増税する前に国がやる必要なこと、それはこれしかない!

景気を冷やすクーラー

消費税増税の前に、政府がまずやるべきことは何?

政府が増税する前に、まずやるべきことは何でしょうか。

景気の調査です。

今がインフレ局面か、デフレ局面かを調べるのです。

インフレ局面なら、何もしません。放置。

デフレ局面なら、減税します。

そんだけ?

無駄な出費がどこかにないかは、調査しなくてよいの?

実は無駄な出費も関係があります。無駄な出費とは、政府の財政出動のことです。

今がインフレ局面か、デフレ局面かを調べるのです。

さっきと同じ?

インフレ局面なら、何もしません。放置。

デフレ局面なら、無駄を増やします。

なぜそうする?

デフレは商品のだぶつきであり、イコール貨幣不足です。

デフレなら、貨幣を増やします。

インフレなら完全放置?

適度なインフレは、好況になるから理想です。

インフレをへたにいじれば、人心が乱れて景気悪化します。

インフレがバブルになった時は?

もしインフレがバブルになって、さらに過熱すれば、貨幣のだぶつきすぎです。

超インフレのきざしが出れば、増税して貨幣を減らします。無駄も減らします。

そんだけ?

増税をやりたくてしかたがないのは、正常思考でない

今の日本経済は、セオリーにそむいて正反対をやっています。

正反対のこの結果をどう評価するか

注意点があります。

「増税する前にやること」と言った時点で、増税したい前のめりの姿勢が先にありきですよね。平常心じゃないし。一方的で、状況判断そっちのけですよね。

部屋に入りもしないで、温度を確かめもしないで、「この部屋を冷房したいんだけど」と言い出すような話です。変な人なのです。冷房魔というか。

増税だけやりたいのは、実は宗教なのです。

つまり財源論か

部屋を冷房するか暖房するかは、部屋の温度しだいです。普通は寒いと暖房して、暑いと冷房する、そのどちらにするかは温度をみて決めます。

こっちにしたいという、切なる願いが先行するわけではなくて。

まあそうね

暖房の話が出てこなくて、冷房前にどういうお膳立てが必要かと、冷房だけに関心があるような一方的な行動はやらないものです。

冷房が必要なお膳立てを求めるのではなくて、今は暑いのかどうかが決定的です。

言われてみれば確かに

寒いのに冷房したがっている。どうやれば冷房の許可がもらえるかを、毎日考えている。そんな人は信用できますか。できませんよね。

今が冬なのに「冷房する前にやることの相談」は、キモチ悪くないですか。

この変化は気持ちよくないし

政府が税率を変える前にやることは、景気の調査です。インフレなら放置、デフレなら減税します。減税してもデフレが続くなら、無駄を増やします。
Photo: by Zulki Jrzt on Unsplash