国債発行で金利が上がる経済専門家の警告は平成破綻するする詐欺

国債発行

経済学の教科書が間違っていて、日本も世界も混乱

経済学の専門家は、間違った経済学の教科書を頭に入れて、熱心に間違った授業を受けます。だから主席で卒業したエリートほど、誤解が行き届いている特徴があります。

しかし、なぜ経済学の教科書は昔から間違っているのでしょう。それは今、間違いを正せない理由と同じです。経済は生き物なのに、型にはめて考えた人類の失敗でしょう。

たとえばどういう間違い?

前に触れたのが、「クラウディングアウト」という架空の現象です。

これは政府が国債を発行して一般銀行に買ってもらう、そのプロセスに内在する危険を訴えるものです。

国債を発行すれば、円の金利が上がるというものです。だから発行はよせと。

本当に下がるの?

実際には、長期金利は変わらないどころか下がっています。

あべこべです。嘘です。

なぜ嘘がまかり通っている?

国民が銀行に貯金したお金を、政府が奪い取る行為が国債発行だとする間違った解釈が、今も大手を振っているからです。

「国債発行するほど、国民のお金がそっちに回されて減り、お金がレア化する。するとお金に希少価値が出て、貸し借りの利息が上がる」という誤解です。

実際には、銀行のお金が消えた預金者は世界中にいません。お金はレア化していなくて、作り話です。

絶対に預金は消えない?

実はたまに銀行預金が消える場合があります。職員がこっそり横領していた事件です。

クラウディングアウトは、ボンクラ政府が無駄づかいしたくて、国民のお金をだまし取るという「政府コソドロ説」の主張になっているのです。

政府コソドロ説の真偽は?

銀行にとって国債の購入は期日指定定期預金に相当します。

一方で、銀行預金は政府に盗まれておらず、銀行が預かっているだけです。国民全員に全額を返す日が来ない現実のスキを突いて、ちょびちょび盗んでいるとのフェイク解釈が、クラウディングアウトです。

経済学の基本、そして真っ赤なウソ。

「政府コソドロ説」のフェイクがよりどころとする根拠は、財源論です。死刑囚を延命させたら税金が無駄に使われる苦情と同根です。総量一定のお金を奪い合う中で、奪われる恐怖がふくれた、被害妄想と関係妄想ですね。

政府は実際は何をやるの?

政府がやることは、円という自国通貨の発行手続きです。日本列島内にあるお金の総量が増える方式です。合計が増えます。

ところが「増えるなんて夢物語は考えられず認めません」「増えたかに見せかけて、国民のお金をくすねてドロボーしてるだろ」と訴える本を、評論家たちも書きます。

要するに、政府を憎む心情が混じっています。政府を叩く本は売れるのです。

政府性悪説か?

国際的に人類は、政府がお金を増やす方式をとっています。逆に言って、通貨を増やして使う役目の特殊法人を政府と呼ぶのです。

なのに「お金が簡単に増やせるなんてあってはならない、そんなのおかしいよ、その制度は大嫌いだよ」と、自分の思想信条を叫ばれても困りますしー。

国債が増えると、国債価格が暴落する妄想も根強い

経済学のエリートだけが信じる、国債発行の都市伝説のもうひとつがこれです。

金利ではなく、今度は価格です。

国債を発行すると、国債の価格が暴落する説。

なぜ暴落する?

国債が増えると、増えたことで恐怖心が起き、購入済みユーザーが動揺する警告です。

自分が買っている国債を急いで売り抜けないと、みんなが売りまくって暴落した後の国債を持ち続けてしまい、ババ抜きのババとなる危険がある。その警鐘です。

似た話があったような?

この考えにぴったり一致するモノがありましたね。投機商材のビットコインです。

全員があわてて国債の転売に駆け込む。すると国債の価格は地に落ちて、金利はめちゃくちゃになって世界は終末へ向かう。円は紙くずとなり、日本はおしまいという説です。

勝手に言ってなさいって感じですよね。

狼が来たー

「購入済みのユーザーが動揺する」という部分が、「動揺しろ」「暴れろ」「破綻しろ」の願望です。制度がぶっ壊れて地に落ちろという、自分の夢の投影です。

要するに、政府の存在自体が嫌いなのです。政府なんて、なくなっちゃえと。

日本の国債は安全?

日本円の国債は売らずに満期まで持っていると、購入金額が必ず戻ってきます。利子もつきます。購入金額が後で戻ることも知らないで、騒ぐ人がとても多いのです。

日本円の国債は、絶対に儲かるノーリスク超ローリターンです。持っていれば儲かると、買う専門の投資会社などは知っているわけです。

一番よく知っているのは、日本国内の一般銀行です。だから着々と買います。

外国政府も買いに来ます。外国政府が円を持つ時、自国ではなく日本国に保管することになりますよね。でもメガバンクの当座預金に入れると、1千万円以上は保証されません。これをペイオフ制度と呼びます。

預金全額は保証されないあの新制度?

ところが国債なら10万倍の1兆円でも、全額保証で利子もつくから当座預金よりも儲けになります。だから、他国政府は日本円の備蓄を国債で行います。絶対消えないから。

もし誰かがパニクッて、持っている国債を売りに出したとすれば、投資会社などの団体があっという間に買い取るだけのことです。

売った人は負け。

国債残高は、国のGDPの2倍までが安全という作り話

日本のGDPは540兆円だから、日本の借金こと政府負債がGDPの2倍の1080兆円で満杯となり、超えると日本崩壊となる・・・これも正統な経済学の虚構のひとつです。

別にGDPの100倍でも関係ありません。そんなところに倍率なんて意味不明です。

それは何が根拠?

This Time Is Different』という経済本があり、これが根拠です。イエロージャーナルと認定されるまで、GDPの9割で破綻が始まるデマが信じられました。

いずれも財源論が出発点です。政府が使うお金は誰かから奪っていて、いつか持ち主から報復を受けて、天罰が下るという恐怖デマになっています。

なんで経済はデマだらけ?

書けば儲かるからですが、誤解釈ラッシュの根本原因に、抽象思考の壁があります。

抽象思考とは、パラメーターが動的に変化する事象を咀嚼する思考力といえます。

何か具体例は?

たとえば自動車のディファレンシャルギアです。カーブして進む時の内輪差を吸収する、差動機というメカです。仲介する基盤の歯車自体が静止しないで高速回転するから、動作する光景を脳内に結べない人が続出します。どうしても理解できない。

起点になる基盤自体が動いて変化する複合パラメーターの動作は、理解の壁です。

他に、地球の公転と自転の相乗効果もそうです。太陽を中心にして地球が公転しながら、地軸を中心に自転する。このダブル動作の全体像を、脳内に結べなくなります。

月の不思議によく出てくる

「月は月に1回自転する」が理解できない人もそうです。

月は地球に常に同じ面を向けていますが、満月から満月までに1回自転します。それが理解困難です。「月は自分ではスピンせず静止している」と誤解しやすいのです。

「月は地球から見て回転が止まっていて、これが公転だけして自転していない証拠だ」と激しく誤解し、ネット掲示板で大暴れした人の記録があります。

月は自転していると最後まで理解できず、個人の思考限界があらわでした。

これを文系脳と呼ぶような、呼ばないような。

サイエンスの理解の壁?

経済学は数字を扱うのに、理工系ではなく文科系なのです。この教育界のジャンル問題もあるのかも知れません。日本を真剣に考えない人が増えてきた現象と、学術のていたらくは連動している疑いがあります。

昔から言われてきた文系脳(文科系や文化系とは無関係)は、一般にはフィールドに学ばない傾向があります。「僕の思い」で世の中を斬って回る強引な解釈が多いのです。

理系脳ならどう考えるの?

国債発行は民間のマネー・クリエイションと同様ですが、こちらは完全な打ち出の小づちになっていて、貨幣は作りっ放しです。犠牲やペナルティーを負いません。後で誰かに返済したり、誰かの首を差し出しません。

財源論だと、国債発行はどこかの誰かの資産を持ち去りパクる解釈で、後暗いわけです。国債の存在自体が金融不正の象徴行為、合法的な犯罪と位置づけ、ドロボーは政府役人だという曲解です。たぶん財務省官僚。

理工系の考える国債発行は銀行業務の本意どおり、お金の新造です。バックに闇やひもはついていません。GDPの何倍など、ポピュラーな数字は出てきません。

だいたいオーバーがだめなら、1倍が限界でしょう。2倍あたりとは恣意的で、現状のたまたまの金額に合わせた作り話だとわかります。

国債発行できる限界はあるの?

あるに決まっていて、景気の上がりすぎです。

お金が多く出回るほど国民全般が裕福になり、底辺層の貧困化や餓死や自殺や強盗殺人は減ります。これが好景気というものですが、上限は爆買いによる商品の枯渇です。

学生でも普通にスーパーカーを数台持ち、小学生もクラスの半分が別荘を持ったり、天体望遠鏡の注文待ちが何万個にもなると、対策が必要です。

大事なのは景気で決まる金利ではなく、マネーと商品のどちらが過多かです。お金の値打ちが変動する需給関係だけが、国債発行の上限を「そこまでだ」と決めます。

もし勢い余って、大勢が爆買いできるほど通貨発行しすぎた後はどうするか。客の爆買いにマーケットが応じられるまで、商品を駆け足で増やすのが正攻法です。その甲斐性を日本国民に求めます。日本人よ、増産したまえと。

寝ているやつを叩き起こして?

「ニートたちよ、家でパソコンばかり見ていないで、うちの会社に来て作業しないかね」「アメリカや中国並みの時給を出すから」「何せ今売れてるもんね」。

タコ焼きや炊飯器や散髪代が、毎年じりじり適度に値上がりする流れを追跡チェックします。こうして人心の動向を追う以外に、景気を数式では予想できません。

今後の景気を数式計算できないのはなぜ?

国のマクロ経済は、人間の行動心理が合成されるからです。経済は気持ちで動くのです。

群集心理というやつ。

嘘のうわさでも、株価がぶれるのと同じメカニズムです。

だから生産すれば全個数が売れる前提で、GDPを計算して予想を立てる経済学の教科書は全く役に立たず、むしろ日本の貧困化に一役買っている始末です。

計算式が必要だという数式崇拝は文系脳に起きやすく、理系脳は人の定量化できない情動という、脳の科学を重視する傾向があるのです。

金利で語る日本の危機はフェイクです。危機は金利うんぬんではなく、商圏規模に対する貨幣不足であり、デフレ不況の貧困化による国の斜陽が危機。
Photo: by Thought Catalog on Unsplash