公務員の給与が高いから皆の税負担が大きい←このデマに注意

テレビ

公務員の給与が、民間の倍に高止まりした平成時代

ビートたけしさんと阿川佐和子さんのテレビ番組に、ミヤケさんという政治評論家がいました。テレビがないので、音声しか知らないのですが。

ミヤケさんの得意なエピソードがこれでした。

「民間企業は年々給与が下がっているのに、公務員は年々上がり、年収一千万円だったりする。それを公務員に言ったら、僕に何と答えたか」。

「ミヤケさん、公務員の給与こそがまともで、民間が低すぎるんですよ」。

公務員には腹立つね

その後、大衆の腹を立たせる出世法が流行しました。

公務員を日本人の敵だとして叩くのです。大衆を興奮させて、ポピュリズムで人気の輪をつくるやり方です。本を売ったり政界進出が目的です。

公務員批判が今また流行してる?

新型コロナウイルス騒動で起きた、公務員の給与カット案がそうです。

平成のもうひとつのブーム、いじめの構図です。いじめられ役を集中攻撃するリーダーが人気者になり、いじめの輪でつながるコミュニティーです。

国民の分断はよくないこと?

その方法論の模範が、ヒトラーでした。彼は民主主義で選ばれた、国民のアイドルだったのです。とても頼れる人でした。彼の優生思想は絶賛されました。

劣った者たちを国から断つ毅然とした態度に、大衆はしびれたのです。彼のモットーは、「大衆は愚かで、自分の頭で考えもしない」でした。

でも公務員は高給取りだし?

一番おかしいのは、民間企業の給与が下がった点です。

経済縮小に首をタテに振って納得したら、おかしいですから。経済が上がっても下がっても、どちらもよし、なわけはなく。

そりゃそうだが

もし低い給与にそろえたら、全体が縮小しますね。それを経済用語でデフレと呼びます。競い合うように下げて、全員が限りなくゼロに近づきませんか。

最後の砦の公務員を低い方に合わせて落とすのは、建設的ではありませんよ。

それに合わせて民間がまた下がる?

今の日本人の普通の思いは、要するにみんな逆です。みんなおかしい。

思考が感情に毒され逆走しています。今何か強い思いがあれば、その逆が正解です。何かを減らしたい時、増やすのが正解です。

逆方向にがんばるから年々悪化するわけか?

憤慨するのは正しく、しかし「こいつが敵だ」があべこべです。

あべこべの努力で得た輝かしい成果はこれだー

ならば民間企業の給与を上げればいい?

当然で、国家には通貨発行権があります。貨幣をいくらでもデジタル発行できます。市中にお金を増やせば、民間企業の給与としても回ります。

国内でお金が少なくて困るのは、発行を誰かがせき止めているからです。

貨幣供給をストップさせる陰の勢力がいます。家のナベに水が足りないのは、蛇口の前に立ちはだかり、水を出させない暴君のしわざです。

その視点はなかった

同一の労働者が、ある時期から非効率に急変したりしません。突然サボる国民性に化けて経済が傾くなど、起き得ません。日本人は何をやっても、ソツなく成功させますから。

マネーストックを故意に減らして、貧困化しただけのことです。

国家公務員の高い給与は、国の無駄な出費なのか

そもそも、国家公務員の給与は国が払います。地方公務員もまた、打ち出の小づちに由来する地方交付税交付金から受け取り、税金で食ってなんかいません。

国会議員の報酬と同じで、公務員はメカニズム的に税金ドロボーになりません。

ポンコツな公務員や議員がいても、持ち去るのは新造貨幣だから、国民は痛くもかゆくもない。むしろ新造貨幣が国民側に増えて、国民所得は増えます。全国民が潤います。

社会科の教科書では税金が財源だが?

それが嘘なのです。

嘘を信じたら、全てを間違うに決まっていますね。通貨発行権で円を必要なだけ出すメカニズムがある以上は、国税が財源なわけがありません。

・ 水道の蛇口がある以上は、家事に使う水源は、風呂やナベの水ではない。
・ むしろ、蛇口が水源だと解釈すべきである。
・ すなわち、国の財源は財務省証券と国債であり、通貨発行権である。
そこが大衆の理解の壁だが?

必要なお金は貨幣プリンターで出して使い、後で余剰分を税金で回収します。その税金は本来は廃棄しますが、政府預金(日銀当座預金の政府口座)へと還流させています。

「還流が主役で、新発行は付け足しだ」式は、逆立ちした説明です。

国債と税のどっちが多いかは考えない?

日本の国債発行の貨幣追加は年に90兆円で、税収は60兆円です。

多い方が主役と言うのなら、貨幣プリンターの新造の円が、やっぱり主役です。

それで90兆は伏せられているわけ?

「新発行したお金と、国民から回収したお金のうち、国家公務員に払う給与はどちらか」という設問は、そもそも無意味です。

公務員の個人ごとに「60兆の税金からもらった者」「90兆の貨幣発行からもらった者」「ミックスしてもらった者」の3パターンがあるなんて、フェイクな解釈です。

さらには、「海外援助の返済金からもらった者」「犯罪者の罰金からもらった者」など、お金の出どころを区別するのはナンセンスです。

どれが多いか占有割合は関係ない?

無限に出せる仕組みが最初にある以上は、政府が支払いに使うお金は、それです。新たに生んだお金で、予算執行しているのです。

新発行と、旧発行からの回収分とを混ぜて使う時、その正体は新発行したお金だと解釈しないと、「お金の発行の論理矛盾」が起きます。

どういう矛盾が起きる?

人が集まり国を結成した時、政府と国民のどちらがお金を用意しますか。

国民が先にお金を持ってるわけないか

政府がお金を用意するに決まっていますよね。単位、紙幣の文言、誰の顔かと、政府側がデザインしますね。

逆の、国民がお金を開発して政府に納税して、予算をつくる順序ではなくて。

ニワトリとタマゴみたいな

国民の方が受け身で渡されたお金を、家庭と企業の間でぐるぐる回すわけです。市場で。

「税を集めてお金を用意する」の言い方は、「車が走っているからタイヤが回され、エンジンも回されて車が進む」みたいな、因果関係がひっくり返った解釈なんですよ。

消費税が猛威を振るい、民業がどんどん壊れている構図

消費税3パーセントの時は、物品税廃止の実質減税で、日本は裕福に向かいました。

「後の長引く不景気は消費税が原因」と判明したのは、2014年に8パーセントに上げた後です。さかのぼって1997年の5パーセントが命取りだったとわかったのです。

日本を倒した主犯が消費税とわかる

でも公務員はなぜ増税で給与が落ちない?

日本では公務員はストが禁止なので、人事院で給与額をエイヤッと決めます。

エイヤッだとなぜわかる?

中小企業ではなく、大企業や上場企業の平均を参考にするから、多額が欲しい願いがバレバレです。

その担当者が、景気が下がっても、給与は落ちないよう調節するからです。背後に、貨幣プリンターという打ち出の小づちの支援があるからです。

そういうことか

公務員の給与は、正しく通貨発行権に支えられています。

優遇ではなく、正常です。

民間企業の給与は、通貨発行権の支えがない状態なのです。

冷遇であり、異常です。

消費税はそんなに問題か?

消費税増税は、通貨発行の効力にブレーキをかけます。その証拠に、コロナ給付金10万円で、国民は9万900円から9万2600円の商品しか買えませんよね。

国民は10万円をフルにはもらわず、7400円から9100円を返却します。10万円と呼ぶのは詐欺でした。

ところが公務員だけは、消費税増税後に給与をベースアップしますよね。通貨発行で損失補てんしている構図です。

わかりますか。公務員にのみ政府財政出動で年がら年中、給付するかたちなのです。

公務員だけは所得が下がらず安泰?

市場の需給と関係ない公務員給与は、数字を決めて与える方式だから、豊かに暮らせる数字を要求するだけの話で、絶対に貧困化しません。

その現象が、民間の貧困世帯から税金をまきあげ、裕福な公務員に与えてボロ儲けさせて見えるだけです。

そう見えるだけの錯覚なのか?

食べて、すぐにトイレに入った時の錯覚と似ています。今食べたのが出たんだろという、下品なギャグがありますよね。

公務員の貧困化は経済に悪いのか良いのか

単純な話、公務員までもが買い物を減らせば、全国のスーパーもつぶれますよね。昼飯を安くあげて、小さい車に買い替えて、望遠鏡や楽器も買わなくなるし。

だから公務員の非正規化は、企業を倒産させて、日本を解体する方向なのです。

公務員の給与額は何を意味する?

特にぜいたくでもない、普通の暮らしに必要な貨幣量です。日本で暮らすに適した額を、人事院勧告で与えたわけで。

人事院は、公務員の面々を人間扱いしているわけです。虫けら扱いはしないで。

日本国として行うべき正解は、民間が公務員並みに届くまで政府が国債を発行して、民間から買い物する財政出動です。同時に減税します。

記事→ だったら政府はなぜお金をケチる?

公務員叩きも財源論の勘違いです。国民の税金で公務員が潤っているという妄想です。消費税で民間賃金が下がる法則は、税率8パーで発覚しました。
Photo: by Tim Mossholder on Unsplash