日本経済が失われた30年以上なのはなぜ?:出回る説は嘘だらけ

失われた30年

失われた30年の原因を、間違って理解する人が増えた

海外からも言われる「日本の失われた30年」がこれ。

・ バブルのピーク以降、人類史上まれな不景気が続いている
・ 途中から、人類史上最長のデフレ不況が止まらない珍現象
30年は長すぎる!

変に長いのは、原因も解決法も、国民が勘違いしているからです。

あるあるがこれ。

日本はバブルがはじけて経済が縮小した。
バブルで高騰した土地価格が暴落して、銀行は資金繰りが悪化した。
銀行を助けようとして、国は損失補てんした。
国債の発行がふくらみ、返済不能に近づいた。
国債をこれ以上発行すると破綻しそうで、もうお金を増やせない。

バブルの後処理でお金を使ったから、今足りないと?

真っ赤な嘘です。

日本はバブルがはじけて経済が縮小した

バブルは、政策で故意に崩壊させました。実行者は時の日銀総裁。

日本の景気は、日本人が好きに変えられます。貧困化は自然発生や天罰ではなく、わざと貧困化するよう仕向けています。わざとです。わざと。故意。

バブルがはじけた後の解釈が、あべこべなまま

バブル後の説明にまともな論はまれで、だから失われた30年です。30年は長い。

バブルで高騰した土地価格が暴落して、銀行は資金繰りが悪化した

銀行は土地を担保(返せない時に物納して弁済する不動産)にとり、お金をじゃんじゃん貸しました。マネー・クリエイション、信用創造です。

キーワードは「リゾート法」「地域開発」で、里山にジェットコースターを作る費用を、高騰した里山の土地を担保に融資しました。市街地の高級マンションも同様です。

土地価格が落ちた時、銀行は融資を早く返させる「貸しはがし」に動きました。

銀行を助けようとして、国は損失補てんした

正しい政策です。世界が求めました。なのに悪政と思っていますね。あべこべ。

銀行は「政府の通貨発行三点セット」です。政府がつぶす意味がありません。

銀行をつぶせば、なぜ貧困化するの?

銀行の仕事はお金の発行で、マネー・クリエイションでマネーストックを生みます。

どうすればお金が生まれるの?

社長が融資を受ければ、お金が生まれます。国民が住宅ローンを組んでも生まれます。

誰かが借金すれば、世のお金が増えるわけか

逆に借金を銀行に返せば、日本列島のお金は消えて減ります。皆がこれを知らず「借金を減らしてきれいになろう」とあべこべに走り、金不足へ。

逆走して貧困化しました。

どの程度の貧困だべ

日本財政破綻論のフェイクを信じる、哀れな国民

そして「日本財政破綻論」です。

国債の発行がふくらみ、返済不能に近づいた

国債は政府貨幣です。政府の借入金ではなく、自己資金です。

国債の総額は返済しません。あべこべのデマ。

いつまでに、誰が、誰に、何円返すか、誰も言わないね

嘘のつくり話だからです。

国債をこれ以上発行すると破綻しそうで、もうお金を増やせない

嘘から導かれた、あべこべの結論です。

「空腹がひどい時は、何も食べちゃだめ」の意味。飢え死にしてりゃ世話ない。

庶民はあべこべを信じ、日本の貧困化に加勢しています。30年は長い。

何とか解決できないか?

国の財源は国債であり、徴税は余剰金の廃棄です。税金は財源ではないのです。

解決は簡単で、国債発行してお金を増やし、国民に渡すだけです。

それだけは絶対にやらない鉄の信念だが

でしょ?。そうでしょ?。だから「失われた30年」です。30年は長い。

正解のみ拒否して、それ以外の努力を続けて、悪化、悪化、悪化、悪化、悪化、悪化。

2022年で、空転33年目に突入。石の上に3年の10倍以上。

長い年月、日本は何を探し求めたの

1990年代は「価格破壊」、2000年代は「埋蔵金」、2010年代は「成長戦略」。どれも見当違いです。あべこべ。

成長の決め手は「自国通貨の発行とばらまき」です。日本以外はやって好景気なのに。

日本以外はまともなの?

なぜお金をばらまけば経済成長する?

国民がお金を持てば物を買うので、資本主義が成り立つからです。

失われた30年は「お金を使わなければ失わない」というあべこべを続け、経済を倒して国力を失い、多くの若者の生涯も失われた30年です。
Photo: by Martin Reisch on Unsplash