国債発行で金利が上がる経済専門家の警告は平成破綻するする詐欺

国債発行

経済学の教科書が間違っていて、日本も世界も混乱

経済学の専門家は、間違った教科書を頭に入れて、間違った授業を受けています。

主席で卒業したエリートほど、誤解が行き届いているのです。

しかし、なぜ経済学の教科書は昔から間違っているのでしょう。

それは今、間違いを正せない理由と同じ。経済は生き物なのに、型にはめて考える人類の特性でしょう。

たとえばどういう間違い?

前に触れたのが「クラウディングアウト」という架空の現象です。

「国債を発行すれば金利が上がる、だから発行するな」という間違った法則です。

本当に金利は上がるの?

実際には、長期金利は下がっています。あべこべ。

国債発行で金利が上がる虚偽デマと現実は逆

なぜ嘘がまかり通る?

国債発行の仕組みが知られないからです。教科書も嘘だらけで。

「国民の銀行貯金を、政府が強奪する行為が国債発行だ」が、間違いなのです。

「国債発行するほど、国民のお金がそっちに回されて減り、お金がレア化する。となればお金に希少価値が出て、貸し借りする利息が上がる」という妄想です。

実際には、銀行のお金が消えた預金者は世界中にいませんよね。

預金は絶対に消えない?

たまに銀行預金が消えれば、職員の横領事件です。近年はネット銀行のハッキングです。IDとパスワードを犯罪者に読まれていて。

クラウディングアウトは、ボンクラ政府が国民のお金をだまし取り、無駄づかいに回すという「政府コソドロ説」を主張しています。

政府はコソドロしてない?

国債を発行して生んだ円は、政府の借入金ではなく、自己資金です。

お金を移したのでなく、新しく追加発行しています。

日本人は「発行」という日本語を、盗んで使い回す意味で理解している

国語教育の失敗です。

政府はお金をどこから持って来たのか、持ち去られた側の迷惑も考えろと邪推し、勘違いの妄想が始まります。

銀行が政府に出資してるけど?

出資していません。出資しているように見えるだけです。

国債発行して円を発行すると、世にある円の合計が増えます。

ここに政府を憎む心情が混じって、曲解が起きます。

「増えるなんて夢物語は考えられず認めません」。

「増えたかに見せかけて、国民のお金をくすねてドロボーしてるだろ」。

こうした政府を叩く本は売れます。

イデオロギーの混入か?

現代の先進国は、政府がお金を自在に増減する管理通貨制度をとります。

なのに「お金が増やせるなんてだめ、認めないよ」「その制度は大嫌いだから、引っかき回してやる」と、思想信条を叫ばれても困りますね。

「政府コソドロ説」のフェイクの根拠が、財源論です。刑務所の経費が税金だとする苦情と同根で、総量が固定したお金を奪われる被害妄想と関係妄想です。

国債が増えると、国債価格が暴落する妄想も根強い

経済学のエリートが信じる、国債発行の都市伝説のもうひとつがこれ。

金利でなく、今度は価格です。

国債を発行すると、国債の価格が暴落する説。

なぜ暴落する?

国債が増えると、増えた恐怖心で購入済みユーザーが動揺するからだそう。

自分が買った国債を売り抜けないと、みんなが投げ売りし暴落した後の国債を持ち続け、ババ抜きのババとなる危険がある。その警鐘です。

全員があわてて国債の転売に駆け込む。すると国債の価格は地に落ちて、金利はめちゃくちゃになって世界は終末へ向かう。円は紙くずとなり、日本はおしまいという説です。

勝手に言ってなさいって感じ。

狼が来たー

「購入済みのユーザーが動揺する」という部分が、「動揺しろ」「暴れろ」「破綻しろ」の願望です。制度がぶっ壊れて地に落ちろという、自分の夢の投影です。

要するに、政府の存在が嫌いなのです。政府など、なくなっちゃえと。

日本の国債は安全?

円の国債は満期まで持てば、購入額が戻ります。利子もついて。購入額が返ってくるとも知らずに、騒ぐ人がとても多いのです。

持っていれば儲かると、買う側の市中銀行は知っていて、着々と買います。

外国政府も買いに来ます。外国政府が円を持つ時、日本に保管することになりますよね。でもメガバンクの当座預金に入れると、1千万円以上は保証されません。ペイオフ制度と呼びます。

預金の全額までは保証されないあれ?

ところが国債なら10万倍の1兆円でも、全額保証で利子もつくから当座預金よりも儲けになります。だから、他国政府は日本円の備蓄を国債で行います。絶対消えないから。

誰かがパニクッて持っている国債を売りに出せば、他が買い取るだけです。

売った人は負け。

国債発行残高は、GDPの2倍までが安全という作り話

日本のGDPは540兆円だから、日本の借金こと政府負債がGDPの2倍の1080兆円で満杯となり、超えると日本崩壊となる・・・これも主流派経済学の虚構のひとつです。

GDPの100倍でも関係ありません。そんなところに倍率は意味不明です。

倍率の迷信は何が根拠?

昔出たThis Time Is Different』という経済本が根拠です。イエロージャーナルと認定されるまで、GDPの9割で破綻が始まるデマが信じられました。

いずれも財源論が出発点です。政府が使うお金は誰かから奪っていて、いつか持ち主から報復を受けて、天罰が下る恐怖デマです。

なんで経済はデマだらけ?

経済学に真っ赤な嘘が、やたら多いのは理由があります。

・ お金の性質について、歴史的に事実誤認した書籍が権威になっている
・ お金を扱う学問なので、参加者に金儲けにいそしむプレイヤーが多い
・ 文系の学問なので、数字が苦手であったり、逆に得意ぶる反動が多い
・ 危機をあおる本ほど売れるので、フェイク本が書店の華となっている
・ 必ず儲かる投資を唄う金融セミナーが、円やドルの危機デマを広める

他に、抽象思考の壁もあるでしょう。

抽象思考とは、パラメーターが動的に変化する事象を咀嚼する思考力といえます。

それの何か具体例は?

たとえば自動車のディファレンシャルギアです。カーブして進む時の内輪差を吸収する、差動機というメカです。仲介する親歯車が静止せず高速回転しながら、子ギアをも高速回転させるから、動作する光景を脳内に結べない人が続出します。

起点のベース自体が動いて変化する、複合パラメーター動作なのです。

地球の公転と自転の相乗効果もそうです。太陽を中心にして地球が公転しながら、地軸を中心に自転する。このダブル動作の全体像を、脳内に結べなくなります。

月の不思議によく出てくる

「月は月に1回自転する」が理解できない人もそうです。

月は地球に常に同じ面を向けていますが、満月から満月までに1回自転します。それが理解困難です。「月は自身はスピンせず静止している」と誤解しやすいのです。

「地球から見ると月は同じ顔を向けているから、自らは回らずじっとしている証拠だ」と激しく誤解して、ネット掲示板で大暴れした人の記録があります。

何人もが説得にあたりましたが、最後まで「月は自転しない」と誤解し続けました。

文系脳の壁?

経済学は数字を扱いますが、理工系でなく文科系です。この教育界のジャンル問題もあるのかも知れません。

昔から言われてきた文系脳(文科系や文化系とは無関係)は、一般にはフィールドに学ばない傾向があります。「僕の思い」で世の中を斬って回る強引な解釈が多いという。

理系脳ならどう考えるの?

国債発行は打ち出の小づちであり、貨幣は作りっ放しです。後で誰かに返済したり、誰かの首を差し出しません。犠牲やペナルティーを負いません。

日本政府が発行する円は、借入金ではなく自己資金だから。

それで論証できてるはずだが

ところが財源論だと、国債発行はどこかの資産をパクる解釈で、後暗いのです。

国債の存在自体を不正、あるいは合法的な犯罪と位置づけ、ドロボーは政府役人だという曲解に向かいます。

実際の国債発行に闇やひもはなく。GDPの何倍など、ポピュラーな数字は出ません。

オーバーがだめなら1倍まででしょう。2倍あたりとは恣意的で、現状の金額規模に合わせてもっともらしく、つじつま合わせした作り話です。

国債発行できる限界はあるの?

あるに決まっていて、景気が上がりすぎれば発行を減らします。

お金が多く出回るほど国民は裕福で好景気で、貧困や餓死や自殺や強盗殺人が減ります。

しかしお金が多すぎると、だぶつきすぎて物価が上がり、お金の効力が下がります。

過剰インフレです。

学生が普通にスーパーカーを数台持ち、小学生もクラスの半分が別荘を持ち、天体望遠鏡の注文待ちが何万個にも増える頃は、市場から商品が消えます。

するとお金の価値が目立って下落します。

どう防ぐ?

商品を増産します。

スーパーカーや望遠鏡を、国内で急造します。

間に合わなければ?

増税します。

買うのを妨害します。

景気予想を数式計算できないのはなぜ?

国のマクロ経済は、人間の行動心理の合成だからです。経済は気持ちで動きます。

群集心理というやつ。

嘘のうわさや誤報でも、株価が上下するのと同じです。

その証拠に「今後景気は悪くなる」と発表すると、言葉に従って人々が買い控えし景気が悪くなるものです。マートンの『自己実現的予言』の例です。

国債の発行を有害とするデマの根底に、発行するお金は、他人が持つ資産を盗んだ流用であるとの、トンデモな邪推、悪質な曲解が隠れています。
Photo: by Thought Catalog on Unsplash