こんなに頑張ってきたのになぜ日本だけGDPが回復しないの?

列車に飛び込む日

コロナ後の世界で、日本だけGDPが回復しない

「こんなに頑張っているのに、なぜ日本だけGDPが回復しないのか」。

最近ネットで見た、ニュースのタイトルです。

「ワクチン接種その他で、世界は新型コロナから回復すると予想され、景気が戻ってくるきざしがある」。

「ところが日本だけは、7番底へ下落する気配がある」という観測です。

ニュースは歯切れの悪い説明に終わりました。

なぜ日本だけGDPが上がらない?

緊縮財政と消費税増税を続けているからです。

緊縮財政の説明をもう一度?

緊縮財政とは、国内のお金を故意に減らして、経済を低落させる政策です。

日本列島を動物のオリにたとえると、中に置くエサの量を年々減らす政策です。

記事→ 緊縮財政が初耳の方へ

なぜそんなことをやる?

お金の動きを止めれば、お金が減らずにたまるという、日本の宗教です。

国が支出しなければ、財源が温存できるぞと。

これが間違いなのは、各国の政府には通貨発行権があるからです。

政府は自在にお金を発行して、自在に増減できます。国がお金を使う時に、政府が発行して全体量を増やして投じる方式なのです。

国が支出するたびに、国民はどんどん裕福になる。

国民にまいたお金が富裕者に集中した場合に、余剰金を間引く回収が税金です。

記事→ 国税とは何か

日本はコロナの前から壊れ、コロナに責任転嫁した

他国は新型コロナが始まってから、積極財政と売上税減税をさらに進めました。

コロナで下がるGDPを、自国通貨の発行と減税で回復させています。

イギリスもフランスもドイツも、中国も韓国も。

日本以外はお金をどんどん増やしていた?

各国は自国を繁栄させるために、普段から積極財政で統治します。国民が所有するお金を毎年増やすよう、政府が自国通貨を着々と出し続ける正攻法です。

そうしてインフレ率を2から8パーセントへ保ち、物価上昇よりも所得上昇が高くなる、適正インフレの範囲に調節して、実質賃金を年々上げていきます。

政府がお金を出せば経済成長するグラフ

日本はやらなかった?

けんめいに逆をやっています。

2019年10月の消費税10パーセントで、貧困自殺や過労死の3度目の急増が起きました。

コロナ後もさらに増税して国民を貧困に落とす予定を、内閣は何度も宣言しています。

つぶれゆく日本経済なのに、国民は黙ってるだけ?

ダイアモンドプリンセス号以降のコロナ騒動で、国民みんなで日本の貧困理由をコロナに責任転嫁しました。コロナの直前までは、台風や温暖化のせいにしてきて。

さらに前には、国民の努力が足りないのだと、互いに非難し合いました。「上司は馬鹿、部下はサボリだから経済が落ちた」として。

でも、世界で日本の労働者に限って、馬鹿でサボリだと信じますか。

日本の労働者がナマケモノのカス、人間のクズだから、こうなったのか?

もっと前の理由づけは、「子どもが減ったから経済も落ちて当然だろ」でした。

子どもが減った国は20カ国以上あり、日本以外はGDPが躍進していますよ。

日本はコロナ後の復興で、最も伸びる国だと言われるが

コロナが終わった時、人民元をじゃぶじゃぶ出し続けた中国は、別格の強さです。

日本も二人勝ちの一員になると、国際社会は予測しました。

緊縮の日本がなぜ伸びると予測できる?

日本の経済棄損は自国通貨を故意に減らして、国の何もかもがマヒして崩壊するように、国策で仕向けてきた自殺行動です。

往年のこの自滅をやめれば、すぐに上向くとわかりきっているから。

優れた国民労働と、まんべんなく強い生産力が、江戸時代以降そろっているから。日本でどうしても作れない商品カテゴリーは、非常に少ないからです。

シリコンウエハーから小型ジェット機、亀の子たわしから小惑星探査機まで、全部作れる国です。レースのオートバイは、世界四強の四メーカーとも日本で。

国産品が豊富なほど国内は商品に満ちて、政府は自国通貨をより多く発行できる、当たり前の原理です。商品が枯渇しなければ、お金が多くても余らないから価値が落ちない。

記事→ 物づくり国の通貨が安定するメカニズムの説明

今後も自滅を続けたらどうなる?

今は自滅の最中なので、「この頑張りでなぜ日本だけGDPが回復しない?」と皆で首をかしげています。

そのがんばりが、逆走だからです。

反対向きにがんばっても、悪化するスピードが上がるだけ。

具体的に何が反対?
新自由主義、グローバリズム、規制緩和、構造改革、格差拡大、優生思想、国民分断、経費節約、無駄の削減、コストカット、借金の返済、企業統廃合、選択と集中、財政健全化、そしてプライマリーバランスの黒字化目標。

平成の一連の改革は、全てが景気を下げるデフレ圧でした。景気の過熱時に、経済を急冷させる作業なのでした。

お金を発行して使うと必ず経済は上がります。だから経済を下げたい時は、お金の発行を減らして財政を緊縮します。

その緊縮を、景気が下がりすぎた平成中盤から、24年続けています。

栄養失調でやせた時に、解決策として断食を目指した奇行です。

記事→ プライマリーバランス黒字化が初耳の方へ

日本経済の下落は、西洋人の国際陰謀ではなく、日本人がお金を誤解して起きています。

解決は簡単で、びんのふたの逆回しをやめて、正しい向きに回すだけ。やることは多くはなく、たったひとつです。

たったひとつとは、ずばり何?

財務大臣と財務省とで、お金を追加発行します。

日本列島にあるお金を、あり余るほど増やして、適度にだぶつかせます。

機械のボタンを手の指で押して。

誰も汗をかきません。足首をくじいたり、腰を痛めたりもまずない。

お金を出せば天罰が下りそうで怖いけど

ほら、来た。

だから、24年間も貧困まっしぐらなのです。

日本に財政問題はないのに、絶対にあるとの迷信にしがみつき、どこまでもどこまでも、際限なくビンボーに落ちています。

どこまでも、どこまでも。

いつまでも、いつまでも。

結果が凶と出ても、学習せず、性懲りもなく。

日本人は世界で一番ガンコ。

それで日本経済は宗教的と言うわけか?

女性たちが次々と首を吊ったり、列車に飛び込んでいます。親族や知人が若くして死んでしまった人とか、いませんかね。

企業は製品が売れず低迷し、社長が交代し外資ファンドに身売り。有名雑誌は次々休刊。当たり前のことが起きているだけ。現実に目を向けることが大切です。

日本を良くするには、いっぱいやることがあると言う人は、何もわかっていません。

やることはひとつだけ?

世界がやっているように、自国通貨を発行して、不足したカ所にばらまく知的作業です。

動物のオリで、エサを減らすのをやめて、増やすのです。

記事→ 日本で引っかかっているお金の発行への疑問

記事→ 日本で最後まで引っかかるお金の疑問がこれ

記事→ 最も初歩的なポイントが財源と税金の関係

動物のオリの中と同様、国内を平和に保つには、エサを少しずつ増やしていくことです。今のように減らすと、餓死が増えて共食いも起きる道理です。
Photo: Photo by Karen Zhao on Unsplash