政府を叩く国民は支離滅裂のカオス→失われた30年を続行か

支離滅裂

国民による政府批判は、グシャグシャのカオス状態

ネットで見た意見です。

アベノミクスも失敗だった。30年間も経済停滞した。
1200兆円でゾンビ企業を温存し、少子高齢化を放っておいた。
金融緩和も止められず、野党も弱者救済ばかりで、自民党の独裁国家だ。

この政府批判はグシャグシャにからみ、支離滅裂です。

海外が「失われた30年」と呼ぶ理由は、日本のカオスです。

たぶんみんな気づかない

順に行きましょう。

アベノミクスも失敗だった

アベノミクス「三本の矢」は、宣言では全てが富裕化の促進で、実行時に二本が貧困化の促進に交換されました。統計上は、最も国を壊した総理大臣です。

全部で五本出された矢を、厳密に分けないと支離滅裂な批判です。

30年間も経済停滞した

「失われた30年」は2021年12月時点で、1989年から32年間の株価下落、1992年から29年間の不景気、1997年から24年間のデフレ不況です。

原因と結果がひっくり返った、批判の暴走と空回り

ここから一気に勘違いの暴走です。

1200兆円でゾンビ企業を温存し

1200兆円は「政府負債」を指し、多いほど経済大国の先進国です。1500兆、2000兆と増やすと国は富み、裕福で未来が明るい国です。ゾンビ企業も減ります。

批判は「ゾンビ企業を早くつぶすべき」ですね。失業者を増やしたい意向で。

ゾンビ企業はなぜ生まれた?

政府は1997年から緊縮財政と消費税増税で、通貨削減しました。動物のオリで言えば、中に入れるエサを減らし(国債発行の削減)、同時にエサを回収(増税)しました。

オリの中で弱った動物が、ゾンビ企業です。

貧困促進で企業を締め上げ、ゾンビを故意に増やしたのです。わざと。

マッチポンプか

レントシーキングとショックドクトリンは、またの話題にします。

「ゾンビ企業のせいでお金が減った」は、「動物が弱ったから、エサが減った」式の因果関係の逆転です。

少子高齢化を放っておいた

動物のオリに入れるエサを減らせば、繁殖しなくなり、子が産まれにくくなります。

「子を産め」と、メスに圧力をかけてもだめ。エサを増やさないとだめ。

結果を変更して、原因を除去したがる、間違った思考です。

高齢化は善悪どっち?

高齢人口の増加は医療の勝利で、祝福する話です。

なのに安楽死を法制化して、人口ピラミッドを変形するなど、日本らしい発想でしょう。根にあるのが「金本位制」です。

金本位制、出たー

政府が通貨発行を止める奇妙な行動に、国民は同調しています。国民の貨幣観が「お金は限られた資源だ」だからです。

石油を守るようにお金を守り、犠牲に平気。

国づくりした先輩への憎悪がふくらみ、うばすて山と赤子の間引きの流行です。

お金とは何か、国民は何から何まで間違いだらけ

ひもがからむように、話がおかしくなる一方です。

金融緩和も止められず

金融緩和は、アベノミクスの三本の矢で唯一正しい政策です。社長が会社へ投資する金を借りやすくするために、利子を低くする「量的緩和」と呼ぶ金融政策です。

世界各国はコロナ対策として金融緩和し、経済が持ち直しました。

でも日本だけ、貧困のままだけど?

コロナの前から、日本だけがデフレ不況だから当然です。社長がお金を借りる必要がない時間帯だからです。「金融政策」は無効で、必要なのは「財政政策」です。

野党も弱者救済ばかりで

弱者の救済をやめれば、使う税金を節約できる意味ですね。

「お金を使えば、国の金庫の一万円札が底をついて、日本は破綻だ」と。

総量一定の財源論、出たー

1973年から政府はお金を必要なだけ発行する時代で、税金は財源ではない。国民はこの変化を知りません。教科書は間違っていて、政府もマスコミも黙っていて。

それでお金の取り合いとなり、選民思想へと向かうわけです。収入が少ない人や職種を、国民は根絶したがる。

他人の生存を許せない気分になり、放火殺人ブームにも反映しています。

記事→ マスコミも背中を押したテロ事件

自民党独裁国家

選挙で票を入れたのは国民一人一人です。破壊者をわざと選んでいるわけで。

積極財政を言う政党もあるのにはねのけ、緊縮財政を言う政党を選んできたのです。

記事→ 日本国民の心得はここが間違い20選

日本の政治は民意に逆らわず、寄り添います。その証拠に「お金を出せ」と言えば富裕にしてくれ、「無駄をなくせ」と言えば貧困にしてくれます。
Photo: by Ryan Moreno on Unsplash