お金を増やすとハイパーインフレになる!のデマはなぜ下火?

チョコ工場

経済学者が、ハイパーインフレの危機を言わなくなった

今の日本には、大きい問題がひとつあります。二つはありません。

デフレ不況です。

国民の手元にお金が足りません。製品を買われず企業は儲からず、倒産や廃業、解散していきました。外資に売り払われたりも。

企業は倒産するまいと必死で、人権侵害や犯罪が横行してきました。パワハラもあれば、産地偽装や不法投棄も目立ちます。ブラック企業というメガトレンド。

そこまでなら大勢が知ってるし

お金の発行元は政府と日本銀行であり、マシンのボタンを押してお金を単純に増やせば、すぐに解決します。自国通貨の円を追加発行し、政府が使うのが世界標準です。

すると新型コロナ対策もケチった空回りから解放され、次々と手を打てます。医療崩壊に甘んじなくて済む。

でもお金が増えたら、ハイパーインフレの心配は?

ハイパーインフレ説はこうです。

雪山で遭難した人が助け出されました。
体が冷え切り、手足が凍傷になりかかっています。
そこで一人が言いました。
「この人の手足をすぐにお湯で温めよう」。
みんなは大反対しました。
「その熱で、黒こげの焼死体になるぞ」。
「山も全焼して、誰も生きて帰れないぞ」。

「程度の問題」が抜けていて。加減する話がない。

この極論デマをけしかける経済学者や評論家が、最近めっきり減りました。

新型コロナ騒動が、経済学の虚偽法則デマを暴いた

ハイパーインフレとは、物価が一年後に130倍に上がる超々インフレです。

家賃が月5万円の人は、来年の同じ月に650万円に上がります。

とても払えないけど

はい、ダウト。

給料が月30万円の人は、来年は月3900万円に上がっていますよ。

何もかも上がるわけか?
「インフレ怖い」に共通するのは、物価のみ上がる思い込みです。現実には所得も爆発的に上がり、年収が億り人だらけになります。
それ絶対みんな知らない

デフレ不況のような飢え死にや人口激減は、ハイパーインフレの国でも起きません。

女性が列車に次々飛び込むデフレ国より、ハイパーインフレ国の方が人道的です。

日本を世界最悪みたいに言っていいの?

インフレにも程度がある?

インフレーションは経済成長に必要です。

インフレ怖いと叫ぶ前に、適正インフレは人類の理想だと知りましょう。

一年間の
インフレ率
(%)
何が起きるか(過去にいつ起きたか)
12974 以上 ハイパーインフレ(日本ではフェイク本読者の心の中で勃発)
400 超インフレ(都市大空襲、原爆2発、北方4島と沖縄、満州喪失の戦後)
20 前後 コストプッシュ型インフレの記録(1970年代の中東オイルショック)
10 以上 貨幣削減のために、財政出動を減らして増税が必要
8 まで 適正インフレ許容上限(1960年代高度成長と1980年代前半)
2~4 適正インフレ(1990年前後のバブル時代)
2 以下 デフレ傾向で経済低調(バブルがはじけた後の空白の年)
0 以下 デフレ不況(デフレスパイラルを続ける今の日本)

インフレ率が年2から8パーなら好況で、日本は0パーセント付近のデフレ不況です。

インフレのシミュレーションも、新型コロナであらわ

インフレは商品を買いたい需要に対して、供給が少ないと起きます。商品不足。

ところがほとんどの人は、お金が増えればインフレになると勘違いしています。

商品がある限りお金を増やせるわけか?

ソ連解体の頃、向こうの官僚が日本のスーパーを視察して驚きました。

「シャンプーもクレンザーも山とあり、誰でもいつでも買える」。

「うちの国は店の棚が空で、毎日人々の長い行列なのに」。

「円が世界一強い秘訣はこれか」。

お金がウソみたいに多くても、商品もウソみたいに多ければ、経済大国になるだけ。当時インフレに苦しんだソ連、ロシアの人は、日本の製造大国ぶりに感心しました。

円を多く発行できたのは、国内の工場の充実?

最近体感できたのが、コロナ禍の商品不足でした。2020年4月のトイレットペーパーとマスクと防護服に、小麦粉でした。

マスクは10枚200円が、2000円など10倍に上がり、ハイパーインフレの定義1.5倍を超えました。マスクに対して円の価値は、1カ月間で10分の1に下がりました。

しかし、まだ国民側にお金は増えていません。特別定額給付金も、持続化給付金もまだ。

お金が増えないのに物価が上がった?

マスクの供給がないからです。

店から消えてレア化したから。

インフレとは商品の欠乏です。

マスクは中国からの輸入に依存してるし

それで国産98パーセントのトイレットペーパーは、価格を上げない店も多かった。

風評被害の買い占めで何日か切らして、元どおりです。

・ 輸入に頼るマスクは補充が途絶えて品薄となり、超インフレになる
・ 国産で足りるトイレットペーパーは補充が早く、超インフレにならない
金欠でさえ、それ以上に商品がないと超インフレか?

お金の量ではなく、商品の量なのです。

1920年ドイツのハイパーインフレを警告する者の間違いもそれです。ドイツが一次大戦に負け、製造業の拠点を失った史実を無視しています。

超インフレが敗戦国で起きる原因は、お金の多すぎでなく、商品不足です。

国産化すれば過剰インフレが起きない?

人件費が高い日本で割高な商品を無理に作るのは、安全保障上は得策です。スイスがその方針です。日本で「物づくりはやめよう」は危険です。

他国依存は戦争の原因になります。事実、日本は米国に石油を止められ、インドネシアの石油を頼り米国と衝突、ラストは原爆でした。

外国が日本への出荷を止める事態は、石油以外でも過去に繰り返しています。日本が巨額の割増金を払ったり、何かで譲歩して、再出荷をお願いしていたのです。

日本に今後どういう不安がある?

ある国が極小の半導体チップを出荷停止すると、日本車は製造中止だという。

だから自国通貨を発行して投資し、ひそかに類似品を作らせる準備を韓国は始めたとか。自由経済にまかせれば国が壊れます。

内製化で国力が上がる?

日本の金欠芝居が長引くと、企業減産が続き、悪性インフレが起きる体質に変わります。

何でもヒョイヒョイ作れる器用な日本人もデフレが長いと、起きる確率がゼロのハイパーインフレが近づくワナです。

作れる技能者がいなくなる?

つまり、ロストテクノロジーです。

デフレで客が金欠になる。メーカーは売れなくなる。廃業して産業が絶滅する。

絶滅よりも外国に買われると、主導権を奪われ大損させられ、さらに悲惨です。

どうすればいい?

失われた需要を増やします。1996年のレベルへ。

必要なのは「ゾンビ企業の整理」でなく、買う需要を増やして昭和末期に戻すこと。客側にお金を持たせて、売れない企業に養分を与えます。

日本企業が世界制覇した昭和最後の年(色付きが日本企業)

無料でできる、その簡単な解決を誰が妨害する?

ハイパーインフレ厨の妨害でしたが、政府がコロナ給付金を出してもハイパーインフレにならなかった。デフレが緩和した好結果を一時記録しました。

が、再給付を拒否すると、インフレ率はまたマイナスへ戻り、どっと自殺が増えて。

この法則ね

日本経済下落の推進派は、国民をだます次のデマを模索中です。

「金利が高騰して日本は破綻する」が次期候補です。

日本の金利は上がってるの?

国債発行で金利が上がる説は、経済学のデマだった

政府が日本再建でやるべきは、最大限の通貨を発行する作業。全てが好結果をもたらし、デメリットは特にない。あるのはデマや迷信との闘いだけ。
Photo: by Walter Otto on Unsplash