合成の誤謬=みんな正しいのに全体が滅ぶおもしろ法則で日本が

合成の誤謬

合成の誤謬というおもしろ現象に、もっと注目しよう

合成の誤謬という語は、大学の授業で初めて聞いた方が多いかも知れません。

ごうせいのごびゅう。やたら難しい言い方です。

中学では聞かないような

一例は胸のリボンです。公式のセレモニーなどで、主賓や来賓など特別な招待客は、胸にリボンをつけます。リボンをつけた何人かだけが目立ち、見分けがつきます。

「あの人が特別ゲストだ」と判別できます。

ところがです。もし、来てくれた全員に敬意を示そうと、全員にリボンをつけたらどうなるか。誰もつけない場合と同様に、誰も目立たなくなります。

全員で同時にやれば失敗する?

それが合成の誤謬の例です。会社の入社式で、一人だけ白いスーツを着たら目立っても、全員が白なら誰も目立ちませんよね。派手な赤い服も、全員が着たら埋没します。

一人がやれば意味があっても、みんなでやれば無効になったり、悪い結果になる現象を、合成の誤謬と呼ぶことが多くなっています。

合成の誤謬は、国の経済が傾く貧困に当てはまる

みんなでいっせいに節約した悲惨な結末が、まさに合成の誤謬です。

シンプルライフ、ミニマルライフ、断捨離生活、買わずに借りる暮らしを大勢がやれば、国の経済力が落ちて資産が外資に買われ、実質的に他国に国の主権を握られます。

節約とは、お金を使わない意味です。買い物をストップして経済の動きを止めるわけで、買い物金額の合計である国内総生産GDPが落ちます。経済は右肩下がりに転じます。

お金を使わない生活を全員がやると、全員にお金が入ってこなくなる道理です。

そこを厳密に言うと?

まず、国民はGDPを山分けする計算になっています。

GDP = 生産した合計 = 売買した合計 = 所得の合計

年間の売買した合計であるGDPは、所得の合計でもあるのですよ。

そういう関係?

だから「GDPにこだわることはない」の言い方は、勘違い発言です。わかっていない人が言っています。国力の指標は、核兵器を除けば、GDPが決めています。

具体的なメカニズムですが、一万円札一枚が行き来して何度も使われるだけで、多人数が多数の商品を入手済みになるわけです。

二枚、三枚と枚数が増えなくても?

一枚のお金が動くだけで、商品のゲットが次々と起きますから。

分身の術のようにお金が増殖しなくても、一枚だけで全体的な消費金額の合計がいくらでもふくらみます。お札の枚数が増えたような効果ですね。

だから物を買いまくることは善なのです。節約は悪です。

物を買わない人は、国をつぶす悪人なのです。

ミニマルライフは国にとって悪です。

物持ちが正義?

アメリカがそれです。合衆国の方針がそうなのです。

節約するとお金が動かず、商品も動きません。すると市場に物品がふんだんにあるのに、国民が入手できずに欠乏状態になります。おにぎりが欠乏して家で遺体で発見されたり。結局は、節約で全員が貧困化して早く死にます。

おにぎりはコンビニに余って毎日捨てているのに、買う側にお金がない不釣り合いです。

作って売る側の企業も売れなくなり人を解雇し、投身自殺や首吊りが増えます。

やがて心理変調でパニックが起きて、ムシャクシャが動機のテロ行動も目立ってきます。日本にその傾向が出ていますね。秋葉原のあれなんかも、そうかなー。

日本もだんだん無差別殺傷が増えたし

日本人は無駄の削減ばかりに執着していますが、どんな無駄も相対的です。

高齢者の幸せは若者にとって無駄だし、障がい者の幸せは健常者にとって無駄です。

その対立が国内分断になっているし?

他人の無駄がなくなれば、自分の取り分が増えるバーター関係が財源論です。

他人が不幸になれば、自分に利益が転がり込むのが財源論です。他人と敵対して、国民は分断されます。財源論は共存や共生を否定するのです。

エサを減らされた動物のオリ状態が日本です。エサとは日本円です。

本来の経済は財源論の定義ではいけない?

政府が高齢者に使うお金は、新発行するお金です。既存のお金を移動したのではなくて。

若者に使うお金も新発行です。ぐるぐる循環して、皆のふところに入ります。

政府が使うほど、お金の全体量が増えるわけか

政府の浪費が大きいほど国民は裕福になり、高級車を買えて、福祉も行き届きます。

だから実は、高齢者と若者は競合しません。

しかし大衆は簡単な話へ流れます。在庫のお金を奪い合う感覚へ流れ、他人が滅べば自分が栄えるシーソーゲームで理解しようとします。お金を増やす発想がなく、すでにある分を奪い合うのに必死。

その時、他人を蹴落とす正当化が自己責任論です。

今すごいその空気

新型コロナウイルスの重い雰囲気は、これですよね。政府がお金を使えば、あたしたちのサイフから出たと、妄想する日本人です。

コロナ感染者がすぐ死んでくれたら、財源が助かるつもり。納めた税金を守る妄想です。

今の日本の節約志向は何が発端か?

1995年頃から、働く人が手にするお金が減ったことです。

不動産バブルの崩壊で銀行が融資金を回収し、各企業が傾いたのでした。

国民のお金が減らないよう、政府が財政出動すればよかったのです。最初はやって、途中でやめて逆へ向かいました。緊縮財政と消費税増税です。

逆走を始めた日は1997年4月1日でした。

「日本はいつからおかしいの?」の答はこの日です。日本の貧困化は制度化していることを、知っていました?。

「何でこうなったの?」の答は緊縮財政と消費税増税です。ところが国民は、少子高齢化と社員の堕落やサボリが貧困原因だと全く誤解しています。

その日からどんな変化が起きた?

全国の地方で、シャッター通りが増えました。次にモンスタークレーマーの発生でした。ブラック企業はそれより後です。

社員が死ぬほど働かせる演説がウケたり、犠牲を望む文書を張り出す冷酷な企業トップが信用される時代が続きました。

サイコパスと言われたが?

サイコに感動する人も多いのです。海外ビジネスマンの強さはこの冷酷非情だと信じて、自分も冷酷非情なタイプになりたがった人たち。

日本の温かい互助精神を「女の腐ったやつ」と強く非難して、弱者を切り捨てる力強さをアピールして、男らしいたくましい気風のオーラが仕切った怖い平成時代でした。

基本的に平成中盤以降の格差社会は、鬼が輝いたマウンティング時代でした。他人を蹴落としたり殺してしまうお金持ちに、勇者のカリスマ性を感じて皆で慕いましたよね。

国民はお金のにおいに集まるしかなくて

日本の不調は冷淡さ不足ではなく、お金の発行不足です。

故意にお金を減らす政策に対して、「それだと国民が死んで人口が減るでしょ」と図星を指摘した論者は、テレビに呼ばれなくなりました。YouTubeにのがれています。

一方で「国の出費をまかなうためにもっと増税しよう」という虚偽情報の嘘つきたちは、レギュラー番組を持たされ国民の信を得てきました。

不況を天災と思っちゃいけない?

不況時代に順応せよと、倹約を唱えるカリスマを信じちゃだめです。合成の誤謬な上に、そもそも不況は降る雨でなく、誰かが放水する人工現象ですから。

本物の正義なら、下の者に忍耐を命じずに、上の者に放水の中止を命じるでしょ。

合成の誤謬が、経済に当てはまる理由がおもしろい

合成の誤謬は、元々は経済分野の言葉らしいのです。

経済用語がオリジナルだったのか?

節約、倹約、削減を、個人がやれば立て直しになります。しかし全員がやれば、国が倒れます。最初からその用法であり、節約で国家が破滅する表現でした。

胸のリボンや白スーツや赤シャツなどは、派生した類例の寓話にすぎなくて。

なぜ難しい漢字なのか?

「合成の誤謬」という難読漢字は失敗でした。「倹約全滅」とか「節約亡国」など、ことわざでよかったような。中国の漢語にあるかも知れませんが。

日本経済が傾いたのは、世界史では悪い見本ですね。教科書に乗るほどの事態です。

今も悪化し続けてるし

日本国民の多くは、お金を使えば消える。すると景気が下がると恐れています。国の経費を削減すればお金を守れて景気が上がり、よい時代が来るつもりなのです。

そんなあべこべ主張が、ブログや掲示板で目につきます。知識がないとあわれですね。

いつまでも景気が上がらないのは、政府が無駄づかいをやめているからです。政府が無駄づかいと浪費と垂れ流しを激しくやれば、日本は裕福になり国力が増します。

もしかして外国は無駄が多いから好景気?

他国は無駄が多くて、ルーズでいい加減で、ラフでアバウトで、ずさんな国民性だから、必要なお金を止めずに発行してしまい、だから経済は伸びています。日本人はそんな違いも全然気づかない。すげー国民ですね。

逆をやるから、結果が逆に出るのだと、気づけないトホホ状態です。

信じる相手が逆です。敵と味方が逆です。

逆をやったからこうなったってことか

「我が国は完成した文明の頂点だ、成長しないことが勲章だ、エッヘン」て自慢して。

一人が節約すれば改善できても、全員が節約すれば改善せずに全員が滅ぶ。このマクロな現象を合成の誤謬と呼び、字が難しくてあまり知られません。
Photo: by Reza Rostampisheh on Unsplash