外税から内税に変えれば消費税の痛みがやわらぐ→笑い話かよ

音楽CD店の不況

消費税の外税と内税の違いを、音楽CDソフトで考える

1989年に日本で初めて消費税を導入した時、税率は3パーセントでした。

この時点で、日本人全員が税金の意味を誤解していました。「直間比率の見直し」というコンセプトは、国税が何のためにあるかを知らなかったからです。

デフレ不況の第一歩を踏みだしたあの時、日本人は国税の本当の機能を知らず、思い込みで平成時代の経済を落としたのです。

国際陰謀説以前の問題だった?

消費税導入の時、いくつもの不合理でもめました。ビックリマン・チョコとか。その中に外税か内税かという問題がありました。そとぜい対うちぜい。

外税は、税別の価格表示です。1000円と表示して、お客は1030円払います。

内税は、税込みの価格表示です。1030円と表示して、お客は1030円払います。

課税前後の変化がわかりやすい例が、音楽CDでした。

ミュージックが関係する?

音楽CD盤が製品化された1982年以降、CD1枚は4300円から3800円に下がり、3500円を経て3200円が多くなりました。バブル前の新譜は、定価3200円が多かったのです。

ちなみに当時は再販価格と呼んで、委託販売方式です。これは期間内にショップで売れ残ると発売元に返せばよい代わりに、定価と呼ぶ全国一律で販売する取り引きです。

書店に置いてある本も基本的にそれで、書店の所有ではなく出版社の所有です。

やがて、オープン価格という概念が広まりましたが。そりゃよいとして。

3200円のCDはいくらになった?

物品税廃止で、280円が引かれます。商品価格は2920円になります。そこに消費税3パーセントで87.6円となり、端数は四捨五入。88円を足して、3008円となったのです。

全てのCDがその額?

新譜でない旧譜は、以前から価格が低めでした。1950年代のモダンジャズや、70年代のブリティッシュロック、またクラシックレーベルのデッカなど名演奏シリーズは、すでにレコード時代に製造コストの元をとっていたからです。

それらはいわゆる「AADタイプ」で、デジタルリマスターをやらずに、アナログテープから16ビットでデジタル変換したCD化でした。

それらのCDは1989年の時点で2500円など廉価でした。物品税220円を引いた2280円に消費税3パーセントが68.4円。68円を足して、2348円が新価格でした。

また2000円など廉価を強調していた盤もあり、物品税180円を引いた1820円に、消費税は54.6円。55円を足して、1875円が新価格でした。

こうして消費税導入直後の音楽CDは、1円単位の端数価格を印刷していました。

納税の痛みを軽減するために、内税方式が推奨された

3008円の音楽CDは、やがて3000円に変わりました。値下げです。また2348円の盤は2400円や2500円などで、シリーズ再編と帯の再デザインで出し直しされました。こちらはバブル時代のインフレによる値上げです。

まずは1円玉を必要とする、価格の細かい端数をなくしていったのです。

内税に変え始めた?

税込み価格がきれいな数字になるようにです。音楽CDはその後も本体価格と消費税を明記した上で、合計金額も表示して、3つの数字を商品にプリントしていました。

ところが1997年の消費税5パーセントへのアップ後に、政府は販売価格だけを表示する内税方式を推奨しました。税込みの支払金額を示す方式です。

内税表示にする利点は何?

内税に変える最大の目的は、税の痛みの軽減でした。

税金をいくら払っているかを隠して、支払う人の気持ちの抵抗をなくし、とられる痛みを感じさせなくするアイデアでした。

税の負担金額が目に入ると、買う気がなくなるかも知れない配慮です。買わないと景気が悪くなるから、それは避けたいのだと。

これ、頭がおかしい発想ですよ。

内税方式を推奨するのは、ナンセンスなお笑いギャグ

「納税の痛みを軽減するために、外税をやめて内税方式にする」。

税金の役目をちゃんと知っている人なら、絶対に考えつかないマヌケです。

そこを詳しく?

国税の目的は、消費者に痛みを与えることです。

国民が物を買いすぎて品切れが続出し、物価が上がって貨幣価値が落ちるインフレが行きすぎないよう、貨幣を削減することが国の税金の目的です。

消費税は特に露骨で、お客に購入現場で即時懲罰を与えます。貨幣価値の下落を阻止すべく、ペナルティーをちらつかせて、買う際に痛みを与えるのが消費税です。

商品がよく売れすぎて枯渇すれば、インフレ率が上がります。それを阻止するために、消費税で消費を妨げて、商品の在庫を守る。そうして貨幣価値を下落しにくくさせます。

商品不足とは、イコール金余りです。国税の機能は、爆買いで物不足になりスーパーの棚が空っぽになるのを、前もってやめさせる方向に圧力をかける仕込みです。

出費増の痛みこそが徴税の目的だった?

痛みを軽くして、ペナルティーを隠して、どうするの?。消費の痛みを軽減しては、税金の目的に逆らっています。

消費の下落を防ぎながら、消費税アップって、どういうこと?。意味不明ですよね。

気は確かなの?。

仮に枯渇しないほど商品が多いなら?

商品が枯渇しない国でも、国税は必要です。しかし消費税は全く不要になります。

商品が量産できて品切れにならない国なら、そもそもインフレが起きませんから、消費税ゼロにして市場にまかせて、スムーズにたくさん売り続けて済む話なのですよ。

財界もそれで大喜びです。サンヨーやシャープも、よく売れて傾かないはずで。

消費税増税のメッセージは本来は何?

「諸君、お金を使うのを、一段と休み休みにしないかね」。

「何でも買いまくるその派手な消費を、これまで以上に減らしてくれたまえ」。

「そこのあんちゃん、そんなに買うと売る物がなくなるからやめり」

5パーセントに上げて、売れやすい配慮を行うなら、配慮しないで、3パーセントのままでも同じ効果です。

笑い話みたいな?

魔よけのための鬼の面を、優しく愛らしい顔つきに作るみたいなものです。恐い顔に作るから役に立つんだろと。

虫よけスプレーから虫が嫌う成分を抜いて、「虫に優しい新製品です」みたいな感じ。

あるいはタンクローリー車に貼る「危」の字を、ドキッとさせる不安を軽減するために、小さく目立たないデザインに作り直すみたいな。

昔から日本では徹底して、税金を誤解していたみたいですね。貧困化するはずです。

結果は笑えないし

誰もかれもが、財源論で考えていたのです。総量一定のお金を、国民みんなで奪い取り合って、自分のために他人に泣いてもらう方式を、日本人はずっと信じてきました。

その泣いてもらう、死んでもらう人を切り捨てる言葉が、「君の自己責任」です。

日本て怖い

「お金は政府が発行して、国民に与える」という国の治め方を、日本人は誰も知らなかったことがわかります。言い換えれば、誰も悪気はなかったのです。

同時に、外国の秘密結社が日本人を殺して国を滅ぼすプランを履行している陰謀も、責任転嫁だとわかります。ロスチャイルド関係のアメリカ、ウォール街のジャーナルが「日本の消費税増税はクレージーだ」と言ったのも、日本の逆走する奇行への懸念でしょう。

「凍傷の足を、氷で冷やすやつがあるか」「わかってやってんのか」と。

日本を破壊する陰謀の首謀者たちから、「君らは自国を壊すのもたいがいにせー」と叱られてやんの。連中がネタばらししたのは、陰謀の首謀者じゃないからでしょ。

日本人は何を知ればいいの?

通貨発行権が、世にあることです。

だから国の税金は、財源なんかではありません。

政府はお金を出し放題です。これを知らないと、貨幣不足に泣いて無意味に増税したり、定量のお金の奪い合いで命に関わる犯罪が起きます。

国の予算の枯渇を防ぐには、人間を間引いて、口減らしするしかなくなります。誰に早く死んでもらうかの戦いになります。財源論を信じている限り、他人は敵になります。

勘違いはつくづく恐ろしい

財源を守るための口減らしは、一人の男が19人の障がい者に実行しました。

本当は障がい者は通貨発行理由なので、GDPが上がります。経済は右肩上がりです。

ところが通貨発行権を知らない者は、支出で財源の税が減ると勘違いして、日本を守ろうとして46人を包丁で刺して回ったのです。

「障がい者の次は誰だ、誰を消せば僕らの税金は助かるのか」と民意は荒れています。

みんなで壮大な間違いを続けて、令和2年の今もその調子で逆走中です。

逆走だからみんなと逆

国際社会の足も引いてるね

消費税額をわからなくする内税方式の価格表示は、論理矛盾です。消費税はその金額で購入客を叩いて、商品の買いすぎを食い止める目的だからです。
Photo: by Caleb Woods on Unsplash