政府がお金を出すから経済成長する←因果関係を逆にできる?

逆立ちの論理

政府がお金を出す国ほど経済成長する、というグラフ

このグラフの話題です。

政府がお金を出せば、比例して経済成長するグラフ

他にも期間やサンプル国が異なるグラフが種々あり、ネットに出回っています。

日本の貧困元年1997年以降、中華人民共和国も記された別グラフ

経済成長の秘訣って政府がお金を出すだけ?

それだけのことです。

考えてみれば当たり前のことです。

動物のオリの中に置くエサの量です。エサが多いほど生き物は繁栄します。

エサを増やさなかったり、オリの外に増やしても、弱って死んでいくだけ。

エサを減らされた動物は、行動力や活動力が落ちて、出産もしなくなる。

日本人にはついていけない話か

このグラフが意味するのは、政府がお金を国民に多く渡した国ほど、経済が活発になり、成長率が高くなる当たり前の姿です。

政府の公金が多いほど、GDP上昇率が高くなり、近代化、富裕化、先進国化のスピードが速い。原理のとおりのグラフです。

政府がお金を多く出せば、ブラック企業やら、詐欺や売春や強盗殺人や放火テロ、臓器や覚せい剤や児童売買も抑止でき、国家の荒廃や転落から遠ざかる原理といえます。

それって逆の関係だったりしない?

相関関係はあれど因果関係はどうか、疑ってみるのも意味があるかも知れません。

「政府が公金を多く出す国ほど、GDPが大きくなる」。の、正の順序があります。

これをひっくり返して、

「GDPが大きい国ほど、政府が公金を多く出せる」と、逆の順序も疑われますね。

そこを検証してみます。

本当は、政府の出資が先なのか、経済成長が先なのか

政府がお金を出せば出すほど、その国は経済成長するグラフ

逆転させて「経済成長した国ほど、政府がお金を多く出す」との解釈は可能か。

経済成長した国は、お金がいっぱいあるわけで?

「原因不明の経済成長が偶然起き、結果政府がお金持ちになる」。

「そのお金をじゃぶじゃぶと、国民に対して出せるようになる」。

という順序も考えられますね。

どうなんだろ?

「そりゃ、経済成長しているからお金が増えるテンポが速いわけで、政府がお金を国民に投げ与えるテンポも自ずと速くなって当然だ」。

この解釈は可能なのか。

さて、このクイズが解けますか。

政府出資は先に来るに決まっていて、考えるだけ無駄

このように因果関係をひっくり返す弁論は、世間によくあるのです。

「君がスポーツ全般が苦手なのは、スポーツを全くやらないせいだ」。

「皆が薄着をしている日は、不思議と気温が高くなる」。

「稲が倒れたせいで、強風が吹き荒れた」。

「離婚すりゃ、夫婦仲も冷えるさ」。

あるある、因果関係をもてあそぶ詭弁

「日本政府がお金を出さないのは、日本が経済成長していないからだ」。

という逆立ちした現象は、現実に存在するのでしょうか。

ありそうな気も、うーん

逆の順序は、あるわけがないのです。

「経済成長したからこそ、お金を出せた」は、根本から間違った解釈です。

あると信じたら、脳内に構築した架空の世界に暮らしていますよん。

「経済成長が起きた結果、政府がお金を多く出せる」は、勘違いの妄想です。

なぜ?

それは、財源論だからです。

記事→ 財源論をやさしく説明

・ 歩行の正しい解釈 = 足を前に出すから歩ける
・ 歩行の間違い解釈 = 歩くから足を前に出せる

記事→ 現金給付が日本で決断できない謎

記事→ あの国が脅威になる根拠は、世界一賢い財政手法だから

お金を発行する権限は、政府が持ち、国民は持ちません。政府がお金を出す余地は生産力の増強であり、政府が増やした金額が経済成長分なのです。
Photo: by Marcin Skalij on Unsplash