのに、GDPはインドよりかなり大きいのはなぜか。商品をかなり多く作れる工場や、研究開発所のかなりの多さが理由です。生産力が高い。

生産力が高いと、商品の激しい枯渇、別名超インフレが起きにくい。だからアメリカ政府はインド政府よりも、多くの自国通貨を刷って国民に渡せます。

合衆国政府が市場にポンポンお金を放り込む、その量がインドより断然多い。それで日本の年収300万円の仕事でも、アメリカだと1100万円などと高い。

連邦準備銀行(FRB)がドルを多く発行し、市場に潤沢な資金があるからです。

日本はアメリカに続くナンバーツーだったが

昭和に世界2位のGDPを築いた日本が、平成に中国に敗れて差があいた理由は、生産力がアメリカに匹敵し、でも通貨発行をインドふうに減らしたからです。

日本の没落は消費税増税が最大の原因です。ここがまだ国民の理解の外とわかります。

消費税増税が平成大不況の主因と指摘された根拠のグラフ

消費税が善か悪かを、理解できそうで届きにくい国民

消費税は景気を冷やすから、実験を終えて撤廃すべきだと専門家の間で広がっています。

しかし一般国民はチンプンカンプンです。

消費税は不要だった?

1989年の導入時から不要でした。金持ち冷遇の物品税をなくせば足りたのです。

消費税は、消費行動へ懲罰を加える反則金です。買い物客を罰則で叩き、購入を思いとどまらせる効果です。

たばこ税から広げて、お米税や飲み水税として売買ペナルティーとしたのが消費税です。「買うな」「買うなら割増金」と、景気悪化を促進させる偽計業務妨害みたいなもの。

そういう隠れた負の側面があるとか副作用とか、陽と陰の二面性とかではなく、最初から景気を冷やす以外に効用がない税金です。

国民はなぜそこが理解できない?

先に財源論を吹き込まれているからです。インプリンティング。

消費税は福祉の財源、社会保障費だとのあり得ない珍説が通っています。

「介護や福祉コストをまかなう消費税は、少子高齢化社会を支えている」。

「消費税は景気を冷やす悪い税だが、財源を確保する苦しみに耐えよう」。

消費税を上げるほど福祉コストがカットされる実態を、NHKラジオが言ったのに。

国民は何を知るべき?

税金は財源ではありません。国の財源は通貨発行です。

・ 国庫の財源は、税金ではなく国債である
・ 自国通貨建ての国債は政府が無償で発行でき、通貨発行分を返済しない
・ 税金は貨幣の間引きであり、余剰通貨を除去するインフレ抑止策である
消費税が必要な場合もないか?

バブルが過熱して、隣近所がグランドピアノを買い、町の何人もがスーパーカーを買い、自家用ヘリコプターも買うとします。そこまでみんなが裕福になれば、牛肉やフルーツ類も多く買い込み食べまくります。

何でも多めに買います。少年がエレキギターやオートバイを、一度に3台買ったり。

その時すでに、日本のGDPはアメリカを超えて世界一になっています。

すると市場の商品が枯渇します。2020年4月にマスクやトイレットペーパーや、消毒用アルコールや防護服が不足して、買えなくなったみたいに。

それが、あんぱんや電池や虫さされ薬や、下着やアルミサッシにも起きるのです。

下着メーカーが増産すればよくない?

それが正解です。

しかしメーカーの増産が追いつかないほど国民が爆買いし続ければ、お金の発行元の政府が貨幣を削減して買いすぎを阻止します。

消費税は商品価値を下げる役目か?

買う気をなくさせ、店の棚に残るよう仕向けます。買わずに家に帰す。

日本病は、消費税で店の商品が売れない貧困化なのです。

税金を広く薄くとる意味はどう?

頭がおかしい。もろ人権侵害のレイシズムです。

消費税には反社会性があります。所得税には累進課税があり、貧富の差を縮めて職業差別を軽減し、共産主義革命を阻止します。

消費税は逆で、格差を広げて共産主義革命へ誘い込みます。国を内戦にさせる圧。

現に北海道や沖縄県、大阪市や横浜市は、日本から見捨てられた恨みで、国からの独立を検討中ですよね。外国資本で出直すつもりで、革命の芽が育っています。

平等な税こそ人権侵害なの?

「消費税は富裕者ほど多く払うから平等だ」は見え透いた嘘です。

たとえば400円の唐揚げ弁当を買うと、富裕者も貧困者も同じ32円を払います。同額だから人頭税なのです。

それで消費税アップを高収入層は喜びます。下層民を貧困化させて喜ぶ立場だから。

累進性でなく逆進性の方が、格差がうんと開いて気持ちがいい上に、儲かるからですね。金持ちにとって、低所得層をさげすんで馬鹿にするのは気分爽快だから。

人間は差別が大好き。だから格差を拡大したがる。だから富裕層は消費税が好き。

それ他でもよく聞くわ

たとえば銃を規制するなら、銃を持つ者に差し出させます。持たない者に銃を買わせて、その銃を差し出させる行政は、他意があると疑いますよね。

「広く薄く負担」させるのは、たいへん意地が悪いのです。さりげない差別主義です。

北欧国はなぜ消費税率が高い?

全国民に生涯年金が約束されるから、国民に老後の備えは不要です。つまり日本の上級国民よりも、将来破産して路上生活に落ちる不安がないから、お金を使い惜しみません。

住所不定無職が多い日本にくらべ、北欧国は人権意識が高いといえます。

お金を余らせては死の床で後悔するから、生きている間に色々体験したくて、爆買い傾向が出ます。それで社会主義に近い国は、税で消費のブレーキを強めにかけます。

そこ絶対みんな勘違いする

素人がやる勘違いは、「厚い福祉に回す資金を、税率を上げてかせぐ」です。

正解は、「厚い福祉だと景気が上がりすぎるから、税率を上げて冷やす」です。

買い物中毒に、税で冷や水をあびせます。

福祉がずさんなのに、冷や水をあびせた国も忘れないでー

ザイム真理教からの脱出は、コロナ地獄からの生還

国民に間違った思い込みがあります。

「みんなが払った税金が国に蓄えられ、予算となる」。

「何かに使うと財源が減り、使い切ると財政破綻する」。

「増税するほど、財源が増えて国力が高まる」。

「コロナで人命を失えば、金庫の一万円札を守れる」。

誰がそそのかしてる?

一言加えるニュースキャスターがいます。

「コロナ給付金を出すと、財源が心配です」。

「コロナ対策で、国の財政が悪化します」。

マスコミは財政破綻を信じてるわけ?

唯一の正解である国債発行を、悪行としたフェイクニュースです。

視聴者は次の考えへ走ります。

「コストがかかる弱者の人権は、低くするべきだ」。

「高齢者や障がい者を、国から排除すべきである」。

「難病患者も死んでくれたら、国のお金は助かる」。

記事→ マスコミに背中を押された行動派がこの人

なぜ報道は財源論のフェイクを広める?

国民に本当のことを番組で言うと、ザイム真理教から電話がかかってくるそうです。

記事→ 日本をつぶす陰謀論あれこれ

ネットでは通貨発行権は禁句でなく、ウソもホントも両方あります。ホントはまだ少数。

記事→ 国税とは何か

記事→ 消費税とは何か

ザイム真理教の中核にある財源論で、日本の歯車は狂い続けています。コロナ対策の資金を消費税で調達する勘違いを、日本人だけが続けてボロボロ。
Photo: by Zhiwei Liang on Unsplash